2005/3/26

長楽寺と源頼光の伝説(新庄町)  綾部の文化財

クリックすると元のサイズで表示します
鬼退治と源頼光の伝説
 今から996年前、一条天皇の正暦元年(西暦990年)源頼光が大江山の鬼退治を無事に終っての帰り道、この長楽寺にお参りして休息をとったと伝承されている。
 この時、頼光が杖についていた槌の木を境内に挿しておいた処、その櫨(はぜ)の木がやがて芽を出して、遂に見上げるような大木に成長したといわれ、このことによってこの寺の山号を、櫨の名をとって久櫨山長楽寺と名づけたと伝えられている
会報より西田好三先生の記事をHPに収録し写真を追加しました
クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ