今使ってる日記サイトからココへの移動を計画中。試運転。

2011/7/12

2011.7.12(火) ジャンケン  
ジャンケンと言うのは、勝つ確率1/3、再戦(あいこ)1/3の、とてもよく出来たシステムだと思う。
しかしいろいろ聞くと、ココにも微妙な心理戦があって、勝つ確率が高いのがあるとの事。

それは「パー」。
でもこれは、いきなり「ジャンケンポンッ!」の場合。
人間は緊張した場合、手を握り締める習性があるらしく、そのためパーが一番勝率が高いそうだ。

じゃあ「最初はグー」の場合はと言うと。
この場合、グーで緊張がほぐされ、次はグー以外の手=チョキとパーを出す事が多いらしい。
よって、チョキが勝つ確率が高いらしい。

ここで謎が。
俺が関西にいる時、仕事仲間と毎回「ジュースジャンケン」が行われていた。
10-20人くらいでジャンケンして、負けたら全員のジュースをおごらなくてはいけない。
負ける確率はとても低くて、タダでジュース飲みまくりなのだが、一度負けると20連勝しないと割に合わないシステム。
(ちなみに俺は2-3回負けてるんで、割に合わない方だ(泣))

この時のルールは「最初は1」。
つまり、指を1本だけ出してからジャンケンに入ると言うルール。
指1本=グーとチョキの2つが誘発されてる訳で、じゃあ次は何が一番確率高いの?
誰が考えたのかわからないが、これはマジでとてもよく考えられたルールだ。

こればっかりは統計とってみないと何とも言えない。
学生時代、数学専攻だった俺。これ、研究したいなあ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ