2016/9/10

高知・伊予を見る!32.宇和島藩支藩吉田藩陣屋跡を見る!  文化財研修記

宇和島市吉田町にある吉田藩は明暦3年(1657)宇和島藩初代藩主伊達秀宗の五男伊達宗純が3万石を分知され、伊予吉田藩を立藩。翌万治元年(1658)に東の国安川、南の河内川を天然の堀とし陣屋を築いた。幕末まで伊予吉田藩の陣屋であった。陣屋址は昭和63年(1988年)に伊予吉田藩士の子として生まれた漢学者・簡野道明を記念して建てられた宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館が陣屋風の建物として建てられた。周囲には石垣が一部残る。

1.吉田陣屋の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.吉田陣屋跡の高台にある常夜塔
クリックすると元のサイズで表示します

3.太鼓橋と吉田陣屋のに模擬の御殿(現吉田町図書館)がある!
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上
クリックすると元のサイズで表示します

5.陣屋門と表札
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な木造り・コンクリート造りの模擬御殿と図書館
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2016/9/8

高知・伊予を見る!31.吉田騒動の家老安藤継明を祀る安藤神社!  文化財研修記

宇和島吉田町東小路131には吉田騒動の吉田藩家老安藤義太夫継明を祭神として祀る安藤神社(あんどうじんじゃ)がある。吉田藩の財政難のため専売制度をを実施、御用商人の「法華津屋」と結託して金貸しや紙の買取りを法華津屋に独占させたため、農民たちの生活は困窮をしていました。江戸時代後期の寛政5年(1793)、紙の専売制廃止を訴えるべく宇和島藩「中間村(宇和島市伊吹町)」の八幡河原に吉田藩全83か村7500人以上の農民が集結、知らせを受けた継明は決死の覚悟で説得に出向きましたが説得に失敗し、須賀川の土手で藩の責任を一身に負って切腹しました。これを機に、農民は11か条の願書を提出して帰村。宇和島藩の調停もあって、11か条の要求は全面的に聞き届けられ解決しました。この騒動を「吉田騒動(武左衛門一揆)」といいます。指導者の「武左衛門」はその後捕らえられて打ち首になっています。

1.安藤神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.玉を抱えた阿形狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

3.玉を抱えた吽形狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

4.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な拝殿の向拝の龍の彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿の内陣
クリックすると元のサイズで表示します

8.本殿を斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.駒札その1.
クリックすると元のサイズで表示します

10.駒札その2.
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2016/9/6

高知・伊予を見る!30.火産霊神と伊弉諾命を祀る古社・峰住神社(愛宕神社)!  文化財研修記

宇和島市吉田立門尻甲1239には火産霊神(ほむすびのかみ)と伊弉諾命(いざなぎのみこと)を祀る峰住神社(みねずみじんじゃ)がある。かっては愛宕神社と呼ばれ今をもその鳥居が残っている。

1.峰住神社(愛宕神社)の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

3.阿形狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

4.吽形狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な彫刻のある拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

6.拝殿内陣
クリックすると元のサイズで表示します

7.本殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.奥社への参拝道
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な宇和島湾が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

10.奥社を祀る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2016/9/4

高知・伊予を見る!29.宇和島藩初代藩主伊達秀宗の5男・宗純が初代吉田藩主で創建した大信寺!  文化財研修記

愛媛県宇和島市吉田町立間尻甲837には当山の開基は江戸時代初期、万治元年(1658)伊予宇和島10万石の分藩吉田3万石初代藩主伊達宗純公で開山は明誉上人の大信寺(だいしんじ)がある。 本尊は木漆金箔阿弥陀三尊立像、宗純公は母堂が亡くなると知恩院に来礼請願し知恩院直末となる。浄土信仰篤い母堂の戒名を入れ、山号院号を改称し、恵林山常照院大信寺とした。現在の本堂は昭和7年の建立です。善光寺如来は鋳物師筑後大掾により鋳造、後、知恩院第45世満誉大僧正の開眼を受け宇和島にあったものを、宗純公の請いによって母公常照院菩提の為に仏飯料18俵を付けて当山に招来されました。今の善光寺堂は文久2年(1862)の建立、翌年如来縁起の絵馬25枚が奉納されています。昭和の初めまでは白蓮講という講があり盛んであったと言われていますが、今は絶えて久しくなります。銅版画版等に往時の隆盛を知るのみです。

1.大信寺山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門から境内を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.境内
クリックすると元のサイズで表示します

4.鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

5.善光寺如来堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な善光寺如来像
クリックすると元のサイズで表示します

7.位牌堂
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な本堂です!
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な本堂を斜め横から見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2016/9/2

高知・伊予を見る!28.愛媛県指定名勝庭園を持つ西江寺!  文化財研修記

宇和島市丸補1140には臨済宗の西江寺(せいこうじ)がある。東福寺聖一国師法孫に当たる仏印禅師の上足である悟庵徹和尚によって龍光院の山下に貞治4年(1365)に開山された宇和島最古の寺であった。寛永3年(1626)宇和島藩主伊達秀宗が城下町整備のおり的堂和尚に中興させて現在地に移したものです。したがって作庭はその頃と思われる。本寺は別名「えんま様」と愛称され、旧暦正月16日の「えんま祭り」で知られている。愛媛県の名勝指定の西江寺庭園は面積4アールの庭園で大書院の北東側にあたる裏手にあり、蓬莱池泉様式と禅院枯山水様式を重ね持つ枯山水庭園である。地割は面積の半分以上を芝生の平庭で占め、その中央に大きい礼拝石を置き、向こうに少し間をおいてから池泉(大海)として見立てられる象徴的低地をもうけている。その背後を山とし、左右に広がる連山になだらかな三つの出島をもうけ芝生の大海が見事に調和した縮景風の築山がつくられている。 築山には枯滝や三尊石が力強く当時代風に組まれ、中央出島の突端に海食崖とも見せる奇岩が配置されている。鶴島・亀島と趣きのある三橋 築山左手の入り江から手前平庭にかけて鶴島・亀島をもうけ、これに特異な手法の三つの石橋を架け、飛石・舟石と連ねて礼拝石に至っている。これら築山や平庭には随所に配石の妙が見られ桃山時代作風の豪華な技法となっている。植栽された単独小中の丸刈込や黒松などの役木も庭全体と調和しており、特に後方境界を取り囲む高さ二mから三mに近い大刈込籬は庭園全体の美的構成を強く引き立てている。さらに遠く後方泉が森を借景とする好位置にあって園の奥行きと広がりを強調した景観は芸術的です。

1.西江寺前の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.西江寺庭園碑
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な山門と多宝塔
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な多宝塔
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.愛媛県指定名勝庭園の一部(残念撮影失敗)
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ