2015/1/29

九州の文化財・史址を見る!9.黒田藩2代黒田忠之が再建した黒田藩主家墓地・東長寺!  文化財研修記

福岡市博多区御供所町2−4には真言宗の古刹である南岳山東長寺(とうちょうじ)がある。本尊は千手観音(重要文化財・秘仏)・弘法大師(秘仏)・不動明王で創建年は(伝)大同元年(806年)開基(伝)空海で文化財は千手観音立像(国の重要文化財)六角堂、福岡藩主黒田家墓所(市文化財。九州における真言宗九州教団の拠点寺院(別格本山)である。九州八十八カ所第一番霊場・九州三十六不動尊結願霊場・九州二十四地蔵尊第二十二番霊場。空海(弘法大師)が唐での修業ののち帰国し、博多滞在の折に密教東漸を祈願して建立したと伝える。ただし、初期の伽藍は大水道(呉服町)にありそこでの寺運は盛んだったという。
 その後永禄・天正の兵火に焼け荒廃していたところを近世に福岡藩2代目藩主の黒田忠之が寺禄300石と山林15万坪を寄せ、寺基を現在地に移して諸堂宇を再興させ菩提所とした。墓所の入り口にある六角堂は江戸時代に太田万歳楼が建てたもので、扉には聖福寺の僧を始めとした有名人の自筆書画が刻まれてある。

1.東長寺山門を斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門正面
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札(画像をクリックすると、大画面で駒札が読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

4.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

5.壮大な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.市指定文化財の六角堂
クリックすると元のサイズで表示します

7.五重塔と庫裡
クリックすると元のサイズで表示します

8.五重塔の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.五重塔
クリックすると元のサイズで表示します

10.市史跡黒田家2代藩主黒田忠之のお墓
クリックすると元のサイズで表示します

11.市史跡黒田家3代黒田のお墓
クリックすると元のサイズで表示します

12.市指定文化財黒田家8代黒田治高のお墓
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ