2008/4/13  2:19

41回目の日記♪  普通の日記

昨日は先月に続いて午後からトライアングルの拡大役員会に本人部会の代表と共に出席しましたが、この拡大役員会というのは通常の役員会とは違って4月26日にトライアングル全体の総会に向けてトライアングルの役員や色んな組織の部によるチーフなどが集まって意見などを出し合うために行ったのですが、先月に続いて今回も色んな議論が出て非常に参考になりました
それだけではなく、4月26日に行われるトライアングル全体の総会の申し込み書も済ませました
皆さんには「トライアングル」って何の事なのか、さっぱり分からないかもしれませんが、正式団体名は「聴覚障害児とともに歩む会 トライアングル」でホームページがありますので見て頂ければ幸いです
私自身としてはトライアングルというのはどういう存在なのかというのはすごく分かりますが、現時点でトライアングルの会員数が最盛期より約4割減少の約600名で今年度になれば600人を割る可能性が高い上に金銭的、人数的に危機的な状況になって来ています
トライアングルの中で中心に活動しているのが教育部ですが、それとは別に組織の中として最も活躍しているのが私を含めて耳が聞こえない本人たちがいる本人部会であるけれども、その中で私を含めて7名で企画を立案したり実行したりしていて、数年前と比較すると企画に参加して下さる人が少なくなっていて本人部会の役員やスタッフの人材不足でもありますので深刻な状況です
トライアングルも本人部会も厳しい状況になって来たので現実を受け止めて、これからどうするべきかを団体の一員として、本人部会の役員として、色々と考えなければいけないんですが、現時点でトライアングルの年齢層が若い世代と年配世代の二極化になっているので、どちらも考え方が違ったり同じだったり、まちまちですから理解しなければならない部分が多いです
でも、私は小さい時からお世話になっているのでトライアングルの事がすごく好きですから、1年でも長く存続出来るように今後も活動して行きたいと思います
5月24日に本人部会の総会が有りますが、その時に役員とスタッフの選挙をやるけれども、その時に以前から1つだけ小さな夢として思い続けた事が有って、それは何かというと「本人部会 代表」になる事です
私は5年間の企画スタッフ時代、つまり下積み時代で、それを経て本人部会の前代表が任期2年のうち1年を残して新会長になったため、昨年4月から残った任期1年を借りて副代表になったのですが、急先鋒として少しずつ私の活動が本人部会の役員やスタッフに認められるようになりましたが、その前に1度、前代表の推薦で代表はどうか?と聞かれたのですが、もっと経験を積みたいと思って断ったけれども、その後で少しずつ真剣に考えるようになって来たし、経験も少しずつ積めるようになって来たので、今の私なら上を目指せるだろうというのも有りますし、土方歳三を好きになった影響も大きいので、彼のような人間になりたいというのもあって、代表になってやろうじゃないか!みたいな感じで立候補しますが、仮に落選した場合は引き続き副代表として活動して参りたいと思います
実を言えば、今時の中高生って何かの活動に対して消極的だと思うんですが、私はその逆の積極性が非常に強いんですけども、本人部会の中では最も貴重な存在となっていますので新選組みたいな組織になっているのは確かで、代表も去年4月から新しく変わりましたが前代表の同期なんですけども実績は全くないのですが、外部で色んな役員を務めていたというのもありまして新会長から色々と教わっているようですので、どっちかといえば私の方が実績が多いのでお互いに協力しながらやっていますが、部下も色んな事情を抱えていますので皆から「副長」って呼ばれていますから、それでいいんですけども、個人的にはやっぱり厳しい状況を救いたいので次期代表に当選しても落選しても鬼の副長として厳しくやって行きたいと思います
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ