2019/3/28

京丹波を見る!福知山市大江山の中腹にある大江山鬼嶽稲荷神社!  文化財研修記

京都市福知山市大江町北原の大江山の中腹には大江山鬼嶽稲荷神社(おおえやまおたけいなりじんじゃ)がある。創建年代は不明。主祭神は宇迦之御魂大神(資料が無いために正確には不明です)。主な御利益は五穀豊穣、商売繁盛(資料が無いために正確には不明です)は・参拝自由(社務所時〜時)
・最寄駅ー京都丹後鉄道宮福線「大江駅」→市営バス「山の家」→徒歩1時間
・駐車場ー無しですが、駐車スペースがあります。
・神社HPー無し。
当社は元々は鬼嶽神社と呼ばれており、大江山も鬼嶽山と呼ばれていたようです。社地も現在の位置(八合目)よりも、もっと頂上に近い位置にあったとされます。この地には鬼の伝説「酒呑童子」で有名ですが、恐らくこの地の有力者とどこからか来た有力者が戦になったと思われます。そこで負けたこの地の有力者が「鬼」ということになったのでしょう。当社のすぐ左には300m進むと「鬼の洞窟」があります。道が険しいので多少の装備がいるかもです。またこの地は修験道の史跡も多く遺されています。当社は1800年代に京都の伏見稲荷大社を勧請し、現在の社名に改められたそうです。摂社にも大国主と事代主が祀られており、五穀豊穣・商売繁盛の神様が主祭神・配神になっております。当地には古来より養蚕業と稲作が盛んな為に、当社は農業家からの信仰が非常に篤いようです。そして当社が有名になっているのは、当社から見える雲海です。雲海というと竹田城が有名ですが、当社も非常に美しい雲海が11月から12月上旬にかけて拝めます。前日が晴れで雲がなく〜という気象条件が重ならないといけませんが、早朝から待機して見てみる価値はあります。多い日には50人以上の人が来ているそうです。展望休息所もありますし、近くにトイレもあります。一度は訪れて、この美しい景色を観てほしいと思います。

1.大江山鬼嶽稲荷神社
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上
クリックすると元のサイズで表示します

3.石造り鳥居・朱の鳥居・扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.朱の鳥居と扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.拝殿と本殿を右側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.駒札(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

8.鬼嶽稲荷神社から見た風景!
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ