2017/9/23

ちょっと動画を作りたくなったけれど、一応、未定。  MSXイロイロ

 ちょっとした、「みんなに役に立つのかどうなのか微妙な動画」を作りたくなりました。

 2017年7月くらいから少しずつ買い物とかをして準備だけはできていますが、やる気スイッチが全然入らないので、一応、予定は未定ということで。
  • とりあえず年内には片付けたいなぁ・・・
  • Macに慣れていたためか、Windows用の動画編集ソフトがかなり面倒臭すぎて、それだけでも、やる気がかなりそがれる
  • 動画じゃなくて、このブログに掲載するかもしれない
 そんな今日この頃。
0

2017/7/17

PanasonicのMSXのFDDベルトがついに在庫切れ  MSXイロイロ

クリックすると元のサイズで表示します
(PanasonicFDDベルトの空袋の図)
品番 : DFWV75C0009
品名 : FDDベルト
PART NAME : ROUND BELT , RUBBER 3MM
数量 : Q'TY 1
MADE IN JAPAN
注文 No. / ORDER NO.
備考 : ITEM NO. S01-4-Y200 (税別)
代表機種 : FW-U1P501J
Panasonic Corporation
AVC社システムサービスパーツ部
 お店に行ってFDDベルトを注文しようとしたところ、

メーカーの純正のFDDベルトの在庫がとうとう無くなってしまった・・・

 という、悲しいお知らせなのです。

 私は以前2本買っていて、Panasonic FS-A1WX(MSX2+)君とFS-A1ST(MSXturboR)君に使ってしまったので、あまりは0本です・・・。

Panasonic FS-A1ST/GT/FX/WX/WSXユーザー涙目!!

 まぁ、30年くらい前のパソコンだし(でもMSXはなぜか人気があるんだよ!!)、毎日FDDを使っていても「大体、6年くらい持つ」ので、そんなにあわてる必要は無いのですが、 そんな今日この頃。
1

2017/7/13

ついにMSXturboR (Panasonic FS-A1ST)が仲間入り  MSXイロイロ

クリックすると元のサイズで表示します
(MSXturboR (Panasonic FS-A1ST)の図)

私のところへ、ついに念願の「MSXturboR (Panasonic FS-A1ST)」がやってきました!!

 「ヤフオク!」では「値段が青天井」になってしまうので、チョイと別のところから買っちゃったのです。

 「FS-A1GT」が最上位なのですが、
  • 音声RGB端子からとるので専用の線がいる
  • MIDI楽器を持っていない
  • MSX-DOS2なんて知らない(本は2冊持ってはいるが・・・)
  • MSX-Viewは5分で飽きそう
 などの理由から、私の用途(ゲームをチョロっと遊ぶくらい)では「FS-A1STでも十分」な感じです。

 今から27年(1990年10月発売)も前のパソコンなので当然中古なのですが、

まだまだ遊べるよ!! っつーか、私はMSX以外のゲームをあまり持っていない・・・

 カーソルキーの利きがいまいち悪かったり、MSXturboR特有の音の問題で「キークリック音とかの高音がほとんど聞こえない」など、直すところが結構ある感じなので、FS-A1WX(MSX2+)君にはまだまだ頑張ってもらうつもりです。
3

2016/10/23

MSXのフロッピーディスクドライブ(FDD)のベルトを交換したのです "MSXの修理" (かなり長文です)  MSXイロイロ

前回から

(かなり長文です)
(2016年10月28日 フレキシブルフラットケーブルの注意を加筆修正しました)

2016年10月22日

 先日(2016年10月21日)、ニコニコ生放送で「MSX2版セイレーン(Seilane)」のゲーム実況をしていたら、突然ゲームが動かなくなってしまいました。 そんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
(01 Disk offlineのエラーの図)

 とりあえずフォーマットしたての空のFDをFDDに入れて「files(ファイルを表示させる命令)」と打つと一応ディスクアクセスランプは点灯するものの・・・
Disk offline (エラー番号70 : ディスクドライブがつながっていない)
 と出ました。 というわけで。
(以下は私の持っているMSX2+Panasonic FS-A1WX」の分解・FDDベルトの交換修理作業です。他の機種をお持ちの方は参考がてら見てみてください)クリックすると元のサイズで表示します
(02 本体裏側の全てのねじを外すの図)

 本体を裏返して全てのねじを外します。
クリックすると元のサイズで表示します
(03 本体表側のケースを外すの図)

 本体を表にひっくり返して上のケースを外していきます。
クリックすると元のサイズで表示します
(04 本体の基板と上のケースにつながっているケーブルを外すの図)

 本体の基板と上のケースがケーブルでつながっているので外します。
 2本あるのですが大きさが違うので後から組み立てるときに間違うことは無いでしょう。
 本当はコネクタ部分をつまんで引っ張るのが理想ですが、このタイプのコネクタは頑丈にできているのでケーブルを引っ張っても大丈夫です(自己責任でお願いします)。
クリックすると元のサイズで表示します
(05 完全に分離できましたの図)

 本体と上のケースが完全に分離されました。
 本体の右側の奥にある箱がFDDです。
クリックすると元のサイズで表示します
(06 FDDのねじを外すの図)

 FDDのねじを外していきます。
クリックすると元のサイズで表示します
(07 FDDのフレキシブルフラットケーブルを外すの図)

クリックすると元のサイズで表示します
(08 FDDのフレキシブルフラットケーブルを外したの図)

クリックすると元のサイズで表示します
(08.1 FDDのフレキシブルフラットケーブルの裏の図)

 FDDと本体(基板)をつないでいる「フレキシブルフラットケーブル」を外します。
 このケーブルは結構弱いので慎重に外します。

 注意1 : このケーブルはコネクタが無く、組み立て時に「正しい方向」「間違った方向」どちらでも挿す事ができてしまうので注意してください。
 裏に色が付いているので、たぶん間違わないと思われますが、心配な方は「印をつけておく」とか「撮影しておく」と良いかもしれません。

 注意2 : このケーブルはピンの部分が大変弱いので、組み立て時(挿す時)には「真っ直ぐ入れないと」ピンが曲がったりするので十分注意してください。

(余談)
クリックすると元のサイズで表示します
(08.2 キーボードのねじを外したの図)

クリックすると元のサイズで表示します
(08.3 キーボードのフレキシブルフラットケーブルの図)

 今回の修理ではキーボードは外しませんが、余談として「キーボードのフレキシブルフラットケーブル」のお話をしておきます。

 このMSX2+(Panasonic FS-A1WX)のキーボードは2本のフレキシブルフラットケーブルで本体(基板)とつながっています。

 これらのケーブルはFDDのケーブルよりも、さらに柔らかく、抜くのは簡単ですが、ぐにゃぐにゃしていて非常に弱く、かつ、ケーブル自体が短い、コネクタの間隔も狭いので、組み立ての時の「挿す」のが非常に難しいです。ちゃんと奥までしっかりと挿さったのかは分からないほど手ごたえがありません。

 本体(基板)の修理(例えば端子類のはんだクラックを直すとか)をする時、キーボードが邪魔かもしれませんが、できるだけキーボードのケーブルは挿したままの状態で作業する方が良いかもしれません。

 ただ、このケーブルは簡単に折れたり破れたりしてしまうと思われるので、挿したまま作業するのはかえって危険かもしれません。

 とりあえず、キーボードのケーブルを挿したまま作業する方が良いのか、それとも外して作業する方が良いのかは、私個人的な考えとしては「保留」と言うことで(どちらかというと、外した方が安全な気がする・・・)。

 まぁ、いつかは、はんだのクラックを直したいと思っていますので、その時に改めて記事を書きたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(09 FDDを取り出し台座のねじを外すの図)

 FDDを取り出し、ひっくり返して裏の台座のねじを外していきます。
 へんちくりんな部品も外します。このへんちくりんな部品も後で組み立てるときのために間違わないよう撮影などをあらかじめしておくことをおすすめします。
クリックすると元のサイズで表示します
(10 ようやくFDDの中身が見えてきたの図)

 ようやくFDDの中身が見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
(11 黒いプーリーの上についている白い部品のねじを外すの図)

 このままでは白い部品が邪魔をしてFDDベルトの交換ができないので、白い部品のねじを外します。
クリックすると元のサイズで表示します
(12 白い部品をずらし古いFDDベルトを外すの図)

 白い部品を少し持ち上げてずらし、古いFDDベルトを外します。

6年間ご苦労様

 そんな感じで。
クリックすると元のサイズで表示します
(13 FDDを横から見たところの図)

 FDDを横から見てみると・・・

うぬ、なんかモーターの軸がうっすら汚れているような気がする
プーリーは黒いのでよく分からず
クリックすると元のサイズで表示します
(14 アルコール綿棒を用意するの図)

 お掃除のため「アルコール」と「綿棒」を用意しました。水は使うとナカナカ乾かずショートしてしまう危険性があるので使わないように。
クリックすると元のサイズで表示します
(15 モーターの軸をお掃除するの図)

クリックすると元のサイズで表示します
(16 あんまり綺麗にならないなぁの図)

 綿棒にアルコールを少し含ませて、モーターの軸とプーリーをふきます。
  • なんかあんまり綺麗にならないなぁ・・・
  • 綿棒とプーリーが黒いのでどれだけ汚れが取れたのか、よく分からない・・・
 私の場合はFDDベルトが切れたり溶けたりしておらず、お掃除してもしなくてもいい感じでした。

 FDDベルトが切れてプーリーやモーターの軸に巻きついたり、溶けて癒着している場合は、まず手で取ってみて、ダメならカッターナイフみたいな物で(プーリーやモーターの軸を傷つけないように)優しく削り取る必要があるかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
(17 新しいFDDベルトを用意するの図)

 新しいFDDベルト(品名 : FDDベルト / 品番 : DFWV75C0009)を用意します。
 それにしても、約28年前のパソコンの部品を在庫として持ってて、いまだに売ってくれるPanasonicって凄いよね、と思いつつ。ソニーとかはどうなのでしょうか? ソニー製のMSXを持っていないので分かりかねますが。
クリックすると元のサイズで表示します
(18 まずプーリーに新しいFDDベルトを引っ掛けるの図)

クリックすると元のサイズで表示します
(19 次にモーターの軸に新しいFDDベルトを引っ掛けるの図)

 ここで竹串(爪楊枝とか-ドライバでも良いけれど)の出番です。
 新しいFDDベルトを直接手で触ると手の油が付いてしまい劣化の原因になります。
 そこで竹串などを使い(私は+ドライバで全部済ませちゃったけれど)、新しいFDDベルトをまずプーリーに引っ掛け、次にモーターの軸に引っ掛けます(逆だとかなり難しいです)

 新しいFDDベルトは結構固く、少し作業には力がいる感じです。FDDベルトをねじったり、力を入れすぎて伸ばし過ぎないように注意してください。
 ここまでが作業手順になります。後は分解した逆の事をする、つまり組み立てるだけです。お疲れ様でした。
クリックすると元のサイズで表示します
(20 とりあえず試運転の図)

 私はとりあえずFDDの白い部品を元に戻し、フレキシブルフラットケーブルを取り付け、コンセントと映像出力端子をつけ、FDDにFDを入れて電源をつけました。

本当に動くのかどうか「試運転」をしておかないとね

 もし試運転をされるのであれば漏電感電に十分注意してください。
クリックすると元のサイズで表示します
(21 FDDが正常に作動したの図)

 キーボードで「files」と打つと、FDDのプーリーやモーターが元気に動き出し・・・
File not found (エラー番号53 : LOAD,KILL,OPEN文で指定したファイルがディスク上にない)
 と、正しくエラーが表示されました。やったね!!

 正常に動作することを確認した私は組み立てをしました。
 写真をたくさん撮りながら分解・組み立てを行ったので全部で1時間くらいかかりましたが、慣れるとたぶん10分か15分くらいかなぁと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(MSX2版「セイレーン」の実況プレイをタイムシフト視聴したの図)

 と、いうわけで私は、MSXのFDDが直ったので翌日何事も無かったかのようにニコニコ生放送をしたのでした。
1

2016/10/12

MSXのフロッピーディスクドライブ(FDD)のベルトが届いたのです  MSXイロイロ

前回から

 このMSX2+(Panasonic FS-A1WX)の発売日は1988年10月21日。
 今日は2016年10月12日だから約28年前のパソコンということになります。
  • いくらなんでも、もうPanasonicには部品なんて残っていないだろう・・・。
  • 地道に「ヤフオク!」ででも探そうかな・・・
 そんな半ばあきらめていた矢先、電話がかかってきました。

「部品が入荷したので、ご来店お待ちしております」
  • おいおい、嘘だろー!! Panasonicはなんて物持ちが良いのだ!!
  • まだ注文してから5日しか経ってないし!!
  • やっぱ、Panasonicは一味違うなぁ・・・ビバ、Panasonic!!

クリックすると元のサイズで表示します
(店舗まで車で行くことにしたの図)

 いてもたってもいられず、店舗まではバスではなく車ですっ飛んで行くことにしました。

それにしてもウチの駐車場は端っこなので出し入れしにくい・・・

クリックすると元のサイズで表示します
(代金は2本で432円(1本200円/税抜き)でしたの図)

 早速店舗に到着して「FDDベルト」を購入しました。やったね!!

これで、まだまだPanasonic FS-A1WXの伝説は終わらない!!
クリックすると元のサイズで表示します
(購入したPanasonic FS-A1WXのFDDベルト×2の図)

 興奮冷めやらぬ私。購入したFDDベルトをまじまじと見ました。写真ではちょっと分かりづらいのですが、

MADE IN JAPAN」の文字が!!

 今回は今使っているFS-A1WXのFDDのベルトが本格的におかしくなったら取り替えようと思い、購入したFDDベルトはとりあえず取って置く事にしました。

まぁ、2本も買ったので、この先12年くらいはいけるかも!!

 そんな嬉しい今日この頃。

つづく
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ