さらに追加★ 1/2  

昨日はお休みでしたので、ゆっくりと映画鑑賞。
「魔女の宅急便」(宮崎駿監督作・1989年)です。
ディスク発売されてすぐに買い、よく観ていたのですが、何年かぶりに再生。
ふと魔女コさんの笑顔が観たくなったので(笑)。
宮崎アニメの中では個人的にはTOP3に入ります。

やっぱりええ映画やね、ほんま。いつ観てもそう思うわ。
あの世界観とか、ボクの作品にも近い設定使わせてもらったけど。
13歳になった女のコが、自分の才能を信じて、その能力で自立を目指す。
落ち込んだりしながら、少しづつ成長していくお話。
組織の中で安穏としている者と違い、自分の能力だけで生きていこうとする者のバイブルみたいな作品ですね。
テーマ自身もさることながら、ホウキで空飛ぶときのフワっとした感覚…自転車に乗るように風を切って飛ぶ感じとか大好きですね★

さて。
お待たせしました!
先日の神戸の写真の追加です。

→●ギャラリー(9/28UP分)●
自動スライドショーされますが…色々試してみてください。重いページですので、モバイルなどの方はこちらを。

これで全部で200枚になりました。
まだ2ステージ目の途中までです。(笑)
なので、また続きもあります。

つーことでそのギャラリーの中から、仮谷せいらちゃんの写真を以下に抜粋。

0

さらに追加★ 2/2  




いつも通り、クリックしたら画面いっぱいになります★
「世界一笑顔の似合う天使」に、ごゆっくり壊れてください。

PS.
元関西B.B.WAVESの「森ちえみ」ちゃんが「もりちえみ」と改名して上京。これから東京で活動するらしいです。
それで、それを機にイメージDVDが発売されました。
いやこれがその…買おうと思って普通のCD屋さんに行ってもあんまり置いてなかったんですねー。
で、結局意を決してエッチなビデオばっかり売ってるお店行ってみると…店の奥の「アダルトコーナー」に置いてました。(^^;)
なんだかなー。複雑な気分ですわ。
よく知ってるコのDVDがこんなところで売られてるのって。
もう、こういうのは勘弁して欲しいです。

一念発起ってことなんで応援したいですけど……(^-^;)
中身はまだ観てないです。
0

だんすふぇすた 1/2  

えっーっと。
先日の神戸のダンスフェスタの件ですが。

現段階までに微調整の終わった写真をアップします。

●ギャラリー(9/24UP分)●
全画面で自動スライドショーされますが、写真をクリックしたら戻ったり大きくなったりします。試してみてください。重いページとなっていますので、モバイルなどの方はこちらを。

まだ100枚アップしただけですが(笑)…実は、もっと良い写真もあります。なにしろこれでもまだ1回目のステージ半ばまでですから(笑)
ですので、また順次追加して行きます!
※いやあ、写真処理するのが楽しいんですよー。(^_^)キレイに撮れてる写真をPC画面一杯に並べて作業してるのが。だから、もっと時間かけて作業したいので、もう少しお待ちを!(笑)

ここからは、せいらちゃん&みーあちゃんの写真。
これは上のギャラリーに含まれている分です。(だからもっといい写真も、これから出てきます(笑))そのままクリックしたら大きくなります。

まず仮谷せいらちゃん★
はい。せいらちゃんの笑顔見てると、疲れも取れますね。なんか身体の中から温かい心が満ちてくる感じがします。(^_^)
0

だんすふぇすた 2/2  




チャームポイントのオデコに汗が光ってますね。ホントに暑い日でした。
頬のあたりにソバカスっぽいのが少し見えるような気がします。(>〜<;)
ステージでは仕方ないけど、夏場の日中は何か日射対策はした方がいいかも知れないですね。
これから肌が荒れてくることもある年頃でしょうから、くれぐれも大事なキレイなお肌を傷つけないように注意してくださいね。
おっちゃんは、ちょっと心配です。

続いて、妹の仮谷みりあちゃん★




みーあちゃん、何かカンロク出てきました。
人から見られている時に、まるで女優のようなオーラが出て来たのを感じました。(言い過ぎかな(^^;))

だんだん急成長してるんですね。
気合入ってるんでしょう。
ジャンケン大会でいきなり2個も賞品獲る勢いですから。(笑)

続きは、また。
0

暑い中、お疲れ様でした  

神戸に行ってきました。
ここは青木から海に向かって歩いたところ。
フェリーターミナルに出来た商業施設ですね。

で、この某商業施設(ワケあって名前は書けません)で先週と同じくキャレスのちびっこたちがダンスステージを披露してくれるということです。

現場は、炎天下のコンクリートの床面。
もう暑いなんてもんじゃありません。(^^;)焼け死にそうです。
出演者の子供たちも、もう汗だくでして、演目が終ると「お茶お茶ーっ!」とウラのテントに駆け込んでおりました。

内容的には、先週つかしんでも披露された「GET11」ダイジェストにBOYSを加えた感じで、DREAM GIRLSとか、かなり満足のいくものでした。
もう、うっとりですよー。

さて、今日もまた新規投入したPENTAX-DS2&70-210mm望遠を使いましたんで、全部で1200枚ほど撮りました。
これまでのイベントでの撮影枚数の新記録です。
まあ、チャンスとかキメポーズになると高速連射モード全開ですから、1曲で100枚位平気で撮っちゃいますねえ。
それであまりに枚数多いので、見るだけでも時間かかかるので、アップは明日以降になります。
ご了承ください。
てか、ゆっくりと撮った写真を自分でも鑑賞したいので。(笑)
※替わりにと言ってはなんですが、先週の「つかスタ」の分をたくさんアップしてありますので、↓下のリンク先をご覧下さい。

写真は、接岸していた帆船(MCさんが「ほせん」と読んでいましたが(笑)正しくは「はんせん」です)「日本丸」。意外と小さいですね。

キャレスのステージが終ったあと、別のダンスチームのステージがあるというんで、またステージ前に戻って観ていました。
ゴミを拾っていたスタッフを見て「あれ?Y社の企画新人のSクンに似てるなあ。空似かなあ」。また別のスタッフがゴミを拾っていて「あれ?営業のMさんっ?あっ!?」
もう荷物片付けて猛然ダッシュで現場から離脱しました。
「緊急脱出ボタン」押した位の勢いですわ。

そっか、忘れてた。ココって取引会社のスポンサーやったんや。(^^;)
しかも、別の部署ならともかく……シャレにならんわ。

さすがに向こうは気づいてませんでしたが(であることを祈ります(^^;))こんなところ見られるのは…ちょっと。(^^;)

うーむ、次から来れないなあー。
0

撮った★ 1/4  

はい★
つーことで、今日も今日とて「つかしん」へ馳せ参じました。
雨が懸念されましたが、天候も良好。
何しろ、念願の本格的デジタル一眼レフカメラを手にしましたので、ルンルン気分で(死語)電車に乗りました。

前に、「手持ちの古い望遠レンズはROMが合わないからデジタルに使えないんでがっかりした」と書きましたが、何と!私が買った機種では問題なく210mm望遠レンズが使えるんですよねー。
DS→DS2にバージョンアップした時にROMもサードパーティ対応にバージョンアップしたんでしょうか?
まあ、どっちでもいいんですけど、ともかく、アナログ時代に愛用していたレンズがまるまる使えるんですよ!ラッキー!

これまでは、どーせあのカメラじゃあんまり大した写真は撮れないから……と、のんびりゆっくり、時間ギリギリで行っていたんですが、今回はいつもより1時間以上早く、スキップしながら(笑)つかしんへ。

いやあ暑い!
暑いです。遮蔽物無いと、焼け死にそうに暑いです。
台風が北上したのでフェーン現象か何かでしょうね。

いつもより早く来たので、最前列へ。
ポ主した後、待っていたら続々と子どもたちが来ました。
楽屋に直行するのかと思っていたら、なんかステージ近くでせいらちゃんが集合かけて、その場で立ち位置やら振り付けの確認。
え?今頃やんの?ここで?(^^;)
まあ、せいらちゃんが子供たちを仕切ってるのが観れて楽しかったんですけど。
あの、「天満橋バス停の漢字も読めなかった」おチビちゃんも、もうそういう立場なんですねえ。大きくなったなあー。おっちゃんは嬉しいよー。(;_;)

スタッフの方が到着して出演者は控室へ移動。控室の場所変わったんですね。
専門店街事務所の会議室とかかな?(^^;)
昔、よくお世話になりましたわ、お仕事で。

さて、開始時間が近づいて、子供たちもスタンバイ。カリヨンの鐘が鳴って、ステージスタート!
0

撮った★ 2/4  

-------

つーことで、内容は省略します。(ヲイ!)

ま、とりあえず今日は、仮谷せいらちゃん仮谷みりあちゃんの写真だけ。
おっちゃんは、まずそこに全力かけましたから。(^^;)
※クリックしたら大きくなります。

他の子もキレイに撮れている子がたくさんいますので、また順次追加アップします。
待ってて下さい。

★追加★
9/21/17:00までの追加分
自動スライドショーされますが、色々クリックしたら戻ったり大きくなったりします。試してみてください。重いページとなっていますので、高速回線を使用で無い方はこちらを。

多分、まだまだ追加する……かも!?

※注意※
ココにアップされている写真(特に大きな写真)は、メモリカードなどに一旦ダウンロードしてカメラ量販店などの店頭にあるプリント機を使えば、簡単に、かなりキレイにプリント出来ます。が、肖像権侵害等の諸問題がありますので、絶対にしないで下さい。…と、書いておきます。(笑)


0

撮った★ 3/4  




いや、もうともかく、久しぶりに望遠レンズ使って撮ったんで気分サイコーです。
一眼レフ+望遠レンズの、あのファインダー覗いて「来た!」っていう感覚は、快感ですね。


0

撮った★ 4/4  






大勢の中にいるその子がこちらに笑いかけてくれている、その笑顔が自分だけのものになる瞬間です。

カメラマン冥利に尽きる……というものですね。

ありがとう!(^_^)
0

どっちがリアル? 1/2  

★「T4Xi」
今日は、DJbeliさんと一緒に「TAXi4」観てきました。
んー、まあ内容は、1-2ほどじゃないです。※3は観てない。
カーアクションは極端に少ないし。
でもまあ、いつもの顔ぶれが、いつものようにバカをやる話で、「寅さん」とか「釣りバカ」みたいなもんやと思えば、楽しめました。
ストーリーも、まあまあ面白いし。
最期は署長さんが「そう来たかー」って感じですが。
何かを期待していったら落胆するけど、いつもの「TAXi」シリーズが好きならば充分楽しめます。
そんな感じかな。
前売り\1250-で観たんやけど、その値段なら許せる。

そのあとは晩飯食った後、梅田某所のショットBARへ。
ここは日替わりでマスターが替わって、それぞれ趣向を凝らした音楽を掛けたり、話題をしたりするお店。
ちなみにDJbeliさんも今月22日にマスターをやるそうな。

んで、まあ、DJbeliさんと色々今後の悪企みの話を。
そやなあー。まあ考えておきまひょ。

アイドルマスターの話とかあったけど、あれってデビューしたユニットをどうプロデュースするとかいうゲームでしょ?
いやあ、こちとらデビューに至るまでのコたちをリアルに追っかけてるんで……ねえ(^-^;)
キャプチャーで動いてるCGのコのダンス見ても……ねえ(^-^;)
所詮バーチャルの話なワケで。

そりゃあリアルのコの方がいいに決まってますよ!

※ちなみに、先日のコンサート「GET A DREAM 11」で仮谷せいらちゃんらfunkychipsが、魔女コさんっぽく歌ってくれたのは「魔女の宅急便」のテーマ曲「ルージュの伝言」。これは、以前彼女たちのブログで、ヘアバンドをつけたせいらちゃんのブログ写真に、ボクが「キキみたい」とコメントしたのがきっかけ……だと思うんですよ。
だからボクは勝手に、自分が彼女たちの活動に影響してると思ってるワケで。
そーゆー楽しさって、リアルだからあるんですよね。
生身の人間どうしだから、お互いに影響し合える。
0

どっちがリアル? 2/2  

バーカウンターでノートPC広げて「SPEEDエリコの10歳の時のダンス」とか「hiroがソロで歌ってるのを絵理子が観ている」とかいう映像を再生したらなぜかウケた。
そっかー、若い子らはSPEED世代なんやねえー。

この前も仕事場の控室でバイトの子に「子供の頃、SPEED私もファンだったんですぅ。コンサートも行きましたよー♪ 初めて買ったCDがSPEEDでしたぁ」とか言われましたが。その子は当時、小学生だったそうです。(^^;)

それとPerfumeが人気なんだそうな。
「ぱふゅ〜む」と言えば2002-3年ごろアクターズスクール広島(※注意※あの「沖縄アクターズスクール」とは全く無関係)出身のローカルアイドルとして地元中心で活躍してるというイメージだったんですが、その後上京してメジャーデビューしてからテクノサウンドのアイドルユニットとなり(今頃テクノってのもすごいけど、逆に新鮮なんだそうな)、その「アイドルマスター」とのコラボがニコニコ動画あたりで話題となったそうな。
それでこれまでのバーチャルアイドル萌えだったヲタたちが、今頃になって飛びついたらしい。

ローカルアイドルとしてドブ板営業していた「ぱふゅ〜む」と、DJ連中がテクノサウンドとしてマニアックに好きなPerfumeと、バーチャルアイドルヲタが熱中しているPerfumeがなんか一致しないなあー。
みんな全然別方向からアプローチしているというか、このユニットを発見しているという……変な話です。
我々プレアイドルヲタ(スクールヲタ)は2002-3年ごろ話題(BEE-HIVEとか)にしていたし、テクノファンには2005年ごろ話題になり、そして今に至ってバーチャルアイドルヲタがくっついてきたらしい。

ふーん。
何だかなあー。
彼らは、今の世代のような楽曲ダウンロードなんていう手法ではなく、昔ながらにCD購買してくれるので、オリコンにもそれが反映されているらしい。
まあー確かにテクノとしては充分楽しめる楽曲なんで、誰が歌おうといい曲だとは思うけど。

なんか……そんなもんなのかなあー。
0

初心を忘れない 1/2  

昨夜11時頃、ようやく長期の現場が終了しました。
何しろ、ここの施設では前代未聞な形式だったので、全然予想が立たず、毎日全く気が抜けない手探り状態でした。
お客さんの数が予想よりも多かったので、結果的には総額予定を大きく越えましたが、その分たくさんのお客さんには喜んでもらったので、いいのではなかったでしょうか。

結果は予想値に対して2割増でしたが、在庫を残り僅か0.29%まで使い切ったんですから、後から考えたらぞっとするシビアな現場でした。
かなりイレギュラーな波があり、大波が一度来たら全体の10%増になるというもので、戦々恐々としながら現場から片時も目が離せない状況で、これはホントにこの道数十年のウチの先輩の経験に頼ったワケで、頭が上がりません。

実際の固有名詞や数字が書けないので残念ですが、それはなかなか現場にいるものでしか判らないことです。
※だから多分実際の言葉で説明しても誰も判らないと思いますし、それが判る少数の人間だからこそ、こうして仕事を続けてこられているのですね。

さて、今日になって現場の撤収作業。
控室から備品を運び出したり、返却物を返したりの作業。

実はここ、10月に閉館するんですよね。

だから我々がそこを使うのも、これが最後。

いやあ、感慨深いです。

控室に使っていた部屋は、某ホールの楽屋にあたる部屋だったんです。
最近は、ホールとしての使用回数は激減していましたので、催事のスタッフルームに使っていることが多かったんですが、20年ほど前は毎週末ホールで音楽LIVEを開催しており、その出演者やスタッフの楽屋として使っていました。
それで私は毎週末、休み無くその舞台進行に就いていました。
思えば、私が会社に入った翌日からこのホールの進行ディレクターだったんですから、事実上私の現場プロデビューはこのホールなんですね。
音響さんと一緒にPAをセッティングして、インカムで「ぼちぼち、本番行きま〜す!」なんてやってました。
後年は制作もやっていたので、ミュージシャンのオーディションやらブッキングやら、舞台の仕込み図を描いたりもしてましたね。
0

初心を忘れない 2/2  

バブルの頃とかは、イタリアから直接カンツォーネのグループ(イタリア国内では非常に有名な方々でした)を招聘してこのステージで連休中毎日演奏したり。
館内、お店の中まで演奏しながら入って行って、お客さんと一緒に盛り上がったり、幕間の空き時間に、日本語とイタリア語がごちゃまぜの会話でスタッフや演奏者たちと楽屋でワイワイやったり……スタッフの一人が持参した楽器で、楽屋で即興セッションやったりしてましたね。

重いグランドピアノを舞台に出し入れしたり、天井裏のキャットウォークを埃だらけで這って行ってシーリングライトをシューティングしたり、反響板の上げ下ろし、ボーダーの上げ下ろし、緞帳の上げ下ろし……。
キャパ200-300人の小型のホールだからこそ、隅々まで自分でやれまして、いろいろいい勉強をさせてもらいました。
小さいホールなので、お客さんの息遣い、反応がダイレクトに返って来るんでとてもやりがいがありましたね。
実際これくらいの大きさのホールが一番使い易いし、リラックスできます。
1000人2000人入るホールだと緊張しますが、200人くらいだと「失敗しても、ここにいるお客さん全員に謝ればいいや」と思えるんで。(^^;)
何千人もいると、怒るお客さんもいるでしょうけど、200人くらいなら皆許してくれるでしょう。(笑)

改装後、レギュラーのステージはやらなくなり、もっぱら催事の控室としてこの部屋をよく使いました。
10年近く、特に年末などは連続数十日間ここにいました。
毎年一クラス分くらいの女の子たちがここに出入りしていまして、それらを統括管理しているのですね。
朝開店前から、夜閉店時間まで、それが期間中ずーっと続くワケでして、毎日毎日10人ほどのバイトの女の子たちと一緒にいてたワケで、半ば合宿状態。

たくさんの子たちと雑談したり、相談に乗ったり、冗談ばっかり言い合いしてたり。
和気藹々とした控室でした。

今日、片づけが終わると、その部屋もひっそりとしました。

そーですね、ここが私の原点でした。

…閉館ということで、先週くらいから多くのお客さんが昔を懐かしんで来られています。
こういうブログを見つけました。
皆さんも、そんな思いなんですねー。
0

魔女コさん★  

嬉しかった…

魔法は自分のためや特定の誰かのためでなく

みんなのために使うもの

キミはその通りに使ってくれた

ありがとう★

※後日追補するかも
-------------
ええっと。(^へ^;)

追補するかも?って書いたままで気ぃ持たせちゃいましたね。
期待していた人ごめんなさい。
今回のGETは、実はお仕事が忙しくて、夜の部の途中からしか観てないんです。
急いでホールまで駆け付けた時には、みりあちゃんのVoが終わった後でして……(ごめん!……でもほんまに観たかったなあー(T_T))
一番後ろからずっと立ち見してまして、アンコール終了で、速攻お仕事に戻ったんで、あの子達に「お疲れ様」も言えませんでした。

ほんまにごめんね。

夏休み中がんばった子供たちには申し訳無いです。
なので、詳しくどうこう書くほどしっかり観れてないんです。
慌てて現場を飛び出してきたんでオペラグラス忘れてきたし。ボクの視力では全然見えへん。

とりあえず、少しだけ書きます。

まず仮谷せいらちゃん
今回、主役ではなかったせいもあり出演目数は少なかったんですが、MCやったり脇を固めたりして頑張ってました。もちろんキュートな笑顔はサイコー。(*^_^*)
個人的には、↑にも書きましたように、「魔女の宅急便」のイメージで「ルージュの伝言」をやってくれましたんで、もうそれだけでも感激しました。ありがとう。
あの子の笑顔観れただけでも、ムリして現場から抜けて観に来た価値はありました。
これからの「Funkychips」での活動に期待してるよー★

そして仮谷みりあちゃん
一番の大ネタは観損ねたんですが(何度も言うけどごめん!><)ダンスの動き、キレ、Beat感、そのどれもものすごく、あれだけ大勢で一緒に踊っていても、ピカイチの動きをしているので遠目に見ても存在感があるんですね。これは驚きました。
技巧的はまだまだなんですが、その内に持つ可能性・潜在能力はかなりのようですね。

半年前と違い、どこで踊ってるか判らない時は「小さくて巧い子から順に見ていけばすぐに見つかる」ようになりました。(笑)
本人の頑張りもあるでしょうけど、周りの子やスタッフの方が巧くご指導されているようですね。
ありがたいです。
ヴィジョンファクトリーとの養成契約も受けることが出来、いよいよこれから勝負ですね。
がんばって欲しいものです。(^_^)
0




AutoPage最新お知らせ