2011/8/22

24時間TVで紹介 『フラガールズ甲子園』  イベント
一昨日(8/20)から昨日(8/21)にかけて日本テレビ系列で24時間テレビ34『愛は地球を救う』が放送されました。いわき市では小名浜のアクアマリンふくしま前に特設ステージが作られ、多くのイベントが開催されました。21日、そのステージで『フラガールズ甲子園』に出場するいわき市内の高校生が出演し『フラガールズ甲子園』の紹介をしました。福島県内の向けの放送で、残念ながら全国放送はされませんでした。その様子をウォッチングしてきました。

『フラガールズ甲子園』を紹介するTV中継の様子
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2011/8/19

気ままに長期夏季休暇とってしまいました  
『歌の世界』長期の夏季休暇をとってしまいましたことをお詫び致します。7月末から8月1日まで一気に北海道旅行関連の記事を書き上げ、「一息ついてから更新しよう」と思っていました。しかし、「もう一息‥もう一息‥」と思っているうちにお盆が来てしまいました。「お盆明けから再開しよう」と思っているうちにお盆も過ぎ、とうとう今日に至ってしまいました。今日は8月の主な出来事を簡単に紹介することにしましょう。
続きを読む
0

2011/8/1

童謡唱歌こぼればなし番外編 知床旅情とオホーツクの船(舟)唄  童謡唱歌こぼればなし
蜂の住むいわきは気温22℃。先月旅した北海道より寒い8月の始まりとなりました。7月の道東旅行でバスガイドさんが『しれとこ(知床)旅情』(森繁久彌歌唱初期のタイトル:しれとこ旅情・加藤登紀子歌唱のタイトル:知床旅情)の原曲は『オホーツクの船(舟)唄』(森繁久彌歌唱のタイトル:オホーツクの船唄・倍賞千恵子歌唱のタイトル:オホーツクの舟唄)と説明してくれ、その歌を歌ってくれました。蜂はこのことは、今回の旅行で初めて知りました。そこで童謡唱歌こぼればなし番外編として『オホーツクの船(舟)唄』を取り上げました。

オホーツクの船唄


                                   作詞・作曲:森繁久彌

                   1.オホーツクの海原 ただ白く凍てはて
                    命あるものは暗い雪の下
                    春を待つ心ペチカに燃やそう
                    あわれ東にオーロラ哀し

                   2.最涯の番屋に命の火チロチロ
                    トドの鳴く夜はいとしい娘が瞼に
                    誰に語らんこのさびしさ
                    ランプの灯影に海鳴りばかり

                   3.スズランの緑が雪解けに光れば
                    アイヌの唄声谷間にこだます
                    シレトクの春は潮路に開けて
                    船人のかいな海に輝く

                   4.オレーオレーオシコイ沖の声舟唄
                    秋あじだいエリャンサ
                    揚げる綱ゃ大漁
                    霞むクナシリわが故郷
                    何日の日か詣でむ御親の墓に
                    ねむれ静かに

オホーツクの船唄 歌:森繁久彌

続きを読む
23


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ