2010/11/30

歌手のシルヴィアさん急逝  世相・社会

1980年代前半に“別れても好きな人”などの曲での高らかな美声で知られたシルヴィアさん(大阪市出身の松田理恵子さん)が肺癌のため、先日、亡くなられました。享年52。

今でも鮮明に覚えておられる方々も多いかと思いますが、ムード歌謡グループの草分け、ロス・インディオスに参加し、“別れても好きな人”の曲内では、やれ青山だの、やれ原宿、赤坂だの……誰しもが一度は憧れると思う、東京都内の近代的な文教・住宅地名を続々と披露。浅草や上野、秋葉原など下町地区ではなくて、山手地区と全国の僻地を一気に近付けたような印象を受けましたね……。

しかしながら私自身は、もともと都内ではなぜか下町地区の方がむしろ関わりが深くて、あまり山手地区は行かないのだが……。普段は用事もそうないから……。(苦笑)名古屋や大阪では、また別なのですがね……。

シルヴィアさんは、その後、単独でも美声を発揮!名取裕子さんや芦田伸介さん(故人)などが共演した刑事ドラマ、その番組タイトルは忘れてしまいましたが、テーマ曲は何と映画シャンソン音楽“パリ祭”を編曲したものをシルヴィアさんが熱唱!!そのドラマに一度だけゲスト出演していましたね。同じ年齢のはずの名取さん扮する女性刑事や、またその上司を演じた芦田さんがご自慢の高級な挽き豆コーヒーを部下や訪問者に振る舞っていたシーンも今では懐かしいです。

この“別れても好きな人”のようなカラオケ向きの歌い方は、後の“もしかして”を歌った、やはり同じ年齢(ちなみに私自身より1歳若い)の芦川よしみさんにも大きな影響を与えたと思いますよ。

シルヴィアさん、まだまだ若いのに、もう肺癌で天国に旅立つなんて……。(涙)ヘビーな喫煙者だったかどうかは知りませんが、あの梨元さんにもし再会されましたら、ぜひ美声を振る舞ってあげてくださいね。合掌。
1

2010/11/28

来秋も、ぜひ素晴らしい紅葉を……  旅・紀行

タイトルの如く願いつつ、今秋の紅葉巡りも、どうにか無事に済ませました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/28

待月橋を鳥瞰……  旅・紀行

長引く不況にもかかわらず、これほどの人出!!

まさに待月橋は“香嵐渓の大慶橋”と言っても良いでしょうね。名古屋と違い、空気も爽やかなだけに、幸せな橋です。(笑)

さて、名古屋市南区の大慶橋も周辺は特に小高い丘もなくて、今でも夕方には月の出がよく見えて、考えようによっては“名古屋の待月橋”の一つかもしれませんね。(笑)しかしながら、運転マナーが極めて悪い大型トラックや暴走族など、さらに周囲には潤いのある木々も、まともにありません。でも、かつての江戸時代には鳴海宿にも程近くて景色も綺麗だったらしく、きっと今の足助にもよく似たような景色だったに違いありません。今後は喧騒な工場ばつかりでなく、近くの名鉄名古屋本線の高架化も完成したことだし、もっと潤いの豊かな街並みにしてもらいたいところですね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/11/28

大慶橋じゃあなかった……待月橋から!!!  旅・紀行

足助の待月橋(たいげつきょう)は以前は木造の狭い橋でしたが、今は鉄骨造りに更新され、幅も広くなりました。

しかしながら、発音が比較的似ていたせいか、私の幼少時は、大慶橋(たいけいばし=名古屋市南区)とよく混同……。大恥をかいたことも……。(赤面……)

今はどうか知りませんが、あんな当時の国道1号沿線のトラックやオンボロだった市バス・ツーマン車(FR、2FR車など。かつて3区運賃制の33号系統・名古屋港〜要町〜有松町口無池線で、現在の要町11号系統に相当)からの排ガスまみれで、もう臭くて、半ば錆びかかったような汚らしかった大橋と勘違いするなんて……。大変に失礼しました。m(__)m

まぁ、近くの市バス鳴尾車庫に天然ガス駆動車両が多数配属されたので、今後は大丈夫かな?(笑)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/28

さぁ、グルメを楽しんだ後は、散策するか!!!  旅・紀行

暫くは、画像上で紅葉を楽しんでくださいませ!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/28

叉焼刀削麺に五平餅………頂きま〜す!!  グルメ・料理

紅葉巡りして、この2つのグルメを楽しめてこそ、私自身の今年の秋も静かに暮れてゆきます……。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/28

まさに“行列が出来るラーメン専門店”そのものですねぇ………(笑)  グルメ・料理

毎年11月の“足助紅葉まつり”には決まって出店している刀削麺コーナーです。

土曜日とあってか、すごい行列でしたね。

スタッフの中国人の皆様も大忙し!!!かなりの経験や修業も必要らしく、決して調理師の誰もが出来るような生易しい作業でもないようですね。

端から見ているだけでは、漫然と生麺を削っているだけにしか映らないのだが……。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/28

久々に賞味した猪鍋  グルメ・料理

順番は前後しますが、まずは紅葉巡りで楽しんだグルメを紹介します。

画像は、山菜料理店“一の谷”で久々に賞味した猪鍋定食です。

今夏は猛暑だったせいか、イノシシの食害も多く、どうやら豊猟だったらしいですねぇ………。

また、ここからもそう遠くない月原(わちばら)地区では熊も出現!!!観光地だからと言って、安心は禁物です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/28

紅葉巡りへの往路で乗った電車、バス  交通一般

名古屋市内からは地下鉄鶴舞線(名鉄豊田線)、名鉄三河線、そして豊田おいでんバス(猿投足助線)と乗り継ぎました。

当日は出発が早かったせいか、交通渋滞に巻き込まれることは殆どありませんでした。

画像は名鉄6015Fと、豊田おいでんバス(名鉄東部交通の職員が運転)の日野ポンチョ・ツーステップ車両です。

名鉄電車の方向幕、昔から破損も多く、画像の6R初期車も残すなら残すで、そろそろLED化を図るなり、あるいはシングルアームパンタへの換装などを行ったらどうか?


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/27

足助の香嵐渓で今年も紅葉巡り!!  旅・紀行

仕事休みの今日(11月27日)、毎年晩秋恒例の如く、香嵐渓(こうらんけい=愛知県豊田市足助町)へ紅葉を見に行きました。

幸い、快晴にも恵まれて、意外に暖かく、助かりました……。(汗)


クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/11/25

JR名松線の末端区間復旧に向けて朗報!!三重県、津市が大歓迎!!  鉄軌道

中日新聞など各紙のサイトでも出ているようですが、JR東海の山田社長は、台風被災で昨年(2009年)10月以来、不通になっている名松線の家城〜伊勢奥津間(17・7キロ)について「周囲の治山施工や、その後の管理維持を沿線自治体や三重県が保証、負担してもらえるならば、復旧させて運行再開しても良い」と条件付きながらも、これまでの廃止方針を事実上撤回しました。

この降って沸いたような朗報に、三重県や津市、松阪市なども大喜び!!今後、なるべく早く列車の運行を再開すべく必要な資金を計上するようです。

まぁ、来春(3月12日)での運行再開は無理でしょうが、とにかく来年(2011年)後半には伊勢奥津駅までの列車運行再開が出来そうな気がしますね。

しかしながら、1年余りの運休によるブランクはかなり大きく、錆び付いた線路や鉄橋のガータープレート、腐食した枕木、ズタズタに引き裂かれた電気、業務電話設備の一斉更新など課題は山積。しかし、JR東海が運行再開してくれるようだから、そう心配は要らないでしょう。

また線路の復旧や治山管理には莫大な費用が掛かります。恐らく、これまでのような単に1日数本を漫然と伊勢奥津まで往復させていくだけでは、もう駄目でしょう。私自身は、そう思いますよ。

併せて、特に末端区間の新たな活性化も必要で、遠方からでも気軽に利用してもらえるような観光鉄道にもっていくべきでしょう。宿泊客への対策も急務です!!

伊勢奥津、伊勢八知の両駅近くで何らかの村おこし事業とか、新たな特産品の開発ができないか?また必要に応じて、キハ75形やキハ25形を活用した、名古屋方面からの臨時快速“ナイスホリデー美杉ハイキング号”(?)が設定できないか?ゆくゆくはブレーキ性能の劣るキハ11形を近隣のイセ100形に準じた新形式車に取り換えとか、あるいはハイブリッド気動車、DMVを併せて導入できないか?さらに、伊勢奥津、家城の両駅にはバスターミナルを再整備し、伊勢奥津駅構内にはDMVの乗り入れアクセスポイントも新設するのが理想と考えます。

キハ11形の後継車種は仮に“キハ15形”とし、車長は18〜20メートルぐらいでステンレス製。キハ25形に準じた低公害型エンジンで電気指令式ブレーキ搭載のワンマン車とし、最高運転時速は110キロ、片側2扉のトイレ付きを想定。伊勢、美濃太田の両車両区に配属を想定します。

………まぁ、とにかく復旧後はなるべく早く、いわゆる“名松線沿線ブランド”を確立すべきでしょうね。明知鉄道を擁する岐阜県恵那市とか、長良川鉄道を持つ岐阜県郡上市などからのアドバイスを受けるのも良いでしょう。

取り敢えず廃止だけは何とか免れそうで、本当に良かったですねぇ……。(嬉し涙)
3

2010/11/24

果たして、いつまで、このまま放置なのか……?  世相・社会

どうやら、この市営住宅の跡地は一部が市バスの野跡ターミナルの敷地に転用されたようですが、周囲には高層団地も多数建てられて旧市営住宅の当時の住民もしくは子孫はそちらに転居したと聞くものの、何だか静かで人の動きも少なく、まるで活気がありませんねぇ………。いやぁ、こんな状態では、あおなみ線の経営も悪戦苦闘するわけですわぁ……。

昔は旧市営住宅の中に医院あり、飲食店あり、菓子屋や文具店あり……で、あれだけ賑やかそうだったのに………。

跡地は、野跡・汐止地区の再活性化に結び付くような転用の工夫をぜひともお願いしたいところ。所有する名古屋市住宅管理公社殿へ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/24

話題の“NS214号車”を視察に行ったが全く逢えず……代わりに市営住宅の跡地近況を……  交通一般

今日(11月24日)は夜勤明けで仕事は休みだったため、話題になっている、名古屋の市バス今季新車の就役第1号に試乗しようと、港区の築地口に行きましたが、お目当てのNS214号車には結局、逢えませんでした。むしろ逆に、幹築地1号系統で何とN352号車が走っているではないか!!?何だか、私のような、野並や植田の拠点路線系統ユーザーには何となく懐かしくも映りましたねぇ………。(涙)

そのついでに野跡(のぜき)に出て、1959年の伊勢湾台風被災復興住宅として賑わっていたはずの市営汐止住宅(←?あるいは野跡住宅だったのかもしれないが………)の跡地が今、どうなっているのか、気になって視察してきました。

確か、この市営のモルタル長屋造りの集合住宅は、いよいよ解体の直前には各紙上にも特集され、古き良き時代での旺盛な隣近所の連帯感や、高度経済成長時代下でのアツアツ新婚世帯、さらには時々、夜遅くに聞こえたという夫婦喧嘩での凄い女性の叫び声など、いろいろなことが懐かしくまとめられていたと思います。

その当時から、地下鉄東山線が高畑から高架線で汐止まで延長される計画があり、随分と期待されていたものですが、結局は現在のあおなみ線(名古屋臨海高速鉄道)の開業という形で実現に至りました。

噂では、なかなか跡地の利用法が決まらないと聞いていたのですが、解体後7年ぐらいが経過しても、まだ更地のまま。生活道路や街灯、電柱だけが、そのまま残されている光景も何だか、うら寂しい印象でした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/24

幻に終わった名鉄瀬戸線の標準軌化……栄町乗り入れ用の600ボルト車両  鉄軌道

早いもので名鉄瀬戸線が栄町駅に乗り入れ開始してから33年を経過しますし、今では、こうした“瀬戸電(せとでん)”もすっかりと名鉄の本線系の一部になり切って、架線電圧も直流1500ボルトに変わりました。

かつて600ボルト線だったことや、土居下〜大津町〜本町〜堀川のルートは名古屋城の外濠を経由していたことをはっきりと覚えている鉄道ファンも徐々に高齢化したり、さらに亡くなったりして、少なくなりつつあるのは寂しい限りです。守山市(現在の守山自衛隊前)、旭新居(尾張旭)、尾張横山(新瀬戸)………といった旧駅名も、今更ながら懐かしいですね。私自身は母方の祖母が入院生活を送っていた瓢箪山、森林公園へピクニックに行くために降りた旭新居、そして、せともの祭りを見るために降りた旧尾張瀬戸駅の様子も少し覚えています。

さて、名鉄瀬戸線ですが、1960年頃は車両や施設の著しい老朽化やモータリゼーションの進行などで、当時の揖斐、谷汲線同様に全線のバス化も検討されていたそうです。

しかし、当時の旧守山市や瀬戸市西部の宅地開発も始まり、国鉄岡多、瀬戸線の建設機運が高まったことや、名鉄瀬戸線の名古屋都心乗り入れ要望も高まり、地下鉄旧1、2号線への直通運転話が破棄になってから、様々な検討がされていたようです。

当初は堀川駅から地下線を建設して新名古屋駅に延長する案もありましたが、急曲線が多くなり技術的にも難しいとされ、代わりの有力案として、地下鉄名城線に大曽根付近あるいは市役所南付近から乗り入れ運転を図り栄町に直通させる構想が打ち出されていたと思います。

当時の名鉄側の案として、瀬戸線の大津町東あるいは大曽根〜尾張瀬戸間を地上線のまま標準軌化させ、早々と一部の在来区間には標準軌用の枕木に差し替えるほどの熱意だったそうですね。

しかし、当時の名古屋市交通局は将来の名城線環状運転で線路容量が不足するとして猛反対!!揚げ句の果ては「同じ線路に郊外電車と市内対象の地下鉄を走らせることは運行管理上も好ましくない!」。そのため、66年頃には、さすがの名鉄も引き下がったらしいですね。(笑)

結局、最後は東大手〜栄町間に別の狭軌地下線トンネルを名鉄側が掘ることで、ケリがついたわけです。

いやぁ、しかしながら、仮に名鉄瀬戸線の地下鉄名城線乗り入れが合意していたら、一体、どんな車両が走っていたのかな?一説によれば、名鉄瀬戸線は第3軌条集電式に変更されていたのでは?と言われています。

………しかしながら、今の名鉄栄町トンネルのルートが決まった後も、当初は架線電圧はそのままにし、7700系の600ボルト版がかなり具体的に検討されていたらしいです。恐らく、栄町〜尾張瀬戸間に一般特急あるいは高速でも走らせるつもりだったのでしょう。

最終的には1500ボルト化が決まり、当時の本線系車両を比較的簡単な改造で転用する結論になりました。その当初は何とHL車の3706〜3709、3711Fを1500ボルト用の車両に戻し、簡単な難燃化改造を施して、栄町駅に乗り入れさせようとしていたようです。

しかし、過去に一度は車体更新されたものの、余りに古すぎると判断されたようで、結局は今の6600系が純新造された形になり、現在に至っています。

………このように、線路が名鉄の他路線から完全に孤立されているばつかりに、今なお、やはり所詮は特殊線扱いなのかもしれません。せめて東武鉄道東上線のように他社線で本線系の車両と必要に応じて自由にやり取りできないのか?あるいは大江駅から自力回送できないのか?瀬戸線の新車も手間や経費が掛かる陸路輸送でなくて、甲種輸送できないものか?……と思ってしまいますねぇ……。

本当なら、大曽根〜金山間はJR東海が空いている時間帯に中央西線の線路を貸してあげるぐらいの優しい配慮があっても、決して罰は当たらないだろう………と私は思いますよ……。(苦笑)今となっては、遠い将来の地下鉄上飯田線を頼るしかないのかなぁ………?
0

2010/11/24

北朝鮮が韓国側の延坪島を砲撃……多数の死傷者発生!!!誰が見ても戦争行為!  政治・経済・国際

今朝(11月24日)の各紙にも1面トップ扱いで大きく報じられているかと思いますが、北朝鮮側は昨日(23日)午後2時30分すぎ、黄海にある韓国領の延坪島(ヨンピョンド)を突然に砲撃し、これに交戦した韓国兵2人が亡くなられたほか、巻き添えを食った住民ら18人が負傷されました。

ここに、韓国側には慎んでお悔やみ、お見舞い申し上げます。m(__)m

また、このような1953年の朝鮮戦争休戦以来、その基本協定を破り、破廉恥極まりない蛮行をした北朝鮮側には厳しく抗議します!!!(怒)世界中の誰が見ても、今回の北朝鮮がしでかしたことは、もはや“立派”な戦争行為ですな……。(苦笑)

この島は一般の外国人観光客は特別な危険地域のため、まず立ち寄らないだろうし、島の北側は、もうわずか数キロ先が北朝鮮の領海、領土!!韓国本土ならソウル特別市の北郊外の統一展望台のほか、高麗人参の特産地でも有名な江華島(カンファンド)北部、江原道の高城(コソン)展望台などが有名ですが、いずれも地元の憲兵や警官が不意に身分を検閲するのかもしれないので、立ち寄られる場合は、パスポートを携行された方が無難です。また私自身も1996年9月に訪れた板門店へのツアーも、恐らくは、ここ暫く中止でしょうね。やむを得ません……。

北朝鮮側は、韓国軍が領海を侵犯して連日、射撃訓練をしているから、仕返しをしてやろう……と思ったのでしょうな……。しかし、韓国側は国連軍側が定めた北方限界線(黄海上の軍事分界線。北朝鮮側は一切、認めていないというが……)より南側で軍事演習していたと主張し、全く問題なしとしています。

昨日見かけた朝鮮中央テレビのニュースでも、あの怖そうな例のアナウンサーのオバサンが「南朝鮮は領海を侵犯し、我が国に一方的に砲撃を加えて来た!!今後も0・001ミリでも侵入したら、我が国は無慈悲で激しい交戦をするだろう!!」。まぁ、何と自分勝手で我が儘な言い分だろうねぇ……。とても大人の答弁とは思えません。本当に呆れて、私自身も返す言葉が見当たりませんわ………。(苦笑)

はっきり言って、今の北朝鮮は、まともな外交なんか、国交を持たない日本や米国、フランスは勿論、仮に国交を一応は持つカナダ、英国、豪州などでも出来ないでしょうな……。(苦笑)どうも、なかなか2国間協議に応じない米国を牽制したようですが、核開発の継続のほかに、日本や韓国の一般人民拉致事件を真面目に解決しようとしないため、ごく当たり前でしょう。いくら中国が6カ国協議を提唱してくれても、果たして、そんな雰囲気なのでしょうかねぇ……。(苦笑)北京や上海、広州……果ては香港や澳門、台北の一般住民の皆さん、どう思われますか?いやぁ、私自身はそうは決して思わないし、むしろ今の北朝鮮が近い将来、自然崩壊した場合、我々日本人が、戦前の償いの一環として、統一コリアたる韓国をどう支援していけば良いのかを、もっと真剣に考えるべき時期が来たような気がします。さらに拉致されたまま行方不明になっておられる大勢の方々の捜索、救出の手順も然りでしょう。

今回は、さすがにロシアも北朝鮮を激しく非難しています。中国もこれを契機に、単なる話し合いだけで解決……という極めて古くさい理想論(いやぁ、中国政府には大変に失礼だが、私自身は、もはや“妄想”だろうと思いますよ……)は捨てて、もっと現実的な解決(必ずしも武力行使は望まないのだが……)に参加すべきです!!!尖閣諸島問題での主張だの、あの劉暁波さん夫妻への人権問題はまた別にしても、これ以上、一般の日本人民から嫌われないように、賢明な選択を強く望みます。また今後の中国側の動き次第で、日中、韓中関係も大きく変わるのかもしれませんね。

要は、今の中国政府にとって、うわべだけでなくホンマものの国際社会でのリーダーシップが試されると思いますよ!!

私が思うには、恐らく国境の街・丹東とか、あるいは吉林省や遼寧省の一般住民の殆どが、今の北朝鮮の自然崩壊を密かに望んでいるのではなかろうか……?(笑)

今回の事件は、大勢の在日コリアンにも多大な迷惑を掛けており、朝鮮学校だの朝鮮総連、韓国側の民団とか、愛知県豊橋市内に本拠を構える日朝純民間ベースの著名ボランティア交流団体“三千里鉄道”もさぞや大変に呆れていますよ。(苦笑)

彼らのプライドを日米でなく、むしろ北朝鮮が深く傷つけたことは、決して忘れてはならないでしょう!!中国政府側にも、ぜひ理解を求めたいと考えます。

これで、従来の形での金剛山、開城、白頭山、妙香山などの観光ツアーも事実上、もはや終わりなのかも……。私自身も休戦ではなく平和が訪れれば、ぜひ視察したいと思っていたぐらいだが……。せっかく、改革・開放や国際協調に熱心な朝鮮の善良な方々が苦心して企画開発して戴いただけに残念です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ