2021/12/30

2021年の振り返り1  活動記録

姫野が書きます。
この1年間の柔道の練習を通して沢山の成長をしたと思いました。個人的な成長としては人間性や柔道スタイルの変化です。人間性では他人に対しての接し方などで、柔道面では勝ち切る柔道,引手のこだわりなどです。チーム全体としては一人一人が高め合ってより良いチームを作っていけました。それもこれも親やご指導して頂いた先生方,OB・OGの方々と、長く支援して頂いたお陰だと思っています。本当に1年間ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。

藤本が書きます。
今年は高校柔道の厳しさを感じる一年でした。組手、フィジカルや技の技術など全てにおいて成長していかなければいけないと試合を通して思いました。なので来年はそれらをもっと鍛えていきたいです。

金子が書きます。
今年の一年は、とても悔しい年になりました。試合でも中々結果を出せず、レベルの低さを感じました。来年はこの悔しさをバネに自分に足りないところを自覚し、成長していきたいと思います。

河合が書きます。
今年の反省は組手が雑になり気味で相手にいい様に組まれすぎたことだと思います。また、寝技で負けることが多かったことも反省です。組手はもっと徹底していかないといけないし、寝技はもっとできる技を増やして抑え込まれる回数を減らし、自分が上について抑え込めるように練習していかないといけないと思いました。立技でも単発になり気味だったので崩してから入れるようにして行かないといけないと思いました。

内田が書きます。
今年は先輩になり、今までは先輩に頼ってばかりでしたが頼られるようになり責任感を持つようになった1年でした。
今年は自分が高校に入って今まで開催することが出来なかった中国大会に出場することができ、試合経験を積ませていただきました。
しかし、チームとしても怪我が多く自分自身も怪我をしてしまった時期がありました。それでも挫けずチームで前進出来たことが自分達の強みだと思います。「磨斧作針」というスローガンを胸に来年も頑張りたいと思います。

山崎が書きます。
僕が今年を振り返って一番に思った事は、勉強や生活、運動に対しての姿勢です。今までは、すぐに諦めたり、なにかをする前からマイナスに考えていましたが、何事もプラスに考え行動していこうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


第44回全国選手権山口県大会@周南スポセンまで23日
3
タグ: 柔道 高校 部活動



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ