2010/8/25  22:30

469回目の日記♪  普通の日記

皆さん、こんばんは(*´∀`)ノ

名古屋旅行まで、あと2日です。
来週あたりにレポートを書きますので、お楽しみに♪

それでは、本題に入ります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100821-00000005-minkei-l14

横浜の郷土史愛好家の男性が勝海舟直筆の手紙を京都の古書店で発見しました。
専門家によると勝海舟の自筆に間違いなく、既刊の全集ものにも収録されていない手紙だそうです。
手紙自体は、勝が越前福井藩主・松平春嶽の側近だった「村田巳三郎」(=村田氏寿、坂本龍馬が春嶽の元へ千両という大金を借りに行った際に応対した人物とされる)宛に送ったもので、1862年4月4日付ということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100812-00000015-maibz-ind

月桂冠は、坂本龍馬にちなんだパック詰の日本酒「龍馬伝 すべて米の酒」(1.8リットルパック)を9月6日(当社出荷開始日)から10月末までに期間を限定して全国で新発売します。
「すべて米の酒」はコシヒカリを仕込みに用い、吟醸酒造りの技術を応用して醸造した純米酒で、コシヒカリ由来のまろやかな味わいとフルーティーな香りによるすっきりしたあと味が特徴です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000013-isd-game

元気モバイルは、iモードおよびYahoo!ケータイ向けに『防衛ゲーム剣豪土方歳三』『超高校級バッテリー』『脱出ゲーム王墓の扉』を配信開始しました。
『防衛ゲーム剣豪土方歳三』は、土方歳三、斎藤一、島田魁、市村鉄之助ら戊辰戦争時の新撰組隊士が登場する防衛ゲームです。
新政府軍の侵入を防ぐために敵のタイプや行動ルートに合わせてキャラを配置し、入口から突入してきた敵キャラを出口に到達するまでに撃退するという内容になっているそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100822-00000002-minkei-l29

平城遷都1300年祭の平城宮跡会場で8月20日に、まほろばステージで行われた「せんとくんステージ」に、せんとくんが「キックボード」に乗って登場して来場者を驚かせました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100823-00000119-san-soci

滋賀県彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」のデザイン使用について、市が今年5月から小売価格の3%を徴収する有料化に踏み切ったところ、グッズなどを扱う業者からの申請件数が有料化前の約280件から約100件に激減したことが、市のまとめで明らかになりました。
生産を取りやめた業者もあるといい、市が見込んでいた年間約2400万円の収入に黄信号がともっているようです。

せんとくんとひこにゃんの明暗がくっきりですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100824-00000023-khk-soci

青森市の三内丸山遺跡に代表される「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の2015年度の世界遺産登録に向けて、考古学者ら7人でつくる専門家委員会が今月23日に北海道函館市で開かれました。
遺跡群は三内丸山遺跡や御所野遺跡(岩手県一戸町)、大湯環状列石(鹿角市)、大船遺跡(函館市)など4道県の15カ所。
まとめて世界遺産に登録することに関して、「他地域と比較し、特に強い文化的まとまりがある」との見解が示されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100825-00000010-minkei-l23

サークルKサンクス(東京都中央区)は8月20日に、「名古屋おもてなし武将隊」の6武将にちなんだ新商品「武将弁当」を発表しました。
商品は全8アイテムをラインアップし、3回に分けて中京地区のサークルKサンクスで期間限定販売します。

《9月9日〜29日》
信長が「血のように赤い酒」として好んだと言われる赤ワインで鶏肉を漬け込んだチキン南蛮が入った「織田信長 チキン南蛮御膳」(555円)
赤ワインを入れて炊き込んだご飯を使った「織田信長 チキン南蛮おにぎり」(250円)
清正が朝鮮出兵の際にシソで部下のストレスをやわらげたという逸話をイメージした「加藤清正 しそ御飯肉巻おにぎり」(330円)

《9月30日〜10月13日》
秀吉が朝鮮出兵の際に寒さしのぎのために唐辛子持ち込んだことでキムチが誕生したという逸話から、キムチを具材にした「豊臣秀吉 太閤おにぎり」(398円)
戦国一の傾奇者(かぶきもの)といわれる慶次をイメージしインパクトのある大きなエビフライを入れた「前田慶次 傾奇者御膳」(555円)など。

《10月14日〜27日》は、家康が食べ過ぎて死につながったのでは、とまで言われる好物だった天ぷらをおかずにし、徳川家の愛用食八丁みそを使った「徳川家康 鶏の八丁味噌焼と天ぷら御膳」(555円)など。



*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

《新選組のバナーをポチして頂けると幸いです。》

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村
ランキングのテーマを『幕末・維新』から『新選組』に変更しました。
記事の右下にある拍手を頂いていますが、誠にありがとうございます。
引き続き、拍手ボタンを押して頂けると、ものすごく励みになります。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
3

2010/8/20  20:00

468回目の日記♪  普通の日記

皆さん、こんばんはヽ(・∀・)ノ
まだまだ暑い日が続いていますね。
ところで、来週金曜日の午後から29日まで、名古屋に滞在します。
この3日間、「第12回 にっぽんど真ん中まつり」が開催されます。
27日が前夜祭で、28日と29日が本祭となります。
その中でも特に楽しみにしているのは、29日の夕方に行われる大総踊りというのがあり、10万人が鳴子を持って5分以上踊りつつ、ギネス記録に挑戦するということになっています。
当然、私も10万人の1人に入ります。
名古屋開府400年のゆるキャラ、はち丸くんはもちろん、特別にディズニーキャラも登場します。


それでは、本題に入ります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000004-maiall-soci

史的街並みが残る函館市元町の二十間坂上に設置され、景観にそぐわないと市から撤去勧告を受けていた「自由の女神」像(高さ6・3メートル)が19日に約100人の市民らが見守る中、撤去されました。
ただ、今後の利用方法は未定で、しばらくの間はブルーシートをかぶせて保存するそうです。

この記事やハコダテ150+内で出た関連記事に関して、個人的な見解を述べたいと思います。
あくまでも個人的な見解ですので、お気になさらずに。

撤去したとはいえ、その像を店舗のすぐそばから屋上に移動しただけで、「完全撤去」と言いきれません。
一時撤去したことにより、二十間坂からは見えなくなったそうです。
しかし、隣に位置しているFMいるかなどからは見えるようですが、いずれはどこからも見えないようにして頂きたいですね。
電子署名は提出なさったようですが、「完全撤去」ではないので署名継続と共にこれからも更なる議論が続けられるのではないかと思います。
すんなりと解決できると言い切れないのは確かであり、長期化しそうな予感がします。
果たして、どうなるのだろうか?
今後の行く末を見守りたいと思っております。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20100815-OYT8T00412.htm

各地で猛暑が続き、清涼飲料水の消費が伸びている中、函館市の飲料メーカーが今年4月下旬に新発売した「日本最北端の塩サイダー」がヒット商品となっています。
北海道のローカル飲料「コアップガラナ」などを製造、販売する「小原」が宗谷海峡の海水から取れた天然塩と羅臼町沖の海洋深層水で製造したそうです。
甘すぎないすっきりとした味わいと、飲み終えた後にほんのり残る塩気が特徴です。

実はこの記事、ヤフーのニュース記事にも出ていたのですが、既に期限切れで削除されてしまったので代わりに読売新聞のニュース記事を引っ張り出しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100816-00000023-maip-soci

帯広競馬場で今月23日に行われるばんえい競馬の「JRAジョッキーDAY」に、武豊騎手(41)が初参加することが決定しました。
鉄ソリを引き速さを競う北海道独自の競馬で、当日は模擬レースも行われるそうです。
イベントは4年連続ですが、これまでは武騎手の日程が合わず、ようやく実現したということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000009-mantan-ent

織田信長や豊臣秀吉ら戦国武将にふんした“イケメン”たちが名古屋市をPRする「名古屋おもてなし武将隊」が女性を中心に人気を集めています。
毎週末に行われる名古屋城でのパフォーマンスは毎回数百人が集まり、ガイドを務めるツアーは完売だそうです。
この人気にあやかろうと、仙台や米沢、埼玉でも「武将隊」が誕生し、観光だけでなく雇用創出につながっているようです。


ここで、お話が変わりますが、この間、「インセプション」を見に行って来ました。
面白かったけれども、ストーリーが複雑過ぎて疲れちゃいました。
おまけに、肩が凝ってしまいました。
トホホ・・・。
今度、都合の良い日にジャッキーチェンの最新作『ベストキッド』を見に行きます。

実は、「インセプション」鑑賞の手前の予告動画の中に、今年12月18日(土)に公開される『最後の忠臣蔵』に佐藤浩市さんと山本耕史さんが登場することが明らかになりました。

『最後の忠臣蔵』の公式サイト

来年に映画の方でもう1本出演するという情報をどっかで知ったような覚えがあるのですが、はっきりとしないので情報が確定次第、お知らせしたいと思っております。


それから、もう1つお知らせがございます。

ちょっと気が早いような遠いような、そんな感じになるかもしれませんが、2011年1月2日(日)にテレビ東京系列で『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』という時代劇が放送されるようです。
しかも、一挙に7時間も放送されるようです。
黒田官兵衛役が高橋克典さん、竹田半兵衛役が山本耕史さん、羽柴(豊臣)秀吉役が西田敏行さんとなっています。

『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』の公式サイト


この2つのお知らせ、皆さまのブログで大いに宣伝して頂けると幸いです。




*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

《新選組のバナーをポチして頂けると幸いです。》

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村
ランキングのテーマを『幕末・維新』から『新選組』に変更しました。
記事の右下にある拍手を頂いていますが、誠にありがとうございます。
引き続き、拍手ボタンを押して頂けると、ものすごく励みになります。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
0

2010/8/15  22:30

467回目の日記♪  普通の日記

皆さん、こんばんは。

どこもお盆休みですが、皆さんはどこかに行かれましたか?
私はお盆休みを返上して、ボランティア活動に励んでいました。

ところで、この夏に入手したものが1つございます。
それは何かというとサンダルです。

クリックすると元のサイズで表示します

ベーシュ色で、シンプルな感じになっています。


お話が変わりますが、10回目の函館旅行から帰って来てから3日後の8月4日(水)のことでございます。
こちらの過去記事をご覧の通り、茶谷清志さんが江戸でオフ会を実施するということで、参加しました。

久しぶりというほどでもなく、あれから4ヶ月経ったのか!という感じですごく楽しみにしていました。

こうして、あっという間にお開きとなりました。



*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

《新選組のバナーをポチして頂けると幸いです。》

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村
ランキングのテーマを『幕末・維新』から『新選組』に変更しました。
記事の右下にある拍手を頂いていますが、誠にありがとうございます。
引き続き、拍手ボタンを押して頂けると、ものすごく励みになります。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
1

2010/8/13  13:10

2010年7月30日〜8月1日 in函館 その3  函館旅行日記

前回の続きでございます。

《8月1日(日) 3日目》

朝食後、再会したNさんの車で、箱館戦争に関する史跡巡りの続きを実行しました。
今回、巡ったのは順に有川、松前藩戸切地(へきりち)陣屋跡、市渡、二股口古戦場の4地点。

まず、最初に向かったのが有川(現・北斗市中央)。
有川という地名は当時、存在していたんですが、今は地名として残されていません。
ただ、地名の名残というんでしょうか、「有川橋」という橋と「有川大神宮」の2ヶ所が残っています。

「有川橋」は函館市街地から松前・江差方面に向かって車に乗っていれば、左側に看板がありますのでチェックできます。

そして、有川大神宮にやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧のように何にもありませんが、けっこう古いということだけは分かりますね。


次に同じ北斗市内にある松前藩戸切地陣屋跡。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは1855年に松前藩によって造られたのですが、五稜郭より少し北にある四稜郭+亀の首を出した形になっています。
しかし、13年後の箱館戦争の時に、新政府軍に取られないように火をつけたんですね。
それにしても、本当に四稜郭よりも大きくて立派なところでしたので、見ごたえがありました。

そして、3番目に同じ北斗市にある市渡。
そこに市渡稲荷神社というのがあるのですが、実を言いますと合祀されて川濯(かわすそ)神社となっています。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

最後に、二股口古戦場。

2回目の訪問でしたが、雨でしたので車の中から見るだけとなりました。

その後、遅めの昼食として、やきとり弁当を食べてから函館空港に向かいました。
こうしてあっという間に10回目の来函が終わりました。


《番外編》
今回の来函で、購入したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

奉行所記念として製造された、土方歳三のサイダー。
五稜郭タワーなどで購入できます。

クリックすると元のサイズで表示します

野外劇のTシャツ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

今までの来函の中で、1番高いもの。
土方歳三@山本耕史さんのフィギュア。

クリックすると元のサイズで表示します

道南と函館市街地の最新地図帳。
今後、箱館戦争に関する史跡巡りの時に使いたいと思っています。


☆まとめ☆
10回目の来函を果たしましたが、「これで満足した」と言うのはまだ早いです。
更なる満足を追求するべく、箱館戦争に関する史跡巡りを引き続き実行したいと思っています。
細かい地点がけっこうありますので、色々と調べたり誰かに聞いたりした上で、1ヶ所ずつクリアしていきたいですね。
また野外劇を見たいので、また機会があれば見に行きたいですね。
あとは、花火大会も見たいですね。
次回の来函は今年12月もしくは来年5月になりそうです。
仮に今年12月に来函するとなると、今年5月、7月に次いで史上初の年間3回を達成することになります。
果たして、達成できるのだろうか。

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。



*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

《新選組のバナーをポチして頂けると幸いです。》

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村
ランキングのテーマを『幕末・維新』から『新選組』に変更しました。
記事の右下にある拍手を頂いていますが、誠にありがとうございます。
引き続き、拍手ボタンを押して頂けると、ものすごく励みになります。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
2

2010/8/10  21:45

2010年7月30日〜8月1日 in函館 その2  函館旅行日記

前回の続きでございます。

《7月31日(土) 2日目》

以前からすごく楽しみにしていた、箱館奉行所を見に行きました。
この箱館奉行所がオープンしたのが7月29日(木)でした。
オープンしてから2日目、初めての週末ということで、大勢のお客さんがいらっしゃいました。

真っ先に奉行所を見るべく、五稜郭公園内にある一の橋とニの橋を渡り、門をくぐります。
そして、毎年5月に咲く藤の花がある場所の手前、右手の日陰の中をのぞいて見ると紫陽花が咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、どどーんと私の目に浮かんで来たのが奉行所でした。

クリックすると元のサイズで表示します

オープンしたてでしたので、木や畳の香りがしました。
展示数は多くもなく少なくもなく、木の継ぎ目や天井の内部の一部などが見られるようになっています。
私がこのように文章で感想や感情を伝えるよりも、皆さんの目で奉行所の内部をご覧になさった方がよろしいかと思います。

奉行所を見た後、一の橋の近くに設置された特設ステージ会場で奉行所復活祭という催しが行われていたのですが、実はここで野外劇の宣伝が行われる事を1日目の夜にNさんからのメールで知り、催しを見ながら待っていました。
しかし、思っていた以上に暑くて少々待ちくたびれてしまい、その場を立ち去った後に再び、Nさんからの緊急連絡のメールの内容を開いて思わず、「なぬっ!?」。
慌ててすぐに戻り、「用事で来られないかもしれない」とおっしゃっていたNさんがそこにいらっしゃいました。
こうして、3ヶ月ぶりの再会と相成りました。
そんなに久しぶりというほどでもなく、むしろ、あれからもう3ヶ月経ったのか!という感じでした。
その時、ステージ上で野外劇の宣伝として、1回目のミ二パフォーマンスが行われていました。
1回目のミ二パフォーマンス終了後、Nさんに声をかけ、色々とお話をしました。
野外劇の時に赤い服を着ていらっしゃる活動弁士さんもいらっしゃって挨拶をしましたが、私が10回も来函していることに驚いたようでした。

話しているうちに、Nさんが急に「土方歳三に扮装しようかな?」と言い出したのです。
しばらく待つと、土方歳三に扮装したNさんがやって来て、2回目のミ二パフォーマンスを見た後、Nさんと共にステージ会場周辺と奉行所周辺でビラ配りをしました。
とはいえ、スタッフでも何でもない私がこのように手伝っていいのかと思いながらも、野外劇の旗を持ち続けました。
普段はボランティア活動をしているので、その魂がメラメラとでてきたのは確かでした。
まあ、このように貴重な体験をすることができて良かったなと思いました。


《その3に続く》



*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

《幕末維新のバナーをポチして頂けると幸いです。》

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


バナーの種類が増えましたので、四季に応じて変えたいと思っています。
記事の右下にある拍手を頂いていますが、誠にありがとうございます。
引き続き、拍手ボタンを押して頂けると、ものすごく励みになります。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ