2018/1/17

京丹波を見る!31.法華宗の名刹・本門寺!  綾部の文化財

京都府亀岡市本町62には法華宗の名刹・誇林山・本門寺(ほんもんじ)がある。本門寺は、1308年日蓮聖人の弟子・日弁が藤原定家の末孫・日寿を折伏し、藤原定家の旧邸を寺として開創したと伝えられている。応仁の乱後の1493年、本門寺は現在の亀岡市稗田野町に移転したといわれている。1600年丹波亀山藩主となった前田玄以が現在地に移している。その時、本門寺は分家して一つは京都へ戻り、現在の宥清寺となっている。本門寺に祀られている鷲大明神は日蓮聖人由縁の明神で、東京鷲神社から勧請されている。

1.本門寺の見事な山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.山門から境内を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な本堂と開祖・日蓮上人像
クリックすると元のサイズで表示します

5.境内の紅葉
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ