2017/9/30

長野電鉄、地道にコツコツと近代化…………  鉄軌道

長野電鉄は、この10年余りの間に信州中野〜木島、須坂〜屋代間を相次いで廃止しましたが、その代わりに残された長野〜湯田中間を地道に近代化しています。

しかし、あの自前新造(日本車両会社謹製)だった2000系ロマンスカーやOSカーがいなくなったのは何だか寂しい…………。

また感心なことには、名鉄や近鉄以上にLED照明を普及させていますね。善光寺下駅は神戸高速鉄道東西線の花隈駅にホームのイメージがそっくりですが、断然に明るいし、トンネル内の蛍光灯も殆どがLEDに。名鉄名古屋駅や金山、神宮前駅そして神戸高速鉄道も見習え!!!

なお、長野電鉄には未だに料金不要な急行や準急、快速などは皆無。普通か有料特急だけの両極端ですね。また、東京メトロの03系が移って来るような噂も特になさそうでしたよ。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/30

信州では、まだフルカラーLED方向幕搭載バスは見当たらず…………  交通一般

画像は、先日のJR長野駅善光寺口の夜景です。

あの善光寺を象っていた駅舎は既に鬼籍入りしていますが、長野電鉄だけでなく、長電バスやアルピコ交通(ここでは旧川中島バス)も車両は鋭意、世代交代中か。

岐阜県や三重県そして豊橋、静岡、新潟市内などとは違い、まだフルカラーLED搭載バスは現れていないようですね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/30

今年も間もなく十五夜。田毎の月は如何に?  旅・紀行

長かった蒸し暑い夏もどうやら終わったみたいで、今年も間もなく十五夜を迎えます。

さて、長野県のJR篠ノ井線・姨捨駅付近は古くから段々畑が広がり、十五夜には田毎の月として、お月見を堪能したとか。

画像は、特急電車内から見た善光寺平ですが、全国の鉄道の中では指折りの美しい車窓(姨捨〜稲荷山間)とか。ナンバーワンの狩勝峠線(旧国鉄根室本線)は残念ながら1966年夏には経路変更に伴い廃止になりましたね。ナンバー2の矢岳峠線(JR肥薩線)、そして、この姨捨峠線は昔のまま健在。昔の蒸気機関車の格闘ぶりが懐かしく偲ばれます。

なお、篠ノ井線が完全無煙化されたのは1970年2月22日だったかな。最期はD51の2両が季節急行“ちくま”(大阪行きの6812客レ)で、旧塩尻駅(今の塩尻大門貨物駅付近)までDD51の代走を行い、蒸気機関車の運行を締めくくりました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/30

東武鉄道“SL大樹号”のC11が故障!!DE10で代行牽引…………  鉄軌道

先日、東武鉄道鬼怒川線“SL大樹号”の本務機、C11-207が突然、故障して営業運行できなくなり、当日の便はすべてDE10-1099が代行牽引するというトラブルがありました。

そのため、指定席券は敢えて当日は発売せず、予約していた希望者だけ14系客車に乗せる措置が取られたようですね。

まあ、客車はあの35系4000番台に準じた新車で復刻でき、いずれは間違いなくJR東日本などでも出現するでしょう。しかし、当の蒸気機関車だけは何ともなりませんね。或いは、幻になったまま現代に至るC63-1号機を造って戴きましょうか?(苦笑)

まあ、それは単なる冗談ですが、高齢者たる蒸気機関車は常にそういう危険も孕んでいるでしょう。

さて、そういう場合に備えながらも、こうしたレトロ客車牽引向けにDF50もしくはDF91の復刻版の新造も提案したいと思います。

確かにDD200型でも導入すれば簡単ですが、何だか真っ赤で車体もややごつくて、客車列車を牽くには、あまり気持ちの良い外観ではないなぁ…………。あのライトの位置も、非常時にはちょっと怖い。

それならば、昔の箱型電気式ディーゼル機関車を復刻させた方が良い。車体カラーはブドウ色2号として、白帯を引けば、よく似合う筈。また、性能はDD200型並みに合わせて、うまく軸重を抑えられれば最近の電車やディーゼルカーなど一般営業列車の不意な救済牽引にも大いに役立つだろうし、またSL抜きの一般臨時レトロ客車列車にも使えるでしょうね。多分、小海線や大糸北線、飯山線、明知鉄道、長良川鉄道などにも対応可能だろう。案外、受けるのではなかろうか?

あのDD51-1043号機も今後は、どうせ、そう長くは持たないだろうから、今のうちに対策を考えて貰いたい。

なお、35系4000番台は来る11月にはC56-160号機が代行牽引するらしいが、多分、DD51も補機を務めるのだろうな…………。

なお、JR東日本ではレール運搬ディーゼルカー(キヤ195形)を造るとか。あの骸骨みたいな格好のJR東海のキヤ97形を参考にしたらしいが、もしかしたら、客車の回送牽引もあり得るのかな?実際、35系4000番台はキヤ143形(除雪ディーゼルカー)に挟まれて回送されることがあるとか…………。
0

2017/9/29

しなの鉄道の次期車両有力候補はどれかな!?  鉄軌道

JR東日本(旧国鉄)長野駅構内は、蒸気機関車や58系ディーゼルカー亡き後、長らく115、169系電車がローカル輸送の主を務めてきましたが、既に篠ノ井線からは115系や169系は姿を消してしまい、211系2000、3000番台やE127系100番台に世代交代しましたね。

しなの鉄道は本投稿時点では既に169系は姿を消し、専ら115系ばつかりですが、今後は否応なしに新たな車両更新も免れまい。

しかしながら、E129系的な純新車を一気に多数導入するのも、さぞや厳しかろう。いっそのこと、JR東海神領、静岡車両区から211系5000番台や311系を安く譲ってもらい、不足分だけ313系1300、1600番台的な純新車を導入したら如何? その場合、JR東海も穴埋めに313系2000番台(オールロングシート?)の新造が必要にはなるのだが…………。

但し、いずれにせよ徹底した耐寒耐雪化やワンマン運行対応化は必須でしょうね。その暁には、軽井沢〜直江津間の直通復活や、日本海側の海水浴シーズンには、ひすいラインの能生駅や信越本線の鯨波海岸最寄り駅までの臨時快速電車(一部指定席を想定)あるいは有料急行電車も新設できたら…………と思いますよ。但し、梶屋敷駅以西は残念ながら乗り入れはできないが…………。また、あの筒石駅も照明を強化し、もっと宣伝したらどうか? エスカレーターが必要にはなるが。うん。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/29

今般の旅先で出逢った懐かしいカラーの列車…………  鉄軌道

今回の信越地方小旅行では、思わぬ場面で懐かしい車体色の電車、そして静態保存されているディーゼルカーに偶然にも出逢うことができました。

しかし、まさか北しなの線にスカ色の115系が健在だなんて夢みたいですなぁ…………。(微笑)

最近は、しなの鉄道の115系もシングルアームパンタ搭載編成が激増しています。但し、国鉄時代後期の製造で老朽化もかなり進んでおり、遠からずE127、129系化か? あるいはJR東海から211、311系が多数押し寄せてくるのかな? 別にまだ何の噂も聞いてはいないが…………。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/27

どうにか無事に帰名しました…………  旅・紀行

終始、晴天に恵まれ、今回の旅行を無事に終えることができました。

詳細は、また後日にも報告したいと思います。

取り急ぎ、失礼致します。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/27

糸魚川〜南小谷間の早朝…………  鉄軌道

直流電化さえも、やはり難しいというJR大糸北線。地盤が大変にもろくて、落石も日常茶飯事では、E127、129系電車の走行も到底、おぼつくまい。

切り札は、やはりアキュムEV-E301系しかないのかしら?

しかし、長いトンネルが連続し、導入は無理かな?

糸魚川駅構内には、青一色に塗られた、あいの風とやま鉄道の413系電車が停泊。多分、高岡行きになるのでしょう。

ほかには、はるばると金沢駅に向かう521系の快速電車もでているようですね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/26

本投稿時点では夏休み旅行中。詳報は、また後ほどに…………   旅・紀行

まあ、還暦を過ぎたので、体力的にも、いきなり欧米とか沖縄とまではいきません。

従って、比較的に身近な地域ということで…………。また帰名後にご紹介致します。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/24

名鉄バスが来る10月1日(日曜日)にダイヤ改正!!  交通一般

名鉄バス会社は、来る10月1日(日曜日)始発から一部の路線バスでダイヤ改正を行います。日常的に利用の皆様はご注意くださいませ。

詳細は名鉄バス公式サイトにて。大きな特徴は、豊明団地線の経由が東白土〜南白土間で変更し、相生山病院入り口付近を回るようになり、また前後停留所は前後駅と正式に改称されます。

また、岡崎市内、美合、日名町、桜形の各線や、鳴海線ではダイヤ改正。日名町線は運行本数が減らされそう。鳴海線も、ちょっと心配ですな…………。

詳しいことは、各自でご検索願います。どなたか詳しい方、本投稿のコメント欄でより正確な解説をお願いできませんか?

また同時に、新車の導入や旧車の引退も毎年の事例により多数出そうで、もしかしたら、フルカラーLED方向幕も名鉄バスに本格デビューなのか!? 頑張って、普及に努めて戴きたい。願わくは近隣の名古屋市交通局や知多バスなどにも十分に届くように…………。

もしかしたら、新車の半数は“ブサカワ顔先生”かもなぁ…………。残りはニューエアロスター型ないしニューエアロミディー型だろうが。うん。車番は多分、大型車両が4800番台、中型車両は8800番台になろうが。日野ポンチョ型が0800番台としてデビューするかどうかは、まだ不明。

さらに、名鉄バスセンター〜県営名古屋空港間には久々に短距離高速路線も復活か。市バス・黒川11の試行便が使っていた豊山社会教育センター停留所が再び活用される模様です。

⬛追伸(9/28)…………名鉄バス鳴海線は、どうやら平日、土曜・休日とも10〜14時台での鳴子みどりケ丘ローカル便は廃止になり、この時間帯は平針運転免許試験場回りが60分間隔で運行されるだけになりますね。特に昼間、薬師山〜鳴海製陶前〜大根荘間をご利用される方はご注意ください。その代わり17〜19時台の鳴子みどりケ丘ローカル便は、すべて平針運転試験場回りに模様替えして30分間隔での運行になり、夕方帯は便利になります。

また岐阜バスの高速車両が最近新しくなり、名鉄バスセンターに頻繁に顔を出しているようです。名古屋市内では恐らく、初めてのフルカラーLED方向幕搭載バス(日野製セレガ型とみられる…………)か?やはり、かなり見やすくなりましたね。さて10月1日からの名鉄バスダイヤ改正で一体、どうなる?
0

2017/9/21

もしかしたら風前の灯?? 名鉄5300、5700系  鉄軌道

まだまだ暫くは頑張ってもらいたかったが…………。

しかしながら、仮にそれが当たったとしても、後継編成が全面ロングシート車両では、余りにも夢が無さすぎる…………。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/21

名鉄3307F、いつの間にか客室照明が完全LED化!?  鉄軌道

画像は先日夜に乗り合わせた名鉄3307Fですが、何といつから客室内が全面的にLED照明になったのやら!?

この編成、数年前に東岡崎駅にて旧1384Fと運用を交代したと思うが、あの当時は、まだ蛍光灯だったような気がしますが…………。

ちなみに乗務員室内は蛍光灯でした。客室内は、3172Fなどと同じ型。

もしかしたら、2210〜2212Fとか、3308、3309Fも密かに施工されたのかしら? 私自身は、よく分からんがねぇ…………。いや、何かの勘違いかな?


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/18

名鉄、2018年度から暫くは車両更新に力点か?  鉄軌道

名鉄は瀬戸線4000系の増備以来、現代に至るまで、純新車は16〜18両程度に留めて、むしろ在来車両のリニューアルや本線系の高架化促進に力を入れてきました。

さて、来年度(2018年度)は恐らく、3300系(2編成8両)、3150系(4編成8両)だけ…………とみられてきましたが、今回の5700系一部廃車、5600系全廃(片側2扉車)に至り、また最近は近々の廃車が確実とみられていた6030Fなどが定期検査を済ませて無事に帰ってきたこともあり、状況が変わる可能性も指摘されています。

純新造だった5700系は高速域は確かに優れてはいるが、加速力はやや弱くて、普通列車にはあまり向かないこと。むしろ初代5000、5200系のモーターを流用した5300系の方がまだ加速力が強いらしく、どちらかと言えば5700系の方が今後、意外に早く全廃に至るのかもしれませんね。最近は、佐屋〜吉良吉田間急行や名古屋〜河和、内海間の一般特急も5700系はあまり出て来ず、むしろ5300系の方が優先的に使われているような気がします。5700系はむしろ犬山〜東岡崎間の普通運用が中心か。

その点から見れば、18年度もまず5700系から整理される可能性も。中でも、車体の状態がかなり悪そうな5704Fは特に…………。

また、6001Fや6052Fは最近、パンタグラフが剛体架線対応型になりましたが、6007〜6013Fは変化がなく、6007、6008Fもちょっと危ない?

もしかしたら、再び1年当たりの新車30〜40ないし60両時代が名鉄にやってくるのかしら?

ともあれ、5300、5700系の元気な姿は、今のうちに撮影しておいた方が良さそう。
1

2017/9/17

将来の存廃に揺れる敦賀〜金沢間の在来線特急  鉄軌道

北陸新幹線は、本投稿時点では高崎〜金沢間が既に開業。残りのうち、金沢〜敦賀間が鋭意建設中ですね。

さて、特に金沢〜福井間は何とか2020年中にも前倒しで開業できないかという声も高まっています。既に福井駅本体は概ね完成。えちぜん鉄道が借用営業中で、地上駅跡に別の高架線を建設中。また福井鉄道と三国芦原線が相互乗り入れを始めているし、駅前の再開発もかなり進んだため、新幹線乗り入れの受け入れ態勢は万全と県側は主張していますが…………。

私も個人的には新幹線の金沢〜福井間だけは早く開業して欲しい気持ちですが、どうもJR西日本側は車両基地が不足しているという理由で、渋っているらしい。

…………さて、当初予定通り、22年度内に金沢〜敦賀間が開業したら、在来線の特急“サンダーバード”“しらさぎ”の敦賀〜金沢間を全廃するつもりらしいが、こうなると特に名古屋〜米原間の利用者は否応なしに敦賀駅で恒久的に乗り換えを強いられるか?

しかしながら、愛知県や岐阜県などは「冗談じゃあない!!」と当然ながらも激怒。あくまでも現行の特急“しらさぎ”は並行在来線経由で名古屋〜敦賀〜福井間だけは残すべきだと主張しているとか。フリーゲージトレインの開発が概ね失敗した今、もはや、それしか打開策はなさそう。

まあ、北陸本線の敦賀〜大聖寺間は22年中までには、新たな第3セクター会社の若越鉄道(?)に移行しても仕方ないだろう。仮称・若越鉄道は恐らく、IRいしかわ鉄道の場合に倣って今の521系電車をJR西日本から買い取り、他に数編成は自前で新造するものとみられます。しかし、敦賀駅にて北陸新幹線に連絡では、あまりにも中途半端すぎるよなぁ………。(苦笑)

並行在来線になる敦賀〜福井間(北陸トンネル敦賀寄り出口の手前に交流・直流のデッドセクションあり!!)は一つの3セク鉄道直通ビジネスとして、特に“しらさぎ”ぐらいは残すべきでしょうな。場合によっては、JR東海が681、683系を買い取ってでも存続させるのが責務でしょう。確かに敦賀駅で運行を打ち切れば、直流電化区間だけの運行のため、373あるいは383系、また快速化(一部指定席を想定)の場合は313系で済むだろうが…………。まさか、以前に噂があった中京新幹線(敦賀〜米原〜岐阜市内〜名古屋間)は莫大な経費が掛かるだろうし、名駅での地下スペースが無かろうから、建設されまい。あるいは金山、栄辺りの地下にでも乗り入れさせますか?(苦笑)

さて皆様は、どう思われますか?
0

2017/9/15

キハ25系1000番台に初めて乗車!!  鉄軌道

この車両、城北線には似合うのかな? 画像は、美濃太田行きの普通列車です。

それとも新たな単行型(電気式も視野に…………)を考えた方が良いのだろうか?

客室内照明は、名鉄の最新型電車に似たタイプのLED灯です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ