2015/2/23

九州の文化財・史址を見る!21.日本三大祭りの一つ「長崎くんち」で有名な諏訪神社!  文化財研修記

長崎市上西山町3には長崎の総鎮守社であり「お諏訪さん」の呼び名で知られ、又秋の例大祭の「長崎おくんち」でも有名で三祭神(諏訪大神、森崎大神、住吉大神)を祀る鎮西大社・諏訪神社(すわじんじゃ)がある。長崎は、戦国時代にイエズス会の教会領となり、かつて長崎市内にまつられていた諏訪・森崎・住吉の三社は、焼かれたり壊されて無くなっていたのを、寛永2年(1625)に初代宮司青木賢清によって、西山郷円山(現在の松森神社の地)に再興、長崎の産土神としたのが始まりです。さらに、慶安元年(1648)には徳川幕府より朱印地を得て、現在地に鎮西無比の荘厳な社殿が造営されました。 安政4年(1857)不慮の火災に遭い、社殿のほとんどを焼失しましたが、孝明天皇の思召しにより、明治2年(1869)に約10年の歳月をかけて以前に勝る社殿が再建され、さらに、昭和59年の御鎮座360年祭、平成6年の370年祭を記念して、二度の造営を行い現在の社殿が完成されました。当神社の大祭(長崎くんちは10月7・8・9日)は、絢爛豪華で異国情緒のある祭として日本三大祭の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

1.ホテルから稲佐山方面を見た100万ドルの夜景(撮影良くないですね!)
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上  朝の撮影
クリックすると元のサイズで表示します

3.諏訪神社標柱と一の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

4.壮観な一の大鳥居と二の鳥居、三の鳥居が見えます!
クリックすると元のサイズで表示します

5.二の鳥居、三の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

6.登り参道の左側には見事な自筆の石碑があります!
クリックすると元のサイズで表示します

7.登り参道右側には「迷い子知らせ石」があります。(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

8.三の鳥居と狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

9.登り参道の境内には福沢諭吉像があります。
クリックすると元のサイズで表示します

10.見事な大門
クリックすると元のサイズで表示します

11.大門の阿形随身は豊磐窓命(黒袍)
クリックすると元のサイズで表示します

12.大門の吽形随身は豊磐窓命(赤袍)
クリックすると元のサイズで表示します

13.御神輿殿
クリックすると元のサイズで表示します

14.見事な諏訪神社の拝殿など全体を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

15.拝殿を斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

16.拝殿の向拝をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.高濱虚子の句碑の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

18.高濱虚子(黒御影石)などの句碑群
クリックすると元のサイズで表示します

19.酒田恒山顕彰碑文
クリックすると元のサイズで表示します

20.トゲ抜き狛犬(トゲぬき狛犬は初めて見た!)
クリックすると元のサイズで表示します

21.拝殿後部の珍しい祝詞殿(のりとでん)
クリックすると元のサイズで表示します

22.祝詞殿と本殿(格式が高い!)
クリックすると元のサイズで表示します

23.長崎くんちの夜の神輿行列の一例を借りて来ました!
クリックすると元のサイズで表示します

24.U−tubeより「長崎くんち」の「音声付動画」をお借りして来ました!凄いですね下記をクリックしてお楽しみ下さい!
http://youtu.be/3-gwhrFOUos?list=PL4C58B4560240EC26


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ