はっぴーぽっぷの詰め合わせ。

心があるから、人は悩み、苦しみ、死んでいく。
そんなことなら、僕はココロのないロボットになりたい。
感情も何もない、無機質な世界へ・・・

 
スティッカムで簡単ライブ動画配信



ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキングranQ みんなのブログ集

ホームページできました。

明日からまた練習。



なんか、ガソリンの値段が上がったらしい。
それと同時に、チクワの値段も上がるらしい。
でも、チクワの長さを短くして、値段が上がるのを防いでいるらしい。
でも、そのせいで、チクワを笛にして吹く人(誰だっけあれ?太っている人)が、チクワが短くて音が出ないらしい。

チクワで食っていけると思うなよこのチクワ野郎。

どうも。Iです。
明日からまた女子高で練習です。
先輩は自由参加らしいです。
多分来ます。
来るのか?
いや来る。
来るだろう。
来るんだろう。
来るのだろうか。
さぁ。
どっちでもいいや。


0
投稿者:DJ☆I☆

2曲HC

クリックすると元のサイズで表示します

続けて。

クリックすると元のサイズで表示します

0
投稿者:DJ☆I☆

県南大会でデブコケ。

さて、県南大会、言ってきました。
今回、俺らはB部門に出たわけなのですが、
あ、B部門っていうのは、一応関東大会まであって、
A部門は日本大会まであって、Cは県まで。
うちのバンドは、ものすごい人数が少ないんですよ。
普通、30〜50人ぐらいが普通なんですけどね。
俺らのバンドは30人もいませんから。
25人。だから大変だっていうのは前にも話した気が。

で。

B部門は課題曲がないので、皆色んな曲やってました。
中には、「これは曲なのか?」というものもありましたw

ま、いいんですけどね。

曲から曲の間に、楽器の入れ替えやらありますが、その時、すんごいデブの人が舞台のギリギリ落ちない程度の所に立ってて、後輩が
「デブがコケる!」
とか大笑いしてんの。

いやいや、まだコケてもないのにそんな大爆笑してんなよ!

あいつの中では、デブ=すぐコケるというイメージがあるらしい。

何処から覚えてきたんだか。

・・・舞台の上では緊張しましたよ。
・・・ミュート使うんですけど、緊張して落としてしまうんではないかとハラハラドキドキワクワク(ワクワクは余計だろ

1人ツッコミb

で、結果。



・・・・・






最後は、バスの中で、色々と。
先輩はこれで最後だから、もう泣いて泣いて。
「何かあったら俺に言えよ」っていう先輩の一言がカッコイイ。
先輩がいなくなったらなんだか不安で。俺1人で後輩2人を育て上げることが出来るのだろうか。
空気を読まない後輩は、先輩が泣いているのにもかかわらず笑ってる。
貰ったジュース「なっちゃん」の顔に落書きして「何コレ!」と自分で書いたにも関わらず言っている。
自分で書いたくせに「何コレ」って何

・・・最後に。「デブがコケる!」
0
投稿者:DJ☆I☆

県南大会前日。

明日がついに本番です。
正直、勝てるかどうか分かりません。
負けるかもという気持ちの方が多いです。

今日、分かったこと。

吹奏楽部の中で、俺が一番力が無いということ。俺男なのに。

俺が、明日本番のため楽器を運んでいる時のこと。
「はい!ティンパニー運ぶの手伝って!」
ティンパニーというのは、打楽器で、唯一音程がある楽器で、まるいやつです。
それは、2人で運ぶのが普通なのですが・・・

階段を下りる時。

何コレ。
手がものすごい濡れてるんですけど。
ティンパニー持っても手が滑るんですけど。
やばい!落とすって!

全然2人で持てないの。
だから先輩に手伝ってもらっちゃった♪

「おまえほんと力ないな!怒るぞ!」

怒られちゃった♪

あ〜ものすごい傷ついたわ〜。
やる気が出なくなってきた。
あ〜もうやりたくね〜。

俺、怒られたりするとやる気がなくなるか、逆ギレするか、のどちらかにかならずなります。

本番前にやる気なくなってどうすんだ俺。
疲れました。
明日のために早く寝ます。
では。
0
投稿者:DJ☆I☆

せんぱ〜〜〜い!!!



どもーーIでぇすよ。
県南大会まであと2日となりました。
30日が本番です。
大きなホールで演奏するのはかなり緊張します。
だから、今からもう緊張感を持たないと。
アガっちゃいけないんだけどね。

・・・そんな時期だというのに、1年生はもう・・・
特にトロンボーンの1年生はもう!男2人もいて、いつも喋ってばかりで練習しない・・・のは1人だけで、あとの1人はちゃんと練習してます。

練習していないで何やってるかと言うと・・・

寝てる。
こっちが一生懸命練習しているのにあっちでは寝てる。


不座賢者根ぇ!(ふざけんじゃねぇ)

俺が起こしに近づいた。そしたら
下半身からありえないほどの激痛が。
てめぇ先輩の股間殴りやがったな!

先輩と後輩の区別もつかないようなお前にトロンボーンなんか教えてやるか!出なおして来い!って言いたい。ものすごく言いたいが3年の先輩やたまにくる高1の先輩に「教育がなってない!」といわれてしまうのでそういうわけにかないのだ。

で、帰り。
その1年2人がいつも先輩と帰りたくてしょうがないみたいで。
俺は3年の男の先輩2人と帰るんですけどね。
その先輩から、
「GO!って行ったら、スピードあげて行けよ。1年に追いつかれない程度に」
と言われて

GO!

「せんぱーーーーーーい!!!!」
と、もう近所迷惑になるぐらい大きな声で叫んでいる後輩。
ついてくるな!
途中の分かれ道。1人の先輩と俺は左の道、もう1人の先輩は右の道に走って行った。
そんで、1人の後輩は左、もう1人は右の道へ行った。

俺の後ろについてくる後輩、俺より早い先輩・・・もう体力が・・・
ああ、隣にいる人、危ないから避けて行って・・・
って後輩に追いつかれてるし!
結局1人の後輩はものすごく早いために諦め、その後輩と一緒にもう1人の俺の股間を殴った奴から逃げることに。

途中で別れた先輩と合流するために、待っていることに。
「お、来た来た」
遠くから先輩がゆっくりくる。よく見ると背が小さい。あれ?先輩あんな小さかったっけ・・・?

「せんぱ〜〜〜〜〜〜い!!!!!!」

あれ?先輩は?って何でお前が先に来てるんだよ!

しかたない。先輩置いて行くか!
俺は、もう体力ないのに・・・と思いながらも一生懸命走った。
「せんぱぁぁぁぃ・・・」
という声も聞こえなくなり、知らない道や険しい道を通ってようやく奴も間違えて違う道に入り迷子になったであろうという安心感に浸りながらゆっくり走っていた俺。
先輩も帰り、後輩と一緒に帰った俺。
「せんぱ〜い!」
ああ、耳が変だ。空耳かな。
「せんぱーい!」
ってええ?おま、もう追いついたのかよ早いよ恐いよ

そんでまた、俺達は一生懸命、先輩と後輩の区別もつかないような奴から必死に逃げました。
いい運動したわ俺。
0
投稿者:DJ☆I☆
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/5 
 

思い出のアルバム

探っちゃえ!



このブログを検索

掲示板

四角い変なもの。

AutoPage最新お知らせ