総選挙48  

期日前投票に行ってきました★
明日は台風っぽいんで、早めに行こうと思いまして。

これまでも期日前投票行ったことありましたが、今回は関心が高いのか
天候の都合なのか、やたらと混んでました。
握手会並みに!

んで、USJのアトラクなみに並びました。

  …行ったことないけど(^_^;)



はい、ちゃんと投票しましたよ!
小選挙区に「川栄李奈」比例区に「チームA」……(ウソ)

もちろんCD買わなくても投票できます★

あと、投票所のすぐ横でこっちもあったのでついでに投票!(笑)
「マンホール総選挙」!

ま、とりあえず結果が楽しみです。(どっちの?)

迷ってる人へ!
選挙は「ベストを選ぶもの」じゃありません。
より「ましなものを選ぶ」のです。

消去法でいいんです。

特に若い人たち。
「世間に文句言う」んじゃなく、「みんなで世間を作って行こう」ぜ!

あ、最高裁裁判官国民審査もあります。
「コイツだけは許せねぇ!」という判決をした裁判官には、大きく「X」を!
そうでなかったら、何もしない。
※「○」したら無効になってしまう。
これは判らなければ、これだけその場で棄権も出来ます。

ともかく。

デモやら悪口やらで決めることじゃない!
偏向した報道やら、ネットのフェイクニュースに踊らされるんじゃない!

※>http://blogos.com/article/134497/
※>http://ironna.jp/article/1885

ちゃんと選挙で勝って、みんなで法律を決めることが、民主主義、法治国家なんだ!

みんな選挙へ行こう!
それが民主主義だ!

↓これは古い映像ですけどね(笑) 内容は、その通りだと思います。


香港には民主主義が無い。
だから彼らは戦って手に入れようとした。
我々にはある!
自由に、自分の意思で投票し、未来を決めることが出来るんだ!

※>http://withnews.jp/article/f0141212003qq000000000000000W0090101qq000011254A
1

Little Glee Monster「Let's Grooooove !!!!! Monster」LIVEツアー  

今日はLittle Glee Monster「Let's Grooooove !!!!! Monster」LIVEツアー@なら100年会館行って来ました!

リトグリ、サイコーっ!
ガオラー、さいこーっ!>o<


びわ湖公演を含めて、ホンマにサイコーの2日間でしたっ!

みんなー、ありがとーっ!

-----
リトグリのLIVEは、終わった後ガオラーでの大宴会があり、最終ギリギリですっ飛んで帰ってぶっ倒れて寝たあと、翌朝ちゃんと仕事に出るまでがLIVEです!

<後日追加分>

※大阪公演直後に、忘れないうちに書いたファーストインプレッションが主です。

まず、ともかく「感動」した!

もちろん、これまでのLIVEでもそれはあったんだけど
今回のは全然レベルが違っていた。。。
心に迫る。。というか、「『歌』の語源は『訴える』だ」というオモコーのセリフを踏襲したような、まさに「訴える」ような歌だった。

巨大なホール全員が大騒ぎでタオルを振り回すかと思うと
急に一点に集中し、数千人が息もしないでソロヴォーカルの息遣いに
聴き入る。。。

こういう「緩急自在」感が、このLIVEは素晴らしい!
だからこそ、歌い手の真摯な心根が、直接オーディエンスに突き刺さってくる!

ガオラーも、やはりただ騒いだり叫んだりするのでなく、
緩急、強弱、リトグリメンバーたちの息遣いに合わせる感じが
まさにアーティストとオーディエンスが一体となった素晴らしい空気感だった。

オーディエンスが良いと、自然にアーティストのパフォーマンスも向上する。

※例えば、いつも凄いなーと思うのは「好きだ。」のクラップの刻み方。ガオラーは、普通にやってるけど、あれって数小節ごとに刻み方が変化する。……それに着いて来れないとガオラーとしてはしんどいし、楽しめない。優れたアーティストには耳の良いオーディエンスが着く、という。ガオラーって、ホントに耳もいいし、Beat感も鋭い。どの曲だったか?途中でどんどんBPMが変化する(その時のバックバンドによっても違う)のもあるけど、ガオラーのクラップはちゃんとそれに合わせて刻んでる。すごい。

ただ騒ぐだけのアイドルやバンドの現場とは一線を画す。

洋楽部分は、前回のツアーよりパワーアップしていた。
しかも、前回は「頑張ってる」感があったのに、
今回はいかにもさらっとやってのけてる。

一番驚いたのはやはり「君のようになりたい」だなあ。

ガオラー仲間とも言ってたんだけど、これはかなり麻珠の割合が大きい歌だったので、もう封印されるんではないかとさえ思われた。
しかし、全く違う大人っぽいスゥイングJAZZのようなアレンジになり
(もとは、ハジけ感のあるチャールストンっぽかった)
非常に大人な……しかも原語詩バージョンでの披露となった。
これは、むしろ古手のガオラーであるほど驚きが大きかったと思う。

ハッキリ言って、凄かった。。。

いわゆる「魔女のスキャット」は、麻珠に代わって、かれんが担当してた。……これは予想通り。

しかもそれだけでなく。

ちゃんと旧来のリトグリのシングル曲もきちんとやる。
デビュー前から歌っている歌ですら、更に進化したものを見せる。
※これ、「HARMONY」とか「空はみている」そして「SAY!!!」……もう、例の「客が30人しかいない」(あとは親族・友達)LIVEの時から歌ってますもんねー。
http://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/201404/archive

だから全体としてのバランス的にもちょうどいい。

それと特筆すべき点は。。。

「色気を感じた」。。

いや、これ確かに前回のツアーにもそういう演出はあったんだけど、なんか「頑張ってます」感があって、ちょっと背伸びしてるように見えた。

今回は、意外と(意外と!)それが自然に見えたんで、そこも驚きの点だった。

もちろん、本来のヤンチャなガキっぽいリトグリも好きだし、こういう魅力のあるリトグリも良い。

んー、まあ年齢相応と言えばそうなのかも知れないけど。
※特に、ボクらはチビの頃から知ってるから、いつまでもチビのイメージでしか見てなかったので、今回SEXYだったのは、驚きだった。

例えば「Feel Me」の
♪愛したいことは内緒
(「Feel Me」作詞/作曲:Chara)
なんて、その「愛したい」が精神的なだけじゃなく、物理的なもんだという感情が伝わってくる。。。

なんちゅうか……大人になったんやねぇ。。。

みんなが言うように、6人から5人になっての初ツアーなのに、前より遥かにパワーアップしてる!という驚きの結果だった。

今回(というか今のシングル)から、トレードマークだったヘッドホンを外してるんだけど、アンコールの衣装替えで、ちゃんとヘッドホン着けてきたのは、ガオラーとしても嬉しいよね!
ガオラーのコたちは今もみんなヘッドホン着けてるからねー。

こういう、新しいことに大胆に挑戦しつつ、旧来の良さをしっかりと残す!というのが、素晴らしくも心地良い!

あと、両端の二人(かれん&アサヒ)がすごく活躍してる!
これまで、あまり出てこなかった二人が、ここへ来て急速に、より前へ出る感じになり、それぞれかなり重要な部分を受け持つようになったこと。
潜在的に能力があるのは、ガオラーみんな知ってたことだけど、ここへ来ていよいよその能力を解放し、活躍してきた感じ。
これ、素晴らしかったなー。

今回(大阪公演)で、見つけたミスは二つ。
※てかLIVEは、それもありきなんで、それはそれ。

どの曲だったか、芹奈が自分のパートを忘れたこと。
……なんかメインの旋律が来ないから、アレ?と思ったら、芹奈が途中から歌いだして、manakaに笑いあってた。
6→5バージョンに変わった歌だったので、まあまだそれはあるよねー。

あとダンスのフォーメーションで、チューチュートレインみたいなのをやるつもりだったのに、manakaが忘れてて、慌てて列に入ってきたのもあった。
まあ、こういうのはLIVEとして観てても楽しいからOKだけどね。

ガオラー仲間とも言ってたんだけど、これ複数回チケット取ってて良かった!

まだあと2回観れる!
こんなの一回だけじゃ耐えきれない。。。。
(以上、大阪公演後の印象)

えーっと、びわ湖&奈良公演での追加分。



びわ湖公演で、初めて「OVER」聴きました。
http://youtu.be/b_Mw1K1qlvM

これがまたかつてのリトグリっぽい元気な明るい曲で、リトグリ初のハンズアップ曲で楽しかった♪
これからもLIVEでやってくれたら嬉しいなー★
「SAY!!!」の定番タオル曲と同じくらい定番の曲になって欲しい。
これって、アニメ「NARUTO」の後継作の「BORUTO」のオープニングらしく、世界的に注目されてるということみたいです。
これをキッカケにリトグリが世界的になってくれたら嬉しいな★

これは、ENだったから旧衣装で披露したのも良かったです。
この曲はヘッドホンが似合います。



びわ湖ホールはさすがに音良かったですね。
アカペラとか「人生〜」の出だしとかすごくボーカルがキレイに聴こえてました。
残響もキレイでした。
※かれん側2列目端っこの席でした。近いので写真撮ろうとしましたが、やっぱりガラケーじゃムリでした。出来が悪いのでアップしません。かれん、こっち見ていっぱいサービスしてくれたんだけど、アカンかったわー。ごめん。

アカペラはやっぱりEW&Fが良かったね。

公演のOPとEDが、独特の歌になってて、ガオラー仲間では「あれって今後も定番になるのかな?」って話してました。
メンバー紹介的でしたからね。

んで、今回のテーマが「Let's Grooooove !!!!! Monster」ってことで、OPがDJの紹介から入るって感じでしたけど、うーん、演出的にはむしろ前回ツアーの方がGrovyだった気がする。(笑)
今回はどっちかというとSwingJAZZっぽい部分がカッコ良かったと思うし、バンドバトルの入り方や、何と言っても圧巻だった「君のようになりたい」原語バージョンなんて、スィングJAZZでしたからねー。

そして、芹奈の活躍は良かったな。
前に出すぎず、感情的に訴える感じで。

「きっと大丈夫」なんて、ホントに泣いてるみたいだったけど。。。
この歌、めっちゃ泣けたなあー。
♪どうか どうか 僕の笑顔が 君をずっと支えられますように
 いつか いつか 君に話した 夢をかなえに行くよ
 ありがとう ありがとう 君の笑顔が 僕を支えてくれていたんだ
(「きっと大丈夫」LittleGleeMonster 作詞:池嵜拳)

これって、我々ガオラーとリトグリメンバーの間柄を歌ってるように聴こえて、なんかメッチャ感動してしまった。

こっちこそ「ありがとう」だなー。

そして今も耳に残ってるが「明日へ」。
もう、ずっと脳内ヘビロテですわ。(笑)

★「明日へ」公式ショートバージョン


https://www.youtube.com/embed/p6fO8_5206U
※↑「ちちんぷいぷい」フルバージョン 多分消されると思うので今のうちに鑑賞してください。

今聴くと、リリイベなどで最初歌ってた頃は不安の方が多く感じられたのに対して、最近歌ってる姿からは、それを振り切る自信と決意みたいなものを感じる。

好きなのは、終わりのところ。
♪ボロボロのまま笑っていた僕に
 次のドアはもうすぐってことを
 汚れた靴のままでいいからと
 今の 今の 僕は言えるんだ

♪こえるよ 現在を
 きこえるよ 未来が
 合わせた声が
 尽きない迷いを超える
(「明日へ」作詞/歌:LittleGleeMonster)

ここすごく感動する。
例の件で、最大の危機を迎えた当時のリトグリの赤裸々な心境なんだと思う。
精神的にボロボロなのに笑っていなくてはならない。
でも次のドアはすぐに来る。
さらに大きな扉が開いて、輝く先がある。
そこに対する不安。
でも、ガオラーの声援が聞こえる。
自分たちの不安を振り切るために、歌声を合わせる!
その5人の歌声が、ハーモニーが、力強くお互いを支え、前に向かう力となる。。。
不安を乗り越えて、前に向かう力となる!

あの、ブランク後に、客席が水を打ったように静寂になった瞬間に、小声で、しかし力強く歌いだすのが、素晴らしく感動する。
巧いなあー。
表現力が素晴らしい★
キミはこんなに成長したんだね!>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1301.html

「きこえるよ」は、ボクたちガオラーの応援の声だ、と勝手に解釈してます(笑)

曲の終りで、客席一同手を左右に振るフリが追加されてましたが、あれは一体感あって良いですねー。

そして。
これはガオラーみんな言ってたのが、かれんのダンスが凄まじい。。
どんだけハイキックするねん!とか。(笑)
細かい部分での、それこそGrovyなBeat感とか、やっぱりすごいなーと思ってました。
ほんま好きですねー。

ガオラー宴会でも話題にしてたんだけど、ボクが当時観ていたSPEEDのLIVEでもあんなに踊ってなかった、と思う。
当時、あの年齢であんだけ踊れるコたちが日本にはいなかったからSPEEDは凄かったんだけど、今は割とちっちゃいコでも踊れる時代になったんで、今あの実力では誰も驚かない。(笑)

多分、当時のSPEEDよりも今のリトグリの方が遥かに踊ってるんですよねー。

あと。
細かい話だけど。
今回、久しぶりに「ダイヤモンド」が聴けたのがめっちゃ嬉しかった!
これ、実は一番好きなんです。
遥かな「約束の地」を目指して、仲間と力を合わせて戦う歌。
最後の最後まで絶対に諦めないで、前を向いて挑んで行く歌。
最初に高校野球・甲子園の番組とタイアップした歌ですね。
もうね、「友情・努力・勝利」ですよ。
ジャンプですよ。(笑)
BORUTOでリトグリ好きになってくれた人にはオススメですからねー。

MCに関しては、pokopenさんが書いてるので割愛。(笑)
https://ameblo.jp/pokophoto/entry-12312990312.html
https://ameblo.jp/pokophoto/entry-12319696458.html
※実はMCコーナーが、トーク部分として独立してる感じで、各地の話題を盛り込んでて、結構楽しかったりする。

MCでは、「滋賀でのワンマンは2回目らしいです」(笑)とかMAYUが滋賀と大阪のハーフだとか……。
MAYUは滋賀の川遊びをよくしていたらしいんですが「いや、泳ぐゆうたら川やろ」「えーっ」「いや、海やろー」という他愛もない会話。(笑)

奈良公演では、芹奈が東京に転校してすぐに修学旅行に奈良に来たとか。奈良公園でシカにスカートぐしゃぐしゃにされた、とか。
※アサヒが「シカ公園」と言い間違えてウケてた。
かれんのおじいちゃんちが奈良なんで、第三の故郷だとか。
そのじいちゃんからの手紙をポケットに入れていたら、奈良のシカに食べられたとか(笑)
※かれんて、子供の頃ネズミーランドで「三匹の子豚」に足踏まれたとか、なんか残念なエピソードが多いね(^-^;

奈良公演では、ENで芹奈がシカの角つけて出てきて、誰が突っ込むんやろ?(^-^;と思ってるうちに歌い終わって、ドラムに人に着けたら「せんとくん」になった!とか(笑)
キミら「せんとくん」好きやなぁー(笑)
前の奈良大学学際LIVEでの「男ー!」Yeah!「女ー!」Yeah!「せんとくん!」Yeah??っての思い出した。MAYU(バカウケで)「やっぱりな!せんとくん来てると思ったわ!」(笑)

まあ、グダグダMCなのはある意味しょうがない。(笑)
ある意味、力が抜けて、居心地良い。
そこは求められてないからね。
……んー、でも5人中4人が大阪なんだから、他地方でも「笑い」や「ウケ」は求められてしまうので、期待を裏切らない程度に頑張ってほしいものです。。。
ウケなくてもいいから、スベらない程度に。(そこが難しい)(笑)

さて。

またリリイベとか公録とかはあるみたいなんで行きますが。
本格的なLIVEは次はアリーナツアーかぁ。

一応横浜も大阪も通し券を申し込んだら当たったので、先日払い込みまして一気に貧乏になりました(笑)

でもまあ、これが「生きがい」だもんな。
LIVE行くために生きてるみたいなもんだ。
2

CUTExBEAT 2代目 VS 4代目  

ということで♪

今日はキャレスV&Dスクール「Pure rhythm Vol.7」@西天満GANZ toi,toi,toiで、リトグリの後輩たちを観た後、
昼の部が終わって猛ダッシュでびわ湖へ向かい、
そのキャレス出身であるLittle Glee Monster「Let's Grooooove !!!!! Monster」LIVEツアー@びわ湖ホールへ行って来ました!



割とタイトなスケジュールでしたが、無事に両方(CUTExBEAT2代目と4代目)を観ることが出来ました★

いやー、楽しかった〜♪

ピュアリズムで、う●むらさんがキャレスの校長先生に「リトグリの大阪城ホール公演(3/24-25)と、ピュアリズムの日程カブらないようにして下さい」と訴えたら「うん、かれんからも言われてる」とのこと(笑) ……(^-^; 
この前のサイン会で、かれんに4代目CUTExBEATのお披露目公演の件も伝えたからなあ。。。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1623.html

<後日追加分>

4代目CUTExBEAT襲名披露公演ということで、西天満のLIVEハウスへ。
あ、ここって、2代目がマンスリー公演してたDさんの、通りを挟んでナナメ向かいなんすねー。
オマイツのキャレスヲタの面々が集合しております。
チケット番号順ということで、早めに入場。

ウッドな内装のLIVEハウスですな。
狭いです。
Arcさんよりも狭いかな?

一応最前列に着席。
あ、ドリンク券がピックですね。面白い。
ビール補給して、校長先生を交えて雑談などしているうちに開演間近。
席に戻ります。


OPA

まずソロっと出てきたのが(笑)Boysクンたち!
そうそう!
今、キャレスで旬のチビたちと言えば、こいつらを忘れちゃいかん。
(出演者に書いてないから忘れてた、ごめん)
イカスぜ!
まあ、さすがにいきなりのオープニングでちょっと不利ではあったけど。
どんどん育って来てるのが観れて嬉しいね。

次に出てきたのが、チビメンバーたち。
ん、一瞬これがCUTExBEATかと思った。
その下の子たちですね。
CxB予備軍。
さくらちゃんも出てきているので、おおーっと思った。
でもこの子がリードしてる(ラストには教えてる側の和花奈ちゃんと千輝ちゃんも出てきた)ので、全体に洋楽HIPHOPっぽい系ですが、衣装が……(^-^;
なんかサスペンダー付きのブルマみたいなのに、透明のリュックしょってるという謎の衣装でした。……あれって、イケてるのか?(^-^;
おっちゃんには良く判らない。。。

pinky right
・岩谷華奈(いわやかな)20歳(1997.8.11生)
・日紫喜琴音(ひしきことね)19歳(1998.1.14生)
きゃりーぱみゅぱみゅや、定番曲のPerfumeなど。(どちらも、楽曲:中田ヤスタカ&振り付け:MAIKO)
このコたちのPerfumeは、ほんま好き。
かっこ良すぎ!
さらにWink「寂しい熱帯魚」やキャンディーズ「年下の男の子」と、もう我々老齢ヲタには堪らないカバーを。
いや、Winkねー、いつかやると思ってました(笑)
2人組だし、パキパキっとしたクールな振り付けが似合うからねー、それに最近たまにテレビでも映像流れたりしてたから。
※後でネットで観てたら、本家よりpinkyのコたちの方が巧いなあ(笑)
「年下の男の子」ってのも、「姉のいる弟」であるボクとしては、このコたちのお姉さんキャラにはすごく合ってる歌だと思うし。(弟のいる姉だもんね)
楽しませてもらいました★
次はリンリンランランか?(笑)
……アメもろた。(笑) すぐ食べましたけど。

Duv
・高橋和花奈(たかはしわかな)高校2年生(2001.1.22生)Duv振付・構成担当
・宇佐見千輝(うさみちあき)高校3年生(2000.2.29生)
・中谷さくら(なかやさくら) 中学1年生(2005.3.13生)※CUTE×BEATと兼任
・山本奈穂(やまもとなお)大学1年生(1999.3.15生)
アメとお花もろた(笑)
アメってグミだったけど。喉つまりそうだったけど。
ステージ全体に余裕のある感じで、安定感ありますね。
もちろんダンスもすごくて、レベル高いなーと思いました。
お花は、奈穂ちゃんになんかピンポイントで渡された感じでしたが(笑)
リボンには自筆でメッセージが書かれてました。
「Thank you for comming today. これからもDuvをよろしくおねがいします」なんだそーだ。選挙みたいだな。(笑)

Laviean Link
・北村一紗(きたむらいさ)中学2年生(2003.4.7生)
・大森小都乃(おおもりことの)高校2年生(2000.10.1生)
・小川優月(おがわうづき)高校1年生(2001.4.19生)
・平井沙弥(ひらいさや)高校3年生(2000.1.9生)
源氏パイもろた(笑)
出てくるなり「あれ?3人?」(^-^;
小都乃ちゃんが急な学校行事で出られなくなったらしい。。。
あ、でもコレはスクール系ユニットなら昔からしょちゅうあることなんで、MCでそんなに謝らなくてもいいと思いますよ。
※スクールヲタとしては、こういうのはあって当たり前のことなんで。

代わりに3人でその分をカバーすべく全力パフォーマンスだったので、かえって見応えあったくらいです。
沙弥ちゃんの笑顔とか、優月ちゃんのダンススキルとか、とっても良かったです。

個人的には、やっぱり一紗ちゃん。
あまりに素敵でしたー★
ずっと、見とれてました。
めっちゃ可愛かったなー。
てか、席が(最前列上手側、端から2番目)イサちゃん「ネ申席」でして、目の前で何度も指差し喰らいました。
もう、胸にズッキューンですよ。

そして

4代目CUTExBEAT
・井関瑚心(いせきここ) 小学6年生(2005.11.15生)
・浜田真珠(はまだまりん) 小学4年生(2007.9.9生)
・栗栖瑠海(くりすまりん) 小学5年生(2006.8.25生)
・穐田澪(あきたみお) 小学5年生(2007.3.13生)
・樋高楽々(ひだからら) 小学4年生(2007.5.10生)
・中谷さくら(なかやさくら) 中学1年生(2005.3.13生)※Duvと兼任
・日浦菜緒(ひうらなお) 中学2年生(2003.10.15生)
うわー。
いきなりの和装でびっくりしたと思ったら曲が「恋愛勇者」に「世界が終わっちゃう前に(以下略)」ですよー。>O<
歴代CxBが連綿と歌ってきた歌!
もうこのあと、歴代CxBがやってきたナンバーを次々とやってくれたので、
最前列のお歴々のキャレスヲタは、感涙もの。
涙流しながらフリコピしてます(笑)

特にCxBオリジナル曲「Cuty dayz」「SMILE AGAIN」なんてもう……。

CUTExBEATが帰ってきたーっ!と。(T_T)

歴々のヲタの中には、ちゃんと先代(正確には2代目)の頃のTシャツやらタオルを、タンスの奥から引っ張り出してきた者もおり(自分も探さないとなー。もう使うことは無いと思って、タンスの奥の方にしまってある。。。)異様に興奮してます。

曲が始まるなり、ヲタは全員振り付けできるから(ヘタしたらメンバーより頭に入っていたりする)一斉に客席もフリコピ。
これはメンバーも少し驚いた顔で、でも客席がノってくるので、メンバーもノリが全然良くなってくる。

個人的に注目してたのは「二人のマリン」。

栗栖瑠海(くるすまりん)ちゃん(小5)
旧CHACだった頃から注目はしてましたが(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1520.html)すごく伸びてきましたね。
そして、意外としっかりした感じ。
マイク回しやフォメーションなど、さすがに場慣れしてきていて、成長したなぁー。
おっちゃんは嬉しい★
なんか、姪っ子がどんどん大きくなっていくのを見守るみたいな気分です♪

浜田真珠(はまだまりん)ちゃん(小4)
この前のGETで一躍スクールヲタ界の注目生になったニューホープ。>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1615.html
最初はちょっと硬い感じだし、着替えがうまくいかなくて大変でした。
冒頭の曲の和装を早着替えで脱ぐんですが、ピンが取れなかったのかMCの時までコチャコチャやってました。
アガったのかも知れないけど。
でも、客席がノってくるにつれ、ダンスのBeat感も観ているうちにどんどん良くなってきた。
あれ?あんなにダンス巧いコだっけ?と思った。
最初と最後の曲では、すでに全然違ってた!
舞台中に成長してゆく姿が観られるのは、スクールヲタの醍醐味。
すごかったな。
まあ、まだフォーメーションやらがおぼつかなくてよく他のメンバーと接触したりしてましたけど、そういうのは経験でカバー出来る部分。
これからも経験値を積んで、しっかりと地道にレッスンし、過酷な実戦経験を積んでゆけば、自然に振舞えるようになるはずです。
そういうコたちを、これまでいっぱい観てきましたし、そういうコたちがいずれ武道館や大阪城ホールに登り詰めるんです。

子供の頃から自分の好きなことを、目いっぱいやってゆけば、いつか遥かな到達点に達する!がんばれ!

さくらちゃん、澪ちゃんという旧CHACメンバーが揃ってる姿を見て、ああー大きくなったなー、成長したなーと嬉しく思えるのがいいですねー。
みんな、ちょっと大人っぽくなってきました。
※まあ、これまでがホントにガキだったんだろうけど(笑)

現時点では、ココちゃんがこの4代目CxBのセンターと言う位置づけのようです。
個人的には、このコは演技力に注目してます。
一人芝居の時のが良かったからね。>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1528.html

校長先生のお話によればCUTExBEATは、とりあえず面白そうなコ、個性的なコ、伸びそうなコを入れているごった煮のようなユニットで、ユニットとしてのまとまりは全然考えてない、とのこと。
メンバーに関しても、今はこの7人だけど、今後抜け落ちるコもいれば、面白いから新しく入れるコもあるだろう、とのこと。
メンバーは決して固定ではないけど、人数は7人でいきたい、とのこと。
※あのチビたちの中から入るコも出てくる、ということですな。

ただし、歴代CUTExBEATの中では、実力的には最底辺からのスタートだ、とのこと。(^-^;
……まあ、それは観てても判りますが(笑)、平均年齢も最も低いし、だからこそ面白いし、伸びしろは無限大★

我々ヲタから観て、これからものすごく伸びるだろうし、一般人にもスゲーっと思わせるには5年はかかる(スクールヲタ的には2年)かかると思うので、ずっと見ていけばかなり長期間楽しめそうです♪
※スクールヲタは、その成長を見守るのが楽しいので★

来年からのマンスリーLIVEも楽しみです。
もう、開催ハコの近くに住みたいくらいです(笑)


で、終ったあと、我々ガオラーは一目散に大阪駅へ。
ここからびわ湖ホールに向かいます。

<以下、リトグリに関しては、奈良公演終了時に>
3

続ミナホ  

日曜日は一旦お休みして、9日にまた心斎橋へ。

何となくぼーっと長堀の事務所にいたら、ヲタ友が「リーダーズ遅れるかも!」とのメール。

あ、こっちもぼーっとしてて遅れるところだった。
時計見たら、あと30分で開演っ!

てか、Ruidoなんで事務所から徒歩10分ですけど、何か?
事務所のビルから通りに出たら、Ruidoのビル見えてるんですけど、何か?

で、まあ、ぼちぼちと歩いて行きました。

小さいハコですが、入りはまぁまぁ。
ヲタ仲間と合流。

「ガル中」の多くは学祭行ってるので、実妹の方にはあまり来てない様子。

★「新しい学校のリーダーズ」
http://leaders.asobisystem.com/

リーダーズ面白いな。(^-^; 

あまりに独特で個性的。
さすがにファンの人は少なくて、ハンズアップのタイミングなどもあれだったけど。

圧巻のダンスの激しさと、独特のセンスが何とも形容しがたい感じ。
……おそらく初めて見たであろうお客さんが「目がイッててヤバい!」と言ってたが、そうだろうなあ。(笑)

あれ生演奏ならカッコイイだろうなあーと思うけど、さすがに生バンドでのLIVEはやってないのかな。
ミナミホイールはほとんどが生バンドなんで、そこだけ見劣りして勿体ない。

でもホント、ダンスの切れ味やBeat感は、ちょっと近年無い感じのユニット。
ハッキリ言って、すごい。

今度新曲「キミワイナ’17」が出るそうで、それもお披露目。
「学生時代に誰しもが経験したであろう(?)マラソン大会の“裏切り”がテーマ」なんだそうだ。
ワケが判らん、と思ったら、MVにワイナイナ選手が出てるやん(笑)
「君ワイナイナ」え?
君イナムー?え?違う?



ちなみに関西でのリリースイベントは
・11月4日(土)@タワーレコード梅田NU茶屋町店 13:00〜
内容:ミニライブ&オリジナルロゴステッカーお渡し&サイン会
・11月5日(日)@HMV三宮店 12:00〜
内容:ミニライブ&オリジナルロゴステッカーお渡し&サイン会

とのこと。

出がけに、ご家族にご挨拶。。。。これがスクールヲタ(笑)


次の「大山琉杏」まで時間あるので、ヲタ仲間はそれぞれ別行動。
お昼食べてると、ヲタ友が「今から入ります」とのことで、んじゃこっちもそろそろ入るか、と。

FAN-J Twiceは、キャレスのイベントで散々来ている所。

入場したら、前の演者が歌ってましたが。。。

★あえて名前は書かない。。。

それが…酷かった。。。
アコースティックなピンの男性で、単に自己満足的なパフォーマンスで、客席が誰も拍手してない。
MCも無く、鬱っぽい内容の歌で、ハッキリ言って苦痛でした。

ストリートLIVEでもこんなひどい人はいない位で、こんな人でも、FANJ-Twiceってそこそこのハコを使わしてもらえるんやーと不思議に思いました。
どんな基準で出演者選んでるでしょうかね?

こういうのも含めて、「ミナホは色んなLIVEが経験出来て楽しい」とは言えます。
見識眼が鍛えられます(笑)
こういう人もいるんだーっという。
※「良かった探し」

まあ、優しく言えば「独特の感性をしている方」でした。

などと言ってるうちに、学祭からマワして来た「ガル中」な人たちも合流。

リハの声も聴こえてきて「ああールアンだ、ルアンだ〜♪」とヲタはテンション高め。

★「大山琉杏」
https://www.instagram.com/ruangogoworld/

ルアンかわいい〜っ♪ p≧w≦q

確かに、成長したなあーとか
英語巧いなあーとかあるけど。

MCもしっかりしてるし、客席を(無理やりでも)ノセるところとかは、よくやってるなあーと思う。

出てきてすぐ、最前列付近にいたおっちゃんらスクールヲタ連中を見つけて、「おおーっ!」っと、こぼれる様な笑顔を見せてくれたのは、ホントに嬉しかったなー。
多分、琉杏自身も不安だったのに、舞台に出てきたら(子供の頃から応援している)お馴染みの顔ぶれがずらっと客席に来ていたのを見つけたんで、安心してくれたみたいだった。。。

んー、最後のあれは、歌ってる客席もしんどくなってくるけど(笑)
中学生のキミは大丈夫だろうけど、オッサンたちには酸欠気味でシンドいのよー。(笑)

うん、でも冒頭のダンスもしっかりしてるし、あの多重録音のやつをその場でやってのける(すごく楽しそうに)っては、若い才能ってすごいなーと思った。。
※たまたまだけど、昨日「藤井聡太四段」の特集番組を観ていて思った。あの世代は凄い。神に呼ばれてる!

歌の内容も、よく聴くと結構深かったりして、すごいなーと思った。

ワンオクのカバーなんかは、聴いたことあるなーと思ったけど、歌が巧いので、こっちが本家かと思った。(笑)

んで、何よりは。

「(歌詞が)飛んだっ!」

あれは場内爆笑だったけど、みんな琉杏のこと大好きで応援してるから、笑顔で許せた。(笑)

てか(あとでヲタ仲間と話していたんだが)、あれだけのものすごい才能を発揮していながら、ああいうミスを平気でやらかすから、逆に人間っぽくて、みんなに愛されるキャラクターなんだなーと思った。

http://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t50.2886-16/22360523_285040405321240_7425220992688979968_n.mp4

でもほんと、素晴らしいステージだったよ★
サイコーだぜ!
これからも応援したいです!
抱きしめたいくらいっ!>w<

※あのFANJ-Twiceの客席の片隅で「(次のソロが)怖いよー」っとママさんに抱き着いて泣いてたチビっこからはずいぶんと成長しましたね★ これからも応援するぞ!

と、なんか心まで温かくなって会場を出ました。

んー、さてこれで本日の本命も観終わったし、どーしよーか?とヲタ仲間右往左往。(笑)

ヲタ友がFAN-Jのを観たいって言うんで、まあちょっと気になるし、行ってみるか、と。
※ヲタ仲間が「迷ってるんなら、行った方がいいですよ。他に予定無いなら、行かなくて後悔するより、行ってみて後悔する方がええやん」その通りです!師匠!
と、背中を押されたので、行ってみることに。

まずはハコ近所のスーパーで買い出し(ビールと肴)。
歩道のベンチでヲタ仲間で駄弁りながら燃料補給。

オクタン価上がったところで、LIVEハウスへ。

でまあ、時間が近づいてきたので入場。
ここも小さいハコ。

あれ?帰ったんかと思ったら「背中押したヲタ仲間」来てるやん(^_^;)
あー、やっぱりヲタ仲間が行くって言ったんで気になったんすねー。

てか、誰か観たことあるのかと思ってたら、誰も観たことないユニットらしくて(笑)…え?そーなん?(^-^;と。

ということで、数名のヲタ仲間で後ろの方でおっかなびっくり待機。
予備知識ゼロ。
女ヲタが多いので、リトグリやら乃木坂とか、あんなんかなーと思っていたら開演。


★「ぜんぶ君のせいだ。」
http://kiminosei.com/

いやー。
参った。(笑)
Bisとか仮面女子とか、ああいう系列でしたね。
アニメ声で、ヒラヒラのコスのユニット。

後でヲタ友とも話してたけど「始まった瞬間に、ここ来るべきじゃなかったんじゃないかと思った」(笑)

んー、過激なアイドル現場って感じでしょうか。
だから、ある意味楽しかった。(笑)

もう歌ってるのはどーでもいい感じで(笑)、客席はモッシュもサークルもダイブもリフトもあるって現場でした。。。。
MIXやヲタ芸ですら無いんですよねー。
若い「ピンチケ」(笑)連中が、わぁわぁやってる感じで、それはそれかなーっと。
まあ客席は、それはそれで楽しそうだから、いいのかなー。(^_^;)

もう、客席の不穏な動きを見た瞬間に、危険を感じて、後退、壁際に退避しました。(笑)
先日こんなん書いたとこなのに(笑)>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1628.html

メンバーも客席に降りてきて、サークルやってましたし、ヲタは凄く楽しそうでした。

これは、なかなか経験として面白かったです。
「社会勉強」「向学のため」(ヲタ仲間談)に観に行って良かったです(笑)
こんな世界もあるんやー。
こんなの垣間見るのもミナホならでは、ですねー。

いや、舞台上のユニットのパフォーマンスは全然良いとは思いませんでしたけど(特にオリジナリティは全く感じなかったです。てか、若いヲタたちは、そんなパフォーマンスの、質とか内容はどうでもいいみたいでしたけどね)ただ騒ぎたいだけのアイドルヲタには、居心地のいい現場なのかも。

もはやLIVEパフォーマンスでなくただの「祭り」なんで、それはそれでいいのかなーと思います。

「だんじり」とか「郷土の祭り」とかみたいで。
「土着の民族舞踏」とか、みたいな。
半世紀くらいしたら、観光資源になるかも(笑)
※本場バリ島のケチャも実はまだ成立してから半世紀位しか経ってないらしいし。

他に迷惑かからない限りは、こういう「文化」もアリだと思います。
自分は、いいとも思わないし、二度と行かないけど(笑)
危ないから。

キミたちは、そのハコの中で楽しんでたらいいと思うよ。

勝手に楽しむのは、大いにアリです。
個人の自由だからね。そこは否定しません。
自己責任の範囲内で。
「世間からの評価」は無いと思うけど。

んー。
出口で女ヲタが「やっぱりアイドルは可愛かったー」とか言ってたけど、あれ、女の子から観ても可愛かったか?(^-^;
そっかー。
もっと良質のモノを、ちゃんと観ようよな。
ちゃんと見識眼を育てような!
「楽しかった」は判るけど「可愛かった」は、どうなんだ?

あ、でもバックバンドがちゃんと生バンドだったし、そこそこ聴ける音だったから、それは良かったです。
※「良かった探し」(笑)


さて、まだ時間早いし、この後どーしよーか?と思っていたら、ヲタ仲間の一人が「自分的に、今夜の本命」と言っているエレクトロ系バンドに行くというんで、これまた予備知識ゼロで行くことに。

また途中のコンビニで燃料補給して。

★「SHE IS SUMMER」
http://she-is-summer.com/

うん。
すごく良かったです!
※こういうのがミナホらしい。

エレクトロ系ってことで、もっとテクノっぽいのを想像してたんだけど、実際にはバンドっぽくて、それはそれで見応えありました。

ノセ方も巧いし、表現力のある可愛らしいボーカルでした。

誘ってくれたヲタ仲間に「ありがとう!」と言いました♪

……てな感じで、今回のミナホ。
全部で8件(途中から含む)のLIVEを観たことになります。
色んなジャンルが観れて(聴けて)、楽しかったですね♪

勉強になりましたわー。

→ヲタ仲間にもらったGFのカンバッチ★
1

MINAMI WHEEL 2017★  

昨日から始まりました!
MINAMI WHEEL 2017
http://minamiwheel.jp/

昨年はPASSが売り切れてまして、観に行けなかったんで(笑)2年ぶりです。

もちろん今年はボクらの「GIRLFRIEND」が出る!ってのもあるんですが、なんと!キャレス時代ガルフレと同期の「大山琉杏」(>http://twitter.com/ruan_ohyama)も出る!ってんで3日通し券を買ってしまった次第。

とりあえず当日(10/7)。
心斎橋BIGSTEP3Fに。
懐かしい。。。ここ「base2.5」があった場所です。
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1568.html

片隅に「謎の馬」がまだ置かれていたのが笑えました。
「馬違い」
※あの馬、高かったらしいのにねえー(笑)

パスを引き換えてまず腹ごしらえ。

んで、EASTエリアのClub JANUSへ。
よくガルフレがLIVEするところなんですが、今回は「番匠谷紗衣」ちゃんが出るとのことで!
http://www.banjoyasae.com/
http://art49.photozou.jp/pub/246/134246/photo/222234453_org.jpg
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1458.html
http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1342.html

※あ、そうですね。リトグリファンは知ってるかもしれない。芹奈がTVのカラオケ対決で対戦したコです。
http://lfc8.blog.fc2.com/blog-entry-161.html#comment-top



前のバンド「スノーマン」さんの時に入場。
http://snowmandayo.wixsite.com/snowman-official

中というか、エントランスのところで聴いてたんだけど。
うん。
演奏巧いし、ボーカルのコが可愛いです(そこか?)(笑)

こういうのを、思いのほか聴けるのがミナホならでは、ですね。

終って出てゆく人の間を縫って前の方へ。
黒のGF-Tシャツ着た「ガル中」(=ガルフレ中毒患者。GFファンのこと)の人も何人か来てます。
ヲタ友仲間とも合流。
みんな、感性が近いので、要チェックなんですなー。

バンドセッティング。
え?バンド?
そーなんかー。てっきりアコースティックと思ってたけど、バックバンド付きなんだー。
※ヲタ友が来るまで半信半疑で何度もスケジュール表確認しました(笑)。

客席後ろの方で、トイレの前を本人がうろうろしてたけど(笑)いよいよ本番。

------------

番匠谷紗衣ちゃん、かなり良かった★
 
たくさんのお客さんの前で歌うのが嬉しくてしょうがないのが凄く伝わってきた♪
そこがすごく可愛らしかった★

バックバンド付きだったんだけど楽しい歌は盛り上げて、得意の「泣き」の入る歌は心に刺さるように歌う…凄く良かった★

ほぼ正面の後方、ちょうど本人の視線来る位置辺りで観ていたので、ずっとこっち観て歌ってくれてる感じで、凄く心に突き刺さった! 
なんかデートでもしてるみたいな感じだった(笑)

なんて素敵なコなんだろう!
……やっぱり、このコって「記録より記憶に残るコ」なんだなー。

いやもう、これだけでもチケット代金分のほとんどが回収できたくらい良かったです♪

めっちゃ満足して外へ。
んー、物販とかあったけど、とりあえず腹が減っていたので。(笑)

ヲタ友連中は、スーパーで買い物してたけど、ココからなら事務所が近い(徒歩5分)ので(笑)一旦事務所に戻って、荷物置いて、食事して、ゆっくりしてから、次はsomaへ。

前のバンド終わった頃に入場。

んー、場所狭いし大丈夫かと思ってたら、意外と空いてる。

「ガル中」の顔ぶれは大体来てるかな。

セッティングにメンバー登場。
例によって、特にボーカルの返りの音調整を綿密にしてます。
何しろ、全員演奏・全員歌唱ですからね。

いうてる間に開演!

一人づつ登場して演奏開始。

ーーーーーーーーーーーー

なんだかあっという間だったな。。
短っ!

てか楽しすぎるからなんだろけど。

>えーっと、興奮しててあまり覚えてません(笑)
>※順不同(メモ取ってないので)
「甘い誘惑」「マッチ売りの少女」「吠えろ」「Hide & Seek」「一直線」「キセキラッシュ」。。。

>うーん↑間違ってるかも知れん。
>客席も全力で楽しんでいたので、あまり記憶が正確でない。

※以上、前回のコピペ(笑)

MCでは、東京でのワンマンLIVEの告知と、明後日の摂南大学学際の告知。
http://www.girlfriend.band/schedule/detail.html?id=478
http://www.girlfriend.band/news/detail.html?id=480

※あー、時間カブってるから行けないなー。その時間は「大山琉杏」ちゃんLIVEだわー。
https://twitter.com/ruan_ohyama

そしてMIREIが「Facebookで発信してるけど、フォロワー少ないので、フォローお願いします!」とのこと。

そーだよね。
ボクも協力して(コメントして)FBだけの情報出してるんだけど、あまりフォロワー数伸びてないんよねえー。
え?どんな情報って?そりゃ探してください。
あえてリンクしませんので。(笑)

この前のLIVEレポに、「客席のフリがほぼ定着してきてて、この曲はこう!っていうのがすごく良い感じ!」と書いた(>http://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1621.html )んだけど、今回は少し違っていて、ヘッドバンキングみたいなのやら、モッシュみたいなのがありました。

ヘドバンも、まああの曲のあそこだけとかなら面白いかな。

メンバーが台の上に乗った時に、後ろから激しく突進してモッシュされたんで、思わず反撃しちゃった(笑)んだけど、まあモッシュしてきた「ガル中」もその時だけですぐ後ろに戻るので、一応気を遣ってるらしい。

んー、でも自分はハッキリ言ってスキじゃない。

※昔のアイドルの現場では「ドリームする」と言って嫌われた行為。

まあ、ロックバンドだし、今後も「ガル中」が増えてくると、こういうのも増えてくるんだろうなあ。
ロックバンドの客席にはよくある行為だからなあ。

仕方ないのかも知れないけど(そりゃ、地蔵よりゃましだけど)、なんだか危ない。
それに、あんまり派手になると、もはや演奏聴いてない事態になる(アイドルLIVEでのヲタ芸みたいに)のも、あんまりスキじゃないなあー。

なので、来たら「反撃」するかも(笑)

てか、あんまり増えてきたらそれがイヤでLIVEに行かなくなるかも。
危ないもんね。


さて、日曜は一日休んで、また月曜にはミナホへGOです★
0

「西森亜沙紀」路上LIVE@難波高島屋前  

今日から10月ですな。秋本番となりました。

今日は、日本橋でDVD板を買って、業務スーパーで冷凍食品を買う予定で、ついでに自転車を停めて難波をうろついていたら、高島屋前で観たことあるコが路上で歌ってるじゃあーりませんか!

おっ!
元キャレスCUTExBEATの「西森亜沙紀」ちゃん(つまり、リトグリかれん&芹奈・GIRLFRIENDと同期生)じゃあーりませんか!
https://www.instagram.com/asaki_land/

なんという偶然!(棒読み)
これはもう赤い糸!(ウソ)

人通りの多い歩道でしたが、多くの人がその歌声に思わず足を止めていました。

途中、歌詞間違いなどもありましたが(^-^; 3曲目には足を止めたオーディエンスが思わず手拍子するなど、通りがかりの人ですら心をつかむのに充分な歌声でした。

ちゃんと用意していた(?)カメラで少しだけ撮影。
※暗かったからあんまりキレイに撮れなかった(言い訳)。

3曲だけでしたが、さすがに歌は巧く、じっくりと聴かせてもらいました。
うん、日本橋あたりでカネ取って歌ってる「自称アイドル」なんかよりはるかに巧いし、心に響く歌だわ。
さすがー。
あのキャレスのトップユニットでソロボーカル選抜取ってただけのことはあります。

終ってから声を掛けたら
「あ!やっぱりそうだったんですね!そうじゃないかと思ってました」
と。
「やっぱり巧いね★」と言うと
「いえいえ、まだ!」と謙遜。

「また頑張ってね」と伝えておきました★
彼女に対して、おっちゃんが今できることは、これくらいやな。。。

こういう若くて才能のある、歌巧いコが、色々もがきながら自分で活動してる。
応援したいですねー。
またSNSなどで路上LIVEなどの情報も(またインスタでの「歌ってみた」動画も)上げているみたいなので、興味ある方は要チェック!
いっぺん聴いてみてください。

帰りがけ。
あるお店に入ったら店内の有線放送で80年代アイドルの歌が流れていて、あまりに酷くて(笑)、今聴いた亜沙紀ちゃんの歌声の記憶が汚される気がして、慌てて店を出ました。(笑)

で、予定通り買い物して、一旦帰宅。
晩御飯は、阿倍野まで自転車走らせて海鮮丼食べ、天然温泉の銭湯でひと風呂浴び、風呂上がりにビール飲んで、自転車で心地よい風に当たりながら帰宅。
ゆっくりした休日でした、とさ。

目出度し、愛でたし。


PS.
ついでにこっちも追加(笑)
このところ、GIRLFRIENDのMIREIが二日続けてリトグリのメンバーと会ったことをFacebookに載せている。
前日はリトグリ芹奈とディナーしたこと、翌日はリトグリかれんとダンスレッスンした(!)ことを。
もちろん、両方の応援者だから嬉しいに越したことはない。
元・二代目CUTExBEATの面々なので、仲が良いのは良く判るし、両者を応援してるから、やっぱり嬉しい♪

それと。
連休のミナホの通し券買ってる。土曜は番匠谷紗衣とGIRLFRIEND。月曜は大山琉杏を聴きに行く予定だけど、日曜はどうしようかなあ。。。(^_^;)

ついでに、勢いでリトグリアリーナツアーも両会場とも通し券を申し込んでしまった。。。
0




AutoPage最新お知らせ