2007/7/16

ハリーポッターと不死鳥の騎士団  映画


 そろそろ蝉の鳴き声が聞こえはじめてきましたね。

 今日はハリーポッターと不死鳥の騎士団を観てきました。
今回は全体的にダークな味付けの映画に仕上がってます。
クライマックスのヴォルデモート卿とダンブルドア校長との
戦いは手汗握るほどの迫力があって良かったです。
更に目を引いたのは、新キャラのルーナ・ラブグット役の
イヴァナ・リンチちゃん。
プラチナブロンズヘアが美しくて魅力的な大きな目が印象的
な15才の女優です。
役柄は不思議ちゃんな感じのキャラクターなんですけど、
見事にマッチしていてとても気になる存在でした。
これから観に行かれる人は、注目してみてはいかが?

 私はハーマイオニーファンですけど、ちょっと浮気して
しまったかも・・・(^^;
0

2007/2/13

バブルへGO  映画


 昨日は映画を観てきました。

 今、話題の「バブルへGO タイムマシンはドラム式」。
これはねー。面白かったよ。
私なんてバブル時代は社会人だったし20代前半で
いろんな意味でバリバリでイケイケでしたね(^^;
お金なんていくら使っても減らなかったしなぁ・・・。

 そんな懐かしい時代を現代の視点で改めてみる事の
できる映画でした。
バカデカイ携帯電話やワンレン・ボディコン。
アッシーくんにメッシーくん。
みんながイカレていてそれが普通だったバブル時代。

 なにもかもが懐かしい。
そして、時の流れの早さをしみじみ感じているこの頃。

 映画では、阿部寛が持ち前の演技力が素晴らしくて
楽しませてくれます。広末涼子も可愛くて競泳水着姿に
萌えました(^^;
所々にバック・トゥ・ザ・フューチャーのエッセンスも
感じられて深みのある面白さでした。

 これなら、もう一回くらい見ようかなぁと思う。

 今年になって初めてのGUY的オススメ映画です。
0

2006/9/2

UDON  映画


 昨日は休みでしたので、映画に行ってきました。
1日なので1000円で見れるしね(^^;

 タイトルはUDONです。
踊る大捜査線の本広監督の作品だけあって、面白いのは確実。
実際に見てみて、かなり面白かったですよ。
香川に行って讃岐うどん巡りをしたくなっちゃいますぅ。
これは、私のオススメの映画です。

 先日はゲド戦記を見にいったんだけど・・・。
これってファンタジーだったよね(^^;?
私の中でファンタジーってのは、ドキドキワクワクでスリルがあって
感動するのをファンタジーと思ってるんだけど。
このゲドにはそれらが一切感じられませんでした。
画がジブリだけに勿体無い映画を作ってしまったなと思いましたね。
中身と言うかストーリーが浅くて実に良く解らない作品でした。

 ところで話しは変わって、愛・地球博の公式DVDが今頃になって
販売決定。
ハガキで申し込むそうだけど。あ、もちろん申し込みますよ。
当たり前じゃん・・・EXPOジャンキーなんだからさっ(^^)
0

2006/7/24

パイレーツ・オブ・カリビアン2  映画


 パイ・カリ2を見に行ってきました。

 内容は明かせませんが、面白かったですよ。
なんだか、ドキドキワクワクするストーリーなんですけど、
エンディングを見る限り、3作目があるようですね。
なんか途中で終わってしまったようなエンディングでしたので。

 しかし、ジャック・スパロウはかっこいいなぁ(^^)。
憧れるなぁ、海賊・・・パイレーツ。

 もう一度、1作目のDVDをレンタルして見てみよう。
0

2006/3/1

県庁の星  映画


 今日は休みでした。
なので、映画に行ってきましたよん。

 話題の映画「県庁の星」。
平日ですが1日のなので1000円で見れる事もあってか人が多かったです。
それもこの映画に限ってか中高年の主婦がほとんど(^^;
やはりタカピーなお役所と民間の差を見てストレスを発散させようとする魂胆なんだろうか?
どうでも良いが、私の横に座っていた中年のオバタリアン(死語(^^;)が上演前にポップコーンを食べながらお友達と話こんでいて映画が始まる頃にはポップコーンを食べ終わったらしくて「もう、なくなっちゃった」だって・・・食うのが早いんだよ、てめぇーは(^^;。

 さてさて映画の感想ですけど、
思ったより笑える場面が少なかったですね。
もっと官公庁と民間との考え方の差でギャップの違いに笑える部分が多いと思ってたんですけど、意外に真面目な映画でした。
織田裕二は大好きな俳優でしたが「踊る大捜査線」のイメージが強すぎてちょっと期待しすぎた感じもします。
柴咲コウのキツ目の顔だち(美人という意味でもある)もラストの場面では満面の笑みになってルンルン気分で去っていくところなんかとても可愛くて好感度抜群でした。

 最後のエンディングロールで有薗芳記の名前が・・・。
えっ? どこに出てたっけ? 気がつかなかったよぉ(^^;
有薗さんは一部の人には有名な俳優さんで、山口三曹の役で右向け左に出演していたいいキャラクターの役者さんです。

 実は、コミックでこの「県庁の星」を読んだ事があるんですけど、このコミックはすごく面白かったです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ