2021/1/3

謹賀新年パート3  活動記録

主将の鍵谷が書きます。
昨年はコロナウイルスの影響によりとても苦しい年となりました。
僕たちの遠征や練習が制限されたことももちろんですが、三年生の先輩方にとって大切な大会が中止とされてしまいました。このような悔しさや不安が残るなかで三年生からの役割のバトンタッチが行われました。僕は主将として今まで引っ張ってくださっていた三年生の役割を継ぐことになりました。僕は最初、自分がこのチームをまとめられるのか不安でしたが、とにかく柔道を楽しむ、明るさのあるチームにすることが出来たと思います。僕たち二年生もこれからの大会がどうなるか分からない状況です。今まで、そして、これからも支えてくださる回りの方々への感謝を忘れず恩返しという思いで自分たち一人一人に出来ることを精一杯行い、行われる大会一つ一つを大事にしていきたいと思います。

副主将の三宅が書きます。
明けましておめでとうございます。昨年はコロナ禍の影響でさまざまな大会が中止になるなどとても大変な一年でした。だからこの状況の中大会や錬成会が開催された事に感謝しないといけないと思いました。
今年僕は高校最後の学年となるので一つ一つの大会を大切にして一月に行われる全国選手権や、インターハイに出場できるようにチーム全体で声を出し合いお互い高め合って日々の稽古に励みたいです。また、受験の年でもあるので勉強にも力を入れていきたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


全国選手権予選@周南スポセンまで20日
4
タグ: 柔道 高校 部活動



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ