2015/5/31

平成27年度京都両丹教区「花園会青壮年部研修会」に参加して!  あやべの街

平成27年5月30日(土)午前9時30分受付が両丹3部寺院担当で始まり、午前10時から午後3時まで「平成27年度京都両丹教区 花園会青壮年部研修会」が京都府綾部市里町にある「綾部市中央公民館」にて盛大に開催されました。小生は初めての参加であったので内容をまとめて掲載しました。

1.会場
クリックすると元のサイズで表示します

2.受け付け風景(京都両丹3部寺院)
クリックすると元のサイズで表示します

3.プログラム表紙
クリックすると元のサイズで表示します

4.プログラム内容 その1.
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上      その2.
クリックすると元のサイズで表示します

6.司会は教化主事の岡田静峰師です!見事な司会で盛り上がりました。
クリックすると元のサイズで表示します

7.本尊・開山・開基回向、般若心経等の導師は花園会会頭の田中禪徹師です!見事導師役で五体投地もみごとでした!
クリックすると元のサイズで表示します

8.下記をクリックして、「音声付動画」の般若心経の唱和の一部を聴いて下さい!
https://youtu.be/54Gm9BYLPxA

9.生活信条唱和の指導は教化青壮年部会長の隅田盛和氏です!
クリックすると元のサイズで表示します

10.開会の辞は教化花園会長代行副会長の加茂裕一氏dす!
クリックすると元のサイズで表示します

11.挨拶 教区花園会頭の田中禪徹師の見事な挨拶でした!
クリックすると元のサイズで表示します

12.宗会議員の河合宗徹氏の祝辞もありました!
クリックすると元のサイズで表示します

13.休憩後、の法話は『おかげさま』ー社会の恩ー生かされ ささいられの主題で講師は 林 学道 師(霊雲寺住職)で感動しました。
クリックすると元のサイズで表示します

14.昼食・休憩後、午後1から福知山市出身の講師は 桂 三扇 氏の演題『女流落語家奮闘記』を熱演でした。その後、10分の休憩を得て「落語一席」を熱演で大爆笑!
クリックすると元のサイズで表示します


15.閉会式は午後2時45分から、『信心のことば』青壮年副会長の指導で唱和
クリックすると元のサイズで表示します

16.四弘請願文を三度唱和
クリックすると元のサイズで表示します

18.閉会の辞は青壮年副会長の挨拶で見事に研修会は終了しました!
クリックすると元のサイズで表示します

span style="font-weight:bold">綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/29

綾部市立吉美(きみ)小学校の授業と給食の参観!  あやべの街

平成27年5月29日(金)午前11時35分〜12時20分の授業参観と12時20分からの給食参観が綾部市立吉美(きみ)小学校(長野代理子校長先生)であった。老生はもう丸14年以上、最初は少年サッカーの年2回のコーチ、12年前からは少年サッカーのコーチは四方正和元吉美郵便局長(吉美っこ応援団長)にお任せし、吉美っこ応援団、朝の吉美小学校の最大の児童が通学する桜ケ丘から多田町を抜けて通学する交通整理を始めた!交通信号をつけてもらうよう4年間請願したが、出来ず,塩見まり子綾部市議会議員の努力で4年前の3月に桜ケ丘1丁目、2丁目間の交通信号、位田町の交通信号、そして待望の桜ケ丘から多田町に抜ける通学路の交通信号ができると、ともに桜ケ丘1丁目、2丁目の通学安全同行組織ができた。平26年多田町の上林行き広域農道から高倉町の交差点までは制限時速が50キロから40キロに変更になったが、広域農道からくる通勤自家用車で40キロを守っているのは、見たことが無い!遅い車でも60キロは最低でている。この交通信号ができるまでに3度も右腕にサイドミラアーを当てられた!痛いのなんて、吃驚仰天だった!相手のサイドミラーは自動的に折れ曲がるようになっています!
4月の新学期は綾部警察署の車が1ケ月位巡回していたが、今は全然ない!油断して突っ込まれた大変だ!一度朝綾部署の交通チェック、調査をして欲しい!

1.綾部市立吉美(きみ)小学校全景
クリックすると元のサイズで表示します

2.長野代理子吉美小学校長の特別承認を得て、授業参観と給食参観の写真をミュージアムモードのフラッシュなしでの写真撮影の許可を貰った!長野校長先生をミュジアムモードで撮影した!ご本人にはこの写真を見せて許可がOKとなった!
クリックすると元のサイズで表示します

3.授業の内容
クリックすると元のサイズで表示します

4.さくらんぼ学級の写真
クリックすると元のサイズで表示します

5.一年生は今年は1クラスのみですが、中々落ち着いている。数年前撮影した時は低学年は殆どが、老生のカメラを振り返って見た!今は校長先生は父兄でもフラッシュは厳禁でできるだけ撮影しないよう要望している諭旨です!いいね!
クリックすると元のサイズで表示します

6.2年1組(算数)
クリックすると元のサイズで表示します

7.2年2組(国語)かん字のひろば!積極的に手が上がっています!いいね!
クリックすると元のサイズで表示します

8.3年1組(国語)こそあぞ言葉!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

9.3年2組(算数)円と球!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

10.4年1組(算数)一億をこえる数!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

11.4年2組(理科)電気の働き!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

12.5年1組(算数)少数÷少数!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

13.5年2組(理科)メダカののたんじょう!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

14.6年2組(国語)学級討論会をしよう!積極的な発言が好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

15、6年1組(理科)理科室でのヒトや動物の体!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上 理科室の黒板等
クリックすると元のサイズで表示します

17.同上 ビニール袋に空気を入れる!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

18.見たかった学校給食1年生の様子!約半数がかかりです!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

19.6年生の学校給食の様子!慣れてきているので8名位が担当!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

20.学給食の内容1年生!
クリックすると元のサイズで表示します

21.6年生の学校給食も内容は同じです!ただ量が多くなっています!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

22.一年生の合掌と「頂きます。」の言葉は1年生から6年生も全クラスで実施!好いね!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/29

西毛の文化財史址を見る!5.番外で初代群馬県令の楫取 素彦!  文化財研修記

楫取 素彦(かとり もとひこ、文政12年3月15日(1829年4月18日)〜 大正元年(1912年)8月14日)は、幕末の長州藩の志士、明治時代の官僚、政治家。錦鶏間祗候正二位勲一等男爵。通称は久米次郎または内蔵次郎。小田村家の養嗣となって小田村伊之助(おだむら いのすけ)と改め、後に文助・素太郎といい、慶応3年(18679月に藩命により、楫取素彦と改名した。諱は希哲(ひさよし)、字は士毅、号は耕堂彜堂・晩稼・棋山・不如帰耕堂など。吉田松陰とは深い仲であり、また松陰の次妹の寿と結婚し、寿に先立たれた後に久坂玄瑞の未亡人であった末妹の美和子(文)と再婚している。最初の妻・寿との間に希家(小田村家を継ぐ)、道明(久坂家、のち楫取家を継ぐ、芝山巌事件で殺害された)の二男がいる。曾孫(希家の養孫、道明の外孫)に小田村四郎がいる。

1.高崎城跡と城下町図(画像をクリックすると3200ピクセルの大画像となります。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.初代群馬県令とは?
クリックすると元のサイズで表示します

3.その1.
クリックすると元のサイズで表示します

4.その2.
クリックすると元のサイズで表示します

5.その3.
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/28

西毛の文化財・史址を見る!4.上野国の見事な一之宮・貫前神社!  文化財研修記

群馬県富岡市一ノ宮1535には見事な上野国の一之宮・貫前神社(ぬきさきじんじゃ)がある。千年余を経た古木に包まれ、あたりは荘厳な空気が漂います。延喜式神名帳に名神大社として列せられている名社です。安閑天皇元年(531)に武神である経津主神(ふつぬしのかみ)と農耕と機織の神である比売大神(ひめおおかみ)が祀られています。また、参道を下った低地に社殿がある全国的に珍しい構造で、本殿・拝殿・楼門は寛永12年(1635)3代将軍徳川家光の再建、5代将軍綱吉による大がかりな修理を経て今日に至ります。本殿・拝殿・楼門は国指定重要文化財です。訪れたこの日は祭日で「音声付動画」でお神楽も見て頂きます。

1.登りの車参道の朱の大鳥居(全ての画像はクリックすると3200ピクセルの大画面となり駒札ももよめます。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.富岡市の地図
クリックすると元のサイズで表示します

3.上野国一之宮・貫前神社の表門全体を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.燈籠の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.一対の燈籠の一つ
クリックすると元のサイズで表示します

7.反対側の燈籠と神社標柱
クリックすると元のサイズで表示します

8.表門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.表門から楼門を見下ろす!非常に変わった神社の位置関係ですね!
クリックすると元のサイズで表示します

10.下り石段参道の左側には末社の「月読神社」がある。
クリックすると元のサイズで表示します

11.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

12.朱の手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

13.楼門を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

14.楼門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

15.拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

16.下記をクリックして、拝殿で3月15日(日)に催された神事の一部を「動画」で見て下さい!
https://youtu.be/42hXHhLh808

17.見事な拝殿を斜め横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

18.左は楼門、真ん中は拝殿、右側は本殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

19.見事な本殿を斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

20.同時に「神楽殿」では神事の男舞が催されています!
クリックすると元のサイズで表示します

21.下記をクリックして、「神楽殿」での男舞を見て下さい!
https://youtu.be/xzhfge9dGm8

22.最後の拝殿から楼門を見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/28

西毛の文化財・史址を見る!3.木花佐久毘売命を祀る総本社・産泰神社!  綾部の文化財

群馬県前橋市下大屋町には総本社の産泰神社(さんたいじんじゃ)がある。天孫邇邇芸命(てんそん・ににぎのみこと)は、笠沙の岬で大変美しい女神に会われ名を尋ねると、大山祇命の娘で木花佐久夜毘売(このはなさくやひめのみこと)であると名乗りました。邇邇芸命に求婚され一夜の契りを結び御懐妊しましたが、邇邇芸命に国津神との不貞を疑われます。佐久夜毘売は「もしこの子が国津神の子なら、無事に産むことは出来ないでしょう。反対に邇邇芸命の御子ならば安産に違いありません。」と、出入り口の無い産屋を造り中に籠られました。やがて出産の時が来ると、内側から火を放ち燃え盛る炎の中で、三神を無事お生みになられ、ご自身も無事であったといいます。以来、安産子育ての神として、又美しい御姿から女性の守護神として多くの崇敬を集めています。前橋市の東部、おだやかな田園地帯のこんもりとした小山に鎮座する産泰神社は、古くより神社名が示す通り安産・子育ての守護神として県内はもとより関東一円から参拝者が訪れます。社伝古志故事録は小田原北条氏の乱に焼滅し定かではありませんが、日本武尊の東征の折り此地に勧請せしといい又、履中天皇元年鎮座ともいわれています。
 本殿の裏に約13万年前に赤城山の「石山なだれ」により出現したといわれる磐座があり、原始古代から信仰の土地であったことが推測されます。現在の社殿は、権現造りで本殿・幣殿・拝殿・神門の四棟及び境内地が、18世紀中期から19世紀初頭の本県の神社建築様式の指標となる貴重な遺構であるとの理由で群馬県の重要文化財に指定されています。

1.神門(群馬県指定文化財)以下の画像をクリックすると3000ピクセルの大画面でみれます!
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.神門右側の阿形随身
クリックすると元のサイズで表示します

5.神門左側の吽形随身
クリックすると元のサイズで表示します

6.産泰神社の太々神楽殿(だいだいかくらでん)前橋市指定民俗文化財のお神楽が祭日に演ざれます。
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿を正面から見る!(群馬県指定文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

8.拝殿横の安産子育て戌(いぬ)
クリックすると元のサイズで表示します

9.安産胎内くぐり岩と琴平宮
クリックすると元のサイズで表示します

10.拝殿後部と幣殿、本殿(群馬県指定文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

11.見事な彫刻の幣殿、本殿をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.拝殿内陣(お宮参りのお祓いは此処ですが、撮影禁止)
クリックすると元のサイズで表示します

13.拝殿正面の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

14.安産抜けびしゃく
クリックすると元のサイズで表示します

15.末社群
クリックすると元のサイズで表示します

16.見事な摂社金刀比羅宮をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.左、本殿、真ん中は幣殿、右が拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

18.下記をクリックして、「音声付動画」で見て下さい!!
https://youtu.be/sOn6IDAfSb8

19.産泰神社の太々神楽の「音声付」動画は下記をクリックして見て下さい!
https://youtu.be/wPt4YTb6h9w

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/25

西毛の文化財・史址を見る!2.高さ41.8メートルの巨大な白衣観音像を持つ慈眼寺!  文化財研修記

高崎市石原町2710-1番地には高野山真言宗の白衣(びゃくえ)大観音・慈眼寺(じがんじ)がある。慈眼院はもともと高野山金剛峯寺の塔頭寺院のひとつで、学侶方の寺院として隆盛を誇っておりました。明治の廃仏毀釈で高野山でも寺院の統合廃寺がすすむなか、衰退しつつも慈眼院は昭和初期まで存在しておりました。高崎白衣大観音建立後、昭和16(1941)に高野山より別格本山として高崎への移転が決まりました。 創建は、鎌倉中期、執権北条義時の三男、相州極楽寺入道重時と伝えられます。寺記によると、元禄時火災により炎上、過去帳や古文書の類はことごとく焼失したといわれています。続紀伊風土記には、本尊の聖観世音菩薩は鎌倉坂下村の安左衛門という文人が由比ヶ浜で漁をしたときに網にかかった尊像とあります。
  高崎白衣大観音は、昭和11年(1936)、高崎の実業家井上保三郎により建立されました。井上保三郎翁は、高崎十五連隊の戦没者の霊を慰め、世の中に観世音菩薩の慈悲の光明を降り注ぎたいと念じ、さらに高崎の発展を願って、古来観音に縁の深い観音山頂に建立されたのです。観音像は高さ41.8メートル、重さは5985トンのコンクリート造りとなっております。以来、北関東における観音信仰・大師信仰の中心地として、広くその名が知られてまいりました。次の良恒代では、昭和61年(1986)に白衣大観音建立50周年記念事業として、仮本堂から高崎千体観音堂への大改築を成し遂げました。その前後には、一路堂・光音堂・大師堂・心経宝塔の建立、二度に亘る白衣大観音の大修理、太鼓橋・玉垣の改修と、立て続けに境内整備にとり組みました。現在では、観光地としてはもちろん、関東八十八カ所霊場第一番札所として多くの参拝客が訪れるほか、東国花の寺百ヶ寺のひとつに選ばれ、全山約三千本の桜をはじめ四季を通じて様々な草花を楽しむことができる市民憩いの場ともなっています。観音像は平成10年(1998)年に「たかさき都市景観賞」受賞、平成12年(2000)には国の「登録有形文化財」に指定されました。

1.41.8メートルもある巨大な観音立像です!
クリックすると元のサイズで表示します

2.現在地
クリックすると元のサイズで表示します

3.この観音像を寄贈した井上保三郎氏像
クリックすると元のサイズで表示します

4.立札
クリックすると元のサイズで表示します

5.慈眼寺本堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

7.観音像
クリックすると元のサイズで表示します

8.正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

10.この巨大な観音像は9階建てで各階に仏像が安置されています!
クリックすると元のサイズで表示します

11.同上
クリックすると元のサイズで表示します

12.9階からの眺望
クリックすると元のサイズで表示します

13.縁結び光音堂(こうおんどう)があり本尊は聖観音様で、多くの若い女性がお参りしておられたですね!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/24

西毛の文化財・史址を見る!1.ダルマ市で有名な黄檗宗少林山・達磨寺を見る!  文化財研修記

群馬県高崎市鼻高町296番地には黄檗宗でだるま市で有名な少林山・達磨寺(だるまでら)がある。由緒は昔、碓氷川のほとりに観音様を祀るお堂がありました。ある年の大洪水のあと、村人たちが川の中から香気のある古木を引き上げて霊木として観音堂に納めておきますと、延宝8年(16800)一了居士(いちりょうこじ)という行者が霊夢によって訪れ、信心を凝らして一刀三礼、達磨大師の座像を彫り上げ観音堂にお祀りしました。この噂は「達磨出現の霊地・少林山」として近隣に広まりました。その頃の領主・酒井雅楽頭忠挙公(さかいうたのかみただたか)は厩橋城(前橋城)の裏鬼門を護る寺として、水戸光圀公の帰依された中国僧・東皐心越(とうこうしいんえつ)禅師を開山と仰ぎ、弟子の天湫法礼(てんしゅうほうれい)を水戸から招いて元禄10年(1697)藩領であった鼻高に開き、最初は曹洞禅の道場であったが、享保11年(1726)水戸徳川家から三葉葵の紋と丸に水の徽章を賜い、永世の祈願所とされました。享保17年(1732)に寺格を得て、明治に至って黄檗宗たなりました。
又、毎年1月6日〜7日の七草縁日にはダルマ市で大いに賑わいます。このダルマ市は開山の東皐心越(とうこうしいんえつ)禅師が心の字をまねて一筆のダルマ絵を描いたことが始まりと言うことです。

1.JR高崎駅(此処から市バス15分)
クリックすると元のサイズで表示します

2.達磨寺標柱と駐車場
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な達磨寺の総門
クリックすると元のサイズで表示します

5.もの凄い石段参道を登る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.1880年5月4日東プロシャ生まれの建築家ブルーノ・タウトはヒットラーのユダヤ人迫害をのがれ夫婦でこの寺の洗心亭に2年間滞在した!
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上
クリックすると元のサイズで表示します

8.茅葺の観音堂
クリックすると元のサイズで表示します

9・同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

10.観音堂内
クリックすると元のサイズで表示します

11.本堂を右側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.本堂を左側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

13.二男夫婦の長女のお宮参りに健康を願って購入したダルマに、無事小学校4年生になったので両目を入れてお供えしました!真ん中あたりの一つです!
クリックすると元のサイズで表示します

14.本堂横にあるダルマ堂
クリックすると元のサイズで表示します

15.ダルマ堂内
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

17.同上 3.
クリックすると元のサイズで表示します

18.大護摩の地
クリックすると元のサイズで表示します

19.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

20.タウトの日誌より
クリックすると元のサイズで表示します

21.招福の鐘
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/21

湖北の文化財・史址を見る!35.(最終回)芸能の神・天宇受賣命を祀る千代神社!  文化財研修記

彦根市京町2−9−33には芸能の祭神と云われる天宇受賣命(あめのうずめのみこと)を祀る千代神社(ちよじんじゃ)がある。多賀神社の末社であった千代神社は、井伊家の信仰で栄え、貞享(1684〜1704)頃が盛況を呈した。 祭神は天照大神が隠れられた天に岩戸の前で舞を舞った天宇受賣命で、古来より芸能の神として敬われ、今も芸能関係者の人々が訪れ、芸の上達を祈願してゆく。又、本殿は見事であり国重要文化財です。

1.千代神社の石造大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.手水舎と石灯籠一対
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な手水舎の龍
クリックすると元のサイズで表示します

5.境内から摂社群を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.参道から拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.拝殿の内陣
クリックすると元のサイズで表示します

9.拝殿と権殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.見事な国重文の三間社流造檜皮葺の本殿
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/20

湖北の文化財・史址を見る!34.徳川四天王の彦根藩初代藩主井伊直政の荼毘所の長松院!  文化財研修記

滋賀県彦根市中央町4−29には曹洞宗で万年山・長松院(ちょうしよういん)がある。徳川四天王の一人に数えられた井伊直政は、1600年関ヶ原の戦い後、 高崎藩主から彦根初代藩主として佐和山城に入ったが、1602年亡くなり長松院の地で荼毘に付され、その地に直政の菩提を弔うために、 長松院が開創されている。 境内墓地に、荼毘碑が建てられている。 菩提寺は彦根市清涼寺であり、そこに墓所がある。

1.見事な長松院の鐘楼門
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な本堂!
クリックすると元のサイズで表示します

3.本堂前の宝篋印塔
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な本堂の扁額
クリックすると元のサイズで表示します

5.井伊直政供養塔
クリックすると元のサイズで表示します

6.井伊直政のお墓の在る菩提寺の清凉寺は下記をクリックして見て下さい!
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1240.html


span style="font-weight:bold">綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2015/5/17

湖北の文化財・史址を見る!33.ちょっと彦根市に立ち寄り日蓮宗の古刹・蓮華寺!  文化財研修記

湖北の長浜市から帰路に至ったのだが、JR彦根駅で途中下車、彦根市中央町3−64にある日蓮宗蓮華寺(れんがじ)に立ち寄った。創建の時期など定かではないが、当初、上野国箕輪に開創されたという。井伊直政の祈願によると云われ、その後高崎に移される。慶長8年(1603)に井伊直政が高崎藩から彦根へ転封。彦根初代藩主となり彦根城下建設に伴い現在の位置に建立されたと云われる。享保年代には東西39間、南北55間の大寺であったという。寛保元年(1741) 大火で類焼、現在の本堂は明和3年(1776)再建。朝鮮と日本との国交を促進した朝鮮通信使の宿所にも使われていた。

1.彦根の蓮華寺山門(米原市にも蓮華寺があります。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門内側の小お堂(はてお祀りされているのは?)
クリックすると元のサイズで表示します

3.このお堂も祀り神は不明!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

5.本堂の扁額
クリックすると元のサイズで表示します

6.本堂内
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ