2015/1/11

房総の文化財・史址を見る!42.(最終回)北辰妙見尊星王を祀る古社・千葉神社!  文化財研修記

千葉市中央区院内1−16−1には祭神・北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんじょうおう)を祀る千葉神社がある。この千葉の地を治めた千葉氏の祖・平良文(たいらのよしぶみ)は、戦のたびごとに妙見尊に祈願して御加護をいただき、 常に大勝利を収めておりましたので、以後、千葉家では代々一門の守護神として熱烈な信仰を捧げてまいりました。
このような関係から、現在地には千葉家三代忠常により先に御分霊が祀られ(年代不詳)、 その後、忠常の次男、覚算大僧正により立派に伽藍整備がなされ、第66代・一条天皇の眼病平癒の勅願所としての功ともあいまって、 長保2年(1,000)『北斗山金剛授寺』なる寺号を賜り中興開山されました。さらに、千葉家7代常重により大治元年(1126)には、この信仰の頂点に立つ御本霊を千葉城よりお遷し申し上げることにより合祀され、 以後、厄除開運・八方除・身上安全の守護神である妙見様の本宮として、全国の善男善女の深い尊崇を集めてまいりました。
 源頼朝も当社に参詣し、自筆の願文、太刀、武具などを奉納して、ついに武運を開くに至りました。 また、日蓮上人が宗門弘通の誓願をたてて当社に参籠した時に、有難い奇瑞をいただきましたので 「この妙見尊こそ わが宗門の守護神である」と讃嘆され、誓願成就の後に、細字法華経を自筆して奉納されました。 徳川家康も当社に深く崇敬の誠を捧げ、大久保岩見守に命じて祭祀の料田として永代2百石を寄進され、10万石の大名と同等の格式を賜り、その後も代々の将軍家より神領、特権を許されてまいりました。さらに、明治2年(1869)の新政府発令による「神仏分離令」により、 平安時代後期の御本霊合祀の翌年である大治2年(1127)より連綿と続く神輿渡御(一言妙見大祭)を残すべく『千葉神社』と改称し今日に至り、 その御霊徳はいよいよ高く輝き、千葉の妙見様として四方八方にあまねく知られてまいりました。(千葉神社HP抜粋)

1.千葉神社の鳥居(三方に同様の鳥居があります!)
クリックすると元のサイズで表示します

2.千葉神社の楼門と全体を遠方より見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.神社駒札(画面をクリックして頂くと3000ピクセルの画像になり読めます!)
クリックすると元のサイズで表示します

4.楼門を斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.楼門正面
クリックすると元のサイズで表示します

6.楼門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.楼門正面2.
クリックすると元のサイズで表示します

8.本殿
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿の扁額
クリックすると元のサイズで表示します

10.下記をクリックして、本殿前から境内周辺を「音声付動画」で見て下さい!
http://youtu.be/fea5aQR83T8

11.境内を見て回る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.神明様
クリックすると元のサイズで表示します

13.境内社を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

14.境内
クリックすると元のサイズで表示します

15.弁天堂
クリックすると元のサイズで表示します

16.亀岩(画像をクリックして頂くと拡大され読めます)
クリックすると元のサイズで表示します

17.千葉天神駒札
クリックすると元のサイズで表示します

18.千葉天神
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ