2015/12/31

名鉄電車、2015年での乗り納め……それでは、皆様!良い新年を!m(__)m  鉄軌道

本来は、名鉄名古屋本線(岐阜〜豊橋間)の一般特急(元・高速急行)や急行のエースになる筈だった5700系。画像は鳴海駅にて停車中の豊明行きの準急(編成は5702F)です。恐らく津島方面からの始発か?

これで、私にとっては2015年最後の名鉄電車の利用になるでしょう。

5700系は7000系や7700系亡きあと、気軽にパノラマカー気分が味わえる車両でしたが、現代は名古屋本線はおろか、西尾線直通急行にも殆ど使われなくなり、河和線の平日昼間の一般特急で、どうにか務まっているような感じです。通常は名古屋本線の準急や普通での運用です。

5700系や5600系の動向も今後は予断が許されません。多分、走行機器は現5000系に流用されるだろうと期待はしているが……。

なお、5300系は走行機器もかなり古いため、3300系が噂通り、大量増備されれば、意外に早く全滅するのかもしれません。本投稿時点では、2両組成の5309Fも元気に代走運行しているのだが……。

………本年もいろいろな出来事がありましたね。お世話になりました。

それでは皆様、良い新年(2016年=平成28年)をお迎えくださいませ。m(__)m


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/12/31

久々に乗った名鉄2211F  鉄軌道

名鉄では、理由やきっかけはよく分からないが、最近、ECB車の中でも純電気ブレーキを採用した最新系列編成を中心に外観デザインの変更を進めており、このベースで行けば次の春か夏にも完了しそう。

5000系や1800系についての処遇は未定とか。

画像は大晦日を翌日に控えた2211Fです。(熱田)神宮前駅にて。新鵜沼発豊橋行きの特急。

………しかしながら、特に7000系や7700系が全廃になってからは、伝統の名称列車も殆ど見慣れなくなり、また特に夏ダイヤとか正月ダイヤもありません。通年、基本ダイヤとなりました。

1975〜85年頃には、基本、春、夏、秋、正月とダイヤが大別され、特に正月と夏の日曜・祝日ダイヤでは、行楽向けの名称座席指定特急も花盛り。蒲郡線も、そりゃあ賑やかでしたが、もう懐かしい思い出の彼方に去りました。

当時は車両不足も深刻で、名古屋本線の一般特急も6000系(豊橋駅乗り入れ)や初代3400、3900系(美合駅折り返し)で穴埋めをしたものでした。今は、その役目もT4、T2編成(3500系など)や5R4編成に代替わりしていますね。6000系の豊橋駅乗り入れも姿を消し、代走運用は基本的には6500、6800系に限定されているようです。今のダイヤでは最高運転時速100キロとAL車並みの高速性能では、とてもじゃあない、定刻通りに岐阜〜豊橋間を往来できず、比較的車齢が若くて、先頭部非貫通な6045〜6052Fの早期廃車候補も何となくうなずけます……。

間もなく2212Fも落成しそうで、1853Fのほか、1230系もさらに1編成が姿を消しそうです。

なお、1230系や1850系は、7500系の走行機器を一部流用しているため、リニューアルの対象外です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/12/30

ひたちなか海浜鉄道に譲渡された元JR東海キハ11・100番台、就役!!  鉄軌道

茨城県のJR常磐線・勝田駅と阿字ヶ浦を結ぶ、第3セクター、ひたちなか海浜鉄道は、本日(12月30日・水曜日)始発から、かねてから再整備を受けていた元JR東海・キハ11―123号車など2両を就役させるそうです。

これに伴い、旧国鉄から譲渡されたとみられるキハ2004号車(元国鉄キハ22形?)が廃車になります。

ちらりとサイトを見た範囲内では、新しい形式名は本投稿時点では分からないが、客室内はロングシート化され、吊り革握り手は三角形に。車体カラーは、グリーンにクリーム色のツートンカラーと、何だか昔の名古屋市電に似ていますね。

ひたちなか海浜鉄道は、もともと茨城交通が経営していて、かつてはケハ600形ステンレスカーを走らせたこともあります。

また阿字ヶ浦には、旧国鉄がキハ58系による海水浴列車の快速“あじがうら”を東京・上野駅から直通させていた時代もあったかな?確か1970年代に……。

ひたちなか海浜鉄道では、今後も旧型気動車の淘汰を図りたいとしており、もし仮に名松線や城北線に新しい気動車が入るようならば、ステンレス製の300番台の購入もあり得ます。本当なら、あのET122形的な新車が望ましいが、やはり財政事情はなかなか苦しいだろうし……。まずはJR東海・名松線、次に、道南いさりび鉄道が先決かな?(苦笑)

まぁ、ミャンマー国鉄だけでなく、ひたちなか海浜鉄道での元キハ11のご活躍を祈ります。m(__)m
2

2015/12/29

JR函館本線・嵐山トンネル火災の後片付けも済み、旭川〜深川間は平常ダイヤに戻るも何だか割り切れん…  鉄軌道

JR函館本線の火災を起こした嵐山トンネルでの後片付けもどうにか済み、不通になっていた深川〜旭川間や留萌本線・深川〜留萌〜増毛間の運行ダイヤは2日ぶりに平常に戻りました。本日(12月29日・火曜日)正午頃の復旧で丸2日ぶりですね。

今回の火災トンネルが1・3キロと短かったのが幸いしたのでしょう。

しかし、これが、青函(海峡線)とか丹那(東海道本線)、笹子(中央東線)、大原、峰(飯田線)、冠着(篠ノ井線)、北陸(北陸本線)といった長いトンネルだったり、また長いトンネル内の閑散駅(筒石、美佐島、土合、湯檜曽)構内だったらと思うと、ぞっとしますね……。

管轄がJR北海道なだけに、国交省などにおかれては原因の徹底究明や再発防止に努めて戴きたい!!

JR九州や肥薩おれんじ鉄道(貨物列車だけ)も基本的には交流電化営業ですが、こんな火災はまだ聞いた覚えがありません。尤も、今後も起きたら困るが……。

私が言いたいのは、それだけですわ……。(苦笑)
0

2015/12/28

夜勤の合間に食べた、セルフサービスの釜揚げうどんとイカ天婦羅  グルメ・料理

やはり、ちょっと寒い日には助かるメニューですわ……。画像のうどんは大盛りです。

なお、名古屋市南区の名鉄大江駅付近の例の店ではないため、あのグラマーで、ちょっと口煩い女将さんはおらず、気が楽ですわ……。(苦笑)また、アルコール類は一切ないようです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/12/28

実家近くの旧公団住宅、何か建て替え促進を目指し規制緩和の動きも!?  世相・社会

旧日本住宅公団が高度経済成長時代に建てた羊羹型住宅やスターハウス。

何だか、普通分譲や特別分譲の両棟についても、国は早急な建て替えを今後は強く促すらしい。

これまでは、所有者全員が賛成しなければ建て替えはできなかったが、政府案では、どうも所有者全体の3分の2の賛成で建て替えを認める方針とか。

若い方々ならまだしも、年配、高齢者にとっては金銭的にも体力的にも、いささか、つらい。

私自身は、建て替えの場合は、国にそれ相当の資金補助でも要求したい気持ちですわ……。

以来、住宅・都市整備公団、都市基盤整備公団に改組。その頃までは、千葉県北部に公団直営鉄道(標準軌、直流1500ボルト電化、全区間複線)もありましたね。京成電鉄や都営地下鉄浅草線、京浜急行電鉄に乗り入れる規格で、都内(地下鉄出札窓口など)では“公団線”と呼ばれました。愛知県の高蔵寺ニュータウンなどに、随分、羨ましがられた……とか。

しかし、今は独立行政法人の都市再生機構(UR)に。住民、所有者へのサービスも低下したと言われています。

当時の公団直営鉄道線も、今は第3セクター会社の千葉ニュータウン鉄道に移管していますね。

高蔵寺ニュータウンは、桃花台新交通線(VONA型電車)の全廃で、もはや小牧〜高蔵寺ニュータウン〜高蔵寺間の本格的な通勤電鉄(名鉄小牧線や愛知環状鉄道、JR東海・中央西線への相互乗り入れを想定か?)実現の夢も完全に絶たれてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/12/28

年明けには、いよいよ解体か?築半世紀の洋風民家……実家の近隣にて  日常生活・娯楽

夜勤に出掛ける前に、今度は反対側から撮影しておきました。

あの気さくだったご夫妻様には、健在な時代は私自身もいろいろとお世話になりました。特に奥さんは働き者で、庭手入れや、また歌や音楽を愛していたようでした。

今度は、いつまでも天国で仲良くやってくださいね。お節介な言い方になりますが、あの世での夫婦喧嘩は実にみっともないでしょうから。うん。画像の洋館が解体されても、お二人さんは永遠に不滅です!!


クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/12/28

今季も去った2015年クリスマス……名残にケーキのズーム画像を……  グルメ・料理

どうにか、今季も無事にクリスマスが過ぎました。

お名残にケーキのズームアップ画像を……。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/12/28

小田急〜常磐緩行線直通電車もFライナーと同時にデビューか!?  鉄軌道

あれから小田急などの公式サイトなどをチェックしていましたが、早ければ来る3月26日(土曜日)のJRグループや東京メトロ副都心線を含む一般狭軌5私鉄のFライナーと同時に、どうやら小田急〜地下鉄千代田線〜JR常磐緩行線のダイヤ改正に伴い、懸案だった小田急〜常磐緩行線直通電車もお目見えする模様です。

恐らく、多摩ニュータウン〜取手間が中心になりそう。確かにE233系2000番台は小田急の唐木田駅に姿を現したらしいが、あれから小田急側の4000系は取手駅まで試運転をしたのかどうかは知りません。

恐らく直通電車は、小田急線内では急行か準急になるものとみられますが、将来的には常磐快速線(中距離の一般常磐線?)からも、何とか東京メトロや小田急に直通できないか?と思いますね。

もし実現すれば、小田急メトロ特急が取手〜箱根湯本ないし片瀬江ノ島、あるいは実現すればJR東海の御殿場や沼津にも直通可能になりそう。またE531系新番台(1000番台?)で水戸、勝田から代々木上原まで快速輸送が可能になるのかもしれませんし、日本の地下鉄にとっては初の交直通両用電車が、福岡や仙台に先んじて現れることに。ようやくソウル市営地下鉄1号線に追い付きますね。(笑)但し、千代田線が過密ダイヤになる恐れもあるから、当分は時間帯を限定か?

また私自身が1969年3月末から主に日本橋〜東陽町〜西船橋〜津田沼間で乗り慣れている東京メトロ東西線についても、JR千葉駅や佐倉駅あるいは茂原や君津(←何か先日、名古屋市内での異常な殺人事件と酷似した出来事がありましたねぇ……本当に怖いお姉さんじゃあなかった、怖い猟奇的事件ですわ……世も末になりかねない……大汗)、成東、八街、東金の辺りまで快速直通できないか?さらに、中央東線の高尾ないし大月辺りまでの直通も課題でしょう。JR東日本側はE233系の新番台(2500番台?)でも用意して貰えれば……と思いますよ。鹿島スタジアムでサッカー試合がある時は、鹿島神宮駅までの直通も考えられるが、やはり車内トイレや一部はクロスシートにすべきかな?難問は山積です。

E235系は、ちょっと遠慮して戴きましょうか?(苦笑)

また京王電鉄井の頭線の地下鉄乗り入れも一度は検討を。一般狭軌だから、多分、東京メトロ半蔵門線しか受け手はなさそうだが……。
0

2015/12/27

“駅”は、地域文化を呈する!?これから大変貌する駅や大切にされている秘境駅、見放されたキモい駅……  鉄軌道

もしかしたら身近なバスターミナルとか空港、道の駅もそうかもしれないが、特に鉄道の駅は地域住民や文化、ひいては日常利用客のレベルやモラルを呈するとしても、決して過言ではないでしょう。

昔から「字は人を呈する」とか言われますが、鉄道駅も全くその通りですね。(笑)実は、私自身も字は下手だが……。

さて、名古屋駅界隈は今後、JR東海や名鉄、近鉄とも向こう10年ないし20年後には大きく発展的に変貌しようとしています。ただ、名鉄については複々線化や関連ビル群建て替えの問題もあり、本投稿時点では今一つ、青写真が見えません。ただ、金山〜枇杷島分岐点(あるいは須ケ口)間、最低でも山王〜栄生間を複々線化するならば、間違いなく最後のチャンスでしょうね。

あとは名鉄知立駅や喜多山、守山自衛隊駅付近の高架化ぐらいかな?

また、JR西日本ならびにえちぜん鉄道福井駅の高架化も注目です。

しかし、昨今は残念ながら、明るい話題だけ……というわけにはいかないようです。

JR北海道のように、利用客が著しく減少していた駅の廃止も見逃せません。あの函館本線・張碓駅のことを思い出してしまいますが、晩年は普通列車も全便通過し、いつの間にか付近の道も草に埋もれたようで、駅舎もぐしゃぐしゃ……。まるで、本物のあばら家でした。あの張碓という駅名板も何だか気持ち悪く見えましたね。ちなみに隣の駅は縁起の良さそうな銭函駅の筈。こちらは、まぁ、賑わっていますね。

そんな中で室蘭本線の小幌駅。両端をトンネル入り口に挟まれていますが、近年はなぜか日本一の秘境駅として注目を浴び、暫くは残されることに。まだ将来は分からないが、ゆくゆくは特急“北斗”も一部は臨時停車して貰えるように、地元(豊浦町)の努力が必要でしょう。周辺の自然を著しく壊さない範囲内で観光再開発するのも選択肢です。

JR東海・飯田線の小和田駅。こちらも、かつては張碓駅みたいに荒れていたのかもしれないが、地元の絶え間ない努力のお陰で有名な秘境駅になり、結構、賑わっていますね。隣の大嵐駅は、やはり両端をトンネルに挟まれていて、片方(水窪駅寄り)は飯田線内では最長の大原トンネルです。

残念ながら、最寄りの豊根村立富山(とみやま)小中学校は廃止になりました。私自身も林間学校として、3泊した思い出があります。その校庭で飯盒炊飯して皆で食べたカレーライス、結構、美味しかったなぁ〜。1967年8月下旬だったかな?

当時の国鉄飯田線の普通電車も確か、クモハ52形(元関西流電)も含めた旧性能車ばつかりで、あの有料急行“伊那”でさえ80系でした。まだ篠ノ井線・松本〜篠ノ井間が非電化だったため、急行“天竜”は58系気動車でしたね。但し、天竜峡駅以北の運行だったが……。またEF10型電気機関車も貨物輸送に飯田線全線で活躍していました。

名鉄でも、かつては張碓駅みたいに、存否すら分かりにくい駅もありました。

谷汲線の結城駅。朝夕の3往復ずつしか停車せず、竹藪に覆われて、駅名板も分かりにくく、苔むしたような、何だか気持ち悪い駅でした。マムシやヤマカガシなど毒蛇が出てきそうな感じ……。

また河和線の椋岡駅も、阿久比駅に近過ぎたのか徐々に寂れ、晩年は、1日に僅か数往復しか停車しませんでした。張碓駅や結城駅みたいに荒れてはいませんでしたがね……。(苦笑)

広見線の御嵩口駅も今のままでは、いずれ荒れてきそう。近年はバロー御嵩店(?)がオープンしましたが、広見線は付近には駅が無し。いっそのこと、御嵩駅から余りにも近過ぎる御嵩口駅なんか廃して、バローの近くに新駅を設けてはどうか?かなりの利用が見込めるとみられますが……。それまでには、マナカにどう簡易対応させたら良いか、決めて貰いたいですね。

そんな中で西尾線の旧碧海堀内駅。安城市の熱意で恒久存続に見事に大成功!!今では堀内公園駅に生まれ変わり、駅舎も無人ながら美しくなりましたね。

蒲郡線も、東幡豆駅の駅舎は昔ながらの直通特急、急行乗り入れで活気に満ち溢れた時代の面影をよく残しています。西浦駅や形原駅もそうですが、何とか再活性化策を考えて貰いたいですね。蒲郡線の恒久存続に向けて……。そうすれば、マナカ簡易対応化への道も自ずから開けて来る筈!!

なお、今後は河和線に新しい加木屋駅(?)が誕生しますが、あのツツジの花々に囲まれた谷部分だったら、新しい秘境駅になるかな?また祖父江町の銀杏並木付近に尾西線の新駅があっても、きっと面白い存在にはなるし、観光秘境駅にはなるでしょう。後者は特に計画は聞いていないが……。

さらにJR西日本の木次線・出雲坂根駅(三段スイッチバック設置)や亀嵩駅(出雲蕎麦屋を併設)も、さらに秘境駅として全国的に親しまれるようにさせたいところです。但し、出雲坂根駅は1日当たり3〜4人ぐらいしか乗降がなく、信号所化される心配はありますが……。亀嵩駅なら、まぁまぁかな?

なお、JR北海道・海峡線の津軽今別駅。今は全列車通過になり事実上廃止されましたが、付近に奥津軽いまべつ駅(北海道新幹線)と津軽二股駅(津軽線)があり、将来的には、まとめて奥津軽いまべつ駅に統廃合すれば、まぁ、旧津軽今別駅は発展的な解消と言えるでしょうね。

最後に、南海電鉄とJR西日本(旧国鉄)の共同駅だった大阪市内の新今宮駅。昔(1985年頃?)訪ねた時は特に夜間で、乗り換え連絡跨線橋の廊下が酔客によるとみられる、立ち(あるいは座り?)小便や嘔吐物の跡で大変に臭かったものだが、今は少しは綺麗になったのかな?(苦笑……お食事中の方、ごめんなさいm(__)m)
0

2015/12/27

JR北海道、今度は函館本線北部でトンネル火災……新幹線開業目前にして何やっとるんじゃっ!?  鉄軌道

既に各報道でもご存じかと思いますが、JR北海道管轄の函館本線の北部でトンネル内火災が今朝(12月27日・日曜日)5時頃に発生。幸い負傷者などは出ていませんが、本投稿時点(正午前)では、消火活動が思うようにはかどらず、なお延焼中らしいですねぇ……。これが、北海道新幹線開業後での青函トンネル内だったらと思うと、ぞっとしますわ……。(苦笑)

現場は旭川市付近の近文駅付近らしい。旭川駅などの運転指令センターに嵐山トンネル内の異常を示す信号が届き、また、たまたま通過中の回送電車の運転士もトンネル天井のウレタン製防水板の火事を確認。無線で他の列車を停めるように伝えてきたとか……。漏電で架線も焼損しました。

………そりゃあ、JR他社にしろ、各都市の地下鉄や名鉄、近鉄にしろトンネル火災は過去に全くなかったとも言えないかもしれないが、昨今のJR北海道管轄内は車両ばつかりでなく、線路やトンネル、鉄橋など地上設備の管理状態もちょっと悪過ぎはしないか!?

こんな状態で、予定通りに北海道新幹線を開業させて本当に大丈夫なのか、何だか心配になってきましたな……。(ちょっと頭痛…)

なお、並行在来線(JR江差線)の木古内〜五稜郭間は、第3セクターの道南いさりび鉄道に移管されますが、この区間は確か、以前にも貨物列車が脱線事故を起こしたかな?

江差線は確かに交流電化されていますが、3セク会社移管後の一般旅客列車も、老朽化した9両の40系気動車で運行予定。

また線路も1988年3月の電化開業時に、特に高速運転対応に改修させていなかったため、かなり歪んでいる部分があるのかもしれないなぁ……。JR北海道よりは、むしろ、道南いさりび鉄道と似たような立場にある、あいの風とやま鉄道、越後トキめき鉄道日本海ひすいラインの技術陣に詳しく点検して貰い、アドバイスを受けた方が良いと思いますよ。必要なら、IRいしかわ鉄道にも参加して戴くとか……。それだけ、今のJR北海道は、信用が落ちているのではなかろうか!?新幹線開業目前にして、実に言いにくいことですがね。(苦笑)

本当なら、JR東海や名鉄、伊勢鉄道、北越急行、智頭急行などにも検証して戴き、勉強した方が良いのかも……。今回のトンネル火災にしろ過去の貨物列車脱線事故にしろ、事態はそれほど深刻です。

また、その場合、恐らく越後トキめき鉄道は車両をET122形(単行向きの新型気動車)的なものになるべく早く全車を更新するように、道南いさりび鉄道側に強く勧めてくることでしょう。素直に受け入れるべきだろうし、仕方ありませんね。但し、その場合は当然ながら、防寒耐雪設計を強化した方が無難でしょう。

なお、JR東日本では、これまでの“カシオペア”“北斗星”に代えて、豪華寝台電車“四季島スイーツ”の、道南いさりび鉄道経由北海道内各地の乗り入れを計画していますが、こんな状態では経営陣の一部や運転現場から反対論も続出する恐れがあります。

勿論、当のJR北海道は、豪華寝台列車の製造企画どころではないし、現状のままでは厳しい批判も出るに決まっています!!

※追伸(午後1時すぎ)……あれから、どうにか鎮火したらしい。しかし、宗谷本線や石北本線に行き来する特急は、かなりの本数が運休か?
0

2015/12/27

JR東日本、E235系のプログラム改修を終えて、本日から試運転か?  鉄軌道

JR東日本は、去る11月30日の就役当日に重大な故障を引き起こし、大勢の一般乗客に迷惑を掛けたE235系新通勤型電車を山手線で再び試運転を行うことになりました。

システム欠陥プログラムの改修を終えたため、本日(12月27日・日曜日)から1月14日(木曜日)にかけて試運転が行われます。

しかし、国鉄時代を含めて恐らく前代未聞の就役初日の重大な故障事案。仮に無事に再就役できたとしても、一般利用者や鉄道ファン、運転現場あるいは同業他社からの信頼を完全に取り戻すには相当な時間が掛かりそう。

正直言って、私としてはE235系が本格量産に至るか、あるいは早期廃車→E233系新番台への代替量産になるかは、本投稿時点では五分五分と考えていますわ……。(苦笑)

また東京メトロも今のままでは、E235系の直通バージョンなんか恐らく受け入れないのでは?

ちなみに名鉄の最近の3300、4000系ではE231ないし233系的なシステムを基本にしていると伺います。やはり、信頼性が高いですから。うん。恐らくE235系的なシステムは採用しないでしょうな。だいいち、従来の3500系や2200系との併結運用に支障が出るようなら、何にもなりませんよ!!

E231、233系は併結運用も楽だし、また新潟地区でのE129系もE233系の地方版のような存在です。山手線はE233系新番台でも十分ではないでしょうかねぇ……?
0

2015/12/26

名鉄1111F、無事にリニューアル帰還せり!!営業から姿を消したか?1131F。1853Fは…  鉄軌道

名鉄1111F、若返って無事に営業運用に帰還したようで、本日も西尾線や河和線で美しい姿を披露しているようですね。おめでとうございます。m(__)m

既に一足早くリニューアルされた1112Fは、本日は新鵜沼〜豊橋間で分担して働いている様子です。まぁ、あのエスニックカラーも名鉄主要駅で徐々にお馴染みになりつつあります。

2212Fでは、車体カラーはどうなるのかな?

しかし、あの例の掲示板からの報告によれば、どうやら1131Fは営業運用を離脱か?本投稿時点では、今後の存否は不明です。

去る6月5日頃から新川検査場で“寝たきり”の1853F、ついに方向幕などを撤去されてしまったらしい。恐らく、このまま廃車解体になるものとみられますが、いつEL120型あるいはデキ400型電気機関車に牽引されて舞木工場あるいは名電築港駅に連れていかれるかは、まだ定かではありません。

デキ401、402号機とも入れ換え作業や工事列車に頑張って、また老体に鞭うって最後の“気張ちゃんパワー”を振り絞っているらしいが、2016年度中には廃車予定。保存の見込み有無も、まだ分かりません。

やはり後継にEL123〜125号機の新造は必要ではないか?うち1機だけは交代で舞木工場構内にて入れ換え作業をさせる態勢にした方が良いのかもなぁ……。この頃、名鉄は事故が多いから。但しEL120型は凸形車体ではないため、ちょっと入れ換え作業は苦手かもしれないが、モニターカメラを取り付けるなど工夫すれば何とかなるかな?しかし、入れ換え作業や、営業電車の組成分解・復元のスピードアップにはなるでしょう。

名鉄唯一の凸型車両になったデキ303号機については、いくら備品扱いだとしても、酷使は可哀想だ。もう、いい加減に休ませてあげたらどうか?
0

2015/12/25

北大阪急行電鉄、新箕面まで延伸決定!!2020年度には開業!  鉄軌道

大阪市営地下鉄御堂筋線と相互乗り入れしている北大阪急行電鉄は、このほど千里中央〜箕面船場〜新箕面(しんみのお)間の3キロ弱を2020年度には延伸開業させると発表しました。規格は第3軌条直流750ボルト電化、標準軌で、横浜や中国の北京、天津の地下鉄と基本的には同じですね。

北大阪急行電鉄と言えば、1970年3月15日から半年間に亘り、華やかに開催された大阪万博開催中は千里中央〜万博会場間に東西線を持っていましたが、閉会と同時(9月14日)に廃止。今は跡地に中国自動車道が走っている筈です。

残された南北線(江坂〜千里中央間)は終点地を移転させましたが、その当時から箕面市が延伸を強く要請していたようですね。

僅かな距離の区間ですが、大いに期待したいところです。

なお、御堂筋線は名鉄豊川線同様の軌道法管轄ですが、北大阪急行はレッキとした鉄道事業法下の路線です。
0

2015/12/25

やはり、まだまだ割高感!!北海道新幹線の運賃・料金等……全国的に矛盾点は是正を!!  鉄軌道

JR北海道は、このほど管轄当局から北海道新幹線絡みの運賃・料金の認可を受け取り、また青函区間を含む新規開業予定区間の事前検査にも合格したとの通知を受けたようです。

これによれば、東京〜新函館北斗間の“はやぶさ”を利用した場合、全席指定で普通車で運賃込み片道2万2600円、また新青森〜新函館北斗間で“はやて”の普通車自由席を利用した場合、通常期の特急料金は3990円らしい。繁忙期については知らんが……。

しかし、私が見聞きした印象では現在の九州新幹線や北陸新幹線よりは、まだまだ割高感が否めませんな……。

やはり奥津軽いまべつ〜木古内間の普通車自由席利用については、在来線の普通、快速列車が原則廃止になるため、特急料金は、あくまでも免除すべきだと考えます。また、こうした利用に限り、青春18切符の使用を認めるべきではないでしょうか!?

こちらは多分、また問題になるだろう……と思いますよ。

恐らくJR線の戸籍上では在来線としての海峡線は廃止になるのでしょうね。以降は、新幹線の線路の片側(一般狭軌分)を借りて、貨物列車や在来線の豪華寝台電車(四季島スイーツなど?)がEH800型電気機関車に牽引されて通過させてもらうような扱いでしょう。JR北海道も、在来線としての津軽海峡線は来る3月21日(月曜日)限りで廃止と伝えています。

海峡線は、従来は地方交通線(運賃1割増)でしたが、戸籍上、新幹線になるなら、もはや矛盾。幹線扱いにすべきです!!津軽線は地方交通線で良いと思うが……。

また、これを機会に、筑肥線の非電化区間や美祢線などの利用実態からかけ離れたような幹線扱いも見直した方が良いのかも。逆に田沢湖線や筑豊本線の若松〜飯塚間、山口線、高山本線、内子線などは幹線扱いに格上げする措置も必要ではないか?長崎本線の長与ルートとか、予讃線の伊予長浜ルート、函館本線の長万部〜ニセコ間などは、もし路線が分離されれば、地方交通線扱いになっても現状では仕方ないと私は思いますね。

さらに、急行は今後も臨時だけで有料速達列車にし続けるのか?あるいは、急行料金を廃して、快速を“快速急行”“急行”“準急”にすべきかを真剣にJRグループは考えてもらいたい。私は後者を支持しますが……。特急でも、停車駅が少ないものは“快速特急”として、列車愛称名を変えるべきでしょう。常磐線の新型電車特急“ひたち”“ときわ”は、この点をよく考えたものだわ……と脱帽しますよ。m(__)m

少なくとも、博多地区の“準快速”は、素直に“準急”に改称すべきですね。わざわざ“快速”の価値を下げているようなものだし、一部の私鉄で見られる“準特急”も、正直言って、あまり好きにはなれません。まだ“区間急行”“区間準急”“区間快速”の方が遥かにマシです。

中央西線も大阪乗り入れがなくなることだし、この際は松本止まりは“きそ”、南小谷乗り入れは“つがいけ”として、車両は変えずに“しなの”から分離も。高山本線でも、大阪乗り入れは“たかやま”、名古屋から高山あるいは飛騨古川止まりは“ひだ”、富山乗り入れは“のりくら”とした方が分かりやすいかもしれませんね。

紀勢西線には白浜止まりに“きのくに”が復活か?(笑)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ