2013/11/24

志賀の七不思議・茗荷さんで有名な阿須須伎神社 綾部西地区文化財研修7  綾部の文化財を守る会研修

午後は天候がすっかり回復し、秋の日差しのなかで楽しい研修になった。
迎えていただいた阿須々岐神社宮司様、神社総代様から「志賀の七不思議の一つ・みょうがさん」、秋季大祭、府指定文化財の民俗無形文化財・伝統芸能のことなどお話しを聞いた。

クリックすると元のサイズで表示します
マイクロバスは細い参道をここまで入ってくれた。樹木の枝がバスの天井に擦れて進む

クリックすると元のサイズで表示します
もう少し参道を歩いて大鳥居から石段、坂道へ
この一帯は、京都府指定の阿須々岐神社文化財環境保全地区

クリックすると元のサイズで表示します
鳥居の先に社務所と本殿

クリックすると元のサイズで表示します
阿須々岐神社本殿(左)と摂社大川神社本殿(右)
京都府登録文化財

クリックすると元のサイズで表示します
右の射手場から左の的場に弓を射て、金的に当たると祭礼が開始される大弓神事の説明をされる宮司さま

クリックすると元のサイズで表示します
京都府登録文化財 芸能祭礼(無形民俗文化財)の伝承について話される神社総代さま

クリックすると元のサイズで表示します
少子化で子供たちの太刀振り、子供狂言(御年貢)など
伝承していく組織が出来た由

クリックすると元のサイズで表示します
みょうが田に集まり節分の茗荷占いについて聞く

クリックすると元のサイズで表示します
もう茂っていた茗荷がすっかり枯れている

クリックすると元のサイズで表示します
阿須々岐神社について 説明

クリックすると元のサイズで表示します
京都府指定文化財: 阿須々岐神社本殿 摂社大川神社本殿 記事コピー

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/24

黙知軒光研上人の襖絵のある宝満寺 綾部西地区文化財研修6  綾部の文化財を守る会研修

西方町にある高野山真言宗の宝満寺は綾部西国観音霊場第二十二番札所で、幕末・明治の丹波・丹後の三大画家の一人で遊歴の画僧と云われる黙知軒光研上人の四季の襖絵を拝観した。

クリックすると元のサイズで表示します
宝満寺山門をくぐる

クリックすると元のサイズで表示します
位牌堂に入る 隣接する庫裡

クリックすると元のサイズで表示します
位牌堂入口の少女石像と花

クリックすると元のサイズで表示します
位牌堂入口の少女石像と花

クリックすると元のサイズで表示します
位牌堂でご住職様からお話し

クリックすると元のサイズで表示します
位牌堂でご住職様からお話し

クリックすると元のサイズで表示します
豪華な位牌堂内陣

クリックすると元のサイズで表示します
黙知軒光研上人の四季の襖絵を説明されるご住職さま

クリックすると元のサイズで表示します
黙知軒光研上人の四季の襖絵

クリックすると元のサイズで表示します
黙知軒光研上人の四季の襖絵

クリックすると元のサイズで表示します
宝満寺本堂

クリックすると元のサイズで表示します
綾部西国観音霊場第22番札所
如意輪観音

クリックすると元のサイズで表示します
高野山真言宗 吉祥山・宝満寺パンフレット

クリックすると元のサイズで表示します
宝満寺の塔頭配置図

クリックすると元のサイズで表示します
お寺のご紹介

クリックすると元のサイズで表示します
黙知軒光研上人の四季の襖絵 四季の景観パンフレット 

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/24

関西花の寺霊場第2番・楞厳寺2 綾部西地区文化財研修5  綾部の文化財を守る会研修

春は桜につつじ花、夏は池中の蓮かおり、秋は紅葉に彩て、冬は白光四季の楞厳

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の見事な楞厳寺にバス2台(44名)で研修

クリックすると元のサイズで表示します
境内の庭園 三古木のひとつ「椿」も見られる

クリックすると元のサイズで表示します
本堂への石段を登る

クリックすると元のサイズで表示します
水子地蔵尊

クリックすると元のサイズで表示します
不動明王像堂

クリックすると元のサイズで表示します
日切地蔵尊堂

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉に包まれた本堂

クリックすると元のサイズで表示します
本堂で説明される為広英隆副住職(当会理事)

クリックすると元のサイズで表示します
本堂内陣、蓮の天井絵
瑠璃光華曼荼羅

クリックすると元のサイズで表示します
豪華な内陣の尊厳

クリックすると元のサイズで表示します
本尊・薬師瑠璃光如来 日光・月光菩薩 十二神将像

クリックすると元のサイズで表示します
お詣りする会員

クリックすると元のサイズで表示します
楞厳寺境内の三古木 百日紅

クリックすると元のサイズで表示します
楞厳寺境内の三古木 菩提樹

クリックすると元のサイズで表示します
為広英隆副住職とともに

クリックすると元のサイズで表示します
夏には見事だった蓮園

クリックすると元のサイズで表示します
文化財を守る会のコマふだ

クリックすると元のサイズで表示します
隣の研修会館で昼食弁当をいただく

クリックすると元のサイズで表示します
楞厳寺のパンフレット

クリックすると元のサイズで表示します
楞厳寺のパンフレット

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/24

丹波のカラス寺・楞厳寺1 綾部西地区文化財研修4  綾部の文化財を守る会研修

長井一禾の四季の鴉(襖絵)・楞厳寺縁起を拝見しながら為広住職さまから楞厳寺の歴史、長井一禾、カラス絵などのお話を伺った。

クリックすると元のサイズで表示します
高野山真言宗、塩岳山・楞厳寺の山門
関西花の寺霊場第2番
綾部西国観音霊場第14番

クリックすると元のサイズで表示します
お仏壇

クリックすると元のサイズで表示します
為広住職さまのお話し

クリックすると元のサイズで表示します
楞厳寺縁起

クリックすると元のサイズで表示します
楞厳寺縁起

クリックすると元のサイズで表示します
為広住職さまのお話し

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

クリックすると元のサイズで表示します
長井一禾の四季の鴉(襖絵)

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/24

私市円山古墳 綾部西地区文化財研修3  綾部の文化財を守る会研修

綾部の文化財を守る会の秋季文化財研修、44名の参加で3番目に私市円山古墳に登った。少し天候が悪くなり風が強く寒くなった中を綾部市資料館の近澤豊明館長が説明に来られ解説をお話しいただいた。

クリックすると元のサイズで表示します
熊注意の立て看板。今年は天候不順で熊出没のニュース
マイクロバスは道路の下枝が屋根にかかるので1台だけ登り、健脚メンバーは歩いて登る

クリックすると元のサイズで表示します
私市古墳祭りが行われる公園へ歩く

クリックすると元のサイズで表示します
公園の横に古墳に登る石段道がある

クリックすると元のサイズで表示します
山道を古墳に登る

クリックすると元のサイズで表示します
古墳に出て基台部をを上がる

クリックすると元のサイズで表示します
下から見た私市円山古墳 葺き石で覆われている

クリックすると元のサイズで表示します
円筒埴輪の列が並ぶ

クリックすると元のサイズで表示します
古墳の頂部へ石段を登る

クリックすると元のサイズで表示します
2体並ぶ埋葬部分の案内を見る

クリックすると元のサイズで表示します
古墳からの眺望 高速道路:若狭舞鶴線の高架が福知山ICに向かい由良川を渉って伸びている

クリックすると元のサイズで表示します
遠く福知山市内方面の眺望

クリックすると元のサイズで表示します
綾部市資料館の近澤豊明館長の解説

クリックすると元のサイズで表示します
風が吹く中、綾部市資料館の近澤豊明館長の解説

クリックすると元のサイズで表示します
綾部市資料館の近澤豊明館長の解説

クリックすると元のサイズで表示します
古墳の頂部から見下ろす前方後円の部分

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の東屋を通り古墳を降りる

クリックすると元のサイズで表示します
私市円山古墳発掘案内の一枚

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/24

高津八幡山城 綾部西地区文化財研修2  綾部の文化財を守る会研修

高津八幡宮の研修を終え、歩いて南に登り高津八幡山城跡を見学した。台風で案内掲示板など地面に落ちていたが修復され、城址からの眺望も樹を切り開けていた。山道はまだ荒れていて復旧半ばだった。

クリックすると元のサイズで表示します
地元の方々の案内で高津八幡山城跡を研修

クリックすると元のサイズで表示します
台風で倒壊し地面に伏せっていた案内板も復旧

クリックすると元のサイズで表示します
八幡山城址(高津城)案内

クリックすると元のサイズで表示します
城郭、曲輪、土塁、掘りなど配置図

クリックすると元のサイズで表示します
空掘にかかる木橋をわたる

クリックすると元のサイズで表示します
城址の中央部へ登っていく

クリックすると元のサイズで表示します
最上部の曲輪跡からの展望、北の由良川流域を見る

クリックすると元のサイズで表示します
展望を楽しむ一行

クリックすると元のサイズで表示します
最上部の曲輪跡からの展望、北の由良川流域

クリックすると元のサイズで表示します
中段の主郭台地に立つ高津八幡山城跡標柱横を下りる

クリックすると元のサイズで表示します
高津八幡宮に向かい降りて行く

クリックすると元のサイズで表示します
西・福知山方面に開けた展望
台風後は伸びて展望出来なかった樹木も切られている

クリックすると元のサイズで表示します
この展望案内は薄れている

クリックすると元のサイズで表示します
資料;高津八幡山城について
大槻和巳さん

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/24

高津八幡宮本殿と八幡縁起絵 綾部西地区文化財研修1  綾部の文化財を守る会研修

綾部の文化財を守る会の秋の研修、今年は市内西地区を回る文化財研修となった(バス2台44名の参加)塩見有紀宮司様から詳しい説明をいただいた。詳しくはブログ:綾部の文化財日誌に配布された資料とともに掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します
高津八幡宮本殿前で塩見有紀宮司様、八幡宮役員の方々の案内を受ける

クリックすると元のサイズで表示します
高津八幡宮本殿1棟 附幣殿・拝殿各1棟の説明

クリックすると元のサイズで表示します
嘉永5年(1852)に上棟された本殿を見上げる

クリックすると元のサイズで表示します
本殿の妻飾りの三重虹梁
鳳凰・瀧の流れ落ちる岸壁で遊ぶ7頭の親子獅子・双龍

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉と本殿・拝殿

クリックすると元のサイズで表示します
塩見有紀宮司さまの説明で向拝の装飾彫り物や桁組を見上げる

クリックすると元のサイズで表示します
高津八幡宮本殿 塩見有紀宮司さまの説明を熱心に聞く

クリックすると元のサイズで表示します
社務所前で紙本著色・八幡縁起絵の説明を塩見有紀宮司さまから聞く

クリックすると元のサイズで表示します
社務所前で紙本著色・八幡縁起絵の説明を塩見有紀宮司さまから聞く
文明17年(1485)室町時代に作成されたもの

クリックすると元のサイズで表示します
社務所に順番にあがり八幡縁起絵を拝見

クリックすると元のサイズで表示します
社務所に順番にあがり八幡縁起絵を拝見

クリックすると元のサイズで表示します
村上高一会長から塩見有紀宮司さまおよび案内の社中の方々に謝辞

クリックすると元のサイズで表示します
綾部の文化財を守る会秋季研修資料
綾部市指定文化財
高津八幡宮本殿・幣殿・拝殿

クリックすると元のサイズで表示します
綾部の文化財を守る会秋季研修資料
装飾彫物を見る(拝殿)

クリックすると元のサイズで表示します
綾部の文化財を守る会秋季研修資料
綾部市指定文化財
紙本著色 八幡縁起絵(1巻)

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/6/26

第44回春の研修旅行、滋賀県の有名な湖東三山の国宝・文化財を訪ねて1(西明寺)  綾部の文化財を守る会研修

綾部市文化協会後援
西国薬師霊場第32番札所・神仏霊場136滋賀4番札所・龍應山・天台宗・西明寺
ボランテアガイドさんの案内で国指定名勝庭園「蓬莱庭」から見学を始めます。

 西明寺は、平安初期の承和元年(834)三修上人が仁明天皇の勅願により創建され「日本の百古寺」「近江の水の宝」に選ばれた天台の古刹です。本堂は鎌倉時代の代表的な建築物で、国宝第一号に指定されています。本堂内には国重文の秘仏薬師如来、釈迦如来、不動明王などが安置され、中でも頭に十二干支えとの動物の顔を乗せた十二神将のユーモラスな親しみやすさで、自分の干支の十二神将に願いを託す「えと寺」としても有名です。

 三重塔は総桧造りの優美な塔として国宝に指定されています。国の名勝庭園「蓬莱庭」は四季折々の変化が楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します
京都交通の大型観光バス2台に乗り 新しく開通した京志バイパスを使い予定(午前11時30分西明寺駐車場到着)より1時間以上も早く到着

クリックすると元のサイズで表示します
マイクロバスで足の悪いメンバーだけ先に社務所受付へ送ってもらう。残りの会員は現地ガイド3名と共に長い参道を歩いて散策

クリックすると元のサイズで表示します
二天門まで長い石段の参道が続いている

クリックすると元のサイズで表示します
神木の夫婦杉(1000年杉)

クリックすると元のサイズで表示します
神木の夫婦杉(千年杉)案内

クリックすると元のサイズで表示します
大きな草鞋の下がる二天門

クリックすると元のサイズで表示します
二天門の案内

クリックすると元のサイズで表示します
阿吽の持国天・増長天立像

クリックすると元のサイズで表示します
阿吽の持国天・増長天立像

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
国指定名勝庭園「蓬莱庭」案内

クリックすると元のサイズで表示します
名勝庭園「蓬莱庭」

クリックすると元のサイズで表示します
名勝庭園「蓬莱庭」

クリックすると元のサイズで表示します
本堂は鎌倉時代の代表的な建築物で、国宝第一号に指定されています。本堂内には国重文の秘仏薬師如来、釈迦如来、不動明王などが安置され、中でも頭に十二干支えとの動物の顔を乗せた十二神将のユーモラスな親しみやすさで、自分の干支の十二神将に願いを託す「えと寺」としても有名です

クリックすると元のサイズで表示します
三重塔は総桧造りの優美な塔として国宝に指定されています

クリックすると元のサイズで表示します
鐘楼

クリックすると元のサイズで表示します
緑の参道を降りる

クリックすると元のサイズで表示します
昼食は西明寺門前の「一休庵」

クリックすると元のサイズで表示します
1号車・2号車一緒に懐石を食べる

クリックすると元のサイズで表示します
美しく盛られた懐石料理を楽しむ

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/6/6

湖東三山の国宝・文化財を訪ねて(記念写真)  綾部の文化財を守る会研修

綾部の文化財を守る会の第40回春の研修旅行「湖東三山の国宝・文化財を訪ねて」は、6月5日(水)梅雨入りにも係わらず連日の好天気に恵まれ、バス2台51名の参加で、天台宗の古刹:西明寺・金剛輪寺・百済寺の湖東三山を回ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
西明寺本堂(国宝・鎌倉時代)をバックに
2号車25名、バスガイド、ボランティアガイド園城忠氏など3名と共に

クリックすると元のサイズで表示します
西明寺本堂(国宝・鎌倉時代)をバックに
1号車26名、バスガイド、ボランティアガイド園城忠氏など3名と共に

三脚を生垣の囲いの中に据え(下見の時に許可を得ている)本堂をバックに並んでもらったが、勾配のある場所で斜めになりこんな配置になった。思惑どうりに行かず残念作!素人写真下手には難しい課題 写真店で四方事務局長と落ち合い焼き付け注文する予定
クリックすると元のサイズで表示します
金剛輪寺本堂(国宝・鎌倉時代)をバックに
2号車25名、ボランティアガイド谷川そういち氏など4名

クリックすると元のサイズで表示します
金剛輪寺本堂(国宝・鎌倉時代)をバックに
1号車26名、ボランティアガイド谷川そういち氏など4名

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ