2016/7/29

高知・伊予を見る!10.日本で長宗我部元親を唯一祭る秦神社!  民俗民具

高知市長浜の雪蹊寺の隣には御祭神に長宗我部元親公之霊、秦家代々之霊 宗親忠死の徒を祀る唯一の秦神社(はたじんじゃ)がある。明治の神仏分離令のため御創建明治4年4月7日で祭 日の夏祭は7月20日で、秋の例祭は11月13日です。 長宗我部氏の菩提寺である雪蹊寺が明治3年廃寺となったため、子孫にあたる島弥九郎等が奔走。同寺に安置された元親公の御木像や戸次川戦々没者の霊璽板等を御神体として譲りうけ、長浜古城の麓にあるのが当社である。主神の元親公は前の土佐の太守で、慶長4年5月山城の伏見邸に薨去し、雪蹊寺を菩提所と定められた。山内家入府後は当院は寺領百石香奠として、その後寛政9年には200年忌法要が、又、嘉永元年には250年忌法要が雪蹊寺で行われた。その後、明治32年には当社で元親公の350年忌法要が行われて、昭和3年には正三位追贈され、昭和18年8月、高知県社に昇格、昭和27年宗教法人となり、現在に至っている。 当社には、天正14年2月12日、豊臣氏の島津征伐に際し、先陣として豊後の国(大分県)戸次川で戦い戦死した信親公主従の名を刻した霊板が奉安されている。「土佐物語」によると、この時の長宗我部勢の戦没者は2727名といわれている。なお、当社々宝の元親公画像(国重要文化財)は高知県立郷土文化会館(現高知県立文学館)に寄託、保管されている。

1.秦神社の鳥居と狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

2.阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

3.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

4.秦神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.秦神社拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

6.近くに長浜城址があるとの駒札
クリックすると元のサイズで表示します

7.こんな凄い登り道なので止めた!
クリックすると元のサイズで表示します

8.秦神社拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

9.拝殿内陣を覗く!
クリックすると元のサイズで表示します

10.拝殿後部に続く廊下と本殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

11.本殿裏側に「長宗我部元親慰霊之碑」の案内板があった!神社は必ず一周するのが当然です!本殿の裏側に遥拝する場所のある格式高い神社も結構あります。
クリックすると元のサイズで表示します

12.長宗我部元親慰霊之碑!
クリックすると元のサイズで表示します

13.まったく新しい碑なので建立碑を見るとなんと平成27年の建立です。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ