アンダーグラウンドで冒険する少女 1/3  

それは、21世紀の初めの頃、山崎直子宇宙飛行士がスペースシャトルで星の世界から無事帰還した翌日のこと。

乙女たちよ!
汝の前には自由がある!
古き頚木を断ち切り、堅き束縛から解放されよ!
冒険せよ、乙女たち!

……

昨日の朝はまず病院へ。

実は、半月ほど前から難聴気味で、聴力が著しく低下していました。
脳血栓とかだと怖かったんで隠してましたが、耳鼻科で診察してもらうと大したことは無いようす。
分泌物が菌感染か何かで固定化して、外耳道の部分が栓塞しているらしく、鼓膜が隠れていたらしい。
処置してもらうと、キレイに聞こえるようになりました。よかったー。

その後、DJ-bELiさんと「アリス・イン・ワンダーランド3D」を観に行きました。
実は、DJ-bELiさんとは15年ほど前にアリスを題材にした自主制作映画を撮ろうとしていた仲間でして、ことさらアリスには特別の想いもあります。……結局、6割くらいまで撮影を進めていたその映画でしたが諸事情により制作は頓挫しただけに、その想いもひとしおです。
※上記リンク先にその時の脚本がアップされてます。よかったらお読みください。

さて私にとっては初の3D映画。
前売り券で劇場に行き、追加料金払っただけで3Dバージョンも観れました。
入り口で偏光メガネを受け取るとなんかウキウキしてきました。

いきなりディズニーの予告編が立体に見えて感動。おおおーって感じです。
てか今度「トロン」を再映画化するんですねー。懐かしいー。

そして本編開始……。
0

アンダーグラウンドで冒険する少女 2/3  










★以下ネタバレします★










まず全体的な感想。

今回、13年後のアリスが再びワンダーランドに行くということだったので、もう少し原作と違う形に踏み出すのかと思ったら意外と原作に忠実で、少し肩透かしを食らった感じ。
前半は「不思議の国〜」後半は「鏡の国〜」。
それともっとティム・バートンのカラーの強い、ドス黒さのある内容かと思ったら、意外と抑えていて「ああー、ティムも大人になったんやなー」と思ってしまいました。(笑)
3Dを含めてCG、美術などの技術的な表現は素晴らしく、それは非常に良かったです。
ただ、予想した以上ではなかったかな。3Dの効果も想定の範囲内かなー。
いや、よかったのは良かったんだけど、あまりワンダーではなかったかも。

それと、上記の如く自分たちで題材にしていたこともあり、途中から「自分ならこうする」というクリエイター感覚が出てきてしまったので、少し予想と違う部分が不満に感じてしまった。
……いや、自分ならもっとアリスをジャンヌ・ダルクに振る……。
赤い王国の住民たちを次々と寝返らせて味方に付けて行き、最終決戦で彼ら民衆を率いて戦って欲しかったなー、と。あ、これは完全に自分の好みですな。失敬。

細かく見ると、意味深いセリフ回しや、キャラクターなど、好きな部分、楽しめる部分はいっぱいあってキリがないほど。DVD欲しいなあー。
0

アンダーグラウンドで冒険する少女 3/3  

アリスが何が起こっても動じないで順応していくところとか、自分から動くところ、そしてラストシーンで父親の遺志を継いで、ワンダー号は東洋に向かって出航!とか、やっぱり好きなキャラではあるな。
こーゆーアリスがアリスらしいところは好きやなあ。

チラシにあった「鍵を握る10のセリフ」は、確かにどれも印象的で深い。うまいなあーと思う。

3Dとしては、撮影後にコンバートしたみたいで、それほど派手ではなかったけれど、逆にそれくらいがちょうど良かった。やはり、穴のシーンや、小動物目線でのワンダーランドの風景などは素敵でした。
でも、TDLのアトラクではなく普通の映画館でこれが見れる世の中になったのは素晴らしいことです。
バートン、デップ、ディズニー、3D、そして題材がアリス!とこの上ない環境です。

ジョニーデップはやっぱり巧い役者ですな。何でもこなすなあ。こーゆートリッキーな役はサイコーですね。

日本のアニメの影響もずいぶんとあるみたいで(まあバートン監督は日本のアニメや特撮が大好きですから)トランプの兵隊がほとんど○○o……。(笑)
兵隊がずらっと並んで戦うところはスターウォーズ・フェントムメナスみたいやけど、むしろこっちが本家かな。

赤の女王、白の女王。確かに赤の女王は悪かも知れないけど、では白の女王が善かというとそーでもない。
政権交代したところで、必ずしも正義ではないってのが、ある意味イギリス的か。
白の女王の手の動きが何とも……(笑)吹き替えが深田恭子だったのは納得。

チェシャ猫とか青虫のキャラがイケてる、いやイカレててサイコー。煙の感じも3Dでよかった。
ザ・たっち……じゃなくてあの双子もおもろい。

……ただ

そーですねー。やっぱりちょっと消化不良感があるのが少し残念。手放しでは賞賛できないなあー。
いや、スキですけどね、充分に。
0

オタクはいくつになっても…… 1/3  

昨日はカラオケでした。
学生時代の仲間(OIDROID)の一人が広島に転勤になるというんで、その送別会。
「特撮作品を楽しもうと思って5.1chホームシアターを家に構築したらいきなり転勤になった」のだそーだ。

繁忙期であるGW直前の最後の週末、行きたいイベントがまた重なったりしてたんですが、これを選びました。
何しろ、その連中と会うのは10年ぶりくらい。
何人かはmixで消息も判っていたし、連絡も取り合ってましたが、オフラインの仲間連中とはもうホントに久しぶりの再会でした。
元気なうちに会わないと、もうこの先どうなるか判らないしねえー、お互い。(笑)

OIDROIDってのは大学のSF研究会で、当時関西学生SF研究会連盟の一翼であり、もちろん当時大阪で開かれた日本SF大会のスタッフもやっていた仲間。
※検索避けのため、あまりに有名な通称名は記述しません。
学生時代はみんなで自主制作映画撮ったりしてました。

まあ、詳しくはGONZO創設者が書いた「オタクバカ一代」(村濱章司著/角川書店刊/2006.7)第一章を読んでください。ちゃんと書いてくれてるから。

で遅れ気味でカラオケBOXに入ると、わあー……なんだか懐かしい顔ぶれが。
前に会った時よりも多少老けてはいるけど……基本的にみんなあんまり変わってないなあー。
いや白髪が増えたり、老眼入ったりはしてるんだけどね。
ボクなんかも「はかせ、全然変わってなくて安心した〜。これで人民帽かぶったらそのままやー」とか言われました。(笑)
※あ、学生時代ボクは、YMOの流行るか流行らないかの頃、中国行って買ってきた人民帽をいつもかぶってましたから。中国が自由に旅行に行けるようになって間もない頃で、文化大革命の時代から改革開放路線に大きく舵を切った矢先の頃でした。

で、6時間ぶっ通しのアニソン・ヒーローものカラオケ。
勝手にそれぞれが入れるんだけど、たいがいの歌はみんな歌えるから大合唱♪
……これが古くからのルールです。気ぃ遣わなくていいからねー。
もともとカラオケとかマイクとか無い頃から一緒に歌ってきた仲間やからねえー。
0

オタクはいくつになっても…… 2/3  

んで、この頃の世代ってゆーとオタクをカミングアウト出来なかった世代。宮崎事件とかでマスコミの猛烈なバッシングを受けた世代やから、日頃は「隠れキリシタンのように」社会でもオタクであることを隠して生きてきた世代。ゆえに、こういう仲間内の場でだけ、アニソン・ヒーローソングを思い切り熱唱できる場なんですな。

一番年上はもう50歳オーバーなんだけど、最近の特撮ヒーロー(シンケンジャー、デカレンジャー、仮面ライダー電王、ディケイド)とかも懐かしモノ(ジャイアントロボ、戦えウルトラマン、ジャッカー電撃隊、Xボンバー、ベルサイユのばら)とかも、80年代〜90年代のもの(モスピーダ、うる星やつら、セーラームーン「乙女のポリシー」、ガメラ「神話」)とかすべてリアルタイムに熱中してきた作品の歌をうたいまくり。
水木アニキの絶叫系とかも全員熱唱!
その合間に「いやシンケンジャーが面白すぎたから、ゴセイジャーは、なあ」とか「この作品LD-BOX持ってて今度ブルーレイがいつ出るか待ってるんやけど出えへんなあ」とか「大魔神カノンはどーやろ?」とか「某ホビー店が閉店する時にフィギュア買いに並んだ」とか「ウルトラマンメビウスのレオの回は燃えたー」とか「ボークス大阪ショールームが閉店するらしいでー」とかオタク話が炸裂。
子持ちのメンバーなんか「そろそろ長男が大きくなってきて一緒に戦隊モノの映画観に行くの嫌がってきた」とかゆーてる。(^^;)

……オタクってのは何十年やってても、歪みねえなー。

この前、マクロスナイトの時に若いオタクのコに「男の魅力は40歳からですよー」とか言われてちょっと嬉しかったんやけど、精神的にはみんな30年前と全然変わってない。
けど、身体はぼちぼちいかれて来ていて「ケイタイの文字が見えない」とか「薄暗くなるとカーナビが見えない」とか言ってるんやけどね。
0

オタクはいくつになっても…… 3/3  

当時の吾妻ひでおのギャグマンガのネタでアニメ老人の会ってゆう死に掛けのジジィたちが集まって「未来少年コナン」のビデオ観る会というのがあって「ラナ〜可愛いな〜げほげほ」とかあったけど……もう、ほぼそれに近いです。
多分、死ぬまでこーなんでしょおな。私たち。

最近の若いライトなヲタ連中が果たして30年後にもこうしてアニカラしてるんでしょうかね?
いや、出来るもんならやってみろってところです。(笑)

そーいや一人が替え歌で「♪大きなノッポの古ビデオ、おじいさんのベータぁ」ってのを歌ってました。哀しいなあー。「♪今は、もう、動かないベータプロぉ」……

カラオケ終ってからは、みんなで西梅田の中華料理店へ。
「学生の頃、この辺にあった『まるい飯店』によく行ったなあ」「あそこ安かったなあ」とか言いながら。

んで、誰も同じこと言ってたのが……休みの日はHDRからひたすらDVD焼くのに費やす、という話。
観る暇よりも焼くのに時間がかかるし、どんどんHDRの中は膨らむ一方で「血を吐きながら続けるマラソンのよーだ」(笑)と。全く同感。
「新しい○○のアニメ観た?」「いや、録ったけどまだ観てない。ようやくDVDに焼いただけで」……。
地上波だけならともかく、CS入るともうダメやもんなー。
CSの「恐竜大戦争アイゼンボーグ」を、何かの間違いで一話から録り始めたんやけど(笑)、BD-Rいっぱいになったら止めようと思った。放っておいてもHDRが毎週勝手に録ってくれてるし。「あなたの好みを学習しました★」とか言って。いや、せんでええのに。
で、1クール位録ったのにまだBD-Rいっぱい分にならない。……アイゼンボーグは1話だけでも充分なのに……。もう半分ヤケです。
0

今年も桜が見れました 1/3  

毎年、誕生日前後に恒例としている「お花見」です。
先週行ってきました。
いや私の場合は、サクラの花を独りでブラブラと眺めて歩いて写真撮るってのですが。
……そりゃーね。みんなでワイワイってのが理想ですよ。せめて、想いのある人と肩寄せ合って眺める……なんてのを希望したいところですが。

そしてまた一つ歳取ったことをかみしめつつ、己の人生と桜の花を重ね見るという……。

先週、いつもお世話になってる保険屋さんの大好きなお姉さんに新しい商品を薦められたんだけど、その満期が63歳だとしたら、もう今すぐ払い始めないと間に合わない……って話で。
元気なうちにしか入れませんから……と。
そっか、あと15年しか無いんかーとその現実に気づいてすごくショックだった。><
……「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」

   桜の咲いてる時間は短いもんですね。

前日がClubイベントで夜中まで騒いでいて、基地で昼頃までいたんですが、天気良かったんで、そのままカメラ引っ掴んで、飛び出しました。
とりあえず手近なところで、大阪城公園へ。

大阪城ホールでジャニーズの誰かのコンサートがあるらしく、人がいっぱい。
さらに花見客が、一体何万人おるねん!というくらいいました。



だいたいいつもと同じルートで、城ホール→青屋門→京橋口→大手前→大手門→桜門→天守閣前→金蔵→刻印石広場→天守閣前→桜門→玉造口→音楽堂前→森ノ宮というルート。
かなり歩きました。
0

今年も桜が見れました 2/3  



桜と天守閣を一緒に写り込めるアングルって非常に限られているので、その数カ所はカメラマンが殺到してポジション争いしてました。



京橋口、大手前あたりから府庁方向を見ると、西外壕の上にある乾櫓の向こうに古びた府庁と対比されるように新しい大阪府警本部ビルとNHK大阪局、歴史博物館が聳えていて、21世紀と近世と20世紀が同居しているような不思議な光景になります。
大阪府警本部ビル……なんかパトレイバー出て来そうなビルですな。

桜がいっぱい咲いてる下は花見客がシート広げて宴会中なんですが、天守閣近くに行くと中国人観光客ばっかりで、周りは全部中国語が飛び交ってました。どこの観光地やねん!というくらい。

天守閣は、数年前に改修工事された後なんで、間近で観ると白壁に金色の鯱が陽光に映えて、ピカピカとものすごくキレイです。

0

今年も桜が見れました 3/3  

天守閣の裏側(金蔵・刻印石広場。城の鬼門方向)って今回初めて行ってみたんですが、天守閣がすぐ目の前に聳えているし、OBP方向や梅園がよく見えるし、なかなかいい場所でした。
あの辺が一番高い場所なんですね。
天守閣は、それより低い場所に建ってました。

天守閣の足元からちょうど天満橋方向を見ると、天満橋OMMビルと同じ方向に梅田の新しい阪急百貨店ビルや西梅田のリッツカールトンが見えます。
なんか方向感覚がおかしくなりますね。
天満橋と梅田ってすごく離れてるような気がするのに。
そっかー、大阪城って、そんなに街の東側にあるんやなー。

たくさんの花見客に混じって、ブラブラと駅まで歩きました。

毎年想うんやけど……ブラブラじゃなくて、桜見ながらラブラブと歩きたいものですな。

PS.

さてGWの仕事の概要が判って来ました。
今年はえらいたいへんそうです。><

GWには

キャレスV&Dスクール「劇団キャレス『フェアリーテイル』」

TEXZER Vol.2


とか行きたいイベントも多いんですが、どうにも現場がたいへんそうで90%ムリです。
私の愛するコたちへ-->おっちゃん行ってあげられなくてゴメンねー><。
てか↑この2つもモロかぶってるし。(^^;)
0

「マクロスナイト」in大阪Vol.1 1/3  

※写真調整作業を優先していたので、よーやくレポが書けました。

土曜日に開催されましたマクロスナイトでしたが、関係者のみなさま、参加者のみなさん、お疲れさまでしたー。
楽しかったですねえー♪

えーっと、今回は東京で開催されている「マクロスナイト」の大阪出張版ということで、大阪での先駆である「マクロスフェスティバル」との共催というカタチでした。

昨年開催されたマクロスフェスは、友人のDJが主催者ということで、色々お手伝いしましたが、まあ今回は主導権は東京側にあるので、あまり何もしなくていーかなーと。(^^;)……まあフライヤーの配布くらいで。

なので、今回はお客さんのつもりで会場に行きましたところ、スタッフパスで入場ということで、なぜか記録班ということで、カメコになってしまいましたー。

まあいいやー。

で会場に入ると、あれ?もう何かやってる?
大勢入ってるし、すごい熱気です。
どうやら昼からやってるマイケル・ジャクソンのイベントらしくて、BeatIt!とかBAD!とか、なかなか気持ちよく聴いていると、どうやら同じ方が主催者らしい。
すごいなー、よおやらはるわー。

終わって、お客さんが引けたあと、次の準備。
ここでよーやくDJ-bELiさんやらFCVDJ-ARMさんやら、特別出演のコスプレイヤー・蒼一輝さんらとご挨拶。……やっとお仲間に会えました。(^o^;)

このClub-Vijionってところでの撮影は数回目
なので、ここの照明でのカメラ設定もバッチリ把握してます。
もちろんオートでは全然撮れないので、AF以外はマニュアルモード撮影です。
フラッシュOFF、iso1600、露出補正+0.5EV、シャッタースピード1/90〜1/45、アイリスF5.6〜F3.0くらい。
動きが遅い時にはシャッタースピードで調節したら愛機PENTAX-DS2はきちんと追従して調節してくれるからOK、と。
キメる時だけフラッシュONしてプログラムモードにすれば1/180くらいでもシンクロしてくれるから、よし。

リハの記録とちょこっと撮るついでに、カメラのセッティング確認。
0

「マクロスナイト」in大阪Vol.1 2/3  

てな感じで、STBY。
荷物は楽屋に置いて。おっと、ここの楽屋は二度目だー。

ゆーてる間に、コス入場、一般入場と、だんだん会場に人が増えてきました。

・・・・・

と、本番に関しては細かくは書きませんが(笑)。
マクロス・コスのコたちが乱舞し、マクロスの音楽が鳴り渡り、マクロスの映像があふれていまして、至福のひとときでありました。

DJさんたちがアゲアケのマクロス曲を回すと、コスさんたちが舞台にかわるがわる乱入。
またカラオケタイムで事前登録していた方々が熱唱。





日本のトップコスプレイヤー・蒼一輝さんのショータイム!
……やっぱり貫禄違いますねえ。(^^;) 気合いもオーラも全然違う。プロってすごい。
いや、なんかホンモノのシェリルが舞台上にいる気になってしまう。
本人降臨!って感じ。
だから客席もシェリルのLIVEでシェリルのファンが本人の歌ってる前でコスプレしてるみたいな気分。





DJ-bELiさんのパフォーマンスタイムもいつもはクラブMIXやらAKSB系ぽくてまったりしてるのが多いのに、今回はアゲアゲで、やたら盛り上がってます。

0

「マクロスナイト」in大阪Vol.1 3/3  

多分サガるやろーと思って(失礼!)一旦カウンターバーへ行って物販(制作者「まこと」の横で輝さんにサインしてもらったDVDを購入★)にいたところ、やたらフロアが盛り上がってるんで慌てて戻って写真撮影しました。(笑)

ARMさんのコーナーでもかわるがわるコスさんが舞台に上がったりしてたんですが、気がつけば映像がフロンティアでミシェルが死んじゃうシーンで、みなフロアに正座して凝視してるし……(^^;)
まあミシェルだもんなあー。柿崎死ぬところで誰か正座してるところ見たこと無いけど。(爆)



そして主催者・宮沢さんのDJでは、舞台もフロアも入れ乱れてコスさん乱舞。
やがて、舞台もフロアも一体になって、肩組んで大合唱。



……フロアの真ん中で、気がつけば周りに輪が出来ていて入り損ねたので(笑)、「スタッフパス入場した分だけは働かないと」と思い、記録撮影に専念。
うーん、皆さんいい顔してるなあー。(^_^)
とても素敵な、楽しい笑顔です。



終わった後、東京組が手配した焼鳥屋へ移動して二次会。
何か予定より人数大幅に増えたみたいで、座敷に車座でオッサンヲタ談義。
その後、大半はまたVijionに戻ったりカラオケ行ったりしたみたいですが、体力の問題もあり(笑)、深夜2時頃(だったかな?(^^;)覚えてない)タクシーで基地に帰投。

楽しい一夜でしたー。(^_^)

翌日は天気良かったんで独り花見に行ったんですが……そのレポはまた後日。
0

現場終了★  

現場が終了しました。
まあ、新たな試みでもあり、実数が読めない形でしたが、なんとかカタチにまとめました。
……無理矢理っぽかったですが。

昨夜、夜中にPCで集計表をガシガシ作ってメールで報告書を送り、今朝は撤収作業やら機材の発送やら、地下倉庫の整理やらをしてました。

さて、新年度ということで、新たな印刷物も出来、それを地下街に配布する作業も終了。
一応、「春休み」のお仕事はこんなもんかな。

次の繁忙期はGW。
今年はイ○ゴ狩りだとか四つ葉のク○ーバーとかア○パカとか色々あって(笑)、何十年やってきている私らでも初めての試みが多く、全然どーなるか想像もつかない状況でして、今からドキドキしつつ、反面ワクワクしてます。
どーなっても知らんでー(爆)
……今から農業技術を勉強せなあかんのかー(謎)
めっちゃしんどそうやけど、今年は楽しそうですわー。

今日は4/1なんでまた円谷プロが一日限りのHP企画やってくれてますね。
「78ちゃんねる」「m78」ときて今年は「円谷ッター」(←ツブッターと読む。つぶやくらしい)。
※http://tsubutter.m-78.jp/

毎年、全部読むのがたいへんで丸一日かかります。
コアなネタが多くて、特撮ファン以外は何だか判らないかも。(^^;)



さて、4/3は「マクロスナイト」です。
フライヤーも梅田某店にバラ撒きました。

なんか知りませんが、楽しみたいと思います。(^_^)

※mixiとダブルポストです。
0




AutoPage最新お知らせ