2009/9/18

人生目標の確立が人格形成を促進  1章人格教育の核心

 いかなる目的やゴールに向かって徳目が実行されているのか、そこが問題である。

マフィアのメンバーは毎日、徳目を実践している。

命を懸けて・・・・。

 教育の目的を広義に解釈するならば、強い絆で結ばれた家庭を形成し、

社会的財産となりうる適正で有能な人間を生み出すことといえる。

家庭の中で愛や人格についての教育を受けることによって、子供たちは将来、

社会組織における上司や同僚、部下との良い人間関係を結べるようになる。

また、家庭という共同生活で気配りや思いやりの価値を認識することが、

学校や地域社会、そして仕事場で気配りや思いやりのある共同生活を

形成する力へと拡張されていく。

家庭において愛の領域を体得していくためには、人格的成長を中心として

家庭が健全に機能していなければならない。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ