2015/12/18

丹波の寺社を見る!6.真言宗大覚寺派の古刹・高山寺!  文化財研修記

兵庫県丹波市氷上町には県指定文化財の朱塗りの仁王門をもつ真言宗大覚寺派で丹波古刹15ケ寺霊場第7番の弘浪山・高山寺(こうざんじ)がある。天平宝字5年(761)、法道仙人が弘浪山で千日参籠し十一面観世音菩薩を感得した霊場である。その後、荒廃したが源頼朝の命を受けた東大寺俊乗坊重源上人によって再興された。健久年間(1190〜99)には後鳥羽天皇勅願所となる。歴史が経過する中、再び荒廃したが日向の国(宮崎県)より開長上人を向かえ釈迦を復興させる。堂、仁王門も再建されたが明治初年の廃仏棄釈による仏教排撃運動。その後の戦争、台風災害などで山中での維持管理が困難となり、昭和32年に当時の住職、寛園上人(後の京都・大覚寺59世門跡)が常楽の地に移築工事を開始し、翌年本堂、仁王門、庫裏の移築を完了した。 現在の高山寺は丹波古刹霊場の第7番にされ、本堂外陣には鬢頭盧尊者(びんずるそんじゃ)が安置され、自分の患部と同じ部分をなぜると完治するとして信仰されている。
又、もみじの名所としても名高く、参道両側に並ぶ石灯籠とマッチする紅葉絵巻は多くの参拝者から大変な人気がある。


1.兵庫県の重文の朱塗りの山門と標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門の仁王像は金網で撮影が不可能だが、天井画の天女の像です!
クリックすると元のサイズで表示します

3.白龍の天井画も素晴らしい!
クリックすると元のサイズで表示します

4.山門の周囲には弘法大師の生涯が描かれています!
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上
クリックすると元のサイズで表示します

6.山門から境内を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

8.本堂と手前の太鼓橋
クリックすると元のサイズで表示します

9.本堂を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

11.本堂の蟇股の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

12.長生木
クリックすると元のサイズで表示します

13.四国88ケ所霊場の石佛
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上
クリックすると元のサイズで表示します

15.手切地蔵菩薩
クリックすると元のサイズで表示します

16.庫裡の見事な蟇股の彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ