2017/6/27

遠州浜松を見る!2.次郎法師・井伊直虎の唯一の花押のある書状を持つ蜂前神社!  文化財研修記

浜松市北区細江町中川6915には大河ドラマの「女城主井伊直虎」の唯一の花押「次郎法師 直虎」の書状を持つ蜂前神社(はちさきじんじゃ)がある。
応神天皇11年3月8日(西暦280)八田毛止恵という人が勅命によって遠江国へ下向して、この神社を創建したと言う。ご祭神は熯速日命、甕速日命、武甕槌命の三神です。所有の田畑は多く、八田(祝田村の古名)四十五町、広田(刑部村の古名)七十町、岩瀬(瀬戸村の古名)の八町三反、合計百二十三町歩余りを開墾して本社を八ケ前(さき)の地に勧請して蜂前神社と斎き奉り子孫代々祝部として奉仕しました。脇宮二社は19代允恭天皇の御代に勧請され、その頃から社号は鳥飼明神、羽鳥大明神と称えられ延長5年(927蜂前神社と改め古名に復しました。延喜式神名帳に記載されている式内社であり旧社格は郷社であります。直虎の唯一の花押(かおう)のある書状は管理上、浜松博物館で管理されています。

1.蜂前神社の看板
クリックすると元のサイズで表示します

2.神社全景
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝殿を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

5.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.拝殿を斜め右から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿・本殿の三神の位置
クリックすると元のサイズで表示します


8.井伊直虎の花押(かおう、自筆の署名)をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.拝殿後部と本殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.高台には摂社の天王宮がある!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ