2014/9/22

JR東海の新車、新キハ25系は、もしかして全面ロングシート!?  鉄軌道

既に皆様もご周知か?と思いますが、JR東海は来る2016年3月限りで、旧国鉄承継車両を原則全廃(211系0番台8両を除く)させることを決めました。

これに伴い、気動車のキハ25系を鋭意新造中ですが、このほど新たに1000番台を美濃太田車両区に6両(2両組成×3本)を配備。高山本線と太多線で試運転を始めているようですね。但し、キハ25系は新旧含めて保護回路システムなどが異なる?のか、75系とは併桔運用はできないとか……。

外観は、何だか先頭部がのっべら坊主みたいになり、客室内部は全面ロングシートになっているらしいという噂も聞いています。あるいは、あの電車313系3100番台のような一部固定セミクロスシートなのだろうか……?

本当なら、キハ11系0番台の後継車種も、できればハイブリッドないし、あの烏山線方式の電車で……と望みたいものだがねぇ……。

詳しい情報を早く知りたいところですが。

……一方、名鉄では6042Fの延命工事も竣工し、さらには新たな工事用電気機関車2両のデビューも近いようです。

6042Fは内装が3150系に近くなり何と種別・方向幕もフルカラーLEDに!!また電気機関車もどうやら3150系ベースのVVVF制御(駆動は吊り掛けモーターかな?)の純新車らしいとも聞きます。あるいは機関車の運転免許要らずの“貨物電車”が現行のホム100形などを牽引するのか!?
2

2014/9/3

特急“北越”や快速“くびき野”など全廃へ……特急“しらゆき”新設!!  鉄軌道

JR東日本と西日本は、北陸新幹線(長野経由)の長野〜金沢間開業を来る2015年3月14日(土曜日)と決めました。

各報道などによりますと、これに伴い、現行の在来線特急“はくたか”のほか、快速“くびき野”、特急“北越”を全廃。

代替措置として、上越妙高(現在の脇野田)〜直江津〜新潟間に特急“しらゆき”5往復を新設するそうです。

“しらゆき”用車両はJR東日本のE653系電車を改装し1100番台とします。編成は、4両組成×4本が用意されるようです。

また北越急行線内では、特急“はくたか”に代えて快速を新設するようですね。なお、同社所有の681系2000番台の今後の行方も不詳です。JR西日本への売却説も出ているようだが……。

さらに、注目は、あの日本海ひすいラインを経由する糸魚川〜直江津〜新潟間で快速1往復を新設。本投稿時点では車種は不明で、電車か気動車かさえも分かりません。ただ、485系がかなり老朽化していることや、あのE653系の両数にも限りがあることから、もしかしたら気動車(キハ110とか、キハE130系あるいは、ハイブリッドHB200系列?)になる可能性もありますが、もしそうなれば、糸魚川〜梶屋敷〜筒石〜直江津間の架線は本当に現状の肥薩おれんじ鉄道に倣った貨物列車専用(主にEF510型が集電か?)になってしまうことになり、勿体ないとも思いますが。

また金沢〜和倉温泉間、福井〜金沢間には、短距離の電車特急も数往復か新設されます。恐らく、681系や683系でしょうね。名称は今後検討されますが、“えちぜん”“のと”などの候補が早くも挙がっていると聞きます。なお“しらさぎ”“サンダーバード”の金沢〜和倉温泉間は全廃され、七尾線への直通乗り入れはなくなります。将来的には、のと鉄道の電化も視野に入れて、金沢〜穴水間の直通運転を望むところです。

取り急ぎ、報告しました。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ