2011/11/30

日本三景・天橋立縦断記!その4(最終回)丹後一ノ宮籠神社・ロープウエーで傘松公園股覗き・帰路は船で!  文化財研修記

今回は天橋立縦断ハイキングの途中の休憩からハイキング再会!以下は[動画}で見て頂きます。元伊勢・丹後一ノ宮・籠(この)神社を参拝、この神社は上代の創建と伝え、初め豊受大神を祀り、雄略天皇に時代に天照大神を伊勢に祀る前には此処に祀っていたとして元伊勢の名前が付いています。現在は天照・豊受と天水分神(あまのみくまりのかみ)に海部氏(あまべし)祖神の天孫・彦火明命(ひこほあかりのみこと)、氏神の住吉神を祀っている。諸岡から大化改心(645年)にこの地へ移転したという。又この海部宮司家系図(あまべしけいず)は国宝である。神社前には石見重太郎が夜な夜な暴れたこの一対の国重文の石の狛犬を切った処、その後はこの神社をずうっと護って来たという。水琴窟を聞き、その前の写真は横向きだが海部宮司家四代目の祖・倭宿爾命(やまとのすくねのみこと)の銅像を撫ぜてから土産店が立ち並ぶ通りをロープウエー乗場へ。ロープウエーで傘松公園へ上り、股覗きで絶景・天の浮き橋や瓦皿投げ、昼食を楽しむ。ロープウエーで下山、阿蘇海を見ながらコーヒーを楽しむ。皆さんは再び天橋立ウオーキングで戻られたが、小生は船が好きなので540円で船で智恩寺横の桟橋への船旅を楽しんだ!100円でかもめの好きな菓子を投げてやり楽しむ!又朱塗りの廻旋橋も他の船が通るため、廻旋して開いているのを見て頂きます。帰路はJR天橋立駅発15;01の特急電車に乗る乗車券490円、自由席券630円KTR大江駅着14;26分でした。

1.羽衣の松(天女が羽衣をこの松に掛けて海で戯れたという逸話です。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.与謝野蕪村の松
クリックすると元のサイズで表示します

3.なかよしの松
クリックすると元のサイズで表示します

4.さらに、元伊勢・丹後一宮籠神社(このじんじゃ)に向かって歩く!
クリックすると元のサイズで表示します

5.小袖の松
クリックすると元のサイズで表示します

6.見帰の松
クリックすると元のサイズで表示します

7.以下は、天橋立松並木を渡り終わり、籠神社参拝、水琴窟、倭宿爾命(やまとのすくねのみこと)の銅像を撫で、ロープウエーへ!下記をクリックして「動画」で見て下さい。U−tubeの画面が出たら、その右下の拡大画面をクリックして、大画面で見て下さい。強烈なロックミュジックをバックにしました!
http://youtu.be/Sl1Ja7F5Frs

8.同上 傘松公園からロープウエーで下山、阿蘇海を見ながらコーヒーブレーク。一ノ宮桟橋で離断。好きな船でかもめに餌やりながら智恩寺う横の桟橋へ。朱塗りの廻旋橋が開く!JR特急でKTR橋立駅から25分でKTR大江駅着!このバックミュージックは趣向を変えてクラシックです!
http://youtu.be/MzLLznDtYq4


9.下記のFC2を必ずクリックして「綾部の文化財」の応援をお願いします。

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 


2011/11/30

細川家至宝展を観に秋の観光シーズン真っ盛りの京都国立博物館へ  文化財研修記

秋の観光シーズンを迎え祭日(23日)の前日にあたる22日(火)に超混雑の京都市内循環バスに乗り出かけた。絶好の晴天とあってJR京都駅からのバスは長蛇の列で乗り込むと杖をついた家内は席を譲ってもらえた。先ず平安神宮手前の京都市美術館へ行き、ワシントン・ナショナル・ギャラリー展を拝観。物凄い混雑で人混みに中てられ家内はお目当ての見たい作品だけをしっかり見て満足していた。印象派などの名作が数多く展示されていて見応えがあった。秋の院展、フェルメール展に腹痛が長引き行けなかったのでやっと美術館へ行けたと家内は喜んでいた。

京都市美術館から三十三間堂前の京都国立博物館への循環バス(洛100バス)は、遅れに遅れて到着したが既に超満員、後ろから押し込まれて家内をやっとバスに乗せ、私はステップに何とか上がりしがみ付いた。ドアが後ろで閉まった時はほっとした。


京都国立博物館のレストランに順番待ちの記名をして昼食を食べ、20分待ちの入館の行列に並んだ。超満員の中で見応えのある細川家至宝展を拝観した。
珠玉の永青文庫コレクション 2011.10.8(土)−11.23(祝)
国宝・重要文化財・重要美術品など名品355点を展示。歴史の勉強にもなった

JR京都駅までの市内循環バスも超満員で到着し、後ろから目茶目茶に押し込まれ乗車。身動きも出来ない状態でJR京都駅に到着した。いずれのバスも220円の乗車賃だったが小銭を準備する大切さが身にしみた。(2人分450円払ったりした)

クリックすると元のサイズで表示します
細川家至宝展の黄色い幕が掛けられた会場
クリックすると元のサイズで表示します
拝観を終えて帰りに見ると入場待ちの行列は随分短くなっていた
クリックすると元のサイズで表示します
広い京都国立博物館庭園 これから拝観に向う人も見かけた
クリックすると元のサイズで表示します
両展ともパンフレットが貰えなかったので入場券をコピーする

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2011/11/29

日本三景・天橋立縦断記!その3.ハイキング天橋立神社・名水磯清水から休憩迄!  文化財研修記

前回ハイキングは朱塗りの廻旋橋を渡りスタートして岩見重太郎仇討ちの地で終わりました。今回は此処からスタートで天橋立神社、名水磯清水、芭蕉の句碑、阿蘇の松等の松並木風景をお楽しみ下さい。朱塗りの廻旋橋が廻って船が通るようになっている風景も最後に見て頂けます。

1.天橋立神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.天橋立神社(天橋立大明神)参道
クリックすると元のサイズで表示します

3.鳥居と拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

5.裏から見る拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

6.大砲履歴説明版
クリックすると元のサイズで表示します

7.イギリス製アームストロング砲口径40、重さ約5トン、長さは6メートル40センチもあります。艦砲の主砲で、日本はこのアームストロング砲を改良し、主力砲を完成し、又15センチ速射砲を開発し速射砲の命中率でもって、バルテック艦隊を撃滅して日露戦争に勝ったのです!で、まだロシアは其れを根に持っているしつこい根性のロシアです。
クリックすると元のサイズで表示します

8.大砲裏の与謝野蕪村の句碑です。(与謝野蕪村は宮津に約3年滞在しました。その寺を最後にクリックして見て頂けるようにしてあります。見たら応援クリックをお願いします。)
クリックすると元のサイズで表示します

9.名水磯清水案内板
クリックすると元のサイズで表示します

10.名水磯清水碑
クリックすると元のサイズで表示します

11.名水磯清水
クリックすると元のサイズで表示します

12.与謝野晶子の松の案内板
クリックすると元のサイズで表示します

13.さらに丹後一ノ宮籠神社(このじんじゃ)へ向かって歩く!
クリックすると元のサイズで表示します

14.明治40年大正天皇が皇太子の時の「御手植の松」
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上碑
クリックすると元のサイズで表示します

16.子女郎の松(初代の松は枯れて、二代目を養育中)
クリックすると元のサイズで表示します

17.御上陸の松(大正天皇が皇太子の明治40年此処に上陸されました。)
クリックすると元のサイズで表示します

18.見事な古木の松!
クリックすると元のサイズで表示します

19.松尾芭蕉の句碑
クリックすると元のサイズで表示します

20.風光明媚!見とれるメンバーです。
クリックすると元のサイズで表示します

21.阿蘇の海に向かっている「阿蘇の松」
クリックすると元のサイズで表示します

22.夫婦松
クリックすると元のサイズで表示します

23.栗田(くんだ)半島と宮津ロイヤルホテルを見る!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

宮津の見性寺・別名:蕪村寺は下記をクリックして見て下さい!
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/673.html

2011/11/28

日本三景・天橋立縦断記!その2.ハイキングスタート廻旋橋・大天橋・岩見重太郎仇討の場!  文化財研修記

今回は天橋立ホルに午前10時集結!メンバーが揃い、近道を通り乗用車駐車場にて体操!ハイキングにスタート、早朝は寒かったがこの時間には快晴のハイキング日和となった。朱塗りの廻旋橋を渡り、続いて青塗りの大天橋をわたり、岩見重太郎仇討ちの場(試し切りの石)までを掲載します。

1.朱塗りの廻旋橋を渡る!
クリックすると元のサイズで表示します

2九世戸の松表示板
クリックすると元のサイズで表示します

3.九世戸の松
クリックすると元のサイズで表示します

4.大天橋を渡る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.ベロタクシー乗場
クリックすると元のサイズで表示します

6.ベロタクシーの1.
クリックすると元のサイズで表示します

7.ベロタクシーの2.
クリックすると元のサイズで表示します

8.約8,000本の松並木1.
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

10.与謝野寛・晶子夫婦の歌碑の説明版
クリックすると元のサイズで表示します

11.与謝野寛・晶子夫婦の歌碑
クリックすると元のサイズで表示します

12.更に一ノ宮に向かって歩き続ける!
クリックすると元のサイズで表示します

13.恩賜記念碑(昭和25年のジェーン台風の被害に対して昭和天皇陛下より寄付金が授与された記念碑)
クリックすると元のサイズで表示します

14.見事な臥龍松!
クリックすると元のサイズで表示します

15.萬頼の句碑!「橋立や 幾松か根の 友がらみ」
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上の松
クリックすると元のサイズで表示します

17.岩見重太郎仇討ちの場(試し切り石)剣豪として名高い岩見重太郎が、父の仇として、広瀬軍蔵、鳴尾権三、大川佐衛門の三人の仇討ちをした場と伝えれている所です。三人を追って丹後宮津に来たが、三人は恐れて領主京極家に匿われていた。岩見重太郎は事情を説明し仇討ちが許され、寛永9年(1632)9月20日天橋立の濃松に於いて仇討ちをし、本望を遂げたと言う。この石は刀の試し切りで斜めに切られています。尚、岩見重太郎は本名は蒲田隼人と言い、豊臣家の家臣で、大阪冬の陣では名を轟かせたが、元和元年(1615)5月大阪夏の陣で戦死したといわれて居ます。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

2011/11/27

日本三景・天橋立縦断記!その1.KTR北近畿丹後鉄道と日本三大文殊の智恩寺!  文化財研修記

去る11月8日(火)にJTB北近畿OB会で天橋立の縦断ハイキングに行くことになった。当日は6時起きで、自家用車で福知山市の大江山の酒呑童子で有名なKTR北近畿鉄道大江駅へ行き、車は無料の駐車場に置いて、数年ぶりにKTRで天橋立に行くことにした。2両のみの可愛い電車だが次の大江高校前駅までは、大江高校の通学の生徒で満員、大江高校前駅からガラガラで1車両に数名でした。トンネルが多くてあまり景色は見れませんでしたが、元伊勢内宮駅のずうっと手前から、左手にご神体の山が見えたが、写真撮影は出来なかったので最後に元伊勢神社内宮の記事をクリックして見えるようにしました。宮津駅で乗り換え次の駅が天橋立でした。駅らから徒歩で集合場所の天橋立ホテルロビーに行ったが集合時間は午前10時で、今は午前9時だったので又、久し振りに日本三大文殊の一つ、浄土宗・智恩寺へと向かった。この寺の多宝塔は見事な国の重要文化財です。又、鉄湯船も鎌倉時代の国の重要文化財で正応三年(1290)の銘があり、成相寺のものとともに、東大寺「建久八(1197)銘」に次ぐ大作である。

1.KTR北近畿丹後鉄道大江駅に来る2両編成の電車です。天橋立まで490円!
クリックすると元のサイズで表示します

2.電車は大江高校へ通学の学生で満員、でも次の駅が大江高校前駅で其処からはガラガラで1両に数名でした。トンネルが多い路線ですが、懐かしの元伊勢神宮内宮のご神体の山がはっきり見えたが、シャッターチャンスは無かったので最後に元伊勢神宮の記事が見れるようにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

3.宮津駅で乗り変へ次の駅が天橋立駅です。待っていると可愛い電車が到着です。
クリックすると元のサイズで表示します

4.KTR天橋立駅
クリックすると元のサイズで表示します

5.天橋立ホテルの庭から阿蘇海と天橋立松並木を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.天橋立ホテルの庭から近道を通り、駐車場横から智恩時寺を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.楼門(山門、黄金閣と呼ばれている)は明和5年(1768)建造の重層の見事なものだ!)
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上を横の角度から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.智恩寺の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

10.智恩寺本堂を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

11.智恩寺本堂に向かって左側に国重要文化財の見事は多宝塔がある(その駒札)
クリックすると元のサイズで表示します

12.見事な国重文の多宝塔
クリックすると元のサイズで表示します

13.多宝塔前には「鉄湯船」国重文で鎌倉時代の正応三年(1290)は成相寺の楼門前にあるものとともに、東大寺の「建久八年(1197)」に注ぐ大作である。
クリックすると元のサイズで表示します

14.その横には砲術家の「稲富一夢斎(いなとみいちむさい)」の墓がある。(駒札)
クリックすると元のサイズで表示します

15.稲富一夢斎の墓(宝篋印塔(ほうきょういんとう)です!
クリックすると元のサイズで表示します

16.本堂を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.本堂の見事な彫刻と鉦!
クリックすると元のサイズで表示します

18.本堂の扁額(へんがく)
クリックすると元のサイズで表示します

19.本堂に向かって右側には「竜宮門」と庫裡がある。
クリックすると元のサイズで表示します

20.庫裡の前の鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

元伊勢神宮内宮は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/981.html
上記のご神躰のお山は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/987.html
成相寺(なりあいじ)西国三十三ヶ寺の第28番札所(詳細なブログ不明)は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/479.html

2011/11/26

備後・安芸の文化財と史址を見る!22.(最終回)原爆にも耐えたクロガネモチの木・広島城等!  文化財研修記

備後・安芸の文化財と史址を見る!シリーズは今回で最後です。12月から東近江市、近江八幡市、彦根市などの「東近江の文化財・史址を見る!」シリーズを開始する予定です。豊臣秀次が善政を敷いた八幡山城址と八幡堀、石田光成が同じく善政を敷いた佐和山城址と城下町、朝鮮通信史が泊まった宗安寺などを紹介していきます。其れまでに、天の浮橋の天橋立縦歩記、京都の社寺特別拝観んども紹介します。今回は広島城公園から徒歩で広島城天主閣、紙屋町、八町堀、京橋川とフランス風カフェ、稲荷大橋と原爆に耐えた稲荷神社、JR広島駅で終わりとなります。

1.広島城公園の案内板(横には巨大な池田隼人元首相の銅像があります。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.ここの公園は原子爆弾炸裂地からたった200メートル離れた所です。この巨大な真紅の実を付けたクロガネモチの木には黄色の案内板があり、樹齢数百年原子爆弾の炸裂にも耐えて生き残った木です。と紹介してあった!自然の驚異ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

3.公園内の明治27・28年日清戦争の大本営址です!
クリックすると元のサイズで表示します

4.広島城天主閣(広島城は天正17年(1589)中国地方の大半を領有していた毛利元就の孫の輝元によって水陸の便の良いこの地に築城が開始され、今尚巨大な石垣や一部の城郭が残っています。車もこの城壁の中を通っています。水運については河川が多く、小生が宮島桟橋からこの本川の原爆ドーム横の桟橋まで水中翼船で到着したことでもご理解頂けるでしょう。毛利輝元は関ヶ原の戦いで西軍の総大将とされ、責任を問われ萩へ移され、その後へ福島正則が入部したが、徳川氏の時代となり、城を無断で修理した理由に、信濃の川中島へ移され、その後に、元和5年(1619)和歌山県から浅野長政の長男・幸長は若くして亡くなり弟の長晟(ながあきら)が入部、それ以降12代明治維新まで続いた。原爆によって全て失われたが、平成元年(1989)広島城築城400年を記念してこの天主閣等は平成6年(1994)に」完成した。
クリックすると元のサイズで表示します

5.広島城天主閣特別展
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な天主閣
クリックすると元のサイズで表示します

7.毛利元就画像
クリックすると元のサイズで表示します

8.天主閣から見た内堀
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上
クリックすると元のサイズで表示します

10.広島城公園内にある護国神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

11.護国神社
クリックすると元のサイズで表示します

12.広島城公園内の中国軍管区慰霊碑説明板
クリックすると元のサイズで表示します

14.中国軍管区慰霊碑
クリックすると元のサイズで表示します

15.内堀
クリックすると元のサイズで表示します

16.左、修復中の国重要文化財の二の丸御門と内堀
クリックすると元のサイズで表示します

17.京橋川の稲荷大橋横の懐かしのフランスセーヌ川畔カフェにそっくり!此処で美味なカプチーノを楽しむ!
クリックすると元のサイズで表示します

18.懐かしい味!カプチーノ!
クリックすると元のサイズで表示します

19.本当にセーヌ川畔のカフェとそっくりです!
クリックすると元のサイズで表示します

20.原爆にも残った稲生神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

21.今はコンクリートの家の上に建つ「稲生神社」
クリックすると元のサイズで表示します

22.原爆で破壊され新しいお寺です!
クリックすると元のサイズで表示します

23.JR広島駅前の駅前大橋から猿候川を見る!遊覧船!
クリックすると元のサイズで表示します

24.駅ビル17階からの眺望
クリックすると元のサイズで表示します

25.駅ビル17階の大衆レストランで600円の広島ラーメン!旨かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 


2011/11/26

備後・安芸の文化財と史址を見る!21.原爆ドーム・路面電車・名勝「縮景園」・広島県立美術館!  文化財研修記

今回は原爆ドーム駅から清潔な路面電車200円でJR広島駅へ行き、荷物をロッカーに預けて徒歩での見学です。原爆ドーム駅から20分各駅停車で広島駅へ、3階のロッカーに荷物を預け簡単なナップザックで徒歩で「名勝・縮景園」へ、午前11時お腹空いたので縮景園入口左側の「休憩所」で400円の幕の内弁当と缶ビールを購入して昼食。その後、広島藩主浅野長晟(あさのながあきら、長兄・浅野幸長が若くして亡くなり、弟の浅野長晟が紀州藩の二代目となる。)福島正則が元和5年改易、元和5年大国の広島藩42万石に加増入府した翌年から、別邸として築成される。作庭者は茶人として有名な上田宗箇である。園の名前は幾多の景勝を集め縮めて表現したことによるが、中国の西湖を模して縮景したとも伝えらている。回遊式庭園を称され室町時代にその萌芽が見られ、江戸時代初期に最盛期を迎えた。清風館は庭園のほぼ中央にあり、庭園にふさわし数奇屋造りで、屋根は杮葺(こけらふき)である。この「縮景園」の隣には、広島県立美術館があり、この庭からも入館できる。小生が見たかった「大黄金のスキタイ文明」の黄金の見事な作品展であったので、時間が少ないが無理して入館拝観したが、撮影は禁止で皆さんに見て頂けなくて残念です。やっぱり写真より実物ははるかに素晴らしかった。古代にこれほど緻密で詳細な黄金造りの作品は驚異的であった!!!

1.路面電車原爆ドーム駅に入って来る電車!
クリックすると元のサイズで表示します

2.清潔な路面電車内部、すぐに席は空いた!
クリックすると元のサイズで表示します

3.縮景園入って左側の休憩所
クリックすると元のサイズで表示します

4.売店で400円の幕の内弁当と缶ビールを購入
クリックすると元のサイズで表示します

5.縮景園 その1.
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上  その2.
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上  その3.
クリックすると元のサイズで表示します

8.藩主自身が田植され五穀豊穣を祈られる「有年場」
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上  その4.
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上 その5.清風館(庭園のほぼ中央にある、数奇屋造りの杮葺(こけらふき))
クリックすると元のサイズで表示します

11.積翠巌を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.際奥の夕照庵を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

13.広島県立美術館のパンフレット。館内へはこの庭から入れます!
クリックすると元のサイズで表示します

14.館内
クリックすると元のサイズで表示します

15.広島県立美術館の外観
クリックすると元のサイズで表示します

16.広島城公園入口ひだりがわには巨大な尊敬できる池田隼人元首相の銅像がある!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

2011/11/25

備後・安芸の文化財と史址を見る!20.早朝の厳島神社、宮島から水中翼船で原爆ドームへ!  文化財研修記

早朝、宮島シーサイドホテルの送迎バスで宮島桟橋へ送ってもらい、最後にもう一度厳島神社を参拝。国宝の高舞台、平舞台で昨夜の舞楽「陵王」を思い起こしながら、表参道商店街でもう一度「世界一の大杓文字(しゃもじ)を撮影。宮島桟橋を9時出航の「きらら世界遺産航路」の水中翼船で出発〜瀬戸内海〜広島の本川へ〜さかのぼり〜西平和大橋をくぐり〜原爆ドーム横の桟橋から徒歩で「世界遺産・原爆ドーム」を見る。路面電車の原爆ドーム駅まで!

1.早朝、宮島シーサイドホテルの部屋からの眺望
クリックすると元のサイズで表示します

2.早朝の潮の引いた厳島神社、黒い舞台が国宝の高舞台、左の赤い屋根が国宝の平舞台で2011年10月15日(土)菊花祭の舞楽奉納はこの雨のためこの平舞台で「陵王」等9番の舞楽奉納されました。
クリックすると元のサイズで表示します

3.もう一度「高舞台と大鳥居」を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.朝陽をあびる客殿、五重塔、千畳閣!
クリックすると元のサイズで表示します

5.干潮の厳島神社よサヨウナラ!
クリックすると元のサイズで表示します

6.表参道商店街の世界一大きな杓文字(しゃもじ)
クリックすると元のサイズで表示します

7.宮島桟橋の「きらら世界遺産航路」の水中翼船9時出航、原爆ドーム横の桟橋9時50分の到着です。
クリックすると元のサイズで表示します

8.水中翼船の窓から瀬戸内海と本土を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.前方は「本川」にある橋です。本川に入り水中翼船はスピード」を落として、我々はデッキから広島を眺望した。
クリックすると元のサイズで表示します

10.前方の橋は「本川」にかかる「西平和大橋」です!
クリックすると元のサイズで表示します

11.世界遺産の原爆ドームを船から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.同上
クリックすると元のサイズで表示します

13.平和公園桟橋
クリックすると元のサイズで表示します

14.すぐ近くの「広島市道路元標」です。
クリックすると元のサイズで表示します

15.動員学徒慰霊塔です!
クリックすると元のサイズで表示します

16.別な角度から見る原爆ドーム
クリックすると元のサイズで表示します

17.二つの記念の銅像
クリックすると元のサイズで表示します

18.別な角度から原爆ドームを見る!
クリックすると元のサイズで表示します

19.路面電車「原爆ドーム駅」
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

2011/11/24

見事な第19回「和展」綾部巡回展!公益(財)法人日本和紙ちぎり絵協会主催!  綾部の文化財

京都府綾部市青野町にあるグンゼ博物苑の「グンゼ集蔵(つどいぐら)」にて第19回「和展」綾部巡回展が11月23日(水)午前10時〜午後5時まで11月24日(木)25日(金)は午後3時まで無料で開催中。こ主催者は日本和紙ちぎり絵協会、後援:綾部市、綾部市教育委員会、綾部市文化協会、京都新聞社、あやべ市民新聞です。綾部の出展者は綾部市文化協会副会長の四方ハツ子先生が入選の見事な4点を出展。他に全国からの誠に見事な入選作品が26点展示されています。所要で見学が24日朝10時となり四方ハツ子先生の「古都秋麗」は京都の清水寺を4回訪れ下絵を描かれ、それから和紙をちぎり、30数枚を重ねて作られた見事な作品の説明も受けました。全国の素晴らしい作品は北は北海道千歳市、福島県いわき市、福岡県北九州市からの入選作品の展示です。見に行けない方のため、出来るだけ多くの写真を掲載しますが実際に見るのとは大違いです!
是非見に行って下さい!四方ハツ子先生は気さくな方で頼めば喜んで説明して頂けます!

1.グンゼ集蔵前の案内板
クリックすると元のサイズで表示します

2.気さくに見学者に説明される四方ハツ子先生です!
クリックすると元のサイズで表示します

3.小生が大変気に入った作品1.の田中悠子さん(兵庫県三木市)夏に咲く(アマリリス)
クリックすると元のサイズで表示します

4.四方ハツ子先生(綾部市上野町)「古都秋麗」京都の清水寺へ4度出かけ30枚の和紙のちぎり絵(努力賞に入選)
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上 「夕映えの景」新潟市の川の夕焼けが映えて素晴らしかった諭旨。第13回和展努力賞に入選)
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 「癒しの広場」綾部市青野町の綾部グンゼ本社の「グンゼ記念館」第16回和展努力賞に入賞)
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上 「投入堂」鳥取県にある国宝のお寺です!設立10周年記念展出展作品
クリックすると元のサイズで表示します

8.青木瞳さん(神奈川県横須賀市)「冬枯れの小石川速物園」全国手すき和紙連合会長賞
クリックすると元のサイズで表示します

9.長瀬千鶴子さん(福島県いわき市)水鏡(両国公会堂)努力賞
クリックすると元のサイズで表示します

10.桑本千鶴子さん(兵庫県宝塚市)春宵(水中のしだれ桜)佳作
クリックすると元のサイズで表示します

11.神 貴美子さん(青森県五所川原市)バラのある室内にて 協会大賞
クリックすると元のサイズで表示します

12.森 祥子さん(岡山県浅口市)蒼い径しるべ 文部大臣賞
クリックすると元のサイズで表示します

13.香 美好子さん(兵庫県宝塚市)曼珠沙華  上の森美術館賞
クリックすると元のサイズで表示します

14.荒井悦子さん(福岡県北九州市)春暖  協会優秀賞他に6点の優秀賞の作品が展示されています。17項の出品一覧を参照願います!
クリックすると元のサイズで表示します

15.矢田純代さん(兵庫県加古川市)運河沿いのレストラン
クリックすると元のサイズで表示します

16.主催者の「ごあいさつ」
クリックすると元のサイズで表示します

17.出品者一覧
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 

2011/11/23

備後・安芸の文化財と史址を見る!19.10月15日厳島神社菊花祭舞楽奉奏!2.  文化財研修記

 平清盛によって京の都から宮島に伝えられた舞楽とは、雅楽による舞踊のことで、陵王[りょうおう]・納曽利[なそり]・万歳楽[まんさいらく]・延喜楽[えんぎらく]など二十数曲が、12世紀後期より今なお嚴島神社に伝承されています。舞楽は、インド・ベトナム・中国・朝鮮半島などから伝わりましたが、現在では、日本以外には存在していません。発祥の地インドはもとより中国、朝鮮半島にも現在は残っていません。日本では宮内庁、大阪にある四天王寺、そして宮島の嚴島神社ほか数カ所に残るのみとなっています。以上厳島神社HP抜粋。
 この舞楽は4月15日の桃花祭(とうかさい)と10月15日午後5時より、桃の花、菊の花を供える儀式の後、午後6時30分より、神職が舞人と楽人に別れて、9番の奉奏と二つの儀式が2時間余に渡って行われます。雅楽では「蘭陵王(らんりょうおう)」と呼んでいる有名な8番目奉奏される舞は舞楽では「陵王」の舞と呼んでいます。午後6時過ぎに国宝の高舞台に近ずくと人で一杯でどうなるかと思っていたところ、雨が降り始め、舞楽は国宝の平舞台で奉奏されることになりました。それでも人が一杯ですが、雨のことでもあり、順次人は減っていきました。第一番目の「振鉾(えんぶ)」四海太平、国家安穏、五穀豊穣、雅音成就を祈りながら舞います。写真で撮影してみましたが、遅い動きながら、どうして旨く撮影できないので、第二番目の「萬歳楽(まんざいらく)」から「音声付動画」で撮影しましたので楽しんで見て下さい。又、この厳島神社の舞楽は両側に太鼓が一人ずつ、合計15名以上の横笛、縦笛だけで単純な音色ですが、やっぱりこの舞楽にはぴったりと合って見事でした。

1.第五番目「蘇利古(そりこ)」百済の国からの帰化人である酒造り専門者が伝えた舞です!
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 下記をクリックして、U-tubeの「音声付動画」の画面がでたら、その右下の拡大画面をクリックして大画面で見て下さい。
http://youtu.be/8n3QhWwrA5w

3.第六番目「散手(さんじゅ)」お釈迦様がお生まれになった時に作られた舞です!一人舞!
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上 下記をクリックして「音声付動画」で見て下さい!
http://youtu.be/oHJcnr059ls


5.第七番目「貴徳(きとく)」現在のシベリア地方で実在していた武将、貴徳の勇姿を模した舞です!
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上 3. 
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 下記をクリックして「音声付動画」で見て下さい。
http://youtu.be/bAxcYPt1Gk8

9.夜8時30分です。第八番目「陵王(りょうおう)」戦に大勝した長恭を賞賛し、且つ自軍を叱咤(しった)する勇壮な姿を模した舞です。女性とも見間違えるほど美しい顔を隠すため、この怪異な面を着けて陵王は舞ったと云われる逸話があります。面の付け具合を確かめる蘭陵王!
クリックすると元のサイズで表示します

10.陵王が出場です!
クリックすると元のサイズで表示します

11.国宝の平舞台へいざ!
クリックすると元のサイズで表示します

12.舞始める陵王!
クリックすると元のサイズで表示します

13.第八番「陵王」の舞を「音声付動画」でどうぞ!その1.
http://youtu.be/THugPtBfbEk


14.第八番「陵王」の舞を「音声付動画」でどうぞ!その2.
http://youtu.be/hzC1U9MeBOc

15.第八番「陵王」の舞を「音声付動画」でどうぞ!その3.
http://youtu.be/9JT2F9NARQ0

16.夜9時3時間以上立っての撮影!第九番「納曾利(のそり)」陵王の答舞であり雌雄の龍が昇天する姿を模した舞です!が明朝早立ちの為、ギブアップした!ので動画無しです。

17.満潮で輝く大鳥居夜9時15分撮影!
クリックすると元のサイズで表示します

18.表参道商店街の世界最大の杓文字(しゃもじ)
クリックすると元のサイズで表示します
綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ