2006/3/22

美しく咲き乱れるも  観察記
     今が盛り
我が家のショパンは
          そう叫び
 美しさをアピール

       されど‥‥


我が家のショパン順調に本当に順調に成長しています。花もいっぱい咲き蕾もいっぱい持っています。けれども、その美しさを誇れるのはあとX日?




 今まで3回のショパン観察記を掲載して来ましたがちょっとするとこれが最後になるかも知れません。植物音痴のの蜂ですが愛妻が毎日手をかけている植物に無関心ではいられません(今までは無関心だったンです)。我が家のショパン極端に変わってきているのです。以前は花より葉の方がはるかに多かった(見た目には間違いなくそう写っていました)のですが、最近は花の方が葉より多くなって来ているのです。そこで調べて見ました『シクラメン』を‥‥。

 花と葉は1対になっているンだそうです。葉が多いということは花(花の陰で見えていない蕾も含んでいるのでしょう)も多いということです。前回のショパンを見るとひとまわり小さくなった感じがしたのは、妻が枯れかけた葉を選別処分したからなンです。今日改めて見たショパンは見た目で明らかに花の数が葉の数より多いのです。今持っている蕾が美しい花になり、しおれた時が我が家のショパンのショーの終演ではないかと思います。最後の姿は見せたくありません。ですから『ショパン観察記』今日が最後になるかも知れません。死にかけていたシクラメン『ショパン』妻が200円で買ってきたンです。私に対する以上の愛情を注いで育てました。願わくばあと1回くらいショパンの姿を見せられればと思っていますが‥‥(泣き)


葉よりも花と蕾が多くなってきたショパン
クリックすると元のサイズで表示します

花も蕾も鉢いっぱいに咲き誇れど‥‥
クリックすると元のサイズで表示します


これまでのショパンに関する記事はカテゴリの観察記をクリックして下さい


0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ