2011/3/31

東日本大震災でさらに高まった節電、助け合い志向……福島第1原発1〜4号機は廃止へ……2010年度末日  世相・社会

日本だけでなく全世界を震撼させた東北地方太平洋沖地震こと東日本大震災から早くも本投稿時点で20日が経過し、波乱に満ちた2010年度も間もなく暮れようとしています。

皆様にとって、一体どんな1年間でしたかぁ……?

今回の過去最大クラスの地震被害で、あの阪神大震災当時以上に助け合い、ボランティア精神や省エネ、節電指向が特に若い世代で高まりつつあり、これは大いに歓迎したいと私は思います。

また東京電力の会長は社長代理として、このほど震災で破壊された福島第1原子力発電所の1〜4号機の廃止を表明しました。また他の電力会社で風力や太陽光など自然現象活用の発電所への転換を考えているところもあるようですね。

発電可能容量や送電時の安定性など、まだまだ課題も少なくはないのですが、こうした発電所ならば、建設や管理に掛かる費用も安くなりそう。もしかしたら、いずれは自家発電送電の電鉄事業者も現れるかもしれないし、もし可能なようならば、名鉄も含めた大手私鉄やJR各社は、ぜひとも挑戦を!!

今後は、こうした風力・太陽光発電や電鉄電力回生の関連機器メーカーや、これらの管理会社が次第に伸びていくのではなかろうか………?

また東日本大震災以来、ともすれば様々なイベント自粛の動きも出ましたが、その裏で必要以上の買いだめや関連詐欺、買い占め、略奪、やみくもな物品送付なんかがあれば、何にもならないし、ますます被災者たちを悲しませるだけだろうと私は思いますよ。

あくまでも自然体的な支援で十分でしょう。

まずは被災地の実情や心情をしっかりと見極めることに尽きる………と考えます。

なおJR東日本では、東北新幹線と東北本線を4月中半頃までには完全に復旧させたいとしています。恐らく来る7月24日正午のテレビ放送デジタル化全面移行も当初予定の通りでしょう。

但し、バス製造部門については確か、宇都宮にいすゞ、日野製車両(エルガ、ブルーリボンシティ2、レインボーシティ2)を一括して造っている工場があり、もしかしたら、新年度の名古屋の市バス新車は、もう随意購入契約で富山の三菱ふそう製車両(新エアロスター、新エアロミディ?)に決めるしかないのか……?(汗)

鉄道業界では耐震性アップのほかに、今回の日立化成会社の被災で、ますます在来車の省エネ改造機運が高まりそう。これには拍手したいと思います。
1

2011/3/31

名鉄3R車による常滑線準急や5000系の河和線急行も確かに健在です!!  鉄軌道

今回の名鉄新ダイヤでは、新可児〜中部国際空港間の準急は3R車の割合が減り、6R車が再び増えたという噂を聞いています。また新鵜沼〜河和、内海間の急行は3R車の方が多くなったらしいし……。

しかし、どうやら今までのような運用も残されたようですね。

画像は、昨夕(3月30日)、神宮前駅にて。中部国際空港行きの3R車準急と、新鵜沼行きの5000系急行。5000系には、早く新たな直流モーターブラシのメーカーが見つかると良いのだが………。

また、鳴海駅では平日朝で特急・豊橋行きの停車が2本増えたことも判明。車両はパノラマスーパーかな?それとも2200系+3R2車なのか?


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/31

名鉄の河和線特急、確かにC2編成の運用は減ったが、何も全廃ではない!!!  鉄軌道

去る2008年12月27日の名鉄ダイヤ改正で本格的にデビューした名古屋〜河和間での2200系や1700系など、いわゆるC2編成の運用ですが、今回の新ダイヤでは大幅に減らされ、その捻出分は新鵜沼〜豊橋間に活躍の舞台を移しましたが、何も河和線から完全に姿を消したわけではありません。

新たに内海駅にも初めて定期で乗り入れるようになり、新たな動きも出ているようです。画像は昨夕(3月30日)午後の神宮前駅にて。

但し河和線特急は、特別料金不要の一般列車にせよ、あるいは座席指定列車にせよ、もともとは観光レジャー客輸送的な色彩がかなり強くて、本来は今のパノラマスーパーの運用が望ましいようです。

ここで急浮上した豊田線用100系のVVVF制御改造の計画。まだまだ、あの若いパノラマスーパーの車体を廃棄させるには何とも忍びなく、遅くとも100系の改造が一段落したら、1030系3編成18両、1380系1編成4両、1850系3編成6両、つまり28両のVVVF制御化をぜひとも実施してもらいたいところですね。

もし、これが完了すれば、種車の旧7500系も名実ともに消滅することになります。

さらに6R非回生車の車体磨耗状況の調査を全編成で数年掛けて行い、今のブレーキ構造のままでVVVF車に改造し、高速化の上で若返りを図るべきか?あるいは3Rの純新車に置き換えるべきか?……の区分けもしてはどうか?


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/31

概ねの市バス路線再編調査を終えて………  交通一般

どうにか今季も名古屋の市バス新車導入や、南東部路線大規模再編の概ねの調査をつつがなく終えることができました。皆様からの情報提供に大変感謝致します。m(__)m

その間には東日本大震災や九州新幹線鹿児島ルートの全通、名鉄電車の急なダイヤ大規模改正や車両24両の削減なども発生し、まさに激動の期間でしたね……。

………さて、今回の大きな特徴は何と言っても、中型ノンステップ車両運用路線の抜本的な見直しでしょう。確かに何年も前から、一般利用者からは、地下鉄徳重乗り入れ時での路線再編では無駄な大型車を減らして、中型車での運用に切り替えるべきだという声も高まっており、それも恐らく考慮されたと思います。いずれ、全市的にも、こうした見直しが行われることでしょう。

新年度(2011年度)は新車77台の導入と、天然ガス駆動など低公害型以外の大型ツーステップ車両の全廃が予定されており、新車導入休止前では最後の1年になります。

昨今は、あの幹高畑1号系統でのノンステ車出没の怪情報(?)も時折、噂に聞いており、それが本当かどうか、大変気にはなっている次第です。

取り敢えず、これで今般の調査を締めくくりまたいと思います。m(__)m

………画像は、鳴子北バスターミナルの夜景です。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/31

市バス“新瑞15”にも中型ノンステ車がデビュー  交通一般

名古屋の市バスで従来の幹原1号系統に代わり、地下鉄鳴子北から野並住宅、新瑞橋に直通している新瑞15号系統ですが、やはり、こちらも中型ノンステップ車が新登場したようですね。

画像は野並停留所で発車時刻待ちのNMH17号車です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/31

市バス“鳴子11”、さすがに朝夕ラッシュ時だけは大型ノンステ車が主体  交通一般

名古屋の市バス・旧野並11号系統では何の前触れもなく、鳴子11になってから突然にレギュラー運用で現れた中型ノンステップ車両。

しかし、さすがに朝夕ラッシュ時(特に平日ダイヤ)だけは、そうもいかないようで、野並11ではお馴染みだった新NF車も久々にお出ましです。

また、新瑞15も中型ノンステ車が昼間には現れていました。確かNMH17号車だったかな……?

画像は、昨夜(3月30日)の鳴子11(NF52号車)と鳴子16(N351号車)です。鳴子北バスターミナルにて。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/31

私自身が指摘した地下鉄徳重駅コンコースの誤表示も直されていました  交通一般

去る3月20日昼の開業前内覧会で、たまたま私自身が発見、直ちに連絡した、地下鉄桜通線の徳重駅コンコースでの市バス路線案内の誤表示。

きちんと“植田11”に直されていました!!

ちなみに、あの“植田13”は、私自身が妄想していた地下鉄植田〜相生山住宅〜地下鉄鳴子北〜池上〜花井〜名鉄鳴海間の仮の系統記号でしたが、結局は実現しませんでしたね。

まぁ、仕方ないか……。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/31

市バス“徳重12”は何と中型車ばつかり……名鉄バス徳重線(?)は大型ノンステ車!!  交通一般

名古屋の市バス・徳重12号系統(地下鉄徳重〜白土間など)では、やはり噂通りに中型ノンステップ車中心の運用でした。

せっかく、前身の旧・野並12では大型ノンステ車の運用も着実に増えていたのに正直、ちょっと残念ですねぇ……。(汗)ああ、旧・野並12は大半区間の“メルトダウン”だけでなく、車両自体のダウンサイジングもか……。(泣)

一方、かつては野並12の兄弟系統だった相生11(島田住宅〜地下鉄相生山〜大清水間)は、旧・野並15の意匠をしっかりと受け継ぎ、大型ノンステ車と中型ノンステ車が半々に使われているようです。

画像は、いささかぼやけてしまいましたが、名鉄バス(知立営業所)の前後駅〜地下鉄徳重〜赤池駅間系統。早速、大型ノンステ車が使われています。あの伝統豊かな鳴海線にも1台ぐらいは分けてちょう!!

また、ぜひとも系統記号を付けてあげたいところだが……。あとは名鉄バス側のやる気次第です!!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/31

市バス“徳重14”は、なかなか好評!!  交通一般

かつては名鉄バス鳴海線の有松駅前〜鳴海住宅前間系統でもあった、市バスの徳重14号系統。

今回の路線再編の素案では、徳重14の設定予定はなかったのですが、最終的には地下鉄徳重〜名鉄有松間を延長する形で事実上復活することになり、早くも人気者のようですね。(笑)

車両も中型ノンステップ車両が多用され、中には小型車の運用もあるとか……。鳴海11同様、鳴尾営業所の新たなノンステ車隠れ運用路線兄弟の登場です!!


クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/3/31

市バス“鳴海11”にNMN車が……  交通一般

名古屋の市バス・旧野並17号系統では、そう頻繁には姿を見せなかった旧日産ディーゼル製(西日本工業車体)の中型ノンステップ車両。

後継の鳴海11号系統では結構使われているようですね。画像は名鉄鳴海停留所にて。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/31

主(あるじ)が走り去って、早くも数日経過……  交通一般

名古屋市天白区は野並交差点も市バスの姿はめっきり少なくなり、この画像の撮影つい4日前には、あれだけ賑やかだった旧0、1番停留所も、もはや誰もいませんでした。ここ数カ月のうちには跡形もなく撤去されてしまうのでしょうね……。

ここに頻繁に来ていた野並11、野並12、野並15、野並16も既に鬼籍入りしました。

なお、待合席や雨よけは、ホコリを被ってはいるものの、綺麗に洗浄すれば、まだまだ立派に使えます!!!

地下鉄相生山(旧・戸笠小学校)停留所などに、ぜひとも早く転用して戴きたい!!そうすれば、これら野並拠点系統や今回廃車になった車両たちも、さぞや浮かばれることでしょう……。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/30

名鉄、JR東海がほぼ同時に新年度事業計画を発表!!名鉄は“超緊縮”、JR東海は“過去最大級”  鉄軌道

今朝(3月30日)の各紙経済面に掲載されているだろうと思いますが、名鉄とJR東海は今回、ほぼ同時に2011年度事業計画を公表しました。

これによりますと、名鉄は5年連続で前年度規模を下回る格好になり、前年度を1割近く減らしています。総予算は132億円で、うち鉄道部門は89億円。速度超過防止装置を設置し、新車は瀬戸線用の8両(4007、4008F?)だけ。また今回それ以上に注目されそうなものとしては、豊田線用の100系1編成(111F?)のVVVF制御への改造!!

もしかしたら、100系の改造は、東日本大震災の影響を受けて、急遽決まったのかもしれませんね。国内では7割のシェアを占めてきた日立化成(株)の直流モーターブラシ工場が東京電力福嶌第1原発からの放射線漏れにやられ、今後、相当期間は稼働再開が望めないせいかもしれません。

名鉄では、過去には1953年頃にAL車の3830Fや3851Fの吊り掛け駆動モーターを一時的にカルダン駆動のものに置き換えていた事例があるようですが、あくまでも今後のSR車の開発に役立てようとしたための搭載テストであり、在来車の駆動系を完全に更新するのは恐らく初めてでしょうね。

私自身が想像するには、恐らく台車は今のFS398A、ブレーキもHSCのままにして、制御器とモーター、室内サービス発電機だけを更新し、今までの全M方式をやめ、MT編成にするのでしょうが、果たして新しい三相交流モーター、あのS型ミンデン台車にうまく載るのかなぁ………?(汗)また首尾よく改造が成功した場合、同時に疲弊した内装化粧板や座席モケット、床、行き先表示器も更新した方が良いだろうし、パンタグラフもシングルアーム化したらどうか?

今回は1編成だけの改造ということで、まだまだ車体が若いパノラマスーバー(1030、1230、1850、1380系)や、さらには、これまで高速性能が不足していた6R非回生中期車のVVVF制御化も、名鉄側は既に視野に入れているのかもしれません。まぁ、ECB車とはひと味もふた味も異なるであろう、在来SR車との併結運行が前提のSR系列のインバータ車両デビューにも期待しております。(笑)

開発事業では、神宮前駅東口への鉄道業務(司令)棟の移転が挙げられます。

………一方、JR東海は前年度比7%近く増の3290億円とか。連結でも9%近く増の3560億円で、ともに過去最高額になりました。

中央リニア関連が多くて、また東海道新幹線ではN700系を16編成増やし、12年春までには“のぞみ”をすべてN700系に置き換えるようですね。さらに地震対策にも力点が置かれ、武豊線の電化工事や313系電車、25系気動車の新造も継続するとみられます。

ただ私自身としては、この25系とも併結可能なポスト・キハ11形(電気指令ブレーキ搭載の軽快気動車。仮に“キハ15形”とでも呼びましょうか?)もぜひ開発して戴き、太多線や参宮線、紀勢東線、城北線などに投入して、15年頃予定の名松線の家城〜伊勢奥津間を含めた全線運行再開にも十分に備えて欲しいところです。あの名松線では、やはり、しっかりとしたブレーキ機能が欠かせませんから……。
1

2011/3/29

名鉄新ダイヤ、注目の平日昼の河和線全車一般車特急は何と5700、5300系が主体!!  鉄軌道

全体的には減量ダイヤとも揶揄された、名鉄電車の新ダイヤ。

さて、ファンから注目された平日昼の河和、内海発着の全車一般車特急ですが、まぁ、どうせ片側3扉ロングシートの3R車や5000系だろう……と私自身も、勝手に予想していました。

何と、いざ“玉手箱”を開けてみれば、今どきになって片側2扉転換クロスシートの5300、5700系が中心ではないか!!!

あたかも、何十年かぶりに赤いパノラマカーの旧7000、7500系が若返って河和線の一般特急(旧・高速急行)に里帰りして来たようにも思え、さすがに嬉しくなりました。(笑)

当面は手軽に快適利用が楽しめる、特別料金不要の準パノラマ特急として、ファンはもとより、一般客からも人気が高まりそうです。

しかし、5300系の方は遠からず全廃されそうで、そういつまでも片側2扉車での運用は長続きしないだろうと思いますがね………。

また今回の新ダイヤでは河和線で2200系などのC2編成運用が幾分か減り、逆に犬山線(豊橋発着)ではC2編成が増えたのも大きな特徴のようですね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/3/29

市バス“鳴海11”、引き続きノンステ車運用を継続!!!  交通一般

名古屋の市バス・旧野並17号系統は昨年春(2010年4月1日)に名港16、旧神宮13と一緒に全便ノンステップ車化されましたが、神宮13は既に完全に廃止。野並17も鳴海11に変更された上、ノンステ運行指定を取り消され、まぁ、どうせ鳴尾車庫配属の中型ツーステ車(MF車)辺りでも要町11、有松11、徳重14と共用で使っているのだろう……との程度に思っていました。

しかし、何て言うこともない。何と画像のNMS84号車が姿を現したじゃあ、ありませんか!!!他にも大型のNN72号車がいたらしいという証言もあり、どうやら、どうも基本的にはノンステ車が隠れ運行しているようです。

これで、天然ガス駆動のNH車でも鳴海11に姿を見せてくれれば、もはや、あの野並17の生まれ変わりそのものですねぇ……。

これからは、JR南大高駅の正面に乗り入れ。あの何となく寂しそうな旧・大高町文久山(南大高駅東)を経由することもなくなりました。しっかり稼いでちょうよ!!!m(__)m


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/3/29

何と市バス“新瑞15”に小型ノンステ車!!!  交通一般

画像は、昨日(3月28日)、平日ダイヤ朝ラッシュ時を過ぎた頃の鳴子北バスターミナルです。

何と画像左側の小型ノンステップ車両(NSF4号車)が旧幹原1・新瑞橋〜野並車庫間改め新瑞15に使われていて、またまた、びつくり!!!!!

中型ノンステ車ならまだしも、こんな小型車でホンマに大丈夫かなぁ………?(大汗)こりゃあ、今に苦情が出るぞぉーー……。

その隣は、これから新瑞15の運用に入る大型の新NF車です。何とまぁ両極端な!!!

また、平日ダイヤでも中型ノンステ車、あの鳴子11にいました!!まぁ、中型ノンステ車の運用の在り方を抜本的に見直したことが、今回の名古屋の市バスの路線大規模再編の大きな特徴とも言えますねぇ……。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ