2011/11/25

ウクレレ講座の教材用楽譜を作成  ウクレレ講座
蜂が講師をしているウクレレ講座は第1と第3水曜日の開催です。第1水曜日の講座を終えるとすぐに次回講座の教材作りに取りかかりますが、11月は第5水曜日まであるのでいつもより1週間の余裕があります。12月第1週の講座で使用する教材を一昨日(11/23)から作り始めました。今日は蜂のウクレレ講座の教材作りを紹介いたします。

パソコンを使いウクレレ講座の教材を作成する蜂
クリックすると元のサイズで表示します










 12月はクリスマスソングを取り上げることにしました。ごく当たり前のクリスマスソングではあまりにも芸が無さ過ぎるので、『聖夜(Silent Night)』をハワイ語で歌う『Po la'i e(ポーライエ)』を取り上げ、楽譜を作成することにしました。まず楽譜を見つけることからはじめます。今回は昨年クリスマスライブで演奏した楽譜を使用しました。

昨年クリスマスライブで演奏した『Po la'i e』の楽譜
クリックすると元のサイズで表示します



 この楽譜はハ長調(Cメイジャー)なので一般の人が歌うにはキーが少し高いため、歌いやすいキーに楽譜を書き換えプリントします。この作業にはパソコンの楽譜作成ソフトを使います。今回はイ長調(Aメイジャー)に書き換えました。

ハ長調からイ長調に書き換えた楽譜
クリックすると元のサイズで表示します



 次にプリントした画像をスキャンし、ペイントソフトで不要部分や、画像の汚れ部分を消去した画像にします。最終の仕上げはワードを使って行います。画像をワードに取り入れ、楽譜と歌詞挿入部コード図をバランス良く配置して行きます。その後歌詞を音符に合わせた位置に揃えて入れて行きます。最後にタイトルと基本リズム譜を入れ完成です。

楽譜と歌詞挿入部・コード図を配置
クリックすると元のサイズで表示します

歌詞を音符に合わせた位置に挿入
クリックすると元のサイズで表示します

タイトルと基本リズム譜を挿入
クリックすると元のサイズで表示します


完成した楽譜
クリックすると元のサイズで表示します







今回の楽譜は比較的簡単だったので、3時間ほどで仕上げることが出来ました。12月の第1水曜日迄に『見上げてごらん夜の星を』(一部ハワイ語版)の楽譜を作成するつもりです。4時間ぐらいはかかるのではないかと思います。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ