2008/12/31  20:59

250回目の日記♪  普通の日記

皆さん、こんばんは。

とうとう、大晦日になりましたね。

さて、この記事が今年最後の更新となります。

先日、20000アクセスを達成しましたが、年内に達成出来るとは思わなかったので、来て下さる皆さんに感謝しております。

2008年はブログを通じて一期一会したり、旅行を通じて色んな事を得たり、色々とありました。

来年もまた改めて心機一転して、ログを通じて一期一会したり、旅行を通じて色んな事を得たりしながら、一歩でも土方歳三様に近づけるように、拙者らしく在りたいと思っています。

この場をお借りしまして、たくさんのコメントを誠にありがとうございました。

来年もどうぞ、よろしくお願いします。

突然ですが、今年最後のネタを紹介したいと思います。
長くなりますが、最後までお読みになって頂ければ幸いです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000001-hsk_nb-l27

大阪・ミナミのアメリカ村に12月12日、猫カフェ「猫の時間 アメリカ村店」(大阪市中央区がオープンしましたが、猫が大好きで関西在住の方はぜひ、どうぞ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081213-00000000-hsk_is-l24

ミキモト真珠島(三重県鳥羽市)内に建つ御木本幸吉の銅像に12月12日、坂手島から現れた「大きな真珠」が重なったがm遠く太平洋を見つめてたたずむ幸吉は今年、生誕150年を迎えました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000000-hsk_is-l24

鳥居と宇治橋の一直線上に太陽が昇る冬至には、カメラ愛好家の人数がピークを迎えます。
12月12日の早朝は雲ひとつない晴天であり、正面の島路山から太陽の光が差し込めると一斉にカメラのシャッター音が響きました。
冬至をはさむ約2カ月間だけ、伊勢神宮内宮の宇治橋の鳥居ほぼ中央から太陽が昇るそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081227-00000034-maip-soci

北海道の札幌、江別、北広島の3市にまたがる野幌(のっぽろ)森林公園の広葉樹にエゾフクロウのつがいが飛来していますが、体を寄せ合う「ラブラブモード」で、春にはひなの誕生が期待されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081226-00000614-san-soci

衰えぬ人気にあやかろうと滋賀県彦根市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」をご神体とする神社が26日、彦根市本町の夢京橋キャッスルロードにある和ロウソクなどの店「夢京橋あかり館」の店頭に設けられました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081227-00000000-hsk_nb-l27

そごう心斎橋本店(大阪市中央区)で12月25日、クリスタルガラスに包まれた「クリスタルベンツ」の展示が始まりましたが、来年1月4日まで同店1階特設コーナーで展示しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081229-00000000-agara-l30

和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社は、旧社地・大斎原(おおゆのはら)の大鳥居を大みそかから1月7日までライトアップしています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081231-00000503-san-soci

奈良教育大(奈良市)で今年10月に出土した新薬師寺の金堂とみられる巨大遺構について、金原正明・同大准教授(環境考古学)が来年、同時にみつかった小壺や周辺から採取した土砂を分析し、謎の多い寺の性格の調査に乗り出すことが30日、明らかになりました。

ところで、私が最も興味深いネタが2つありまして、1つはこちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081229-00000004-maip-soci

幕末の水戸藩の商人日記「大高氏記録」に1852(嘉永5)年から約15年間、寒暖計でほぼ定刻に測定した気温記録が記載されていることを茨城大の磯田道史准教授(日本近世史)が確認されました。
19世紀半ばに日本人が機器で観測した気象記録は珍しいそうです。
専門家によれば、「現在のデータと比較することで長期的な気候変動が分かり、温暖化の進行を考えるうえで意義がある」と評価しています。
京都でも幕末は暑かったみたいなので、それを裏付けるような形の資料が出て来た事が驚きでした。

もう1つのネタは、こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081231-00000002-maiall-soci

来年の干支は、丑年ですね。
その干支に関する統計が総務省が発表しています。
12ある干支のうち、1番多かったのはどれなのか?という統計なんですね。
詳しくは総務省のホームページで「統計データ」→「統計トピックス」という順に進んで行くと、最新版のトピックスに干支に関する統計データを掲載していますので、興味のある方はどうぞ。
ちなみに、私は卯年です。

これで以上です。

最後になりましたが、普通の言葉と土方節でご挨拶を申し上げます。

よいお年をお迎え下さい♪

よいお歳をお迎え下さいな〜♪
0

2008/12/27  22:06

249回目の日記♪  普通の日記

久しぶりに普通の記事を更新する事になりますが、つい先日、大変残念な事がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081225-00000021-maip-soci

こちらを見て下さい。
新聞などでお知りになったとは存じますが、早乙女貢さんがお亡くなりになりました。
この小説家の名を存じ上げていましたが、斎藤一を中心に会津の事をお書きになった方ですね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

気を取り直して、いつも通りに紹介して行きたいと思います。
頼まれた訳ではないのですが、「新撰組屯所」のあさぎさんが新聞を見て気になった記事と同じのを私がヤフーで見つけたので、この場をお借りして提供したいと思います。
こちらでございます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081217-00000606-san-soci

幕末に勝海舟が設計し、淀川沿いに築かれた砲台跡「楠葉(くずは)台場」(大阪府枚方市)の発掘調査で、虎口(こぐち)と呼ばれる台場の入り口の一部が見つかり、17日、同市教育委員会が発表しました。
虎口は大阪から京都へ向かう京街道の関所への入り口とみられ、京街道の経路を変更し、台場内部に関所を設ける全国で例のない構造であることが裏付けられた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081209-00000000-hsk_bs-l13

クリスマスを過ぎてしまったのですが、それでも掲載しようかなと思ったのが、こちらです。
ねじキューピーを取り扱う三和鋲螺は12月13日から販売する同商品約800個のうち限定200個をクリスマス仕様の「ねじクリスマス」とすると発表しました。
以前発売を明らかにしたねじキューピーの色変わりはまだ入荷の見通しが立たず、これにより、「ねじクリスマス」がひと足先に「ねじレンジャー」の仲間入りを果たすことになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081211-00000001-hsk_ab-l13

クワッドエレメンツは12月10日から、クレバリーほかで「エリザベス マウス」の予約販売を開始しました。
同商品は「週刊少年ジャンプ」や、アニメ、DVDなどで展開中の作品「銀魂」に登場する、「桂小太郎のペット」で「キュートで高スペックな地球外生物」エリザベスに焦点を当てたのが特徴。マウスの丸みを帯びたフォルムにエリザベスを当てはめた同商品です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081218-00000506-san-soci

貴重な文化財をデジタル技術で残す「文化財未来継承プロジェクト」で完成した国の重要文化財「月夜山水図屏風」=曾我蕭白(しょうはく)筆=の複製作品が17日、オリジナルを所有する大津市神宮町の近江神宮に寄贈されたが、関係者も驚くほど本物そっくりで、同神宮は平成22年から常設展示することにしています。
複製の月夜山水図屏風は来年1月1日から15日まで左隻、16日から31日まで右隻が、同神宮で特別展示されます。
その後は、境内の展示施設の改修が終わる平成22年から、全体が常設展示されます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000053-maiall-soci

国宝・彦根城天守で15日、この1年間の汚れを落とす年末恒例のすす払いが行われた。滋賀県彦根市のキャラクター「ひこにゃん」もほうきを持って参加、地上約16メートルの天守三層の窓から出て作業をしました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081220-00000529-san-soci

滋賀県彦根市の高校生が、マスコットキャラクター「ひこにゃん」のぬいぐるみを中国・北京の高校生にプレゼントしたが、日中友好に一役買ったようです。
ひこにゃんを手にした生徒の周りには「かわいい!」と大勢が集まってくる人気ぶりとなり、“ゆるキャラ”ブームの中国上陸も間近!?

《下にあります、幕末維新のバナーをクリックして頂けると幸いです。》

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
0

2008/12/27  21:51

2008年12月23日〜24日 in函館 その3  函館旅行日記

《番外編(お土産)》

今回の函館旅行で買ったお土産について紹介します。
全て、五稜郭タワーで購入しました。

最初に、土方歳三&函館戦争関係の本、3冊。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

『土方歳三 流転の剣』 木村伸一著者
『散華 土方歳三』 萩尾 農著者
『激闘箱館新選組 箱館戦争史跡紀行』 近江幸雄著者

次に、土方歳三の新作Tシャツです。

こちらが表です。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらが裏です。
クリックすると元のサイズで表示します

裏を見ると、洋装の土方歳三様がハーレーに乗っているんですよね。
思わず、乗りたくなっちゃいます♪(笑)
このTシャツ、ダンダラ羽織バージョンもあります。

最後に、五稜郭タワー限定(しかも、数量限定。)の焼酎です。

クリックすると元のサイズで表示します

焼酎のビンでピンク色ってなかなか無いんですよね。
それだけではなく、五稜郭が見えるという遊び心までもあるんですね。
もちろん、飲んでみましたけどね♪(私の場合、水割りですけどね。)

以上ですが、次回はすぐに普通の記事に戻ります。
1

2008/12/26  2:42

2008年12月23日〜24日 in函館 その2  函館旅行日記

《2日目》

朝6時半頃に起床し、7時頃から40分間、朝食を済ませた。
一旦、部屋に戻って、朝の五稜郭タワーを撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します

8時半頃にチェックアウトして、毛利さんと一緒に行動をしました。
まず、最初に向かったのが、二股口古戦場。

クリックすると元のサイズで表示します

すると、毛利さんが冬道を歩き始めたので、私もついて行きました。
しかも、雪は20数センチは積もっていた。
ところが、毛利さんは鉄人なので、どんどん歩いて行っちゃうんです。
私の場合、普段は歩くスピードは割と速い方なのですが、いざ、ハイキングとなると追いつけません。
体力もかなり限られてしまいます。
歩き始めて、しばらくすると、こんなのが見えて来た。

クリックすると元のサイズで表示します

その看板の近くに、古戦場跡の道印がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

更に歩いて行くと、古戦場跡の説明板と、土方軍の戦死者の御霊の碑がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その近くに、塹壕跡の道印が見えて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

そしたら、二股口から遥か遠くに天狗山が見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで参考までに、少しだけ説明しておきますね。
クリックすると元のサイズで表示します
(木村伸一 『土方歳三 流転の剣』より引用)

こちらを見てお分かりになるかと思いますが、天狗山方面から新政府軍がやって来たんですね。
一方、土方歳三らは台場山付近の二股口にいた。
その間に、下二股川という川が流れていたそうです。

行きと帰りで1時間半、2時間はかかっていたかも??
(危うく体力切れになるところでした。おまけに足が筋肉痛になってしまった。)

次に向かったのが大野町にある意富比神社に行きましたが、「何じゃ、ここは?」と思ったんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

自宅に着いてから調べてみたんですが、こちらを見て頂けるとお分かりになるかと思います。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~toukondankon/ho-ooi.htm

その後、七飯町峠下(とうげした)にある、七飯発電所に行きました。
すると、説明板があったので、読んでみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

七飯発電所より、約2キロぐらい北に古戦場があります。
それから、七飯発電所の近くにある細道を歩いて行くと、庚申塚があります。

クリックすると元のサイズで表示します

詳しくはこちらをご覧になって下さい。

http://sakag.web.infoseek.co.jp/siseki-daiba.htm

次に、昆布館に行きましたが、そこに行くのは今回で2回目でしたが、もう結構です(笑)
お昼が近づいて来たので、森町にある「次郎長」というラーメン屋さんに行きました。
そこは、私が今年2月に行ったんですが、やっぱり忘れられなくて、再び来店しました。
前回は醤油ラーメンを頂きましたが、今回はあっさりとした塩ラーメンを頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

その後はまたもや、七飯町に戻るが、そこにある一本栗地主神社に行きました。
樹齢が約600年で古い街道沿いにあり、明治初期になると目立っていて大きな木だったそうです。
昔、から生命のある木として敬愛され、この木を切ると血が出るという話が信じられて来ました。
箱館戦争の時、この辺りが激戦地となり、多くの血が流された為、この話がますます広がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

旅の最後に、上磯町にある、矢不来(やぶらい)台場跡に行きました。
その時、写真を撮ったんですが、知らないうちに消えてしまった為、他のを引用しました。

クリックすると元のサイズで表示します

2日目はこれで以上ですが、次回は番外編(お土産)を紹介します。

《感想》
通算6回目の函館旅行でしたが、京都府伏見区に続いて2回目の1人旅でもあり、誕生日を再び、函館で迎えるという喜びは非常に大きかったです。
また、洋梨さんや毛利さんにお会い出来て楽しかったですし、毛利さんとハイレベルな所に行く事が出来て今まで以上に充実、素晴らしい思い出になりました。
それと同時に、再び、函館に行きたくなってしまいました(笑)
次は、桜が咲き誇る5月に行けたら良いかなと思っています。
その時もまた、洋梨さんと毛利さんにお会い出来たらいいかなと思っていますし、今回お会い出来なかった、ハコダテ150の編集長さんにお会いしたいと思っています。
それから、毛利さんと共にハイレベルな所に行った事によって、更に追求したいなと思いました。
番外編でも書きますが、お土産で土方歳三&函館戦争関係の本を3冊買ったにもかかわらず、旅行中に全て読み切ってしまいました(笑)


函館は最高だ〜! 
また行くからね♪


1

2008/12/25  0:20

2008年12月23日〜24日 in函館 その1  函館旅行日記

皆さん、こんばんは。
(*^-')ノ☆;:*:;☆“Merry*Christmas”☆;:*:;☆ヽ('-^*)

それでは、函館旅行の報告レポートをしますね。

《1日目》
朝6時40分発の飛行機に乗った時、ちょうど日が昇る時間と重なっていたんですね。
それまでは本当に真っ暗なんです。
冬は太陽が昇る時間が遅いですからね。
座席を自分で選んだものの、ビックリするぐらい感動が待っていたんです。
離陸してからしばらくすると、富士山がハッキリと見えました。
やや遠くにあったアルプスも見えました。
だんだん北に向かって行くと、雪景色になっていた。
函館空港に着陸する直前に雪景色の五稜郭までも見る事が出来ました。
朝8時過ぎに函館空港に到着した土方副長であったが、早速、あの人に会いました。
あの人とは、地元函館で有名な旅人であり、通称「もーさん」と呼ばれている毛利さんです。
彼の車の中で、ガッチリと握手、、、(笑)
最初に土方歳三最期の地である一本木関門に行きましたが、そこで旅の成功をお祈りしました。
次に五稜郭タワーへ向かい、そこから雪景色の五稜郭を見ましたが、幻想的でした。
お土産をたくさん買いましたが、お土産については番外編で紹介しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

昼12時に五稜郭タワーのアトリウムで、ハコダテ150の洋梨さんとお会いしました。
洋梨さんは小学生のお嬢様がいらっしゃる主婦ですが、来年7月に函館が開港してから150周年を迎えるにあたり、その為のイベントを企画、運営などのスタッフをしています。
洋梨さんの車で、またもや、一本木関門に行く事にしました。
お花を添えて、お祈りしました。
それにしても、一本木関門に2回も行くのって、普通はしないでしょう。
やっぱり、私って幸せ者なのかな?
いや、そこまで幸せだとは思わないですね。波乱万丈ですからね。
(なぁんて、クールな発言をしてるんだ、、、?)
洋梨さんに「実は、朝、毛利さんと行ったんです。」と言ったら、2人で大笑いしました。
その後、五稜郭タワーの近くにある、「あじさい」というラーメン屋さんに行きました。
そこで、「南京そば」を頂きました。
すごく、おいしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、十字街電停の近くまちづくりセンターに行きましたが、そこにあるクリスマスツリーに願い事を書いて飾りました。
それとは別に、メッセージボードに願い事を書いてボードにはりました。
次に、ケーキ屋さんに行って、おいしいケーキを頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回、泊まったのは、ホテル法華クラブ函館で3回目となりました。
とはいえ、誕生日なのでフロントにご無理を言って、五稜郭タワーが望める部屋に空きがあるかどうか聞いてみた結果、その部屋を用意して頂く事になりました。
ドアを開けた瞬間、雪の中で真正面にそびえ立つ五稜郭タワーが見えました。
この日は、お天気が変わりやすかったんですが、雪が降ったり晴れたりという感じでした。
「おいっ、変わり過ぎるぞ!」と怒りたいぐらいでした。
(そこまで鬼にならなくてもいいんだぞ。と土方歳三につっこまれそうだ。)

クリックすると元のサイズで表示します

ここで一旦、部屋に戻って荷物をおいて再び、ロビーに戻りました。
実は、今回、洋梨さんが私にお会いしたい連れの方がいたんですね。
なんと、2人もです。1人はハコダテ150の編集長さん。
もう1人は、函館のタウン誌関係の方。
お2人とも、私のブログの隠れファンだそうです。
(そこで、私のブログの隠れファンって何人いるのか、気になってしまいましたが、5人ぐらいかなと思っているものの、実際にはもっと居るんじゃないかな?という気はしますけどね。)
ところが、旅行の直前になって編集長さんがインフルエンザにかかってしまった事が判明した為、旅行でお会いする事が出来ませんでした。
それで、ホテルのロビーで函館のタウン誌関係の方とお会いしました。
お会いするのは良いのですが、用件っていうのが気になったんですね。
何なのかと思ったら、「函館に関してアンケートをお書き頂きたい」と頼まれました。
1時間ぐらい、色々とお話をしました。

再び、部屋に戻って少し休んだ後、再び、もーさんと一緒に五稜郭タワーに行きました。
「五稜星の夢」を見ましたが、幻想的でした。
(何枚か撮りましたが、その中で最も良いのを掲載しました。)

クリックすると元のサイズで表示します

それから、こんなのも撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、五稜郭公園に向かいました。
そこでも、パシャパシャとシャッターを切りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは公園の中から撮った五稜郭タワーですが、なかなか素敵でしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

その後、どこに行くのかと思ったら、函館新道付近でしたが、そこから見る裏夜景は非常に輝いていました。

クリックすると元のサイズで表示します
(左端の奥に函館山が見えます。)

クリックすると元のサイズで表示します
(少しブレてしまったが、中央に五稜郭タワーがあります。)

1人で晩ご飯を済ませた後、部屋に戻ったんですが、部屋の窓から望む五稜郭タワーが最高でした。

クリックすると元のサイズで表示します

以上で、2日目、番外編に続きますので、そちらもお楽しみに。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ