2015/2/27

第2回学生フラフェスティバル  イベント
全国の大学、専門学校でフラダンスに取り組む学生が集う第2回全国学生フラフェスティバルが25〜26日開催されました。毎年夏に行われるフラガールズ甲子園のPRと、学生と市民がダンスを通じて交流を深めることで復興を後押ししようとする意図のもとに、昨年の第1回に引き続いての開催です。今回は早稲田、同志社、法政、上智、神戸海星女子学院、鎌倉女子、群馬県立女子、神田外語の8大学と日本芸術学院専門学校の計153人が参加しました。蜂も主催者の一員としてお手伝いをさせていただきました。

フラの聖地のステージに立つ学生さんたち
クリックすると元のサイズで表示します





 25日は市内の福祉施設や小学校保育園を慰問しフラを披露し市民との交流を図りました。蜂はいわき市立小名浜第一小学校に鎌倉女子大生26名と神田外語大学生15名を案内しました。学生の皆さんは同小学校の全児童と職員そして保護者の方々にフラを披露しました。最後には参加者全員でフラソング『アロハ』を踊り交流を深めました。

フラを披露する各校学生
クリックすると元のサイズで表示します

参加者全員での記念撮影
クリックすると元のサイズで表示します



 26日は聖地”でスパリゾートハワイアンズのビーチシアターで各学校が若さあふれる踊りを披露しました。 会場は華やかな雰囲気に包まれ観客もその演舞を大いに楽しんでいました。

26日に放映された福島TVのニュース



 2日間にわたって開催された学生フラフェスティバルの思い出をいっぱい詰め込み、学生さんたちはバスで帰路に着きました。蜂は友人とウクレレの演奏でアロハオエ歌い学生さんたちをお見送りしました。

別れの時
荷物を積み込む学生さんとウクレレで歌う蜂と友人
クリックすると元のサイズで表示します





0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ