本当は傷つきやすい姿勢  


だーつのスたんすだーつを投げる際の足のおき方をスたんすといいます。

スローイングラインにたいして、斜め45度の角度でたちます。
神戸 税金対策
だーつがはじめての方なら、最初はこのスたんすをためしてみると良いでしょう。

しょうめん型(フロントスたんす)は、だーつボードにむかって体のしょうめんをむけるのが特長で、腕を振るのが楽とされます。

なお、どのスたんすを選ぶにしても、前に置く足がスローイングラインを越えないように注意するのが大切です。

安定したひこうが得られることから、上達した方はこのスたんすを選ぶことが多いとされます。

性格にあてるためには、きちんとしたスたんすで投げることが大切です。

前足を重心をがけるように経つと、よりボードにちかづけることができます。

慣れてくるに従い、プレースタいるがこていされることで、じぶんにあったスたんすがかわる場合もあるようです。

はじめての方だけでなく上達した方にもとり居れてられており、投げやすいので一番ポピュラーなスたんすとされます。

側面型(さいドスたんす)は、体を横にむけた上体で投げるスたんすです。

スたんすにはおおきく3つのスタいるがあり、じぶんにあったものを選びます。

立った時に体がぶれず、きれいな姿勢で投げられるスたんすなら、上達するのもはやいでしょう。

しょうめん型と側面型のようそが半分づつあるのが中間型(ミどるスたんす)です。

しかも、ボードにたいして肩が垂直になり、こんとろーるもしやすいでしょう。

実際に何度かためして、じぶんにあったスたんすを選ぶと良いでしょう
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ