2011/5/30

JR石勝線のトンネル内で特急“スーパーおおぞら”が火災!!安全策はどうなっているのか!?  鉄軌道

皆様も既にご存じかと思いますが、去る5月28日(土曜日)の深夜、ディーゼル特急“スーパーおおぞら14号”が占冠(しむかっぷ)〜新夕張間のトンネル内で火災を起こし、負傷者が出ました。被災者にはここに慎んで、お見舞い申し上げます。m(__)m

単なる偶発的な車内での火事だと思いきや、原因をよくよく調べてみれば、何と床下から走行部品脱落→脱線→エンジン燃料タンクに引火→火災発生→6両とも全焼→トンネル外への車両搬出が難航………という、何ともお粗末な過程だったみたいで、私自身もいささか、呆れています。

せめて、死者が出なかったのは、不幸中の幸いだったのでしょうねぇ……。

当時、たまたま乗り合わせた客らの話でも「担当乗務員からの避難誘導が全くなかった!!」「まるで生きた心地がしなかったよ……トンネル内でもう死ぬかと思った」「自力で非常扉を開けて、ようやく車外から出た!!」。JR北海道に対して、怒り心頭の声が高まっているようです。北海道警、国交省は今回の事故の経緯について、厳正に調査しているとの由。

………この石勝線は確か、国鉄時代の1976年頃だったかな?千歳市と釧路市を短距離で結ぶ新しい幹線として開業しています。勿論、踏切は新線区間には存在せず、蒸気機関車の活躍歴もありません。

当時の新線開業区間は、南千歳〜追分間(仮称・追分線)と新夕張(旧・紅葉山)〜占冠〜石勝高原(現・トマム)〜新得間(仮称・紅葉山線)で、他に新得〜釧路間にも短絡線として仮称・十勝線が予定され、ゆくゆくは石勝本線にするような計画でした。

その際に、従来の追分〜新夕張間、新夕張〜夕張間も、夕張線から現在の石勝線に改称されています。

旧国鉄夕張線と言えば、私は、かつての石炭輸送列車や、途中から分岐していた蒸気機関車運行の非電化私鉄の三菱鉱業大夕張鉄道(清水沢〜南大夕張〜シューパロ湖〜明石町〜大夕張炭山間)をまず連想してしまいますね。表向きはローカル線ながら線路自体は幹線並みで、牽引した機関車もD51やDD51ばつかりで、今の石勝線を含めても、運行環境は“ピカ一”と言っても良いでしょう。

石勝線は、私自身も南千歳〜新夕張〜夕張間で一度だけ実際に乗りましたが、新夕張駅までは交流電化時にも使えそうな高圧信号線の電柱が線路沿いに規則正しく並び、ポイントには必ず雪よけシェルター完備、そして当初からCTCも完備されて、非電化単線ながらも、安全な高速幹線だと信じ切っていました。線路自体も狭軌ながら新幹線並みの太さで、枕木も初めからコンクリートでしたから……。しかし、今回のことで、その信頼感も一気に揺らいでしまった思い印象ですねぇ……。

今回の事故では、あの北陸トンネル内列車火災の教訓が全く生かされていないという厳しい指摘も少なくありません。この事故がもし青函トンネル内だったら、一体どうするのだ!!?

………近隣の新狩勝トンネル(根室本線)は1966年に開通し、その時に滝川〜釧路間はDD51を大量に導入。余剰になった蒸気機関車のうち、寝台急行“まりも”や、寝台車付きの夜行普通客車列車(後の“からまつ夜行”)などを牽引していたC57は根室本線から姿を消し、北海道の非電化幹線では初めて完全無煙化を果たしました。その時に廃線となった落合〜旧狩勝トンネル〜新得間は実験線に転用され、車両の不燃化研究の舞台になっています。

いくら不燃車両が導入されても、走行部品がああも簡単に落下して、かつ脱線すれば、元も子もないでしょうに!!!


………しかしながら、石勝線は今や帯広や釧路の住民にとっては不可欠かつ重要な高速幹線。今回の事故では、長いトンネル区間における非電化車両運行の問題点も間違いなくクローズアップされそうです。この区間とよく似た路線としては、智頭急行北部やJR予讃線の伊予中山〜(犬寄トンネル)〜内子間なども挙げられますね。

今回の事故を契機に、石勝線・南千歳〜釧路間を思い切って、交流電化してはどうか?あの区間は長いトンネルも多いし、既に電化施工しやすい環境にはあるためですね。また新夕張〜新得間は、もともと普通、快速列車の設定がなく(←そのため、同区間だけの乗車で自由席に座る場合に限っては特急・急行料金が不要のはずで、青春18切符も使えると思います。海峡線の場合も同じ)、車両も“スーパーおおぞら”の電車化分(789系の振り子機能搭載版を想定)だけ用意すれば、まずは十分ですから……。貨物列車などの牽引は差し当たり、ED79でも良いでしょう。

さらに南千歳〜新夕張間は731系をワンマン対応させた2両組成として今後の札沼線南部(←電化工事の進捗具合や開業時期は未確認だが……)の車両と運用を共通にするものとし、引き続き非電化区間で据え置く近隣の根室本線や室蘭本線・岩見沢〜追分〜沼ノ端間、札沼線北部、日高本線西部などについては、JR東日本、西日本に倣って蓄電池式電車を開発・導入する………を、ぜひとも提案したい気持ちです。

………北海道新幹線については、新青森〜新函館(現・渡島大野間)間を2014年度内に予定通り開業して貰わねば困りますが、新函館〜札幌間は羊蹄山をぶち抜くなど工事は、かなり難航しそう。私は、そう建設を慌てる必要もないと考えますね。また今の計画では室蘭や苫小牧、千歳を経由しないため、開業後の採算性についても、いささか疑問視しています。

もし、そういう建設資金が入手できるようならば、むしろ石勝線の電化促進や函館本線・五稜郭〜渡島大野間の複線電化、江差線電化区間の普通・快速列車の電車化をまず優先させるべきだろうと思いますよ。

なお、JR北海道では江差線の非電化末端区間を北海道新幹線開業時に廃止する方針を既に発表していますが、JR東日本の津軽線末端区間については現行のまま存続の由。
0

2011/5/28

翌朝にお土産の鯖棒ずしを賞味。今回の小旅行を締め括り  旅・紀行

鯖の身もなかなか厚くて、脂もノリノリ!!!

自宅で朝食代わりに、手土産の鯖棒ずしを賞味し、今回の関西小旅行をひとまず締め括りました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

今回の関西小旅行のお土産は………  グルメ・料理

先の“がんこ寿司”では、鯖の棒ずしを別に注文し、名古屋の自宅へ持ち帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

勿論、寿司が中心だが、ほかにも多彩な料理メニューが……  グルメ・料理

うどんすきが美味しくなった頃に、またお邪魔しますわ!!

ご馳走さまでした。m(__)m

また“がんこ寿司”は東京にも出店しているものの、名古屋地区にはまだないそうで、名古屋店の創設も“要請”しておきました。(笑)

………岩ちゃんへ私信。大阪、京都はまさに天下の台所!!あの欲深なむっつりニコニコ君なんかをうかつにも誘ったら、さんざんにおごらされた揚げ句に、道頓堀で一文無しになる恐れがあります。彼には、特に今回のグルメ賞味の話は、しーーッ!!!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

帰名間際の夕食に、ついに入った“がんこ寿司”(道頓堀店)  グルメ・料理

あの“くいだおれ食堂”が姿を消してからは、いろいろなメニューが同時に気軽に食べられるファミリーレストランが、道頓堀ではなかなか見られなくなりましたが、隣の“がんこ寿司”が和食限定ながらも辛うじて、それに近いイメージを保っているようですね。

大阪名物のうどんすきも寿司カウンターで用意できるとかで、今後、道頓堀を訪ねた時は、ここで食事を取ろうかな?

画像は、今回食べた定食です。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

夕食は取り敢えず、新駅ビル食堂街でビーフカレーを……  グルメ・料理

JR大阪駅の新ビル食堂街には、うどんすきの美々卯とか多彩な関西系の料理店が並んでいましたが、夕食には時間的にやや早いため、ビーフカレーを取りました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

再開発が進む大阪・梅田の界隈  旅・紀行

JR大阪駅商業ビル屋上から見た梅田のビル群で、目下のところは再開発真っ只中という感じかな?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

京都の市バスは車種も実に多彩  交通一般

京都の市バスは都営バスや名古屋の市バスの殆どの車両とは違い、後ろ乗り・前降りの均一運賃(220円)後払い方式です。但し都営バスでもそうだが、ごく一部の郊外に向かう長距離路線は整理券乗車方式とか。

しかし、路線系統の組み方は古くから名古屋の市バスに似ており、車種も多様など、どことなく古きよき時代の名古屋の市バスの意匠も漂っているようにも見えます。

ただLED方向幕の搭載車はまだごく僅かで、中型ノンステップ車両(名古屋のNMF車に相当)が中心。最近になり、大型ノンステ車にもLED方向幕仕様が現れ、私もそれのハイブリッド車両(日野製)を目撃しましたが、残念ながら京都駅前には滅多に現れないようですね。

この後方表示は勿論、ジャンボサイズで右隅の方には、従来の幕に準じて系統番号まで掲出されており、名古屋の市バスに比べると明らかに利用客本位で実に羨ましく思います。

まぁ、今の名古屋市交通局では採用はちょっと無理かな?


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

名鉄バス高速線便も名古屋から到着!!  交通一般

まさにJR京都駅前のバスターミナルは、全国の民営バス高速車両の標本のような場所ですね。

名鉄バスも、はるばる名古屋(名鉄バスセンター)から到着していました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

いつまでも美しくあれ……金閣寺  旅・紀行

金閣寺と言えば、あの右翼的な著名作家の小説のタイトルにもなりましたね。

鉄道ファンの私自身ならば、金箔、銀箔のJR・私鉄駅舎もぜひ欲しいところだが……。

しかし、現代のように、こうも撮影・乗車マナーが極端に悪い輩が多いと、まぁ、無理だわな………。特に名鉄の辺りは……。

せいぜい、そこいらの3セク鉄道のワンマン軽快気動車に一日限りで金箔、銀箔を貼り、イベント列車として出てもらうしか方法がないだろうなぁ……。(苦笑)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

あの足利将軍も実際に住むために造らせたのかどうかは甚だ疑問  旅・紀行

いくら綺麗に金箔を張っても、そりゃあ、生身の人間が住めば、たちまちハゲてきますよ〜〜。

特に飲食したり、用を足せば(←お食事中の方、申し訳ない……m(__)m)尚更のことだが。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

本殿には入れない金閣寺  旅・紀行

確か、銀閣寺の場合ならば本殿にも入れたと思ったが……。

この金閣寺、最近は金箔も張り替えられたらしく、いつにも増して美しかったですね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

次は金閣寺へ……その前にニシン蕎麦を昼食に……  グルメ・料理

先の湯豆腐は、どちらかと言えば朝食。

あれから京都の市バスで清水寺を後にし、次は京都駅から金閣寺に向かいました。

既に時刻は正午すぎ。まずは、ニシン蕎麦で昼食としました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/28

何と既に近畿〜東海〜関東甲信は梅雨入り!!しかし気温は低めで、湯豆腐も美味しく……  グルメ・料理

何と東北と北陸を除き、当日は既に梅雨入りしていたのですね……。

ただ気温は低く、清水名物の湯豆腐も美味しく召し上がれました。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/5/28

何とか“清水の舞台”に到着  旅・紀行

平日にもかかわらず、特に修学旅行の小中学生たちで清水寺は大混雑!!

今季は東日本大震災の影響で、さては行き先を東北から関西に変更した学校も多い?


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ