2013/8/13

畿内の文化財・史址を見る!57(最終回)大東市の慈眼寺(野崎観音)!  文化財研修記

 大阪府大東市野崎2丁目7−1には曹洞宗で山号・福聚山(ふくじゅさん)慈眼寺(じげんじ)通称は野崎観音でより有名な寺がある。
 江戸時代より続く、有縁無縁問わずすべてのものに感謝を捧げる『野崎参り』で知られ、その期間である5月頭は参拝客で賑わう。人形浄瑠璃や落語の作品を通じても知られている。境内には南條神社や役小角像も鎮座し、神仏習合や修験道の歴史を今に伝えている。四天王によって守護される本堂には、十一面観音菩薩、普賢菩薩、文殊菩薩が祀られており、平成11年に完成した壁画「花蝶菩薩」には、黄道十二星座が表現されている。本堂周囲には当寺中興の祖と位置付けられる遊女、江口の君(江口の長者)を祀り、婦人病と子授けの御利益があるとされる江口堂や、一番から三十三番まである河内西国霊場すべてを拝むことができるという三十三所観音堂、釈迦の16人の弟子(十六羅漢、じゅうろくらかん)を祀り、北河内の遊び歌において「野崎観音十六羅漢、うちの親父は働かん」とユーモラスに歌われる羅漢堂などがある。ただし、羅漢堂は昭和26年に山崩れによって流失し、羅漢像そのものは修復されたものの、現在あるのは仮設堂である。境内からは吊り橋を通って飯盛山などへ至る登山道があり、休日は登山者も多い。
 天平勝宝年間(749−757)にインドから来朝した婆羅門僧正が行基に「野崎は釈迦が初めて仏法を説いた鹿野苑(サルナート)に似ている」と語り、それを受けて行基が白樺で十一面観音を刻んで当地に安置したのが始まりと伝えられる。本尊は長谷寺の本尊と同木から彫られたといわれている。
 中世以後は戦乱により衰微し、特に永禄8年(1565)には三好義興・松永久秀の戦禍(東大寺大仏殿の戦い)にかかり、本尊を除いて全焼した。元和2年に(1616)青厳によって再興され、天和2年(1682)に野崎参りが始まる。元禄・宝永年間(1688−1710)に野崎参りが盛んになるにつれ繁栄するようになった。
 かつては西側一帯は大坂からつながる大きな池(深野池)があり、大坂からは野崎参りの屋形船が行き来していた。大和川付け替え以降は寝屋川および支流の谷田川を行き来するようになった。 天満橋にあった八軒家船着場から上っていくのが有名であり、陸路を歩く参拝者と罵り合って競り勝てば一年の幸を得られたと伝えられている。

1.福聚山(ふくじゅさん)慈眼寺(野崎観音)山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.西口の山門
クリックすると元のサイズで表示します

3.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

4.石段から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.本堂を斜めに見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.薬師堂(平安時代に遊女江口の君(えぐちのきみ)によって再興され、ここに祀られています。)
クリックすると元のサイズで表示します

7.大東市内を展望する!
クリックすると元のサイズで表示します

8.鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

9.野崎参りの歌碑
クリックすると元のサイズで表示します

10.近松門左衛門の浄瑠璃ででるお染め久松の塚
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/8/11

畿内の文化財・史址を見る!56.河内国一宮・枚岡神社!  文化財研修記

 大阪府東大阪市出雲井町7番16号には四祭神(天児屋根大神、比売大神、武甕槌大神、斎主大神 )を祀る名神大社で河内国一宮の枚岡神社(ひらおかじんじゃ)がある。
創建は神武天皇紀元前3年とされ、本殿の様式は春日造である。
春日大社の勧請元のため、元春日の別称がある。神紋は奈良の春日大社と同じ「下がり藤」である。
 御祭神は第一殿:天児屋根大神、第二殿:比売大神= 天児屋根大神の后神、第三殿:武甕槌大神、第四殿:斎主大神(経津主神)です。
 天児屋根大神・比売大神が本来の祭神で、当社から春日大社に勧請されたので「元春日社」とされる。後に春日大社から武甕槌大神・斎主大神を勧請し、同社と同じ神(春日神)を祀った。
 社伝によれば、神武天皇紀元前3年(神武天皇即位の3年前)、神武天皇の侍臣で中臣氏の祖の天種子命(あめのたねこのみこと)が、天皇の命で神津岳の頂に祖神の天児屋根神を祀ったのが創建とされる。「平岡(枚岡)」の社名は神津岳の頂が平らだったのによる。中臣氏の支流の平岡連(ひらおかのむらじ)の氏神とされた。白雉2年(650)、平岡連によって山頂から中腹の現在地に移された。山頂には現在も奥宮がある。
 神護景雲2年(768)、奈良の春日大社に祭神二柱を分祀し、元春日社とされる。宝亀9年(778)には春日大社から武甕槌命と斎主命の二神の分霊を奉斎した。『延喜式神名帳』では名神大社に列し、中世には河内国一宮とされた。現在の本殿は全て文政9年(1826)に再建されたものです。

1.枚岡神社の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.枚岡神社の鳥居を見下ろす!
クリックすると元のサイズで表示します

3.摂社 天神地祇神社
クリックすると元のサイズで表示します

4.摂社 若宮神社
クリックすると元のサイズで表示します

5.拝殿への石段
クリックすると元のサイズで表示します

6.手水鉢
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.本殿
クリックすると元のサイズで表示します

9.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

10.本殿
クリックすると元のサイズで表示します

11.春日造(平岡造とも呼ばれる)本殿内4神の1社しか撮影できず!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/8/9

畿内の文化財・史址を見る!55.東大阪市(河内)延喜式内社・鴨高田神社!  文化財研修記

 東大阪市下高田1丁目には河内の「延喜式」式内社・鴨高田神社(かもたかだじんじゃ)がある。
 当社は鴨(賀茂)氏の一族が白鳳2年(673)に創建したと伝えられる延喜式内社で、祭神に速須佐之男命及び大鴨積命(素盞鳴命の十一世孫で、鴨氏の開祖)を祀ったのが当社の始まりで、中世に入り、岩清水八幡宮領となり、神功皇后、応神天皇を合祀し、「八幡宮」と称される様になった。元和元年(1615)大坂夏の陣にはこの付近が戦場となり、当社も兵火にかかり、社殿はことごとく烏有に帰したが、後数年を経て、再建されている。
隣接している長栄寺とは掛かり合いが深く、江戸時代の案内書「河内名所図会」には、『長栄寺の鎮守となり、今八幡と称される』とある。明治元年(1868)の神仏分離後、1872年(明治5年)郷社に列せられた。現在の社殿及び拝殿は明治14年(1907)の再建である。
 境内に並んでいる燈籠の一番手前の灯篭は「享保十三年」1728)の銘がある。

1.式内社「鴨高田神社」
クリックすると元のサイズで表示します

2.手水社
クリックすると元のサイズで表示します

3.鳥居と燈籠の参道を振り返って見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

5.拝殿内陣
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿横から本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/8/7

畿内の文化財・史址を見る!54.東大阪市の聖徳太子創建と云われる百済山・長栄寺!  文化財研修記

 東大阪市高井田元町1−11−1には聖徳太子の創建で聖徳太子みずから本尊木造十一面観音立像(大阪府指定文化財)をつくり、百済僧を住持としたため百済山(ひゃくさいざん)と号した長栄寺(ちょうえいじ)がある。
 中世以来、兵火に遭い寺勢は衰えたが、江戸時代の延享元年(1744)慈雲尊者(じうんそんじゃ)が堂舎を建てて復興した。大阪府指定史跡の境内には慈雲尊者が東大阪市額田(ぬかだ)の山中に作った草庵を移築した大阪府指定文化財の雙竜庵禅那台(そうりゅうあんぜんなだい)があります。
 慈雲尊者は江戸時代の後期、大阪が生んだ真言宗の高僧で、その徳行・教化・学問いずれも面でもわが国の仏教史上稀有の偉人であると称えられている。
享保3年(1718)大阪中之島、高松藩蔵屋敷に生まれる。13歳にて父を失い、母の進めに従い田辺の法楽寺にて出家し、その後河内・野中寺で修行し、22歳で法楽寺住職となっている。27歳から41歳の春まで、当山に住し、以後、当山が慈雲の活動の拠点となっている。59歳にて葛城山中の高貴寺に隠棲し文化元年(1804)87歳、京都阿弥陀寺にて遷化された。代表的著書に『十善法語』、『方服図儀』、『梵学律梁』などがあります。

1.長栄寺山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.境内の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.本堂正面
クリックすると元のサイズで表示します

4.涅槃堂
クリックすると元のサイズで表示します

5.本堂を斜めに見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.雙竜庵禅那台の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

7.護摩堂
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/8/5

畿内の文化財・史址を見る!53.東大阪市の延喜式内社の石切剣箭神社!  文化財研修記

 東大阪市東石切町1-1-1には古代の豪族の祖神饒速日尊(にぎはやひのみこと)と可美真手命
(うましまでみこと)を祀る石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)がある。 延喜式神名帳に記載されている河内郡の式内小社(旧社格)。「石切劔箭命神社二座」。
「石切さん」「でんぼ(腫れ物)の神様」として親しまれ、本殿前と神社入り口にある百度石の間を行き来するお百度参りが全国的に有名。 創建年代は、火災により社殿及び宝庫が悉く消失したため詳らかではないが、 代々の社家「木積」家には、皇紀2年に生駒山中の宮山に可美真手命が饒速日尊を奉祀されたのを神社の起源とし、崇神天皇の御世に現本社に可美真手命が奉祀されたと伝わる。 現在確認できる文献では、日本三代実録(巻十一)に「貞観7年9月22日に河内国正6位の石切劔箭神社従5位下を授く」との記述がみられ、延喜式神名帳にも「石切劔箭命神社二座」とみられる。 宮山の地にあった祭祀の場は、いつの頃か現上之社の場所に遷され、さらに明治38年には現在の本社本殿に合祀された。 その後も、上之社のあった土地は、奥の院として信仰を集め、いよいよ再興の気運が高まり、昭和7年に解体保存されていた本社の旧本殿を上之社に移し、昭和47年に往古の姿を取り戻した。
 摂末社には水神社亀の池が有名。祭神は罔象女神(みずはのめのかみ)と天水分神(あめのみくまりのかみ)。五社明神社祭神は恵比須大神、大国主大神、住吉大神、稲荷大神、八幡大神。神武社祭神は神武天皇。穂積神霊社乾明神社祭神は應壅乾幸護彦(おうよういぬいこうごのみこと)。應壅乾幸護大明神とされる。穂積地蔵尊神宮寺であった法通寺の地蔵尊を祀ったもの。
他に上之社神苑に「婦道神社」「八代龍王社」、上之社に隣接して「登美霊社」(祭神は饒速日尊の妃神である「三炊屋媛」)がある。


1.石切劔箭神社標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.境内案内図
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な絵馬堂(楼門)
クリックすると元のサイズで表示します

4.親子連牛像
クリックすると元のサイズで表示します

5.参道
クリックすると元のサイズで表示します

6.石の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

7.「亀の池」の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

8.本殿とご神木
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

10.見事なご神木のクスノキ
クリックすると元のサイズで表示します

11.摂社の一つ
クリックすると元のサイズで表示します

12.同上
クリックすると元のサイズで表示します

13.巨大な神楽殿
クリックすると元のサイズで表示します

14.摂社の一つ
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/8/3

畿内の文化財・史址を見る!52.国宝の木造十一面観音立像を持つ道明寺!  文化財研修記

 大阪府藤井寺市道明寺一丁目14番31号には真言宗御室派の古刹の尼寺で国宝の木造十一面観音立像(平安時代初期、9世紀の菅原道真公作。カヤ材の一木造で、彩色を施さない素地仕上げとする。カヤ材をビャクダンの代用材として用いた檀像様(だんぞうよう)の作品である。像高98センチメートル。)道明寺がある。
 道明寺周辺は、菅原道真の祖先にあたる豪族、土師(はじ)氏の根拠地であった。道明寺は土師氏の氏寺土師寺として建立され、今の道明寺天満宮の前にあった。当時は七堂伽藍や五重塔のある大規模なものであった。
 延喜元年(901)、大宰府に左遷される道真がこの寺にいた叔母の覚寿尼を訪ね「鳴けばこそ別れも憂けれ鶏の音のなからん里の暁もかな」と詠み、別れを惜しんだと伝えられる。この故事は、後に人形浄瑠璃・歌舞伎の『菅原伝授手習鑑』「道明寺」の場にも描かれている。道真の死後、寺名は道明寺と改められるが、これは道真の号である「道明」に由来する。
1575年天正3年(1575)には、兵火で天満宮を含む寺の大部分が焼失するが、後に再興。明治5年の神仏分離により道明寺天満宮境内から現在地に移転した。

1.道明寺標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.道明寺楼門(山門)
クリックすると元のサイズで表示します

3.境内
クリックすると元のサイズで表示します

4.手水鉢
クリックすると元のサイズで表示します

5.大師堂を正面より見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.大師堂を斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.本堂
クリックすると元のサイズで表示します

8.境内
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/8/1

神鍋山ジオパーク現地学習会に参加2(神鍋溶岩流と山野草散策)  文化財研修記

綾部自然の会第6講座は43名の参加で乗り好天気のもと実施された。道の駅・神鍋高原で持参の昼食を食べた後、神鍋高原ジオパーク案内ガイド:泉鐘八郎氏の素晴らしい話と高山植物の紹介を受けながら、火山活動の高原溶岩流の溪谷美を楽しんだ

クリックすると元のサイズで表示します
道の駅・神鍋高原で持参の弁当を食べる

クリックすると元のサイズで表示します
入口横のベンチも借用 外の暑さのない室内で気持ち良い

クリックすると元のサイズで表示します
神鍋山山野草を愛でる会のパネル展示が会場を囲む

クリックすると元のサイズで表示します
年間各月の上・中・下旬別にパネルがある。撮った山野草の名前を帰宅後調べようと記録したが文字を読むのは無理だった。少しづつ山野草図鑑で調べる予定

クリックすると元のサイズで表示します
ふれあいファーム農産品売り場

クリックすると元のサイズで表示します
お土産を求める

クリックすると元のサイズで表示します
神鍋高原コース・マップ 観光バスにガイドさんも同乗で神鍋溶岩流の散策に出発、稲葉川パーキングでバスを下りる

クリックすると元のサイズで表示します
神鍋高原ジオパーク案内ガイド:泉鐘八郎氏から高山植物の花への熱烈な思いを拝聴

クリックすると元のサイズで表示します
稲葉川溶岩流渓谷の入口で泉鐘八郎氏の熱弁

クリックすると元のサイズで表示します
神鍋溶岩流マップ

クリックすると元のサイズで表示します
山野草

クリックすると元のサイズで表示します
㉔番の「せせらぎ淵」

クリックすると元のサイズで表示します
山野草

クリックすると元のサイズで表示します
貞さん風穴

クリックすると元のサイズで表示します
㉓貞さん風穴

クリックすると元のサイズで表示します
㉒ネエ滝

クリックすると元のサイズで表示します
キツネのカミソリ 由良川河畔にもある

クリックすると元のサイズで表示します
薬草:クサノオウ

クリックすると元のサイズで表示します
クサノオウの茎から出る樹液で白紙に文字を書かれる泉鐘八郎ガイドさん

クリックすると元のサイズで表示します
陽のあたる稲葉川遊歩道を進む

クリックすると元のサイズで表示します
㉑泥淵に降りて溶岩をつたい、S泥淵の滝を見上げる

クリックすると元のサイズで表示します
泥淵の滝の露岩

クリックすると元のサイズで表示します
㉑泥淵から遊歩道に戻る一行

クリックすると元のサイズで表示します
山野草を指差される泉鐘八郎ガイド

クリックすると元のサイズで表示します
手のひらに乗せて説明

クリックすると元のサイズで表示します
山野草:カンアオイ ギフ蝶が卵を生みつけるなど植生の連鎖を話された。繁殖が周辺数メートルに限られる植物とのこと

クリックすると元のサイズで表示します
Q畳滝 大小の露岩が連なる 水流に削られて滑らかになり直線が一つもないことを強調された

クリックすると元のサイズで表示します
大木に青い実がたくさんなっている
ここから街道に出ると予定時刻通りでバスが迎えに来た。ガイドさん達も同乗されて道の駅・神鍋高原まで戻り、トイレ休憩の後帰路についた

クリックすると元のサイズで表示します
昼食後に稲葉川沿いに神秘の溪谷 神鍋溶岩流を見て歩く

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2013/8/1

畿内の文化財・史址を見る!51.国宝の菅原道真公の遺品をもつ道明寺天満宮!  文化財研修記

 道明寺天満宮(どうみょうじてんまんぐう)は、大阪府藤井寺市道明寺に位置する神社で祭神は菅原道真公、天穂日命と、菅原道真公のおばに当たる覚寿尼公である。
 この境内には次回掲載する道明寺という真言宗の尼寺がある。明治維新までは神仏混淆で神護寺・鎮守社の関係にあった。
 この地は、菅原氏・土師氏の祖先に当たる野見宿禰の所領地と伝え、野見宿禰の遠祖である天穂日命を祀る土師神社があった。仏教伝来後、土師氏の氏寺である土師寺が建立された。伝承では聖徳太子の発願により土師八島がその邸を寄進して寺としたという。
 平安時代、土師寺には菅原道真公のおばに当たる覚寿尼公が住んでおり、道真公も時々この寺を訪れ、この寺のことを「故郷」と詠んだ詩もある。延喜元年(901)、大宰府に左遷される途中にも立ち寄って、覚寿尼公との別れを惜しんだ。道真公遺愛の品と伝える硯、鏡等が神宝として伝わり、6点が国宝の指定を受けている。
 道真ゆかりの地ということで、道明寺は学問の神としての信仰を集めるようになった。明治の神仏分離の際、道明寺天満宮と道明寺を分け、道明寺は道を隔てた隣の敷地に移転した。
 現在も学問の神として地元の人々に親しまれている。また境内には80種800本の梅の木があり、梅の名所として知られている。

1.道明寺天満宮入口、左側にある「土師(はじ)の窯跡」碑(この土師氏の祖野見宿禰(のみのすくね)は「日本書紀」によると垂仁天皇のとき、生きた人間に代えて埴輪を墳墓に埋めるよう進言し、その功、により土師の姓(かばね)とこの地方の土地を与えられたと記されている。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.道明寺天満宮門
クリックすると元のサイズで表示します

3.広い参道
クリックすると元のサイズで表示します

4.歌碑
クリックすると元のサイズで表示します

5.鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

6.なで牛
クリックすると元のサイズで表示します

7.摂社群
クリックすると元のサイズで表示します

8.さざれ石
クリックすると元のサイズで表示します

9.能楽堂
クリックすると元のサイズで表示します

10.拝殿前の干支図と狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

11.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

12.拝殿の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

13.拝殿後部と本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

14.本殿を後部から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

15.本殿後部にある80種800本の梅園
クリックすると元のサイズで表示します

16.摂社 白太社
クリックすると元のサイズで表示します

17.摂社 土師社
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ