2015/12/1

廉価のウクレレ発見!  ウクレレ講座
来年のことを言うと鬼が笑うと云われていますが、今日から12月。来年のことを言っても、もう鬼は笑わないでしょう。来年の春からいわき市の公民館2ケ所でウクレレ講座を開設することになり、蜂が講師をすることが内定しつつあります。

クリックすると元のサイズで表示します








 ウクレレ初心者に対しての講座ですので、ウクレレを持っていない方の受講も想定されます。第1回目は蜂の持っているウクレレを貸し出すとしても、2回目からはマイウクレレで受講して欲しいと思っている蜂です。

第1回の講座では蜂の持つウクレレ貸し出すつもりです
この他にも4本ありますので間に合うと思っています
クリックすると元のサイズで表示します



 正直お薦めのウクレレはありますが、価格が約3万円と初心者には決して安い買い物とはいえません。そこで廉価で良いウクレレないものかと探していました。ネットで、購入講評をみたり実際の音を動画で確認したりしました。その結果、あるメーカーのウクレレをネット通販で購入をしてみました。価格は4,216円(税込送料無料)でした。

今回購入したウクレレ
クリックすると元のサイズで表示します



 この価格帯(3,000〜5,000円)の物は過去の購入経験からすると、おもちゃとも楽器ともどちらともつかない製品多いのが実情です。品物が到着し、購入したままの状態で弾いてみました。フレット音痴もほとんど感じることも無く、弦高調整もしていないのにフレットも押さえ易く、音量も十分、マホガニ材の特有のソフト音色です。しかも、弦もイタリアの一流メーカーの弦が張ってあり、作りもしっかりしていて楽器として十分通用するウクレレです。

ソフトケースも付いていました。
クリックすると元のサイズで表示します



 初めてウクレレを手にした人が、例え弾けずに挫折したとしても部屋のインテリアとするのも良しでしょう。また、他の人に譲っても恥ずかしくい思いはしないでしょう。そのまま使い続けても、相当熟練するまで使えるウクレレと思います。



私が今まで抱いていた廉価のウクレレ感が変わりました。恐るべき某メーカーのウクレレ。コンサートウクレレも買ってみようかナ?
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ