2016/9/24

高知・伊予を見る!39.(最終回)国宝の本堂を持つ真言宗の古刹・大宝寺!  文化財研修記

松山市南江戸には真言宗豊山派である大宝寺(たいほうじ)がある。山号は古照山。詳しくは、古照山 薬王院 大宝寺と号する。本尊は阿弥陀如来坐像(国の重要文化財)。本堂は愛媛県内最古の木造建築で国宝に指定されている。寺伝によれば、飛鳥時代の大宝元年(701)に地元の豪族小千(越智)伊予守玉興が創建したと伝えられている。寺号は創建されたとされる年号に由来する。江戸時代には歴代松山藩主の祈願所となった。松平氏4代藩主松平定直によって貞享2年(1685)本堂の修理が行われた。うば桜伝説:角木長者伝説とも呼ばれる。その昔、この地に角木長者と呼ばれる豪族がいた。彼は子宝に恵まれなかった。薬師如来に祈りを捧げたところ娘が生まれた。娘の名を「露」と名付けた。露には「お袖」という名の乳母を雇い大切に育てた。お袖の乳の出が悪くなり、再び薬師如来に祈ると乳が出るようになった。そこで、お礼にお堂を建立した。これが大宝寺の始まりという。露は15歳になった時に重病にかかった。お袖は自分の命と引き替えに露を助けて欲しいと薬師如来に祈った。すると露の病気は平癒した。その祝いの席でお袖は病に倒れた。お薬師様との約束と言って、お袖は薬も飲まず治療を拒み、とうとう亡くなった。亡くなる直前に「お薬師様へのお礼に桜の木を植えて下さい。」と言い残した。長者は約束どおりお堂の前に桜の木を植えた。その桜は枝が伸びないうちから幹に2〜3輪の花が咲いた。その花はお袖の乳房のような形で、母乳のような色であったという。その後、母乳の出が悪い女性が参拝に訪れるようになった。この話は明治時代、小泉八雲によって英語に訳された。また、『怪談』にも納められている。

1.大宝寺標柱と前方に見えるのは山門です。
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

3.乳母桜(うばさくら)(根回り2.8メートル、樹高5メートルで実際はエドヒガンサクラで3月下旬白に近い淡紅色の通常のエドヒガンサクラよりかなり大きな花弁で見事な乳母桜を咲かせます。)
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な手水舎、左側は乳母桜です。
クリックすると元のサイズで表示します

5.乳母桜の3月下旬の写真を借りてきました!
クリックすると元のサイズで表示します

6・鎌倉時代の国宝の本堂です。
クリックすると元のサイズで表示します

7.夢殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な夢殿内部
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ