2009/6/26

山梨県の昇仙峡に行って来ました  旅・紀行

あれから昨夜は甲府駅前のビジネスホテルに1泊し、今日(6月26日)午前中は昇仙峡まで足を延ばしました。

本投稿時点では旅先からのアクセスですから、また帰宅後に改めて報告します。

幸い梅雨の中休みで、天候には大変恵まれました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/26

米人気歌手、マイケル・ジャクソンさん急逝。享年50  世相・社会

先ほどのテレビニュースや携帯ニュースサイト等の報道によりますと、1980年代に世界的な人気歌手として一世を風靡した米国のマイケル・ジャクソンさんが、急性心不全で倒れ、ロサンゼルス市内の自宅で亡くなられたそうです。

まだ50歳の若さでしたが、近年は子供への虐待が厳しく批判され、一応は無罪にはなったものの、晩年は体調も芳しくなく、事実上休業状態だったとか……。
また生前は度々、なぜか整形手術ばつかりしていて、聞けば、強い薬を服用していたそうな……。それがたたったのかもしれませんね。

まぁ、まだまだ図太く生き抜いて、かつ細かい犯罪行為を平然と繰り返しておられる日本のあの懲りない著名俳優SK氏よりは、余程か良い引き際だったのかもしれませんがね……。(大苦笑)

ともあれ、マイケル・ジャクソンさんのご冥福をお祈り申し上げます。合掌。
0

2009/6/26

昨日の長野駅前は実に暑かった………(大汗)  グルメ・料理

昨日(6月25日)昼下がりの長野駅前は大変に暑かったです。

毎度の旅行ながら、決まって駅前の行き付けの蕎麦屋で、画像の大ざる蕎麦を賞味しました。

いやぁ、さすが戸隠蕎麦を標榜し、本場だけあって、大変美味しいです!


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/26

勤務3連休を利用して小旅行。その直前に見た名鉄株主総会の案内  鉄軌道

昨日(6月25日)午後から仕事が3連休になったため甲信地方を小旅行していますが、画像は、特急“ワイドビューしなの”に乗る直前に名鉄名古屋駅出札口付近で見かけた名古屋鉄道(株)の株主総会の案内です。

単に地元の有力者ばつかりではなく、名鉄の株主の端くれとして、恐らくは比較的若い鉄ちゃんや鉄子さん、いや、名鉄スレッドに常駐なさっておられる2ちゃんねらーや、あるいはアグイなどへのアクセス者も出席されたのかな?(大爆笑!)

今季は事業計画の公表も大幅に遅れ、しかも久々に地味な予算。さて、どんな発表や発言があったのかしら?

あ!そう言えば、今のミュースカイ(現2000系)に車体傾斜機能が搭載されたのも、10年以上も前の株主総会での株主さんからの質問や提言が発端だったような……。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/24

名鉄7043、1001Fなど解体。7041Fも処分準備着手……  鉄軌道

既に近隣サイトなどでも多数報告されていますが、名鉄では、長らく猿投駅構内に留置して舞木工場で処分準備中だったパノラマカーの7043Fを名電築港駅構内で解体。また7041F(←画像は、その編成中のモ7042号車内です。営業運用離脱直前での撮影)を布袋駅から舞木工場に直ちに移し、処分準備に着手しました。恐らく、6月末か7月初頭までには解体されるでしょう。

なお、7043Fの解体完了に伴い、もともとは7700系の中間車だったモ7750形はすべて鬼籍入りしたことになります。

一方、車齢がまだ若冠21歳のパノラマスーパーの1001Fも既に解体。車体更新はされず、台車や冷暖房機器、主電動機、制御・制動機器は他の残存編成補修用として保管されたものの、運用車両としては用途廃止になりました。1001Fは私自身も1988年6月でのパノラマスーパー試乗会で神宮前〜岐阜間を1往復しただけに、余りにもの短命さは惜しまれます。


………さて、日本車両会社豊川工場で車体更新施工を無事に済ませて名鉄の本線系に帰って来た元パノラマスーパーの1007F改め純通勤車5008F、同じく1010F改め5009F。5009Fは取り敢えず、新鵜沼〜内海間系統の急行で主に充当されているようです。現在は朝夕以外の内海方面への特急は廃止されており、急行に格下げられた運用で、まさしく里帰りしたような感じですね。一方の5008Fについては、昨夜時点ではまだ就役報告は聞いていませんが……。

しかし、5000系は純通勤車ながら高速域はパノラマスーパーの性能が残され、ギア比も4・82のままで、運用はかつての7000系や5500系に準じたSR車の扱い。従って、6000系列との併結は通常は行わず(←併結・総括制御での運行は今の仕様のままでも一応は可能だが、走行特性が異なる。因みに6000系初期型=6001〜6052F=のギア比は6・07)、単独運用を強いられた上、待望の8両運用もなかなか現れないため、非効率との批判も出ているようです。やはり、5600番台中間車の処置は、噂の4両新組成化よりも5000系2両組成化(新5200系?化)が妥当だと私は考えます。

また、6000系列の中でも比較的車齢が若くて走行機器も類似している6500、6800系の5000系との併結営業運用対応化(高速化)の是非も問いたいところ。ギア比変更(5・60→4・82)のための駆動装置新製や制御機器の若干の手直しが必要になりますが、ゆくゆく5000系並みのステンレス車体に更新するならば決して無駄な投資でもないと思います。

瀬戸線でも既に4003Fが就役し、後は10月頃の4004、4005Fの回着を待つだけになりました。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/6/20

暑い………。酔い醒ましは、やはりソフトクリームで……  交通一般

形原温泉あじさい祭りでの一眼レフデジカメによる試写を無事に終えました。陽も西の方に傾いてきました。

撮影当日は梅雨の中休み。まるで夏本番の快晴でした。

ちょいとだけ飲んだつもり(←まるで故・植木等さんの持ち歌みたい……)の缶チューハイの酔いが回り、醒ますためソフトクリームで身体を冷やしました。

皆さん!飲酒運転はご法度。絶対に駄目ですよ!!

特に近隣のジンギスカン料理屋“山麓園”で食事されるなら、大抵はビールでも飲みたくなるに決まっているから尚更のことです。あの店は、最後に出るお茶漬けが旨いのだが、結局、今回は寄りませんでした。

ちなみに私自身、当日の往路はJR線313系快速と名鉄バス東部の臨時便“あじさい号”に、また豊橋からの復路は名鉄の2200系特急に乗りました。カメラが重たくてホンマに疲れてしもうた……。(苦笑)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/20

柄にもなく、満開なあじさいの近くで抹茶を賞味  日常生活・娯楽

やや“アルコール分”が入っていたため、肝心なお作法は“無茶苦茶”だったのかもしれんが……。(苦笑)

ドラ吉さんほか、大勢の飲兵衛の皆さん!せっかくの抹茶とお茶菓子は、美味しく味わいませう!(大爆笑!)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/20

形原温泉あじさい祭りを一眼レフデジカメで“試写”  日常生活・娯楽

去る6月13日(土曜日)に訪れた愛知県蒲郡市での形原温泉あじさい祭り。

一眼レフデジカメで撮影した画像が仕上がりましたので、選抜してアップします。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/6/17

在りし日の名鉄バス・旧鳴海駅前停留所  交通一般

今となっては懐かしい名鉄鳴海駅前の旧バス停留所です。私自身も高校生時代から大変お世話になりました。

かつての名鉄バス鳴海線の老朽化した改造ワンマン車は対キロ区間制運賃にもかかわらず、前乗り後ろ降りのシステムでした。

こうした1972年当時の名古屋の市バスの90号系統(栄〜相生山住宅間)、60イ号系統(栄〜島田一ツ山間)など2区運賃ワンマン運行路線に倣った、利用客信用の上での運賃先払い徴収制でした。

ちなみに、その頃の市バスは必ずしも全路線が今のような運賃均一制ではなく、1〜3区運賃系統が存在。1区系統は運賃均一制でしたが、3区系統については路線自体が長距離な上に、運賃が利用距離に応じて3種類もあり複雑だったせいか、必ず車掌が乗務していました。(実例として39号系統・市役所〜天白町菅田間、40号系統・名古屋駅西口〜大森霞ケ丘間、57号系統・栄〜平針住宅間……その他、多数あった)

昨今の整理券発行システムもまだまだ高価だったためか、東武バスの松原団地駅東口〜八潮団地線、新田駅〜新栄団地線(いずれも埼玉県草加市)など他の民営バスでもよく見られた光景でしたね。これらも後には整理券乗車方式に変わりました。

それに鳴海駅に停車する電車もパノラマカーやSR車はごく稀で、大半は戦前製のAL車かHL車。勿論、今のような3R車どころか6000系すら未登場でした。

一体いつになったら、大都市らしい近代的な駅になるのか?半ば諦めていたぐらいでしたが……。

まあ、それも過去の思い出に。さようなら、昭和時代の名鉄鳴海駅よ……。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/17

名鉄バス・鳴海駅前新停留所、供用開始  交通一般

画像は、昨夜の名鉄鳴海駅南口の模様です。

事実上、鳴海駅の正面口は日当たりの良い南側に移りましたね。去る6月14日(日曜日)夜半までは、画像の位置に市バスの野並17、19号系統の野並行きが停車していました。

今後は地下鉄桜通線の延長開業に伴う市バス路線再編成を睨んで、島田一ツ山、相生山住宅、天白町菅田、地下鉄植田方面への直通路線系統の創設が課題でしょう。

一方、画像の名鉄バス(あるいは傍系会社の知多バス)は現在の鳴海線に代えて、名和方面とか大府市、東浦町の各北部の新興住宅街を結ぶ路線に運行エリアを移す場合も考えられます。それまでには、ぜひとも、系統記・番号の整備を!!

さらに、治安面から鳴海交番の名鉄鳴海駅南口構内への移転、金銭面からは三菱UFJ銀行のATMコーナーの設置などが当面の課題でしょうね。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/6/17

消えた鳴海駅・名鉄バス旧乗降場の灯  交通一般

戦後からお馴染みだった名鉄バス鳴海線の鳴海駅前停留所。駅北口にあり、名鉄名古屋本線の地上区間時代での界隈発展を支えてきました。

去る2004年7月から本格着手した鳴海駅周辺再開発事業のうち、まず南口部分が完了し、今月15日午前零時すぎに名鉄バス、タクシー乗降場は移転しました。

画像は、閉鎖され夜間の灯が消えた鳴海駅前旧停留所です。いやぁ、鳴海界隈からまた一つ、昭和時代の面影が減りましたねぇ……。

今の名鉄バス鳴海線は鳴子みどりが丘・平針運転免許試験場方面行きと滝ノ水口方面行きの2系統だけですが、かつては敷田行き、嫁ケ茶屋経由鳴子住宅行きも存在。さらに懐かしいところでは1972年時点で、大府駅前、刈谷駅前、瀬戸公園行きもあったように思います。まさしく、名鉄バス鳴海線の黄金期だったと言えましょう。

後年は一時、ここに名鉄バス鳴海管理所が設けられていました。

昨夜時点では完全閉鎖でなく、歩行者通行は可能ですが、いずれ近いうちには北口再開発のため、完全に通行止めになるものとみられます。

しかし再開発完了後も、この北口は鳴海駅の“駅裏”になる公算が大きく、一抹の寂しさを禁じ得ません。

ただ“駅裏”“駅西”という言葉は厳密には差別用語になり、新聞紙面記事や放送番組原稿には通常では使えません。市バスで停留所名に名古屋駅前、名古屋駅西口を使わなくなったり、敢えて名鉄鳴海、名鉄堀田とかいう表記にしたのも、恐らくは、そのためでしょう。

本来はJR線の名古屋駅や東京駅などに倣って、南口を“鳴尾口”とか“汐田口”“大慶橋口”、北口は“浦里口”とか“花井口”“扇橋口”などのいずれかに改称した方が理想。名鉄本社や緑区役所などに公募を提案したいほどですが……。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/12

随分と贅が尽くされた“豊橋市電”の車内液晶案内表示盤  鉄軌道

まだ近隣の渥美線にもない車内表示サービスですなぁ……。名鉄でさえも、瀬戸線にやっと導入されたばつかり。

JR東海でも確か、まだ見たことがなかったような……。(苦笑)

こんな高級な純新車なら、次は一体いつ増備されるのやら……?


※6月16日(火曜日)追伸……豊橋鉄道T1000形がローレル賞の栄誉に輝きました!! 名古屋近辺の鉄道ファンにとって、久々に明るいニュース。おめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/12

液晶ディスプレーがふんだんに採用され、“豊橋の市電”もまぁ随分変わったねぇ…  鉄軌道

仮に名古屋の市電が今でも健在していたら、この狭軌の同型連接電車も営業運行は、ほぼ全線で十分可能だったはず。どの路線系統で使われていたのだろうか? 

ちなみに、豊橋市内線の枝線(井原〜運動公園前間)は、井原交差点の分岐カーブが極端に急なので、現状では800形(元名鉄美濃町線車両)とT1000形の入線は不可能。今後、分岐カーブの改善が強く望まれます。

下之一色線(70、71)や城北学校前〜名古屋駅・堀田駅線(18、34)、名駅循環線(3)、名古屋駅〜上飯田線(81)、秩父通〜熱田駅線(10)、八熊通〜上飯田線(14→80)、名古屋駅〜八事、新瑞橋線(60、35)の辺りに喜ばれそうな車両かも……。これらは高齢者の利用が比較的多かったことだし……。

しかし、あの名古屋市交通局のことだから、まずは2600、2700、3000各形(いずれも戦前製造の2車体連接電車)の代替用として、稲葉地〜東山公園線(2)や浄心〜覚王山線(11)などが最優先で投入されたに違いないだろうね。(大爆笑!)

※括弧内の数字は健在当時の系統番号です。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/12

形原温泉からの帰路、豊橋市内線で新型連接電車に試乗  鉄軌道

形原温泉あじさい祭りからの帰路、一旦、豊橋駅前に寄りました。ふと見れば、何と豊橋市内線の新型連接電車(豊橋鉄道T1000形)が……。

実は、昨年暮れの就役以来、まだ一度も乗ったことがなかったため、駅前〜東八町間を試乗してみました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/12

形原温泉あじさい祭りに行って来ました  日常生活・娯楽

今日は仕事休みかつ貴重とみられる梅雨さ中の快晴!!

そこで、久々に一眼レフデジカメを携行し、愛知県蒲郡市は形原温泉あじさい祭りに行って来ました。

作品のアップはまだ暫く先になりますが、取り敢えずは携帯電話カメラで同時に撮影した画像をアップしておきましょう。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ