2007/5/6

行ってきた  フェレット


 やはり化膿していて、頭部と顎も
膿みで繋がっていたとの事。
どれくらい出たのか実際に見せてもらった
が、こんなに入ってたのかと思うほどでした。
粘膜状になっていてドロっとしていた。

 処置としては、毛を剃って注射器で
膿みを吸い取るという方法でした。
しかも年齢を考慮して麻酔無しで処置した
そうなので、おそらく痛くて暴れまくった
事でしょう。

 処置が終わって私の所に来た時は、
切った跡が痛々しく感じられたが当の本人
はちょっと違和感があるような仕草で
患部をペットシーツに擦り付けていた。

とりあえず、これで一安心です。
あとは薬と消毒をキチンとやって
一週間後に通院させる予定です。

 治療および薬代の合計は
締めて17000円ナリ。

 トホホ。
給料日前なのに・・・当分は
極貧生活が続きそうです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ