2009/1/27

福岡旅行:その20  

そして喫茶店に入ると友人は軽食を注文し、私達はすでに朝食は終わらせていたのでコ一ヒ一を注文しました。そして新幹線の発車時刻が来る迄の間、友人と私が知り合ったキッカケや友人の仕事の事などを聞いたり話したりして楽しいひとときを過ごしました。
やがて食事が終わり喫茶店を出ると、私達の乗る新幹線の身障者用の座席の状況を駅員に聞く為に、駅の窓口に行って駅員に確認を取ると、その後約15分位経った頃に「指定席が空いているけど、1800円位かかるけどどうする?」と聞かれたので、即座に支払う事に決めチケットを購入し私達は新幹線乗場のホ一ムに行きました。新幹線のホ一ムに着くと11時半過ぎの発車には、十分余裕があったので博多駅名をバックに富山県の友人と記念に写真を撮りました。
やがて新幹線の発車時刻が来たので、私と介助職員は身障者用指定席の車両に乗り込み、富山県から来てくれた友人は自由席の車両へと移動して行きました。ほどなくして新幹線が岡山方面へと発車すると、私は座席では何もする事がなかったので、電光掲示板を見たり携帯をみたりしていました。そして約一時間40分位で新幹線が岡山駅に着くと、専属の駅員が準備してくれた専用スロープを使いホ一ムに降りると、富山の友人が私達が降りた車両の側に来てくれ手を振って合図をしてくれました。そして友人の乗っている車両を見送った後、私達は駅員の誘導に従いエレベーターで階下に降り改札口迄行きました。私達は岡山駅に到着した後、今度はjr四国の列車で高知に帰る迄には、まだまだ余裕があったので買い物をしようと思い、二人はお土産品店に入り店内をあちこち回って買い物を済ませました。
やがて私達は2時台の列車の発車時刻が来たので、駅員の案内で改札口へと向かうと、駅員の持参してきた専用スロープを使い高知行きの車両に乗り込みました。勿論、高知行きの車両には身障者用座席は無いので、私は電動車イスから立ち上がり座席迄歩いて行き自由席に座らせてもらいました。やがて列車が岡山駅を発車すると、高知に到着する迄の間にはかなり時間があったので私は遅い昼食を取ろうと思い、バナナや岡山駅で買ったモノを食べたり回りの景色を見たりしていましたが、介助職員は流石に旅行中の疲れが出たのか私の方へもたれ掛かったりしながら眠ったりしていました。やがて列車が夕方の6時前に窪川に到着すると、駅員の持参して来た専用スロープを使いホ一ムに降りた後改札口に行きました。そして窪川駅を出ると事前に予約しておいた介護タクシーが待機していたので、私達はそのタクシーに乗り込み施設に帰りました。私達がタクシーに乗り込み施設へと発車した後、タクシーのフロントガラスを見ると雨が降っていました。そしてタクシーが6時半前に施設に
到着した後、タクシー料金の支払いを済ませると帰園時間が丁度夕食時でもあったのでを、私は夕食を食べるために直行で食堂へ行き夕食を食べさせてもらいました。
以上が、昨年10月8日から10日までの福岡旅行の記録でした。今回の旅行も私にとっては、いろんな人に会い、沢山人に大変お世話になり、又とても良い体験や発見をする事が出来、とても貴重で意義のある思い出深い旅行になりました。又、何時か機会があれば、体とお金の許す限りこれからも続けて行きたいなと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ