2013/11/30

京都西山の紅葉と文化財・史址を見る!1.大原野神社!  文化財研修記

 京都市西京区大原野には大原野神社(おおはらのじんじゃ)がある。二十二社(中七社)の一社。旧社格は官幣中社で、奈良の春日社(現在の春日大社)から勧請を受けたもので、京春日(きょうかすが)の別称がある。
 祭神は以下の4柱(春日神と総称)で、春日大社と同じ。武御賀豆智命 (武甕槌命)、伊波比主命 (経津主命)、天之子八根命 (天児屋根命)、比鸞膺タ (比売神)( )内は奈良の春日神社の表記です。延暦3年(784)に桓武天皇が長岡京へ遷都した際、桓武天皇の后の藤原乙牟漏が藤原氏の氏神である奈良春日社の分霊を勧請して、しばしば鷹狩を行っていた大原野に祀ったのに始まる。嘉祥3年(850)、藤原冬嗣を祖父に持つ文徳天皇が社殿を造営した。奈良春日社と同じ藤原氏の氏神を祀る大原野神社はそれに準ずる扱いを受け、二十二社に列した。明治4年に官幣中社に列した。
 藤原氏の家に女の子が生まれると、その子が皇后・中宮になれるようにと当社に祈願し、祈願通りになると行列を整えて当社に参詣することが通例となっていた。貞観18年(876)、清和天皇の女御となった藤原高子(二条の后)が当社に参詣した際、右近衛権中将で高子のかつての恋人であった在原業平がその行幸につき従い、「大原や小塩の山もけふこそは 神世のことも思出づらめ」と詠んでいる。

1.大原野神社一の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 三の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.参道と茶屋
クリックすると元のサイズで表示します

4.鯉沢の池の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.拝殿に向って右側の鯉沢の池
クリックすると元のサイズで表示します

6.鯉沢の池にかかる橋
クリックすると元のサイズで表示します

7・珍しい鹿の手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上
クリックすると元のサイズで表示します

9.瀬和井と駒札
クリックすると元のサイズで表示します

10.碑文1.
クリックすると元のサイズで表示します

11.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

12.拝殿全体を見る!珍しい鹿の狛犬もあります!拝殿も本殿も一間社で檜皮葺きです!
クリックすると元のサイズで表示します

13.拝殿をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

14.拝殿の内陣をを見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/29

紀州の文化財・史址を見る!49.国重文の楼門・唐門・本殿を持つ紀州東照宮!  文化財研修記

和歌山市和歌浦には元和7年(1621)に徳川家康の十男である紀州藩祖・徳川頼宣により南海道の総鎮護として創建され、関西の日光とも称される。本殿は伝・左甚五郎作の彫刻や狩野探幽作の襖絵がある。東照宮は、祭神を徳川家康( 東照大権現)、初代藩主の徳川頼宣( 南龍大神)を祀っている。西には天満宮が、東には玉津嶋神社が位置する。 元和5年紀州初代藩主として入国した徳川頼宣(1602〜61)により、東照大権現を祀る東照社として建立された。頼宣の紀州入国とともに計画され、元和6年(1619)起工、元和7年(1620)に竣工・遷宮式が行われた。『紀伊続風土記』によれば、境内は方八町で、宮山周囲50町余りであった。現在は頼宣も合祀している。かつての別当寺は天曜寺。
 東照宮の例祭は、元和8年に趣向を凝らした絢爛豪華な風流(ふりゅう)の祭りとして創始されているが、江戸時代には、国中第一の大祭であった。諸国から多数の見物人がきたという。明治以降も和歌祭りと呼ばれて、大勢の観衆を集め、親しまれている。
 鬱蒼とした木々に囲まれた東照宮参道は青石が敷き詰められ、両側は低い石垣で区切られる。鍵の手で折れ曲がると、急勾配の108段の石段にたどり着く。参道と石段の両側には、家臣団が寄進した石灯籠が並ぶ。 高台の南端には、楼門が南面し、その両脇に東西廻廊が建つ。高さ約2mの石垣により一段高くなった社地北側には、唐門と瑞垣(みずがき)、その奥には正面に拝殿・石の間・本殿を一つの建物にまとめた権現造りの社殿が建つ。かつては社殿の右に三重塔、左に薬師堂があった。 社殿の建築様式は伝統的な和様を用い、様々な彫り物で飾る。内外部共に黒漆、赤漆を塗り、複雑な組物や彫刻類には極彩色を施し、鍍金の飾金具を施す。代表的な江戸時代初期の建造物である。この豪華な社殿により、俗に紀州の日光と称される。拝殿・石の間・本殿、唐門、東西瑞垣、楼門、東西回廊が重要文化財(建造物)に指定されている。

1.紀州東照宮
クリックすると元のサイズで表示します

2.鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.長い参道
クリックすると元のサイズで表示します

5.参道途中の稲荷大明神
クリックすると元のサイズで表示します

6.103段の石段参道「侍坂」から楼門を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

7.国重文の楼門(表)
クリックすると元のサイズで表示します

8.国重文の楼門を内側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

10.国重文の唐門・本殿
クリックすると元のサイズで表示します

11.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

12.和歌祭の御所神輿
クリックすると元のサイズで表示します

13.同上
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/27

紀州の文化財・史址を見る!48.西国観音霊場第2番札所で重文の山・紀三井寺護国院2の2!  文化財研修記

和歌山市紀三井寺1201には早咲きの桜として有名で、又、西国観音霊場第2番札所で、巡礼姿のお遍路さんが杖をつきながら、ひたむきなまなざしでお参りしているのが見受けられます。 名前の由来は、三つの井戸「吉祥水(きっしょうすい)」「楊柳水(ようりゅうすい)」「清浄水(しょうじょうすい)」から来ています。さて、楼門をくぐると、目の前に231段の階段がそびえ、一瞬立ちすくんでしまいます。しかし、苦しさが多ければ多いほど、喜びもまたひとしおであると思い、この坂を一段一段無心で登り始めると、いつしか身体の細胞1個1個が目覚めていくような感じがしてきます。
登りきったところでホッとして振り返ると、美しい和歌浦湾が遠望でき、旅情がかきたてられます。
 この寺は、宝亀元年(770)、唐の僧為光(いこう)上人によって開かれました。和歌山城からほど近いところにあるため、歴代藩主が訪れ、紀州徳川家の繁栄を祈願した寺です。
宝歴年間(1751〜1764)に本堂を新築。その本堂のなかには10代藩主治宝(はるとみ)が寄進した多宝塔が安置されています。 本堂横の入口、霊宝堂のなかには、治宝直筆の掛軸、一休和尚の額、その他、西国三十三箇所の絵図などが多数展示してあります。
また、六角堂は、西国三十三箇所を巡礼するのに等しい功徳があると伝えられ、他府県からもたくさんの人が年中途切れることなく参拝に訪れています。

1.更に石段参道の男厄除坂を登る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.更に石段参道を登る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.漸く境内に至る「六角堂」
クリックすると元のサイズで表示します

4.国重文の鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

5.幸福観音石像
クリックすると元のサイズで表示します

6.大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

7.紀三井寺から和歌の浦を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.下記をクリックして、「音声付動画」で和歌の浦や境内を見て下さい!
http://youtu.be/CuXpHruPMQg

9.国重文の多宝塔
クリックすると元のサイズで表示します

10.本堂
クリックすると元のサイズで表示します

11.本堂の扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.新仏殿(平成20年5月創建)
クリックすると元のサイズで表示します

13.神仏殿の総漆金箔木立像は日本最大の大千手十一面観音様(京都西山の現代我国随一の大仏師・松本明慶師作です!)
クリックすると元のサイズで表示します

14.日本最大の総漆金箔の仏具の五鈷杵(ごこしょ)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/25

錦秋の山家城址公園で歴史散策 錦秋の山家を歩く8  綾部自然の会現地学習

山家城址公園にある綾部古木・名木100選のサクラ(幹周:2.90m 樹高:14m)を見、見事な紅葉の中で集合写真を撮り、錦秋の歴史散策を楽しんだ。

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園 城門

クリックすると元のサイズで表示します
山家藩主・谷衛友の揚羽蝶 家紋

クリックすると元のサイズで表示します
谷衛友は武勇に優れて秀吉の下で各地を転戦。加増を受けて最終的には丹波何鹿郡山家で1万6000石を領した。秀吉没後に起こった関ヶ原の戦いでは西軍に与して田辺城の戦いに参加したが、やがて東軍に寝返ったために所領を安堵され、江戸幕府の幕藩体制下では外様大名として丹波山家藩主を務めた

クリックすると元のサイズで表示します
城門の内側が祭りの舞台に使われる

クリックすると元のサイズで表示します
山家谷氏を祀る谷霊神社

クリックすると元のサイズで表示します
谷霊神社の本殿

クリックすると元のサイズで表示します
山家城の石垣・井戸 案内

クリックすると元のサイズで表示します
山家城の井戸を見る一行

クリックすると元のサイズで表示します
城址の外へ出て、上部から竹藪の中を「空掘」沿いに下りる。城郭の外壁土塁が残る

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址の石垣

クリックすると元のサイズで表示します
城址公園への急勾配を上がる

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/25

見事な紅葉・山家城址公園を愛でる 錦秋の山家を歩く7  綾部自然の会現地学習

綾部自然の会の一行43名(マイクロバス2台)で綾部の古木名木百選など山家地区を見て回った。順番を追って紹介するが、先ず見事な紅葉と集合写真!

クリックすると元のサイズで表示します
最後の山家城址公園で記念撮影の直前

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園の見事な紅葉

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園の見事な紅葉

クリックすると元のサイズで表示します
地元のボランティア・ガイドさんが案内

クリックすると元のサイズで表示します
綾部の古木・名木100選のサクラ

クリックすると元のサイズで表示します
綾部の古木・名木100選のサクラ

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園の見事な紅葉の下で

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園の見事な紅葉の下で

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園の見事な紅葉の下で

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園の見事な紅葉の下で

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園の見事な紅葉の下で

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園の見事な紅葉の下で

クリックすると元のサイズで表示します
山家城址公園のサクラ 綾部古木・名木100選
綾部自然の会

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/25

日吉神社(和木町)のスダジイ・スギ・サカキ 錦秋の山家を歩く6  綾部自然の会現地学習

綾部自然の会 古木・名木100選の3本が日吉神社にある。綾部市内で最大の「シイの木」である「スダジイ」は何度見ても素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社鳥居の左に立つ「スギ」樹高:29m

クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社鳥居左の古木「スギ」のコマ札と
境内本殿前の「スダジイ」

クリックすると元のサイズで表示します
古木「スダジイ」を囲む
綾部市内で最大の「シイの木」である「スダジイ」は何度見ても素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します
「スダジイ」のコマ札 周囲:4.70m 樹高:17m

クリックすると元のサイズで表示します
見上げると鬱蒼と茂る「スダジイ」

クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社本殿覆い屋

クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社の裏手に立つ古木「サカキ」のコマ札
樹高23m

クリックすると元のサイズで表示します
古木・名木100選 古木「サカキ」樹高23m

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉と隣接の随願寺

クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社と隣接する日応山・随願寺 綾部西国観音霊場番外第4番札所

クリックすると元のサイズで表示します
日応山・随願寺 綾部西国観音霊場番外第4番札所

クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社のスダジイ
綾部自然の会古木・名木100選

クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社のスギ
綾部自然の会古木・名木100選

クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社のサカキ
綾部自然の会古木・名木100選

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/25

戦国時代の遠見番所・釈丈ケ岳城跡 錦秋の山家を歩く5  綾部自然の会現地学習

戦国時代の遠見番所。主曲輪、帯曲輪、三の曲輪が所在する三段構えの「遠見の砦跡」と確認された。福知山まで由良川河岸段丘(福知山盆地)が見渡せる。自宅も見えた。

クリックすると元のサイズで表示します
正光神社(西原町)でバスを降り左の登山道へ向かう

クリックすると元のサイズで表示します
すぐに落ち葉の積もる山道の登り

クリックすると元のサイズで表示します
早くも杖を差し伸べてもらう女性も

クリックすると元のサイズで表示します
間もなく釈丈ケ岳頂上(274m)に着く
西原と対岸の展望

クリックすると元のサイズで表示します
釈丈ケ岳頂上(274m)から西原と対岸を展望する人々

クリックすると元のサイズで表示します
頂上のお堂

クリックすると元のサイズで表示します
頂上から西端まで長い尾根道を歩く
少し起伏もある散策路

クリックすると元のサイズで表示します
空掘の立札

クリックすると元のサイズで表示します
これが「空掘」

クリックすると元のサイズで表示します
急な上りで釈丈ケ岳城跡へ

クリックすると元のサイズで表示します
釈丈ケ岳城跡の案内
戦国時代の遠見番所。主曲輪、帯曲輪、三の曲輪が所在する三段構えの「遠見の砦跡」と確認された

クリックすると元のサイズで表示します
帯曲輪

クリックすると元のサイズで表示します
曲輪

クリックすると元のサイズで表示します
福知山まで由良川河岸段丘(福知山盆地)が見渡せる
戦国時代の遠見番所。主曲輪、帯曲輪、三の曲輪が所在する三段構えの「遠見の砦跡」と確認された

クリックすると元のサイズで表示します
綾部市街地中心部(手前)
綾部八幡宮の森(黄色い銀杏)や左の綾部中学校校舎2連が目立つ(中央部)

クリックすると元のサイズで表示します
由良川が手前から右〜左へ迂回して流れるのがよく見える

クリックすると元のサイズで表示します
足元の西原町と由良川の対岸

クリックすると元のサイズで表示します
ここで展望景色を見ながら持参のお弁当を食べる

クリックすると元のサイズで表示します
綾部工業団地、京セラ、オムロンなど工場群が各所に遠望できる

クリックすると元のサイズで表示します
広域農道と国道27号線の交差陸橋付近

クリックすると元のサイズで表示します
左端からは新丹波大橋の吊り下げ構造が見える

クリックすると元のサイズで表示します
綾部市民センター(下部)、紅葉の千手院(上部)

クリックすると元のサイズで表示します
釈丈ケ岳城跡の案内
戦国時代の遠見番所。主曲輪、帯曲輪、三の曲輪が所在する三段構えの「遠見の砦跡」と確認された

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/25

三神神社、天満宮、正光神社、毎国庵 錦秋の山家を歩く4  綾部自然の会現地学習

綾部自然の会の現地学習会(マイクロバス2台43名)、もらった「やまが散策マップ:のんびり歩いて見て知って自然の里・山家」を見る。人数が多いので山家公民館でトイレ休憩後に西原町の釈丈ケ岳登山口に向かった。

クリックすると元のサイズで表示します
鷹栖町にある山家公民館

クリックすると元のサイズで表示します
隣の鷹栖町公民館

クリックすると元のサイズで表示します
やまが散策マップ

クリックすると元のサイズで表示します
三神神社の鳥居

クリックすると元のサイズで表示します
三神神社本殿

クリックすると元のサイズで表示します
三神神社本殿内部

クリックすると元のサイズで表示します
三神神社本殿内部

クリックすると元のサイズで表示します
並んで立つ天満宮の鳥居

クリックすると元のサイズで表示します
天満宮本殿

クリックすると元のサイズで表示します
天満宮本殿の内部

クリックすると元のサイズで表示します
釈丈ケ岳登山口にある正光神社(西原町)
この左手から登山道を登る

クリックすると元のサイズで表示します
正光神社の鳥居

クリックすると元のサイズで表示します
正光神社の本殿と幣殿

クリックすると元のサイズで表示します
正光神社の前のお堂

クリックすると元のサイズで表示します
釈丈ケ岳登山口にある毎国庵

クリックすると元のサイズで表示します
尾也摩山 毎国庵跡の説明

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/25

丹波ライン「立岩」の景勝を基部から見る 錦秋の山家を歩く3  綾部自然の会現地学習

立岩観望所から対岸の立岩を見たあと、バスで対岸にわたり新設されたばかりの仮設林道を30分程歩いて、立岩の基部から間近に立岩を見てその巨大さに感心した。

クリックすると元のサイズで表示します
由良川右岸の国道27号線 立岩観望所石碑

クリックすると元のサイズで表示します
由良川右岸の国道27号線 立岩観望所石碑

クリックすると元のサイズで表示します
由良川右岸の国道27号線 立岩観望所から
立岩を撮る
岩の右側に降りてくる人々が見える

クリックすると元のサイズで表示します
上原共同集会所でマイクロバスを下りる

クリックすると元のサイズで表示します
歩いてJR踏切をわたる

クリックすると元のサイズで表示します
農道を行く

クリックすると元のサイズで表示します
ブルトーザーの幅に開かれキャタピラの跡が残る
仮設林道を30分程歩く
竹藪の近くで滝花五郎会長が獣の足跡を指差していられる

クリックすると元のサイズで表示します
30分程歩き由良川に下っていく

クリックすると元のサイズで表示します
由良川と立岩の基部が見えてきた

クリックすると元のサイズで表示します
立岩の基部にある大磐にわたる。大小の甌穴が多数あり、凹凸が多く怖々で伝い歩く

クリックすると元のサイズで表示します
立岩が聳えている

クリックすると元のサイズで表示します
由良川の下流方向

クリックすると元のサイズで表示します
甌穴がある ステッキで深さを測ると、長さ一杯で底があった

クリックすると元のサイズで表示します
巨岩の立岩の上に樹木が見える

クリックすると元のサイズで表示します
立岩の基部の磐

クリックすると元のサイズで表示します
由良川の上流方向

クリックすると元のサイズで表示します
立岩の横方向の由良川の流れ

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/11/25

紅葉の国名勝・照福寺庭園を拝観 錦秋の山家を歩く2  綾部自然の会現地学習

東綾中学校から歩いて移動。見事な国指定名勝の照福寺庭園、枯山水の含勝庭、紅葉の生々苑、石庭の真観庭を拝見した。

クリックすると元のサイズで表示します
照福寺の鐘楼、観音堂に向かい歩く

クリックすると元のサイズで表示します
照福寺境内にあがる本堂(方丈)へ向かう

クリックすると元のサイズで表示します
本堂(方丈)正面、庫裡(玄関)右手

クリックすると元のサイズで表示します
照福寺観音堂

クリックすると元のサイズで表示します
忠魂碑 地蔵堂

クリックすると元のサイズで表示します
見事な紅葉

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉に包まれる照福寺鐘楼

クリックすると元のサイズで表示します
庭園案内 含勝庭・生々苑・真観庭

クリックすると元のサイズで表示します
三十三ケ所 観音像

クリックすると元のサイズで表示します
霊園

クリックすると元のサイズで表示します
名勝庭園についてお話の住職さま

クリックすると元のサイズで表示します
名勝庭園についてお話の住職さま

クリックすると元のサイズで表示します
本堂(方丈)内陣

クリックすると元のサイズで表示します
方丈の天井画

クリックすると元のサイズで表示します
枯山水の含勝庭

クリックすると元のサイズで表示します
枯山水の含勝庭

クリックすると元のサイズで表示します
枯山水の含勝庭を拝見する会員 説明の住職さま

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の見事な生々苑

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の見事な生々苑

クリックすると元のサイズで表示します
枯山水の含勝庭

クリックすると元のサイズで表示します
枯山水の含勝庭

クリックすると元のサイズで表示します
丹波 山家 名勝 照福寺庭園

クリックすると元のサイズで表示します
照福寺寺歴 含勝庭 生々苑 真観庭

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ