2008/5/11  23:57

66回目の日記♪  普通の日記

皆様、大変お待たせしてしまい、申し訳ございません
本日は旧暦ですが、土方歳三様の命日でございました
何だかよく分からないけど、早起きしてしまいました
まず、新宿駅から京王線に乗りまして高幡不動駅で降りてタクシーで石田寺に直行して降りた瞬間、朝から沢山の方々が並んでいた事に驚きを隠せませんでした
拙者がざっと見た限りだと100人以上も来たのかも?
お祈りする時に心の中で「待たせたな!安心して眠っておくれ。」と静かに天国へ伝えました

クリックすると元のサイズで表示します

驚きはそれだけではなかったのです
土方歳三資料館までも、かなりの人だかりでじっくり見れなかったけれども、特別展示という事ですので刀とかを見れて良かったと思いました

クリックすると元のサイズで表示します

そこでお土産を何点か購入しましたので紹介しますね
当館限定の土方歳三キューピーストラップ、「宮古海戦を追え!」と「軌跡U」という冊子、有田焼で作られた土方歳三様の顔入りストラップを購入しました

クリックすると元のサイズで表示します

その後、多摩モノレールで高原不動駅へ移動し、高幡不動へ向かい、散策をしてお昼になったのでめし処「池田屋」で五稜郭丼を食べましたが、おいしかったです

クリックすると元のサイズで表示します

お昼ご飯を食べた後で時間的に少しだけ余裕があったのでバスに乗って「ひの新選組まつり」のメイン会場へ向かいましたが、天然理念流の演武が良かったです

日野市での報告レポートはここまでですが、ここからはサプライズとして報告レポートをします

日野駅から中央線で東京駅に着いたが、ここからドコへ向かうのかというと山手線で西日暮里駅で下車し、常磐線各駅電車に乗り換えて綾瀬駅で降りましたが、綾瀬と言えば五兵衛新田でございます
拙者が持っている、増田光明著作の「新撰組五兵衛新田始末」によりますと、この一辺は昔、五兵衛新田と呼ばれていて近藤勇や土方歳三たちが山梨県甲州市勝沼での戦いに敗れて千葉県流山市に向かう途中で19日間も大砲、弾丸などの装備や補充のために滞在したと具体的に書かれてありますが、拙者はこの本に書かれてある2点の地図を参考にして綾瀬駅から綾瀬川沿いへ行って五兵衛新橋がある事を確認してから探してみたところ、常磐線が走る伊藤谷橋と五兵衛新橋の間に観音寺があって、その裏に綾瀬稲荷神社がありました

クリックすると元のサイズで表示します
写りが少し悪いですが、五兵衛新橋です

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが観音寺です

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが綾瀬稲荷神社で、小さな神社です

その本によれば、綾瀬稲荷神社の向こうに新撰組が屯所とした金子左内家があったそうですが、以前に取り壊されていて空き地となっていて、多分この辺が金子左内家だと思いますが、どなたか詳しい事を知っていらっしゃる方がいましたら、ご教授下さい
ついでに五兵衛新田についての何かオススメの本とかありましたら拙者に教えて頂ければ幸いです

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが金子左内家があったと思われる空き地です

ちなみにその本に書かれてあった鍛冶屋なんですが今は古い工務店となっており、大室家もありましたが、それ以外の邸宅は見当たらなかったです

その後、綾瀬駅前にあるイトーヨーカ堂で母の日のプレゼントとミニお花を購入したが、たまたまリラックマコーナーを見つけてしまい、1000円以上のリラックマグッズを買うとイトーヨーカ堂のオリジナルのリラックマ小皿がついてくると張り紙があったので文具類とミニぬいぐるみの3点で購入し、小皿をゲット

クリックすると元のサイズで表示します

それでは、皆様からのコメントをお待ちしております

《いつもの事ですが、左側にあるランキングサイトへのクリックをよろしくお願いします
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ