2019/2/20

京を見る!(最終回)後水尾天皇の皇女・多利宮を開基として創建された尼寺門跡の霊鑑寺!  綾部の文化財

京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町12には臨済宗南禅寺派門跡尼寺(出家した皇女が門跡となる寺)燦号は円成山・霊鑑寺(れいかんじ)がある。 霊鑑寺は、谷の御所とも呼ばれれ江戸時代初期の承応3年(1654)に、後水尾(ごみのお)天皇の皇女、浄法身院(じょうほうしんぐう)宗澄(そうちょう)を開基として、円成寺跡に創建。その時、後西天皇の旧殿をもらい受け たとされ、表門、玄関、書院、居間は、江戸時代の姿を今に観ることができる。明治時代まで皇女・皇孫女が住持、継承されてきた。宗諄(そうじゅん)女王が明治24年まで住持されていた寺です。境内の庭は回遊式庭園。後水尾天皇遺愛の三十数種の椿で知られている。寺院内部は拝観できたが、一部撮影禁止で、見たかった恵心僧都作と云われる如意輪観音像はお寺のパンフレットを見るのみでお姿は隠れて拝観できなかった。

1.霊鑑寺秋の特別展を見る!山門を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.山門
クリックすると元のサイズで表示します

4.参拝入口
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な襖絵
クリックすると元のサイズで表示します

7.庭園へ
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な回遊式庭園を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上見事な紅葉!
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上
クリックすると元のサイズで表示します

11.同上
クリックすると元のサイズで表示します

12.見事な庭園の一部
クリックすると元のサイズで表示します

13.同上
クリックすると元のサイズで表示します

14.ご本尊の如意輪観世音菩薩様
クリックすると元のサイズで表示します

15.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

16.再び回遊式庭園を屋内から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.同上
クリックすると元のサイズで表示します

18.同上
クリックすると元のサイズで表示します

19.同上
クリックすると元のサイズで表示します

20.同上
クリックすると元のサイズで表示します

21.同上
クリックすると元のサイズで表示します

22.再び本堂内を見る!見事な襖絵です!
クリックすると元のサイズで表示します

23.春の特別展で見事な椿を見たい方は下記をクリックして見て下さい!
https://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1716.html


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ