2018/11/15

京丹波を見る!旧福知山城の移築された城門を山門とする観滝寺!  文化財研修記

京都府福知山市口榎原3354には旧福知山城の城門の一つ薬医門が明治4年(1871)に移築され、山門となっている高野山真言宗の名刹・観滝寺(かんりゅうじ)がある。平成30年3月の福知山市教育委員会の駒札より抜粋。詳細は下記の駒札をクリックすると拡大して読めます。

1.観滝寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します


2.旧福知山城の城門を移築した「観滝寺山門(福知山市重要資料)」
クリックすると元のサイズで表示します


3.福知山市教育委員会設置の駒札(画像をクリックすると拡大して読めます!)
クリックすると元のサイズで表示します


4.山門をアップで見ます!
クリックすると元のサイズで表示します


5.薬慰門(脇戸付、冠木(かぶき)は台輪に近く、冠木と水平方向に据える男梁(おばり)は確認出来ますが、女梁(めばり)は省略されています。脇の柱には塀が付属していた痕跡があります。)
クリックすると元のサイズで表示します


6.山門から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


7.見事な本堂です!
クリックすると元のサイズで表示します


8.見事な石塔です!
クリックすると元のサイズで表示します


9.同上
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2018/11/10

京丹波を見る!福知山市指定の名木・2本の大杉とムクノキを持つ大歳神社!  文化財研修記

京都府福知山市榎原205−4には福知山市指定名木の大杉2本とムクノキの巨木のある大歳神社(おおとしじんじゃ)がある。創建は不明だが丹波地方に良くある大歳之神(おおとしのかみ)を祀っている。本殿の見事な彫刻から柏原の名彫刻師の中井権次一統の彫刻を思い出させるがシンボルの龍の彫刻が無かった。残念!

1.大歳神社の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.鳥居の右側には福知山の名木のムクノキがある。
クリックすると元のサイズで表示します


3.幹周4.9メートル、高さ32メートルもある。
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝殿と右側の大杉は幹周5.8メートル樹高は60メートル、左の大杉は幹周4.83メートル樹高は42メートルもある。両木とも推定樹齢は600年です。
クリックすると元のサイズで表示します


5.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します


6.巨大な石灯籠と大杉
クリックすると元のサイズで表示します


7.拝殿をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します


8.拝殿後部から本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します


10.本殿の象鼻の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します


11.本殿前から参道・鳥居を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2018/11/5

京丹波を見る!建御雷之神を祀る古社・鹿島神社!  文化財研修記

京都府福知山市和久寺507には建御雷之神(たけいかずちのかみ)を祀る古社の鹿島神社(かしまじんじゃ)がある。創建年は不詳であるがこの地は和久寺遺跡の在るところであり、日本神話で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が火神を切り殺したとき、剣に付着した血から化生(けしょう)した神であり、経津主神(ふつぬしのかみ)とともに、葦原の中つ国に派遣され、国譲りの交渉に成功。また、神武東征においても、天皇の危難を救った鹿島神宮の祭神でもあります。


1.10月14日(日)幟の掲げられた鹿島神社
クリックすると元のサイズで表示します


2.鳥居と境内
クリックすると元のサイズで表示します


3.和久寺遺跡の駒札
クリックすると元のサイズで表示します


4.拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.膝に子狛犬を抱く珍しい阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します


6.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.本殿は拝殿の覆屋の中にある!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿の内陣の脇の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2018/11/1

京丹波を見る!後醍醐天皇の信任の厚かった藤原行房の扁額のある庵我神社!  文化財研修記

京都府福知山市庵我地区中には後醍醐天皇の信任の厚かった藤原行房の扁額(京都府指定文化財)を持つ庵我神社(あんがじんじゃ)。この社の創建は不明ですが宝亀4年(773)に社殿に泥棒が入ったという記録があるので相当以前にさかのぼるものと思われます。府の指定文化財である木造扁額は、後醍醐天皇の親任があつく歌仁でもあった朝廷の要人藤原行房が表に「正二位聖大明神」と書いたもので、それを三角彫りにした鎌倉時代の格式の高い文化財であります。この種の文化財は極めて稀でこの社と中央とを結びつける重要な文化財であります。
福知山市教育委員会社頭掲示板
庵我神社木造扁額 京都府指定工芸品(福知山市字中)
庵我神社は、旧丹波国天田郡庵我郷に所在する延喜式内社で、古くは「続日本紀』宝亀4年(773年)9月条に庵我社として現れます。中世には庵我郷から庵我荘が成立し、京都三条の青蓮院の支配を受けた鎌倉時代には、荘園鎮守の性格を有していました。木造扁額は、檜材の一枚からなリ、現状では右側3分の1のところで割れたものをつないでいます。裏面は長年の風雨によって檜の素地になっていますが、胡粉を塗った白の下地に彩色を施した痕跡が認められます。長方形の一重枠で囲まれた内区の中央には「正二位聖大明神」と彫られています。「聖明神」とは四祭神のうちに神功皇后を祀っているためといいます。裏面は黒塗りとして「元享3年(1323)」の銘と筆者の「藤原朝臣行房」の名が墨書されています。
筆者の藤原行房は、和様書道の一派である世尊寺流の嫡流であり当時一流の能書家として知られ、後醍醐天皇の側近として蔵人頭・左近衛中将を歴任し、天皇が隠岐に流された際も行動を共にした人物です。
この扁額は保存状態の良好な鎌倉時代の扁額の古例であるばかりでなく、能書家行房の数少ない真筆として、また、世尊寺流の書体の典型としてとても貴重なものです。

1.庵我神社の全景
クリックすると元のサイズで表示します

2.鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.巨大なご神木の楠(福知山市指定)
クリックすると元のサイズで表示します

4.駒札
クリックすると元のサイズで表示します


5.拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


6.阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

7.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な拝殿
クリックすると元のサイズで表示します


9.現在の扁額
クリックすると元のサイズで表示します


10.拝殿と本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

11.本殿んをアップで横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.本殿右手にある摂社の八幡神社・高良厄神社
クリックすると元のサイズで表示します


13.京都府指定文化財の藤原行房の扁額!
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上 裏面と藤原行房の墨書

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2018/10/31

京丹波を見る!福知山市の名刹で萩の寺として知られる養泉寺!  文化財研修記

京都府福知山市中375には萩の寺として有名な名刹・養泉寺(ようせんじ)がある。養泉寺は福知山市の北東部、鬼ヶ城山麓にあり、暦応2年(1339)に弧峯覚明(特賜三光国師)の四筵開場の最初道場で、臨済宗南禅寺派の寺院である。絹本着色光明本尊像の福知山市指定文化財もあり、初秋には庭園一面に植えられた萩の花が非常に美しく、「萩の寺」として広く知られている。また、養泉寺には観音堂があるが、この観音堂は中村の山中に大仙寺(真言宗)という七堂伽藍を有する寺であったが、室町時代に廃寺となりこの観音堂のみが残り、元禄4年(1691)に領主の下地により養泉寺に移建されたものである。現在の御堂は嘉永元年(1847)に修築されたもので、本尊は唐草模様透彫の後背の十一面観世音菩薩(木造)である。堂内の格天井は、福知山城舞殿にあったものと伝えられ、81枚の板には百花百鳥が色鮮やかに描かれている。

1.養泉寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します


2.養泉寺全景
クリックすると元のサイズで表示します


3.六地蔵様
クリックすると元のサイズで表示します


4.山門前の標柱
クリックすると元のサイズで表示します


5.駒札
クリックすると元のサイズで表示します


6.見事な山門を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

7.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.山門横の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な本堂と萩
クリックすると元のサイズで表示します

10.本堂右横の鐘楼と観音堂が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

11.本堂横の見事な禅庭
クリックすると元のサイズで表示します


12.観音堂
クリックすると元のサイズで表示します


13.観音堂の見事な彫刻(柏原の名彫刻師の中井権次一党の龍の彫刻と思われます!)
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上
クリックすると元のサイズで表示します

15.見事な裏庭
クリックすると元のサイズで表示します

http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1699.html
綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2018/10/26

京丹波を見る!足利尊氏公が後醍醐天皇の菩提を弔うため創建した醍醐寺!  文化財研修記

京都府福知山市猪崎1には足利尊氏公が南北朝時代(1340頃)に後醍醐天皇の菩提を弔うため創建した臨済宗南禅寺派の醍醐寺があります。開山は三光国師(覚明月海)で、一説によると足利尊氏公が京での戦いに敗れて三光国師を伴って丹波路を落ち延びる途中、当地にあった地蔵堂に立ち寄り、寺地とすることに決め、のち弟の直義を普請奉行として堂宇を造営したという。又、この醍醐寺には多くの文化財があり、福知山市指定の文化財としては三光国師像図があり、寺伝では室町時代中期の土佐光信の筆と伝えられています。他の二点は木造約し如来坐像で桃山時代の仏師である康正が元亀2年(1571)に作ったものと、第6代将軍・足利義教公が祈願寺と定めた時、自書の「醍醐寺額下書き」です。いずれの文化財も、この醍醐寺が室町幕府と密接な関係を持ち栄えたことを物語る貴重な資料です。福知山市教育委員会の駒札より。

1.醍醐寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.駐車場から見る醍醐寺
クリックすると元のサイズで表示します

3.六地蔵様
クリックすると元のサイズで表示します


4.山門を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

5.福知山市教育委員会の駒札
クリックすると元のサイズで表示します


6.見事な山門
クリックすると元のサイズで表示します

7.鐘楼門を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します


9.鐘楼門と山門を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


10.見事な本堂です!
クリックすると元のサイズで表示します


11.丹波半僧坊大権現の駒札
クリックすると元のサイズで表示します


12.丹波半僧坊大権現を祀る!鳥居!
クリックすると元のサイズで表示します


13.同上
クリックすると元のサイズで表示します

14.アップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します


15.見事な裏庭の庭園
クリックすると元のサイズで表示します


16.見事に福知山市街が見える!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング <


2018/8/25

京丹波を見る!京丹波町の古社で大山祇命、 品陀別命、 彦狹知命を祀る何鹿神社!  文化財研修記

京都府船井郡京丹波町曽根竿代29には大山祇命 品陀別命 彦狹知命を祀る何鹿神社(いつしかじんじゃ)がある。境内案内板を転記すると、「天武12年すでに社があったと伝えられ、大宝2年(702)から、出石鹿いそ(山ヘンに石)部神社、正和4年(1315)から何鹿神社と呼称している。永禄12年(1569)再建、弘化5年(1848)再建。貞和5年(1349)に書かれたと認められる大般若経が明治6年(1873)まで社内に存在していた天正の頃(1573〜1591)まで中丹波山内荘7社の神輿が当社に集まり祭礼式を執行した。本社は山内の荘の一の宮とされ、昔から荘内の人々が尊崇し、神輿の存在中は例祭日に右七社の神輿をかついできて御旅祭礼があったと伝えられる。平成11年5月12日不審火により全焼した本殿は、弘化5年2月再建のもので、三間社流造桧皮葺(50M2)軒唐破風の向拝を一間に造る形式、端正な中に柔らかな味を漂わせ江戸末期の特徴をよく現した建物で、その上に覆屋銅版葺(82M2)があった。現在の社殿は、平成11年氏子の中より再建委員8名、委員長は村山和夫を選出。再建の議がまとまり、平成12年4月より10年間、氏子一戸につき毎月2千円宛の積み立てにより工費を拠出することとなり、設計を谷垣俊平、施工を松本寛・森次郎・北村亨・西畑幸二共同企業体、代表松本寛が担当、平成12年4月25日着工、平成13年10月完成。その工費約七千萬円その規模形式は三間社流造銅板葺神饌所を併設し約60M2である。」

1.何鹿神社の標柱と鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.鳥居の扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.神社への参道
クリックすると元のサイズで表示します


4.神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.拝殿を通して本殿を望む!
クリックすると元のサイズで表示します


6.さざれ石
クリックすると元のサイズで表示します

7.摂社と狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

8.摂社の春日神社を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.拝殿と本殿斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します


10.本殿んを見る!
クリックすると元のサイズで表示します

11.阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

12.一本の角のある珍しい吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します


13.弘化5年(1848)か其れ以前の霊獣の鬼瓦
クリックすると元のサイズで表示します


14.同 上
クリックすると元のサイズで表示します

15.正徳5年(1715)の銘の入った石灯籠
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2018/8/21

京丹波を見る!京丹波町の応神天皇を祀る古社・二宮神社!  文化財研修記

京都府船井郡京丹波町橋爪淵上には応神天皇を祀る古社の二ノ宮神社(にのみやじんじゃ)がある。創建時期や沿革は不明ですが、天保2年(1831)再建で旧社格は村社です。旧山内庄山王七社の二宮で、正面石鳥居の扁額は旧名称の八幡宮となっています。旧瑞穂町の中心地桧山にあり、鼓山山麓に鎮座します。三間社の大きな社殿は貫録十分で、背後には磐座がありました。神社の秋祭りでは地域の農家がそれぞれの畑や果樹園で獲れた野菜や果物を持ち寄って神輿に飾った「野菜みこし」が巡行します。境内には文化13年(1816)の銘が入った石灯籠があります。又、山王七社は「旧山内庄の何鹿神社、二ノ宮神社、酒治志神社、九手神社、子守神社、能満神社と井尻の日吉神社は兄弟社と言われていました。」

1.二ノ宮神社の看板
クリックすると元のサイズで表示します

2.木造の橋を渡る参道です!
クリックすると元のサイズで表示します

3.鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

4.鳥居の扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

6.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.拝殿後部と本殿を斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿を見る!三間社だ!
クリックすると元のサイズで表示します

10.本殿右下の手水鉢の横には鰐がおり,護っていますね!
クリックすると元のサイズで表示します

11.三間社の見事な本殿
クリックすると元のサイズで表示します


12.本殿向拝の彫刻を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

13.見事な龍の彫刻ですね!髭が銅線か鉄線です!これは柏原の名彫刻師の中井権次一統の作と思慮します。(中井権次の一統の記録は全て調査しきれていないのです!)
クリックすると元のサイズで表示します

14.木鼻も見事です!感嘆!
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上
クリックすると元のサイズで表示します

17.本殿の屋根裏を見る!茅葺だ!!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2018/8/18

京丹波を見る!京丹波町の名刹・曹洞宗の無動寺!  文化財研修記

京都府京丹波町粟野堀古ノ上50番地には曹洞宗の名刹でご本尊の釈迦牟尼仏を祀る金龍山・無動寺(むどうじ)がある。開創は不詳であるが、1789年に天台宗から曹洞宗に改宗されている。京丹波町の文化財に指定されている観音堂が江戸時代初期の建立と推定されていることから、江戸時代初期を下らない開創であろう。茅葺屋根からステンレス製瓦屋根に葺きかえられて趣が変化したといわれているが、耐久性からいたしかたないであろう。文化財としては千手観音立像:府指定文化財 、藤原時代で、像高279cm、観音堂:町指定文化財、府登録文化財で江戸時代初期のものです。

1.無動寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.無動寺の山門
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します


4.山門の扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します 

5.山門から本堂を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

6.本堂に向かって左側にある鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

7.本堂前庭から鐘楼を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


8.本堂前庭から見事な観音堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.観音堂を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.ご住職不在で観音堂内は見れず。堂前に掲示の観音様を撮影!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2018/8/15

京丹波を見る!京丹波町にある平安時代から応神天皇を祀る質美八幡宮!  文化財研修記

京都府船井郡京丹波町質美庄和ノ上46には平安時代から誉田分命(ほんだわけのみこと)=応神天皇を祀る質美八幡宮(しつみはちまんぐう)がある。創祀の時期は平安時代で詳細は不明ですが、現在の本殿は寛政8年(1796)に再建された。また明治維新まで境内にあった薬師如来は天平12年(740)のものと言われています。道路に面した一の鳥居から、約500メートルの長い参道が延び、二の鳥居をすぎると勾配のきつい石段の上に社殿が見えてきます。境内には松尾神社、若宮神社、高良神社、武内宿禰社、荒神社、厄除神社と多くの摂末社があります。京都府登録文化財:八幡宮本殿(建造物),産子集会所(建造物):質美の曳山行事(無形民俗文化財),文化財環境保全地区:八幡宮文化財環境保全地、町指定文化財(史跡):質美八幡宮境内や京都の自然200選の大杉、ヒノキなどもあります。尚、八幡宮(八幡神社・若宮八幡宮等)は八幡神を祀る神社です。八幡神は日本独自で信仰される神様で、全国では稲荷神社に次いで多い神社だそうです。御祭神は応神天皇であり、現在は神功皇后と比売神(ひめがみ)を合せて八幡三神とも呼ばれるそうです。また源氏の氏神様としても有名です。(註)この神社の本殿の向拝の龍の彫刻は柏原の中井権次一統の作だと思われるが髭の確認を忘れていたので、確定できません。


1.質美八幡宮の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.巨大な石灯籠
クリックすると元のサイズで表示します

3.一の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

4.京都府教育委員会の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.一の鳥居と狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

6.京都の自然200選の標柱
クリックすると元のサイズで表示します


7.阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します


8.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します


9.一の鳥居のアップと扁額
クリックすると元のサイズで表示します


10.京都自然200選の一つ、(画像をクリックすると拡大画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します


11.その巨木全体を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.京都自然200選の一つ。(画僧をクリックすると拡大して見れます。)
クリックすると元のサイズで表示します

13.500メートルも続く見事なっ参道です!
クリックすると元のサイズで表示します

14.御神水が湧き出ています!
クリックすると元のサイズで表示します


15.川には木造りの橋が架かっています!
クリックすると元のサイズで表示します


16.此処に手水舎があります!二の鳥居も見えます!
クリックすると元のサイズで表示します


17.二の鳥居です。
クリックすると元のサイズで表示します

18.二の鳥居から急な参道で吃驚です。
クリックすると元のサイズで表示します

19.拝殿です!
クリックすると元のサイズで表示します

20.本殿は修理中です!
クリックすると元のサイズで表示します

21.本殿を右側から見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

22.本殿側面を横アップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します


23.本殿右側の摂社
クリックすると元のサイズで表示します


24.本殿右下には「産子集合会所(室町時代)」が在ります!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ