2012/5/5

宇治市の文化財・史址を見る!2−2.日本三大禅宗の一つ黄檗宗大本山萬幅寺!  綾部の文化財

ご開山隠元禅師です。禅師は中国明代末期の臨済宗を費隠通容禅師の法を受け継ぎ、臨済宗32世となられた高僧で、中国福建省福州の黄檗山萬幅寺(古黄檗)の住持でした。日本からの度重なる招請に応じて、承応3年(「1654)、63歳の時に弟子20人他を伴って来朝されました。のちに禅師の弟子となる妙心寺住持の龍渓禅師や後水尾法皇そして徳川4代将軍家綱公の尊崇を得て、宇治大和田の地に約9万坪の広大な地を賜り、寛文元年(1661)に創建された寺院であり、日本三禅宗(臨済宗、曹洞宗、黄檗宗)の一つ、黄檗宗の大本山です。
 黄檗宗では儀式作法は明代に制定された仏教儀礼で行なわれ、毎日誦まれるお経は黄檗唐韻(おうばくとういん)で発音し、中国明代そのまま法式梵唄(ぼんばい)を継承しています。建造物は、中国明代様式を取り入れた伽藍配置です。創建初の姿そのままを今日に伝える寺院は、日本他に例がなく、代表的な禅宗伽藍建築群として、主要建物23棟、回廊、額、聯(つらね)などが国の重要文化財に指定されています。
 今回は木造の阿弥陀如来坐像、達磨大師坐像、華光菩薩坐像を見て頂きますが、中国明朝時代の様式で作られていますので、臨済宗や曹洞宗のものとは相当違って異様に見えるかもしれません。

1.伽藍堂(がらんどう)「国重文、寛文9年(1669)、吉川監物居士建立、単層入母屋、本瓦、祖師堂(反対側の祖師堂も同時期に相対して建立された。」
クリックすると元のサイズで表示します

2.伽藍堂内の華光菩薩像「范道生作、寛文3年(1663)造立、木造、像高163.5Cm)
クリックすると元のサイズで表示します

3.大雄宝殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.間版(魚梆)(かいばん)「斎堂前にある魚板で木魚の原形となっているものです。時を報ずるものとして今も使われている。」
クリックすると元のサイズで表示します

5.大雄宝殿前
クリックすると元のサイズで表示します

6.大雄宝殿内部(明代に制定された仏教儀礼で行なわれ、毎日誦まれるお経は黄檗唐韻(おうばくとういん)で発音し、中国明代そのまま法式梵唄(ぼんばい)を継承しています。)
クリックすると元のサイズで表示します

7.大雄宝殿内のご本尊・釈迦如来坐像(中尊)「京大仏師兵部作、寛文9年(1669)造立、像高250Cm}
クリックすると元のサイズで表示します

8.黄檗宗大本山・萬福寺案内図(今居る所は中央の大雄宝殿です!)
クリックすると元のサイズで表示します

9.東方丈です。(法堂の左右に対になっています。)両方とも国重文で東方丈の額は「方丈」で隠元禅師書である。西方丈の額の「西方丈」は木庵書です。
クリックすると元のサイズで表示します

10.法堂(はっとう)「国重文、寛文2年(1662)建立、入母屋造、桟瓦葺」
クリックすると元のサイズで表示します

11.西側にある祖師堂(そしどう)「国重文、寛文9年(1669)今津浄水居士建立」
クリックすると元のサイズで表示します

12.禅宗は全て初祖は達磨大師です。黄檗宗も初祖は達磨大師を祀っています。
クリックすると元のサイズで表示します

13.東の鐘楼と対になっている、西の「鼓楼(ころう)は国重文、延宝7年(1679)」
クリックすると元のサイズで表示します

14.石碑亭(せきひてい)国重文、寛永6年(1709)亀趺(きふ)の顕彰碑と同時に建立。隠元禅師の特賜大光普照國師塔名が刻まれている。亀趺(きふ)とは亀の足の台に刻んだ碑の台石のこと。
クリックすると元のサイズで表示します

15.寿蔵(寿塔・真空塔)国重文、寛文3年(1663)建立。本瓦六角堂、屋根は宝形造、頂に露盤・宝珠を置く。寿蔵は隠元禅師の生前に木庵禅師を中心に弟子・法孫が築造した墳墓です。
クリックすると元のサイズで表示します

16.開山堂「国重文、延宝3年(1675)建立。
クリックすると元のサイズで表示します

17.開山堂の「扁額の開山堂」は黄檗山萬福寺の第二代目住持の木庵書。現在の住持は第60代目平成13年(2001)就任の泰山智深師です。
クリックすると元のサイズで表示します

18.開山堂内の隠元禅師像「范道生作、寛文3年(1663)造立、木造、像高161.7cm,陰になって上手く尊像の写真は撮れていません。」
クリックすると元のサイズで表示します

19.通玄門「国重文、寛文5年(1665)建立、四脚門、切妻造、本瓦葺」
クリックすると元のサイズで表示します

20.龍目井(りゅもくせい)「総門前の道の前に隠元禅師が寛文元年(1661)に龍目井は龍の眼を、周辺の小川は口を、松は口ひげをあらわし、この道場に多くの優れた僧が集まることを願って作られました。」
クリックすると元のサイズで表示します
部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

2012/5/4

宇治市の文化財・史址を見る!2−2.日本三大禅宗の一つ黄檗宗大本山萬幅寺!  文化財研修記

ご開山隠元禅師です。禅師は中国明代末期の臨済宗を費隠通容禅師の法を受け継ぎ、臨済宗32世となられた高僧で、中国福建省福州の黄檗山萬幅寺(古黄檗)の住持でした。日本からの度重なる招請に応じて、承応3年(「1654)、63歳の時に弟子20人他を伴って来朝されました。のちに禅師の弟子となる妙心寺住持の龍渓禅師や後水尾法皇そして徳川4代将軍家綱公の尊崇を得て、宇治大和田の地に約9万坪の広大な地を賜り、寛文元年(1661)に創建された寺院であり、日本三禅宗(臨済宗、曹洞宗、黄檗宗)の一つ、黄檗宗の大本山です。
 黄檗宗では儀式作法は明代に制定された仏教儀礼で行なわれ、毎日誦まれるお経は黄檗唐韻(おうばくとういん)で発音し、中国明代そのまま法式梵唄(ぼんばい)を継承しています。建造物は、中国明代様式を取り入れた伽藍配置です。創建初の姿そのままを今日に伝える寺院は、日本他に例がなく、代表的な禅宗伽藍建築群として、主要建物23棟、回廊、額、聯(つらね)などが国の重要文化財に指定されています。
 今回は木造の阿弥陀如来坐像、達磨大師坐像、華光菩薩坐像を見て頂きますが、中国明朝時代の様式で作られていますので、臨済宗や曹洞宗のものとは相当違って異様に見えるかもしれません。

1.伽藍堂(がらんどう)「国重文、寛文9年(1669)、吉川監物居士建立、単層入母屋、本瓦、祖師堂(反対側の祖師堂も同時期に相対して建立された。」
クリックすると元のサイズで表示します

2.伽藍堂内の華光菩薩像「范道生作、寛文3年(1663)造立、木造、像高163.5Cm)
クリックすると元のサイズで表示します

3.大雄宝殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.間版(魚梆)(かいばん)「斎堂前にある魚板で木魚の原形となっているものです。時を報ずるものとして今も使われている。」
クリックすると元のサイズで表示します

5.大雄宝殿前
クリックすると元のサイズで表示します

6.大雄宝殿内部(明代に制定された仏教儀礼で行なわれ、毎日誦まれるお経は黄檗唐韻(おうばくとういん)で発音し、中国明代そのまま法式梵唄(ぼんばい)を継承しています。)
クリックすると元のサイズで表示します

7.大雄宝殿内のご本尊・釈迦如来坐像(中尊)「京大仏師兵部作、寛文9年(1669)造立、像高250Cm}
クリックすると元のサイズで表示します

8.黄檗宗大本山・萬福寺案内図(今居る所は中央の大雄宝殿です!)
クリックすると元のサイズで表示します

9.東方丈です。(法堂の左右に対になっています。)両方とも国重文で東方丈の額は「方丈」で隠元禅師書である。西方丈の額の「西方丈」は木庵書です。
クリックすると元のサイズで表示します

10.法堂(はっとう)「国重文、寛文2年(1662)建立、入母屋造、桟瓦葺」
クリックすると元のサイズで表示します

11.西側にある祖師堂(そしどう)「国重文、寛文9年(1669)今津浄水居士建立」
クリックすると元のサイズで表示します

12.禅宗は全て初祖は達磨大師です。黄檗宗も初祖は達磨大師を祀っています。
クリックすると元のサイズで表示します

13.東の鐘楼と対になっている、西の「鼓楼(ころう)は国重文、延宝7年(1679)」
クリックすると元のサイズで表示します

14.石碑亭(せきひてい)国重文、寛永6年(1709)亀趺(きふ)の顕彰碑と同時に建立。隠元禅師の特賜大光普照國師塔名が刻まれている。亀趺(きふ)とは亀の足の台に刻んだ碑の台石のこと。
クリックすると元のサイズで表示します

15.寿蔵(寿塔・真空塔)国重文、寛文3年(1663)建立。本瓦六角堂、屋根は宝形造、頂に露盤・宝珠を置く。寿蔵は隠元禅師の生前に木庵禅師を中心に弟子・法孫が築造した墳墓です。
クリックすると元のサイズで表示します

16.開山堂「国重文、延宝3年(1675)建立。
クリックすると元のサイズで表示します

17.開山堂の「扁額の開山堂」は黄檗山萬福寺の第二代目住持の木庵書。現在の住持は第60代目平成13年(2001)就任の泰山智深師です。
クリックすると元のサイズで表示します

18.開山堂内の隠元禅師像「范道生作、寛文3年(1663)造立、木造、像高161.7cm,陰になって上手く尊像の写真は撮れていません。」
クリックすると元のサイズで表示します

19.通玄門「国重文、寛文5年(1665)建立、四脚門、切妻造、本瓦葺」
クリックすると元のサイズで表示します

20.龍目井(りゅもくせい)「総門前の道の前に隠元禅師が寛文元年(1661)に龍目井は龍の眼を、周辺の小川は口を、松は口ひげをあらわし、この道場に多くの優れた僧が集まることを願って作られました。」
クリックすると元のサイズで表示します
部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

2012/5/3

宇治市の文化財・史址を見る!2−1.日本三大禅宗の一つ黄檗宗大本山萬福寺!  文化財研修記

ご開山隠元禅師です。禅師は中国明代末期の臨済宗を費隠通容禅師の法を受け継ぎ、臨済宗32世となられた高僧で、中国福建省福州の黄檗山萬幅寺(古黄檗)の住持でした。日本からの度重なる招請に応じて、承応3年(「1654)、63歳の時に弟子20人他を伴って来朝されました。のちに禅師の弟子となる妙心寺住持の龍渓禅師や後水尾法皇そして徳川4代将軍家綱公の尊崇を得て、宇治大和田の地に約9万坪の広大な地を賜り、寛文元年(1661)に創建された寺院であり、日本三禅宗(臨済宗、曹洞宗、黄檗宗)の一つ、黄檗宗の大本山です。
 黄檗宗では儀式作法は明代に制定された仏教儀礼で行なわれ、毎日誦まれるお経は黄檗唐韻(おうばくとういん)で発音し、中国明代そのまま法式梵唄(ぼんばい)を継承しています。建造物は、中国明代様式を取り入れた伽藍配置です。創建初の姿そのままを今日に伝える寺院は、日本他に例がなく、代表的な禅宗伽藍建築群として、主要建物23棟、回廊、額、聯(
つらね)などが国の重要文化財に指定されています。

1.黄檗宗大本山萬福寺の朱の総門「国重文、寛文元年(1661)創建。元禄6年(1693)再建。中央の屋根を高くし、左右を一段低くした中国門の牌楼(ぱいろう)式で漢門とも呼ばれている。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.総門の現在地と伽藍配置
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な三門「国重文、延宝6年(1678)、三間三戸の重層楼門造)
クリックすると元のサイズで表示します

4.天王殿「国重文、寛文8年(1668)建立。表玄関としての天王殿です。中国では一般的な建て方で、四天王と阿弥陀仏と韋駄天を同様に祀ります。)
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

6.天王殿正面の弥勒菩薩(布袋)像「茫道生作、寛文3年(1663)造立、木造、像高110.3センチメートル。布袋は弥勒菩薩の化身といわれ、本山では弥勒仏とされています。」
クリックすると元のサイズで表示します

7.韋駄天像「木造、像高200センチメートル、伽藍守護神で禅宗のお寺では全てこの韋駄天様が祀られています。ご馳走(ごちそう)の言葉とはこの韋駄天様が韋駄天の俊足で各地から食物を集めらたのです。」
クリックすると元のサイズで表示します

8.天王殿の四天王(像高全て223センチメートル)の一つ広目天(西方)
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上 多聞天(北)
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上 持国天(東)
クリックすると元のサイズで表示します

11.同上 増長天(南)
クリックすると元のサイズで表示します

12.天王殿前の隠元豆(350年前隠元禅師が中国より持参して植えたもの。)
クリックすると元のサイズで表示します

13.天王殿より見た紅葉の庭
クリックすると元のサイズで表示します

14.鐘楼「国重文、寛文8年(1668)重層入母屋造、本瓦葺、二階四周に縁と逆蓮柱付匂欄を廻らし、大棟両端に鯱を置いている。反対側に同じ建て方の鼓楼がある。」
クリックすると元のサイズで表示します

15.二王殿横の黄檗樹
クリックすると元のサイズで表示します

16.普茶への案内板
クリックすると元のサイズで表示します

17.同上 入口
クリックすると元のサイズで表示します

18.同上 
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

2012/5/2

見事な作品の第29回綾部市美術展が開催中!  綾部の文化財

2012第29回綾部市美術展が5月2日午前10時〜午後5時まで、毎日5月6日(日)午後4時まで綾部市並松町の市民センター2階の会場で無料で展示公開されています。表彰式は5月6日(日)当会場で午後3時30分より書・洋画・日本画・写真の4部門で各部門の市展賞4名、特選11名、奨励賞16名の表彰が行なわれます。市展賞の書部門は綾部市の西村稔氏の「遊芳野」、洋画部門は舞鶴市の亀井毅氏の「屋上の発見」,日本画は綾部市の中野郁子さん(綾部の文化祭を守る会の会員でもあります。)、写真の福知山市の白木勇治さんの「雪の棚田」でした。入選、出品者名簿は下記を参照願います。尚、「市展ギャラリートーク」が下記の用に実施されますでご関心のある方は是非その明示した時間にお越し下さい。
 今回の出品数は書の部71点、洋画の部34点、日本画の部23点、写真の部149点、立体造形工芸の部が1点の合計278点(招待、委嘱作品22点を含む)、出展者は綾部市と市外が同数の97点ずつでした。是非この期間に素晴らしい作品をご無料で見学願います。

1.5月2日(水)午前10時開館
クリックすると元のサイズで表示します

2.第29回綾部市美術展2012「市展」表紙
クリックすると元のサイズで表示します

3.入賞者一覧表
クリックすると元のサイズで表示します

4.市展ギャラリートーク案内
クリックすると元のサイズで表示します

5.日本画の部
クリックすると元のサイズで表示します

6.日本画・市展賞「陽光」中野郁子 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

7.日本画・特選「野の雫」辻丸三代 舞鶴市
クリックすると元のサイズで表示します

8.日本画・奨励賞「霧の小径」梅下昭代(白羊の会々員)綾部市

9.写真の部
クリックすると元のサイズで表示します

10.写真・市展賞「雪の棚田」白木勇治 福知山市
クリックすると元のサイズで表示します

11.写真は特選受賞は6名ありました。申し訳ないですが、その内3点を掲載します。
   写真・特選「ミサゴが石鯛を}四方國裕 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

12.写真・特選「春の予感」村上正美 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

13.写真・特選「戯れの軌跡」塩見弘之 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

14.写真・奨励賞受賞は11名ありました。内1点を掲載します。
   写真・奨励賞「光砂浜」鈴木隆 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

15.書・市展賞「遊芳野」西村 稔 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

16.書・特選「疑明月何皎皎」高橋吉久禜 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

17.書・特選「漢詩創作」小原優子 福知山市 
クリックすると元のサイズで表示します

18.書・特選「風想」木下悦子 福知山市
クリックすると元のサイズで表示します


19.書・奨励賞受賞3名の内1点を掲載
   書・奨励賞「漢詩(一)」上田敏子 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

20.洋画の部
   洋画・市展賞「屋上の発見」亀井 毅 舞鶴市
クリックすると元のサイズで表示します

21.洋画・特選「ふるさとの幻映」新宮都木彦 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

22.洋画・奨励賞「ドライフラワー」細見 薫 福知山市
クリックすると元のサイズで表示します

23.立体造形・工芸の部
   十一面観音立像(滋賀県・渡岸寺)四方和行 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 


2012/5/1

見事な作品を展示する第7回白羊の会・水墨画展が盛大にグンゼ集蔵で開催!  あやべの街

社団法人日本南画院参与の矢田作十路氏(京都府綾部市)が主宰する「白羊の会第7回水墨画展」後援;綾部市、綾部市教育委員会、綾部市文化協会、あやべ市民新聞)が京都府綾部市青野町にあるグンゼ博物苑「集蔵(つどいぐら)」5月2日(水)午前10時〜午後5時まで開催されます。5月3日(祭)同様、最終日の5月4日(金)は午後4時で終了。矢田さんは昨年1月から3月まで綾部中学校でボランテアで水墨画を指導された。特別企画としては今年は綾部市立上林中学校キャリアー教育実践(ふる里を見つめる)で水墨画を指導されて16名もの生徒がその作品を特別展示されている。非凡な素質を持っている2点を特別掲載した。又特別企画の作品展示では松寿苑の3名の職員が(小さな幸せ 心のケア)を主題に3点の出展があります。
 掲載の写真数には限界が有りますので会員の方の展示作品掲載は1人1画とさせて頂きます。
 尚、写真ではとてもこの素晴らしい水墨画の良さが見れません。入館料は無料・駐車場も多く、大形バスを含めて無料なので是非この3日間の間に見に来て頂きたいとご案内致します。
 最後に、クリックして頂くと昨年の展示内容が解りますので見て頂きたい。
又、白羊の会(水墨画・書道教室)の連絡先は京都府綾部市本町4−28、電話:0773−42−7803です。

1.グンゼ博物苑集蔵前の案内板(後方の花水木に囲まれた建物はグンゼ記念館です。
クリックすると元のサイズで表示します

2.出展作品目録
クリックすると元のサイズで表示します

3.矢田作十路先生(F80号)の「故郷」
クリックすると元のサイズで表示します

4.沖 玲子さん(F120号の大作)の「高山流水」他に4点出展です。
クリックすると元のサイズで表示します

5.濱田雅子さん(F120号の大作)の「白夜」(月下美人の夜中に咲く匂いがします。)他に4点展示です。
クリックすると元のサイズで表示します

6.大槻吉美さん(F80号)の「古木の朝」、(F50号の「雲海」も見事です。
クリックすると元のサイズで表示します

7.梅下昭代さん(F80号)の「片蔭」です。他に3点出展中。
クリックすると元のサイズで表示します

8.村田秀子さん(F10号)の「渦潮」です。他に1点、色紙「寒梅」も出展中。
クリックすると元のサイズで表示します

9.村上久栄さんの(F10号)「山里の朝」他に色紙「さざんか」も出展中。
クリックすると元のサイズで表示します

10.杉山絹代さんの(F10号)ちょっと面白い「戯れ」です。色紙「春うらら」も出展中。
クリックすると元のサイズで表示します

11.新宮正一さん(F10号)細やかな筆使いの見事な「晏如」です。
クリックすると元のサイズで表示します

12.展示作品見学中は小生の中学時代の友人で沖玲子さんの夫の沖道雄君です。
クリックすると元のサイズで表示します

13.特別企画展示「松寿苑の職員で(小さな幸せ 心のケア)がタイトル。左、木崎勇樹さんの「楽寿」、中央、吉田茂さんの「出会い」、右、福井八重子さんの「松寿苑」いずれもF10号の作品
クリックすると元のサイズで表示します

14.綾部市上林中学校生徒16名の作品(全てF8号)を見る人達!
クリックすると元のサイズで表示します

15.上林中学校生徒の坂田陽奈さん(F8号)非凡な才能を感ずる作品「共存」です。
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上  櫻井洋輔君の(F8号)これも非凡な才能を感じました。作品「上林」
クリックすると元のサイズで表示します

17.最後に色紙3枚
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

第6回白羊の会の展示会風景は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1007.html

2012/5/1

2012恒例の春の最大のあやべ丹の国まつりが盛大に開催!4.文化の広場「芸能発表会」第二部!  あやべの街

4月29日(祭)恒例の「あやべ丹の国まつり」が由良川花壇展が午前9時あやべ丹の国まつり実行委員会・西村之宏綾部市観光協会長の開会挨拶により盛大に開催さえれました。由良川花壇展は午前9時から5月3日迄いろんなイベントを催しながら開催されています。
 恒例の主催あやべ丹の国まつり実行委員会、主管綾部市文化協会による「芸能発表会」は第一部、二部とも総括司会・景心流六映会の佐々木旺景さんの司会により「綾部市文化協会所属の各派」の見事な芸能発表がありましたので掲載します。音声付動画で全て撮りたかったのですが、カメラ容量都合で大変素晴らしい見事な舞踊など一部の方は音声付動画で掲載は出来なかったこと、お許し下さい。来年にご期待下さい。

第二部
1.邦楽「三松会」都山流尺八綾部会による「みずうみの詩」を披露
クリックすると元のサイズで表示します

2.下記をクリックして、音声付動画で三松会の邦楽「みずうみの詩」を見て下さい。U-tubeの画面が出たら、更にその右下の拡大画面をクリックして大画面で見て下さい。
http://youtu.be/wLQ0Z8GJdHo

3.歌唱「綾部市歌唱連盟」の皆様の素晴らしい歌唱を楽しんで下さい。トップは井上秀夫さんです。「こころ坂」です。
クリックすると元のサイズで表示します

4.下記をクリックして、音声付動画で井上秀夫さんの「こころ坂」1番を見て下さい。
http://youtu.be/FSQNLyFGd48

5.同上 四方正子さんの「三春の桜」です。
クリックすると元のサイズで表示します

6.下記をクリックして、音声付動画で「三春の桜」1番を見て下さい。
http://youtu.be/BW2CdoML7SM

7.木下和美綾部市文化協会副会長の「こころの絆」です。
クリックすると元のサイズで表示します

8.下記をクリックして、音声付動画で「こころの絆」1番を見て下さい。
http://youtu.be/crmeG6n0QPQ

9.吟詠「神心流北都地区」の皆さんによる吟詠「乃木将軍を偲ぶ」です。
クリックすると元のサイズで表示します

10.下記をクリックして、音声付動画で上記の吟詠を見て下さい。
http://youtu.be/fYY_Ni2OQls

11.日本舞踊・下記をクリックして「若柳流楽扇会」佐々木美幸さんの「男の夜明け」を音声付動画で見て下さい。
http://youtu.be/we4qFrF8PkU

12.同上 下記をクリックして、音声付動画で倉橋正美さんの「幸美酒」を見て下さい。
http://youtu.be/G_DopP688vE

13.同上 下記をクリックして、音声付動画で山田洋子さんの「長崎の雨」を見て下さい。
http://youtu.be/B0sqIQfvDDA

14.箏曲「寿千会(塩見箏曲教室)の安里屋ユンタ、19の春、斉太郎節です。
クリックすると元のサイズで表示します

15.下記をクリックして、音声付動画で「斉太郎節」を見て下さい。
http://youtu.be/8xvno1d4kk8

16.あやべ踊り「あやべ踊り保存会」の皆様です。
クリックすると元のサイズで表示します

17.下記をクリックして、音声付動画であやべ踊りを見て下さい。
http://youtu.be/fTGYX9tAheY

18.太鼓演奏「綾部市太鼓連合会」による珍しい「千手太鼓」です。
クリックすると元のサイズで表示します

19.下記をクリックして、音声付動画でフイナーレの見事な「千手太鼓」を見て下さい。
http://youtu.be/99ySgndU_tg

部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ