はっぴーぽっぷの詰め合わせ。

心があるから、人は悩み、苦しみ、死んでいく。
そんなことなら、僕はココロのないロボットになりたい。
感情も何もない、無機質な世界へ・・・

 
スティッカムで簡単ライブ動画配信



ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキングranQ みんなのブログ集

ホームページできました。

もっと声出せ男だろ?

さて、学校での秋の大きな行事と言えば、なんでしょう?

もちろん、文化祭ですよね。

まぁ、うちの学校の文化祭は、合唱を主にやるわけですよ。
学年のクラスごとに合唱していき、学年ごとに一番いいクラスを発表する。
3年生で選ばれたクラスは11月に行われる町の音楽祭に出ます。
その音楽祭にうちの吹奏楽部も出るんですが。

さて、

その合唱がですねぇ・・・

男子がまったく声が出てない。

やっぱ、男子ってのはそういう歌関係が嫌いなんですかね、
小声の人や口パクの人や、口すら開けてない奴もいる。

俺の隣で歌うシャボン玉石鹸
もう何て言ってるか分からない。

石鹸「俺声結構出てるよね?」

自分では声が出てると思っているらしい。
自画自賛か。


シャボン玉石鹸のことで思い出した。

シャボン玉石鹸と俺は、小学校が一緒だったんですよ。
で、小学1年生の頃。
出席を取るときに先生がこんな一言を。

先生「大きな声で返事をしてくださいね!」

相手は頭が遊ぶことぐらいしか考えられない小学1年生。言葉をそのまんまで理解してしまいます。

だからみんな、

「はい!げんきです!!!」
と廊下に響くぐらいの大声で返事をする。


そして、石鹸の番。
しかし、石鹸は、出席番号が後のほうだったので、
他の奴には負けてられない!と思ったのか、

バン!と机を叩いて
「はい!!げんきでぇすっ!」
と奇声を発したような声で返事した。


あれには驚いたね。
そのことを石鹸に話したら、

「は?意味わかんねぇ」
と言われました。
覚えてねぇのかよ。


昔と違って、ものすごい静かになった石鹸。

そんな、声を出さないやる気0%の男子に怒った女子は、

「男子もっと声だせ」

と言われる始末。

そう言われるともっと声を出せないでいるのが男の短所。

「Iはちゃんと声出てるから、Iみたいに歌って」

は?俺?
正直照れました。


やがて、そんな練習が1週間ぐらい続いたせいか、

「男子全然声でてねぇよ!もっと声だせよ!」
とか言われる始末。
待てよ。
前からずっと男子のことばっか注意していたけどよ。
女子はどうなんだ?
なぜ女子のことは注意しないんだ?
男子は男子同士で
「もっと声だそうぜ!」(俺)
と注意しあっているが、女子はまったくそういう気配がない。
女子は完璧なのか?
いやいやそんなはずはない。
俺から見れば女子も全然声出てない奴いるぞ?
てヵ俺からは女子の声聞こえんな。

・・・いや、それは俺が声を出すのに必死で女子の声を聞いていないのが原因だ。

で、

「男子だけで歌え」

きたよこの展開。

いつかこうなると思ったんだよ。
たぶんこれでも歌う人は少ないと思うが。

なぁ、石鹸。俺の隣にいるんだからもっと声だしてくれよ。
そんなことを思いつつ、俺らは歌った。

歌い終わった後、女子が、男子の中で声出ている奴を指名した。

「○○君と○○君と○○君とI君!」

やったねb

声が出ている奴は、とりあえず歌わず、遠くに離れて歌を聞いて、男子の中で声が出ている奴を指名しろ。との女子の命令。

俺らはひとまず、遠くに行って歌を聴いた。

・・・・・・

感想をまずいうね。

男子全然声聞こえねぇ。

いやマジで。

女子が、「ルールールー」と歌って、男子が主旋律(メロディ)を歌っている所は、

女子の「ルールールー」しか聞こえない。
男子、ここの歌詞が聞こえないと歌にならないぞ。


女子「どうだった?」

男子が俺らを睨んでいる。
ここで、声が出ている人を指名して、楽にさせてやるか、『声出てない』と言ってまた歌わせて恨まれるか。

考える間もなかった。

「男子声出てないです」

正直に言ってやった。
みんな俺を睨む。

俺、帰っていいかな。

女子「じゃあ、女子の中で声出てる人を指名して」

俺らはまず、吹奏楽部から数名指名して、あと、昔、俺の隣の席にいた身障女を指名した。

女子の企みはこうだった。

声が出てない男子全員と、声が出ている女子数名で歌わせる。
さて、どっちのほうが声が出るか?

俺には予想がついてるがね。

歌った。

声の大きさが女子数名に俺らを除いた男子全員が負けていた。
頑張れよ男子・・・男だろ・・・


しかも、

身障女がものすごいオペラ歌手のような高い声で歌っていた。
全員が笑い倒れた。


歌が途中で中断し、

女子「あのさ、男子さ、何が面白いか分からないんだけど、笑わないで」

お前だって笑ってたじゃねぇか!

結局、その日の練習は終了。
女子が、「あんたもっと声だせ」とか言われたが
じゃあさっき声出てるって言ったのは何なんだ。
そんなツッコミをすると女子は

走って歌詞の一部を歌いながら去って行った。

「歩いて行こう〜♪歩いて行こう〜♪」

いや、走ってるし。


よろしければらどれかにランキング投票お願いします。

おしゃれkid's ホームページランキング


ブログランキング

0574 Web Site Ranking

ブログランキングranQ


0
投稿者:DJ☆I☆
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

思い出のアルバム

探っちゃえ!



このブログを検索

掲示板

四角い変なもの。

AutoPage最新お知らせ