當山みれいDear My Boo」リリース記念イベント@三井アウトレットパーク 大阪鶴見  

3/24-25は、下に書きましたようにリトグリ2018アリーナツアー大阪城ホール公演があったのですが、その後の宴会で何となくスクールヲタでの話題にのぼっていたのが「當山みれい」(=http://touyamamirei.com/)のことでした。

リトグリのかれん&芹奈と同じくキャレスV&Dスクール出身で、かれんたちのすぐ上の世代=初代CUTExBEAT(現DancingDollsや脇菜々香の頃の選抜メンバー。この世代が卒業したので、次の世代・2代目CUTExBEATとしてかれんや芹奈がトップメンバーとしてあがってきた。>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1301.html)。
歴代キャレスでNo.1の実力者(=「20世紀生まれ最後のモンスター」)と言われた當山みれいです。

卒業当時、SONY-SDさん(=http://www.sonymusic.co.jp/sd/)がものすごく力を入れたデビュープロジェクトだったんですが、どうにも。。。。という状況だったんですね。

いくら実力あったりプロダクションが力を入れても、それだけではなく運やらタイミングやらがないと成功しない例としてよく語られる……。



その「當山みれい」が25日にリリースイベントを大阪市内で行う、ということで、巧い具合にリトグリ公演の前に行けるというタイミングだったんで、三井アウトレットパーク 大阪鶴見に馳せ参じた次第。
http://touyamamirei.com/news/?id=310

現場は、一昨年リトグリのリリイベもあった場所ですね。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1577.html

階段状の客席に行くと、ガオラー仲間さん数名がすでに来ておりました。

お互いに「當山みれい観るのって、何年ぶりだろー?」って話で。(^_^;)
メジャーデビュー当時、なかなかタイミングが合わなくてリリースイベント行けてなかったんですよねえー。

とりあえず物販開始したので、CDをゲット。
なんかサインしてくれるそうなので、裏に希望の宛名を記入。

客席に座って屋台のヤキソバ食べたりしてるうちに、リハがスタート。

MCは、ばりばりの関西弁……というか、ほんまにこの辺の地元民らしい。(笑)
そーだわなー。

間をおいて、本番スタート。

……巧い!
本格R&Bです。


清水翔太(=キャレス&SONYの先輩)の歌のアンサーソングってことで、歌の雰囲気やら歌い方も清水翔太っぽいです。
まさに女性版・清水翔太って感じ。
http://touyamamirei.com/news/?id=304

でもデビュー当時の、あまりにブラッキーなイメージからは変えてきていて、随分と親しみやすい感じになりましたね。

はじめからこの路線だとウケたかも知れないのに。



「スーパー小学生」だったキャレス当時の実力は衰えるどころか更に磨かれており、すげーなーと思わせてくれました。
http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/201002/archive

最後は、客席に座ったままだとあれなんで、もっとスタンドアップしてもっと近くに、ってことで、ステージ前のスペースに客入れ。
階段上にいた客は一斉にステージの近くへ。

おーっと盛り上がる客席。

目の前のステージで披露。
最終曲は、ダンスもあり、あの猛烈なパフォーマンス。

終わってサイン会というので、並びます。

整理券ウラの宛名を一人一人確認して書いてくれますし、何しろ2-30人ですから、一人ひとり、たっぷりゆっくりお話しできます。
※かつてはリトグリもそうでした。

「はかせさん?あれ?キャレスの頃から来てはりました?」
「そうや。覚えててくれたん?」
「あ、やっぱりそうですよね?……この前も『はかせ』さんって人が来たんやけど、違うみたいで、アレ?って思ったんです」
「(笑)……ははは、似たようなんが2-3人いるねん(笑)」
「2-3人いるんですか!(笑)」
「何人かいるけど、キャレスの頃から知ってるのはボクやで。あんたが小学生の頃から、よぉ観とったわ」
「わー、そーですよねー。もう『古参』ですねー」

古参言われましたー。(^_^;)

「また、来るわ。がんばりやー」
「はい★ ありがとうございます!」

てな感じで。

ヲタ仲間全員が終わるのを待って、そそくさと会場を後にし、大阪城ホールへと向かいました。

…「さすがに、今からリトグリ観るのに大阪城ホール行くねん、とは言われへんかったわー」とボクが言うと
ヲタ友が「ボク、今から行くってゆうたで」
……(^_^;)
0

サイコーの2日間でした★  

とうとう
リトグリが大阪城ホール2daysを制覇しました。

サイコーの2日間でした!

ありがとう!
リトグリのメンバー!
サポートしてくれた皆さん!

そして、ともに喜びを分かち合ったガオラーのみんな!

サイコーだったぜ!

あーっ★
もう夢みたいな2日間でしたよっ★
「がんばりますので応援してください★」って言ってたチビが、応援し続けたらホントに大阪城ホールまで登り詰めたんだから!
もぅ最高ですよ!
応援してて良かった♪

一万人入った大阪城ホールは、素晴らしかった★
…あのコたち、こんなにビッグになって凱旋してくれた!

ちょうど一年前のお花見の季節。
大阪城公園に来たんですが、その時のブログに「この次にここで観ることになるのは、どのコたちかな?」と書いたんですが。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1597.html
わずか一年後にリトグリが大阪城を攻め落してくれました。


<後日追加分>




さすが地元大阪城ホール公演。
あんなにたくさんのガオラーでいっぱいですが、顔馴染みのガオラーもいっぱいで、とりあえず噴水前で挨拶回り。(笑)

物販並んでたら、うまい具合に隣席の紅さんにも遭遇。
良かったー。\(^o^)/

大阪限定タオルやら「リトラック」やら買って噴水前に戻ると

え?みんな、もう飲んでるの?
しゃあないなー……とボクも花見がてらビール買ってきて「カンパーイ!」
……そうです、ダメな大人です。
「関西ダメなおっさんガオラー会」メンバーです。

でもこうやってまだまだ開演まで時間あるのに、ワクワクしながらみんなでワイワイやってる高揚感てサイコーやね。

あのコらが、ついに大阪城制覇する日!だし、うまいこと桜も咲いてお花見気分だし!
もうサイコーです。めでたいです!
サイコーに目出度い!



何度か誘われてガオラー記念写真にも収まりました。

ホール裏の搬入口側に回ると、リトラック(機材車)がデーンと鎮座してます!



大阪城前に、あのコらの顔写真のトラックが横付けされてるのが、まさしく天下を取った感じです。
とうとうやったんですね。

気分が高揚したまま、入場整列。

入ってみると、あー、エプロンステージのすぐ横やん。
アリーナ18列目だったんだけどエプロンステージから8番目でした……。
目の前やん。(^_^;)

横浜アリーナに比べると、大阪城ホールの方が横幅が細くて奥行きがある感じ。
なので客席レイアウトも違っていて、「通路」が無かった。。。
ってことは、アンコールはエプロンセンターからで、通路移動の演出は無いなー。(^_^;)

顔見知りの席を確認したり、お喋りしてるうちに、いよいよ「歌のお兄さんによるリハーサル」
※事実上、ここからLIVEはスタートしてます。

Little Glee Monster「Arena Tour 2018 -juice!!!!!-」
2018年3月25日@大阪城ホール

SET LIST

OP.(Love To The World / 客席リハーサル)
M01. Love To The World
M02. だから、ひとりじゃない
MC
M03. SAY!!!
M04. OVER
M05. HARMONY
M06. Gift
M07. Get Down
(Band Freestyle)
MC
M08. 私らしく生きてみたい(Bossa Nova ver.)
M09. You’ve Got a Friend(Carole Kingカバー/Acoustic ver.)
M10. ヒカルカケラ(Acoustic ver.)
M11. 好きだ。
M12. ギュッと
M13. Motown Super Medley
(青春フォトグラフ
 Brand New Me
 Hop Step Jump!
 Go My Way!
 Girls be Free!
 書きかけの未来
 放課後ハイファイブ)
MC
M14. はじまりのうた
M15. Jupiter
EN
EN1. いつかこの涙が
EN2. 明日へ
(MBS VTR-ヤマヒロさん登場)
EN3. MY HOME(ヤマヒロさんギター)
MC
EN4. 全力REAL LIFE
END ・特報・
  12th Single『世界はあなたに笑いかけている』
  ※2018年夏リリース決定
  ※秋冬全国ツアー決定


-----------------------

客観的な事象はあちこちに書かれているし、たくさん報道されていますので、付け足すことは無いでしょうけど。

LIVEそのものに対する個人的感想として……


初めの「Love To The World」
1万人合唱のリハ〜いきなり本人たちが壇上に現れてスタートするのは感動しました。
客席が大声出して歌うので、ちょうど暖気運転にはいいですねー。
横浜はまだみんな慣れてなくて声もあんまり出てなかったんですが、大阪公演では客席一同、素晴らしいコーラスになりました。

開始MC明けで、いきなり「SAY!」。
飛ばしてる感じでいいですねー。

「SAY!」にしろ「HARMONY」にしろ、客席30人のLIVEから歌い続けて今や客席1万人ですから(笑)、巨大なアリーナ一杯のお客さんに向かってあのコたちが歌ってる姿はトリハダものですねー。

個人的に最近「OVER」が気に入ってるんで、生歌聴けて嬉しいです。

「釜揚げ丼の歌」「Get Down」辺りはいよいよこのコたちも世界進出なのかなーとか思いながら聴いてました。

Band Freestyleが意外と長いんですが、今回全体の切れ目が少なく、ここが唯一イスに座れるところ。毎回ランダムに指名されるので、演奏も即興なんだとか。

その代わりこの後、エプロンステージ真ん中でのアコースティックコーナーでは「座って聴いてね」とのことで、何だかディナショーみたいな贅沢な気分で、じっくり座って美しい歌声に聴き入りました。
※横浜初日は、このアナウンスメントが無かったので、客席はスタンディングのままじっと聴き入ってました。

特にまず「私らしく生きてみたい(Bossa Nova ver.)」。この大人っぽい素敵な歌い方は心地良いですねー。

そしてキャロルキングカバー。
これ……(^_^;) これが心に突き刺さるのは50代以上の客では?
https://youtu.be/I9vaEBS3l1w
個人的には、私の姉が当時キャロルキングが好きで、家でいつもレコードかけてましたから、とっても懐かしい気がしました。
※ちなみにその姉は、今はボサノヴァのボーカルやったりしてますから、この辺はもう、モロなんですよねえー。姉に聴かせたいです。

気持ち良くなって少しウトウトしかけたところで(笑)「好きだ。」

そしてリトグリ初期の曲を集めてメドレーにした部分を「私たちのルーツであるMotown SoundにアレンジしたSuper Medley」という形で、ミラーボール輝く中での15分に及ぶメドレー。
とうとう自分たちのルーツがMotown Soundだ、とネタばらししたような気がしました。(笑)

いや、確かに旧曲のほとんどを並べただけでMotown Soundになるんで(笑)、そうには違いない。
でも、今の若いコは「Motown Sound」って言っても知らないので、逆にMotown Soundって「60年代-80年代に世界的に流行った『リトグリサウンドみたいな』洋楽」というイメージだと思います。
もう、それでいいよ。(笑) キミらの勝ちだよ。

実は、高齢ガオラーがリトグリにハマり易いのは、これらの楽曲がモロMotown Soundで、往年の洋楽そのままのノリだから、何だか懐かしく親しみやすいから、なんですね。

このMotown Super Medleyで初期曲のだいたいがカバーされるので、普通にリトグリが好きなガオラーも満足感ありますね。

「はじまりのうた」大阪初日に芹奈が歌詞を飛ばすミスがありました。(珍しい)この歌ってやっぱり武道館でのイメージが強いですね。

エプロンステージセンターに集まり、輪になって歌い出す「Jupter」。
途中で全員外を向いたところで、ジャッキアップされ、アリーナの巨大空間のまさに真ん中での歌唱。
これは圧巻でした。
大阪初日は、席がエプロンステージに近かったので、生の歌声が直接聴こえました。

そしてアンコール。
「スマホのライトをつけてリトグリを迎えましょう」とのことで、慌ててケイタイを起動。

アンコール、横浜では客席の後ろ側から現れました。
大阪城ホールは、幾分小さいので、それはなくエプロンステージセンターから登場。

アリーナ全周が白いLED色になって、ものすごくキレイでした。
メンバーも感動していましたが、こちらもアリーナの巨大さ、客席の多さを、そしてその全てのガオラーに包まれている感じがして、感動しますね。

横アリの際は、この次の「COLORS」を歌いながら客席の通路を通って正面スタージに戻ったんですが、この時にスマホでの撮影可能。

自分の席は両日ともに通路脇だったのですが、初日はケイタイはバッテリーオーバー。
まさかこんな目の前を通るなんて思ってなかったので、LIVEまでにあちこち写真撮って電源使い果たしていました。><

二日目は、バッテリー温存していたんですが、起動するなり、まさかの「メモリ整理中」で(笑)操作不能……。
両日とも「目の前」でしたがケイタイがダウンしてて撮れませんでした><
ほんま、サイテーですわ。。。
プラチナ席なのにー。。。

……てか、これで「モバイルバッテリー」が公式グッズにある理由が判りました。(笑)
なので、大阪初日の物販で「モバイルバッテリー」を買い、二日目公演にはライトが曲中に消えずに持ちました(笑)
さすがリトグリLIVE用バッテリー!

城ホールでは、この後正面スクリーンにMBS「ちちんぷいぷい」のVTRが流れ、そして「MY HOME」初披露となりました。

さらに楽日ではここで「スペシャルなギタリストをお呼びしてます!」ということで、「ちちんぷいぷい」のヤマヒロさんがギター抱えて登場。
ヤマヒロさんのギターで「MY HOME」を歌うという演出に。

後日(3/29)の「ちちんぷいぷい」で、この様子が放送されました。
改めてフルコーラス聴くと……めっちゃええ歌ですねー。

特に二番の出だし。

♪悔しくて泣いていた時も、
 「やるしかない」そう言って 背中押してくれた優しさ……
(「MY HOME」2018、歌詞/歌唱:Little Glee Monster)

ここの歌詞をかれん自身が歌ってるのがいいですね。
上京してしばらく、メンバー間の問題が山積でギクシャクしてた頃、当時リーダーを任されていたかれんは、毎晩キャレスの曜子先生に泣きながら「もう辞めたい」と電話してたらしいです。
その度に曜子先生は「何ゆうてんの!絶対負けたらあかん!今はやるしか無い!」と励ましてた…と曜子先生から直接お伺いしました。

まさにこのコたちそのもの自身を歌った歌です。

清水翔太の「HOME」にも近いです。
http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200909/archive
※これもまさに門真で行われたキャレスの発表会でゲストに来て歌ってくれた時はトリハダものでしたー。

ちなみにこの3/29放送の中の大阪城ホールのシーン。

開演前にメンバーとバンドメンバーが全員で楽屋で円陣組んでるシーンが写ったんですが、バンマスの後ろに「はかせ・うえむら」のお花を確認しました!

楽屋の卓上にいくつかお花が並んでますが、私らから贈ったのが一番大きいので目立ってました。
この画面写真では判りづらいですが、テレビ画面では、札がハッキリと写りました。

無事に楽屋に着いていて良かったです。

このあとMCです。
楽日には、また芹奈が泣きました。。。。

でもラストは「全力リアルライフ」で客席一万人でタオル振りまわして、大いに盛り上がって終演。。。

そして大阪では最後の挨拶時に撮影OK。



大阪ではそのままスクリーンに「特報」が。
12th Single『世界はあなたに笑いかけている』の2018年夏リリース決定と
秋冬全国ツアーが決定!

さてまた次のLIVEが楽しみでしょうがないですね★
それまで頑張って生きよう。。(笑)

しかし……ホントにあっという間に終わってしまう。。。
短く感じるからこそ、次もまた来よう!って思いますけどねー。


終演後は、まだ興奮したまま噴水前へ。

「関西ダメなおっさんガオラー会」は、予約も何もしてないけどそのままズルズルと、サイコーのお酒を飲むために京橋へ移動。

みんなでカンパーイ!
サイコーの二日間でした!
幸せだーっ! p(^o^)/



PS.
キャレス卒業生であるかれんたちを応援して、もう10年くらいになります。
当時はまだちっちゃいチビでしたが、努力家であり実力もメキメキ伸びてくるあのコたちを
楽しみにしていたもんです。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1331.html
※「次に観る時は、紅白か、大阪城ホールか…」と書いたんだけど……どっちもホントになりました(笑)
※「もう彼女たちが笑顔で踊る姿を間近に観ることは無くなるんだろーな」とも書きましたが、城ホール公演は2日間ともアリーナ席で(笑)、特に2日目は前から3列目の席なので(笑)……目の前で観られました(笑)

来週末(4/1)は、リトグリ(かれん&芹奈)の母校である「キャレスV&Dスクール」のオーディションがあります!
http://caless.com/school/audition/
彼女たちの後輩が、まさにこれから現れ、その才能を見出され、伸びてゆく様を、また一緒に応援し、喜びを分かち合いたいもんです。
9

Little Glee Monster 11thシングル「ギュッと/CLOSE TO YOU」発売記念イベント@あべのキューズモール  

と、いうことで!(編集点)

今日はLittle Glee Monster11thシングル「ギュッと/CLOSE TO YOU」発売記念イベント@あべのキューズモールに行って来ました★

楽しかった〜♪

ウワサの新曲「アサヒがリード獲ってる『CLOSE TO YOU』」も初めてナマで聴きました。



※『CLOSE TO YOU』は「SEA BREEZE」TV-CMに使われています。

かなり凝ったコーラスワークで、ガオラー仲間と言っていたのは「あれは、リトグリじゃないと出来ないよねえ」と。

今回の新曲は確かにどっちもいい歌やなあーという感想です。


↑「ギュッと」PV

ただ、どちらもラブソングということもあり、いわゆるリトグリ初期の「モータウンサウンド」系とは違うパターンで、客席がクラップしずらいというのが、個人的には少し物足りない。。。(^_^;)

まぁ、無いものねだりですねー。

例によって「優先エリア」か「特典会」かを選ぶパターン。
今回は「優先エリア」と「特典会」を各一枚。

あべQ開店と同時に販売ブースが開いていましたが、自分は混雑を避けて昼頃に現場着。
※自転車で整理券だけ取りに来て、一旦帰宅してゆっくりしてから「上本町〜あべのハルカス」シャトルバスで本番間近に行きました。

優先エリアは「208番」でした。
※朝から来てたヲタ友も、近い番号だったので、別に朝早くから来る必要もないみたいです(^_^;)

特典会では、かれん列に。

「来たよー★ 今度の大阪城ホールの2日目、3列目やねん。かれんのまん前やでー」と言うと
かれんは「今日もよく見えましたよ♪(笑顔)」
「真正面やったもんね(笑)」

そう。(^_^;)
ちょうど、客席のかれんの真正面の位置で、ちょうど視線が来る辺りにいましたから。
これ重要。
……デビュー当時から、だいたいいつも同じ位置(カレントポジション)で観てます。(^_^;)
つまり、向こうから見て、いつも同じところに見えてるってこと。

で、周りはみんなスマホで撮ってるけど、自分だけクラップしてるから。
※ガラケーなんで。

でもほんと、武道館だ紅白だ城ホールだっていうアーチストだけど、直接会ったら、これまでと何ら変わらない距離間で接してくれるのは嬉しいよね。

で、終ってからはおっさんガオラー会で、阿倍野で飲み会!
これが楽しい!(^O^)
あんだけ飲んでも一人2000円て安い店だなー。>勝男

ということで、楽しい一日でした!

<追加しないかも(笑)>
0

当たりが出るぞ!「キャレス ドリームジャンボ〜U-13〜」@京橋Arc.  

はい★
今日はキャレスV&Dスクールのイベント「ドリームジャンボ〜U-13〜」@京橋Arc.に行ってきました★

他のイベントとカブりまくったせいか、何とヲタが四人しかいない現場でした(^_^;)
でも…非常にレアな現場だけに収穫も多かったです。

もっとダメな感じになるのかと思いきや、予想外に(失礼!)楽しいイベントでした。

配布されたフライヤーによると

-------------
"ドリームジャンボ"とは、、今後この中から「有名になる子が出るぞ!!」「当たりが出るぞ!!」という期待を込めまして、抜擢されたメンバーのみでソロ対決するイベント。
今回は13歳以下と言う年齢制限を設けた「ドリームジャンボ〜U-13〜」
(中略)
今回のテーマはなんと!!「全面自己プロデュース」
(中略)
この選抜メンバーに今後期待してください。
きっとこのキャレスドリームジャンボにも"大当たり"が出ますよ!
みなさん今後の活躍に期待して頂き、本日は暖かく見守って下さいね。
------------

とのこと。

まぁ早い話が、スタッフが4/1イベント(>http://caless.com/school/audition/)に掛かりきりだし(笑)、ハコも押さえてあった(元々ピュアリズムする予定だった)こともあり、子供たちのオールセルフプロデュースということで勝手にやってくれということのようです。(笑)
※ほんまか?(^_^;)

で結構、みんな個性が出ていて、ええもん見せてもらいました★
かなり各自自由で面白かったです。
…えーと、多分「当たり」は出ると思いますよ。

出演した子供たち、支えていただいたスタッフの皆さん、ご家族の皆さん、楽しいステージをありがとうございました★

<後日追加分>

開演一時間前(開場30分前)に現場に着くと誰もいない!(^o^;)
これは焦りました。
てっきり日時を間違えたのかと思いましたが、ちゃんと看板出てるので、間違いないみたい。
何度も看板と時計を見比べましたよ。。。(^_^;)

結局、開場前までにヲタは3人。(^_^;)
あとは生徒のご家族。

聞くと、在阪某スクールの発表会と重なったらしく、みんなそっち行ってるとか。。。
「迷った時はレアな方を選べ」(=某先輩スクールヲタの格言)

今回こちらに来たのは結果的に正解だと思います。

さて開場しても、客席数が少なくて、テーブルまで出ていました(^_^;)
珍しい。。。

一応端っこですが最前列でゆっくり出来たので、良かったです。

さて、開演。

MCは竜宇クンと千輝ちゃん。
まぁ、なんか内輪な感じで始まります。
イベントの主旨を解説。(フライヤーを読んでるだけ)(笑)
……しかも読めない漢字が……(^_^;)

まずはOPA。
※以下、敬称略。あくまで私見です。「評価」ではなく「個人的感想」です。

●ミニキュート
三島ひまり、川上穂莉、中島莉乃、古賀未愛、井関杏

安室の曲など。
最初は少し固かったけど、リラックスした感じになってからは笑顔も可愛くて良かったです。
スーパーフライの曲、さすがにBeat感あって巧いです。
基本的なポテンシャルはあると思えるので、ダンスも歌も頑張れば、これから上達すると思います。
まだまだこれからだけど、その「これから」が楽しみですね★
https://ameblo.jp/caless2008/entry-12342495712.html

●ジュニアBOYS
そーなんだよな。
実は今、一番ダンス巧いのはこいつらじゃないの?って感じ。
一曲だけだったけど、見応えあるんだよなー。

そして「本割」。
※予定していた「穐田澪」ちゃんはインフルエンザのため欠席。それは仕方ない。。。

●井関杏(小3)
いきなり今さっき踊っていたミニキュートのメンバーから。
意外や意外!結構ブラッキーなダンスで驚かされました。
あ、キミ、そっちやったんかーって感じ(^_^;)
Beat感いいっすねー。

●山川達平(小6)
バックダンサー(竜宇&千輝)付きで。
かつての「HAEDS」(=ワンオクがキッズダンサーユニットだった頃)を思い起こさせる感じ。
特に歌。
声変わり前の少年らしいキレイな声。
三浦大知のフォルダ時代みたいに、気持ち良く透る声ですねー。
http://youtu.be/b9370RPv5kk
問題は、変声期をどう乗り切るか?ですね。

●足立朱凜(中1)
中一の男子。ダンス巧いね。
ボーカル曲は、バックサウンドが少し大き過ぎて不利だった感じ。
サビは良かったです。

●立石蒼司(中2)
小さい頃から身に付いてる感じのBeat感と、身体が出来てきているのでしっかりしたダンスですね。
実はダンス一番巧いかも。

●小枝勇海(小6)
KREVAの歌など。
いかん、バックダンサーに目が行ってしまった(笑)
でもジュニアBOYSってみんなダンス巧いなあー。

●中谷昴星(小5)
巧くなってきたなあー。
歌っていても、下半身のBeatがしっかり取れていて、グルーブ感が出てる。
天性のものだろうなあー。(あるいは環境)
フォルダの「NOW AND FOREVER」は少し感動した。
https://youtu.be/0ENIworrW9I

●柴田真人(小6)
背丈伸びたなぁー。
ダンスめっちゃ巧いなあー。
このコは、前の一人芝居がすごく良かったんで、そっち方面もまたやって欲しいなあー。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1528.html

●浜田真珠(小4)
体調を崩しているらしく、ビヨンセの一曲のみの披露。
でも……いや一曲でも充分なほどの出来。
すごい……でも……サビで全力出した感じで、後半にやや体力不足を感じた。
まあホントに体調悪そうだから仕方ない。。。
しっかりと歌い切る体力と、健康管理に気を付けてください。
まだまだ伸びるコだと思うので、これからが楽しみです♪

●入谷芙羽(小3)
現CxBの新星。
意外とブラッキーなダンス。
「BLACKPINK」の「BOOMBAYAH」を。
https://youtu.be/v3EtO8pE5bA
その後、「欅坂46」の「不協和音」をするにあたって体力使うから少し時間をおくとのことでいきなりMC。(笑)
これが、かなり面白かった。
いきなり勝手にクイズが始まって「シンキングタイム!」(客席!?!?)で、ハイっと元気よく手を挙げた客席の妹ちゃん(最前列真ん中!)が答えるという……(^_^;)
こんなコなんやねー。やたら可愛い。
で、「気分が高ぶって来たので」(笑)「不協和音」を。
いきなり寝転んでスタート(笑)
で、もう目ぇがね。
「いかん!こいつ本気や!(^_^;)」って感じで。(笑)
このコ、今後爆発するよー、多分。

●樋高楽々(小4)
小4の割には背が高い感じですねー。
で、バックダンサーがLaviean Linkメンバーという豪華さ。(笑)
いかん、バックダンサーに目が行ってしまう。(^_^;)
でも、その後、ピンでのテイラー・スウィフトを歌ったんだけど、表現力あるし、ピンでの方が良かった気がする。

●中谷さくら(中1)
大人っぽくなってきましたねー。
すごく緊張してたみたいだけど、英詞の歌では完全に本領発揮した感じ。
さすがー。

●井関瑚心(小6)
トリはココちゃん。
大胆な衣装で、たまげました。
黒のレオタード?っていうのかな?足がスっと伸びてるのがシースルー越しに見えるという。。
妖艶でSexy。新境地ですね。
大人になったなぁー(親戚のおっちゃん目線)。
勝気な感じも、キャラ立ちしてて良かったです。


さて、一通り観てきたワケですが。
バックダンスに選抜ユニットメンバーが入っていたりして、意外とお得感のあるイベントでしたね。
ラビアンが予想外に観れたのも嬉しかったです。

一言で言えば
この中から、当たりは出るぞ!

です。

何年か後、このブログエントリーが散々検索される日が来るでしょう。
この「ファーストライト」を見守っていたのは「ヲタ4人」だったことをきちんと記しておきます。

みんな、これからもしっかり精進して突き進めば、きっと大物になるでしょう。
がんばれよーっ!

「これから」先が楽しみです♪



PS.
この2週間ほど、プライベートなことでワタワタしてます。(^_^;)
個人的なことで誰かに迷惑かけてるワケではないので、まぁいいんだけど。
2月末から動き出したのに、結局3月中旬までずれこんでしまったので、一旦中断してまた一ヶ月後に再開予定。……いや、あくまで個人的な話でしたが。
そのせいで、ブログ更新も滞っております……(^_^;)


PS.
今日、みんな来てましたが(笑)
キャレス出身のヴォーカル&ダンスアイドルユニットDancingDollsのメンバーであるMISAKIがプロデュースしている「猛禽系アイドル”風光ル梟”」http://kazehikarufukurou.com/ が新メンバーを募集していたのですが、
この度、キャレスから日浦菜緒ちゃん(14)と栗栖瑠海ちゃん(11)(=四代目CUTExBEAT)そして岩谷華奈ちゃん(20)(=jelly jelly(旧pinky right))が新メンバーとして加入しました。
※これにより、キャレスからは目出度く「卒業」です。
https://natalie.mu/music/news/272719

がんばれーっ!
応援してるぞーっ!

……さて、関西でもイベントやってくれたら観にいけるんだけど。。。(^_^;)
期待したいです。

PS.
えーっと、今晩ね。
ガルフレ>http://www.ytv.co.jp/peachcafe/
リトグリ>http://www.tbs.co.jp/cdtv/
3




AutoPage最新お知らせ